1万株の花を見にあじさい電車で出発進行~!梅雨の箱根が楽しい♪

1万株の花を見にあじさい電車で出発進行~!梅雨の箱根が楽しい♪

箱根名物の電車・箱根登山鉄道の1年で1番の乗り時をご存知ですか?それは、6月中旬から7月にかけての梅雨シーズン!この時期になると線路の両側に約1万株のあじさいが咲き誇り、カラフルで幻想的な風景の中を駆け抜ける感覚は感動的です!箱根登山鉄道のほかにも、箱根にはあじさいの見どころが点在するので紹介していきますね。きっと梅雨のうんざりな気分を一掃してくれますよ。

2016年05月15日

あじさいの可憐な姿に心がほどけます♪

あじさいの可憐な姿に心がほどけます♪586684

出典:taka1451さんの投稿

青、紫、白にピンク。初夏を迎えるころ、箱根はとってもカラフルな景色に変わります。初夏の箱根の美しさを存分に体感できる、おすすめのあじさいスポットをご紹介。梅雨時期の憂鬱さも、この景色を見れば「梅雨もまんざら悪くないかも…」なんて思えるかも。さぁ、色とりどりの世界へ、出発進行です!
あじさいの可憐な姿に心がほどけます♪78886

出典:milk-mooさんの投稿

植えられた土壌の酸度によって色を変えるリトマス紙のような不思議な花。同じ青でも微妙に違う。それぞれの色合いに個性があるのもアジサイのステキなところ。

まずは「あじさい電車」に乗りましょう

あじさいの時期、箱根の名物電車・箱根登山鉄道は「あじさい電車」として運行します。線路の両脇に植えられたあじさいは約1万株。カラフルな風景を車内から眺めるのはとっても幻想的ですよ。

まずは「あじさい電車」に乗りましょう588080

出典:taka1451さんの投稿

いろいろなタイプの車両が走っているのですが、なかでも新型車両アレグラ号を目指して乗るのがおすすめ。足元までフルウィンドウになっているので、花との距離が近く感じられて臨場感いっぱいです!アレグラ号の運行時間は決まっていないので、どうしても乗りたい人は気長にホームで出会えるのを待ちましょう!
まずは「あじさい電車」に乗りましょう587972

出典:Tak [KBY]さんの投稿

左側にいるのが新型車両アレグラ号。前方部分と後方部分に足元までいっぱいに窓がとられたところがあります。ここがあじさいを見る格好の乗車位置!

まずは「あじさい電車」に乗りましょう588076

出典:taka1451さんの投稿

箱根登山電車は約445mの高低差を登っていくため、標高によってあじさいの見ごろが異なります。箱根湯本駅付近は例年6月中旬~下旬、大平台駅付近は6月下旬~7月上旬、小涌谷・彫刻の森駅付近は6月下旬~7月中旬が見ごろです。

ここでカメラを構えて!沿線の見どころはコチラ

箱根湯本駅から塔ノ沢駅の間

ここでカメラを構えて!沿線の見どころはコチラ78892

出典:ほいほいさんの投稿

箱根湯本駅から塔ノ沢駅までの間は、山側に色とりどりの大きなあじさいがたくさん咲いていています。箱根湯本で乗車後すぐに現れる見どころなので、カメラを構えるのをお忘れなく!

出山信号場

ここでカメラを構えて!沿線の見どころはコチラ78894

出典:ysanさんの投稿

出山信号場付近に咲く紫色のあじさいは、他のあじさいとは色が違います。出山信号場限定のあじさいなので、ぜひ写真におさめておきましょう!ここ、出山信号場は、電車がスイッチバックする名所でもあります。スイッチバックとは、標高差のある斜面を登るため、車両が進行方向を転換しながらジグザグに坂を登っていくめずらしい走行方法です。

宮ノ下駅ホーム

ここでカメラを構えて!沿線の見どころはコチラ78897

出典:ほいほいさんの投稿

強羅方面のホーム一面があじさいで覆いつくされています。

夜も楽しめるあじさい電車

あじさいの開花期間中、「夜のあじさい号」という特別電車が走ります。沿線の計6箇所でライトアップされ、昼とは違う幻想的な景色が楽しめるため大人気。夜のあじさい号は予約が必要で、全席指定で運行されます。
夜も楽しめるあじさい電車588003

出典:

こんな風景の中を走っていくなんてステキですね。

夜も楽しめるあじさい電車588010

出典:

ところどころ、あじさいの見どころで電車を停めてくれます。線路内をふらふら歩けるのも、夜のあじさい電車の時だけ!

登山電車は始発の駅から終着駅まで約40分ほどかけて山をのんびり登るため、お腹がすいたら沿線のグルメスポットに立ち寄るのもオススメです。沿線駅には箱根を代表する名店があるんですよ。その中でも、箱根旅行の記念になるような「箱根らしい」グルメを3つご紹介します。

名店がずらり。登山鉄道沿線の立ち寄りグルメ

箱根湯本駅 / はつ花 本店 

箱根名物自然薯そばを食べさせてくれる、昭和9年に創業された老舗です。水を一切使わず、蕎麦粉、地卵、自然薯のみで打ったお蕎麦は、香り高く、自然な甘みと歯ごたえがあります。箱根湯本駅から6分ほど歩くため、電車に乗り遅れないように余裕を見て行きましょう。
「はつ花 本店」外観 78908

出典:八咫烏さんの投稿

川に面した純日本家屋のお店です。

「はつ花 本店」料理 588084 060521はつ花せいろ.jpg

出典:げんげん!さんの投稿

蕎麦、自然薯山かけ、薬味がセットになった、はつ花一番人気のせいろそば。はつ花を代表する味です。

はつ花 本店の詳細情報

はつ花 本店

箱根湯本、塔ノ沢 / そば

住所
神奈川県足柄下郡箱根町湯本635
営業時間
[木~火] 10:00~19:00
定休日
水曜日(祝日の場合は前日か翌日)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

宮ノ下駅 / オーキッド (富士屋ホテル)

富士屋ホテルは明治11年、日本で初めての本格的なリゾートホテルとして開業した日本を代表するクラシックホテルです。ジョン・レノンやヘレン・ケラー、チャップリンからも愛されました。ティーラウンジ・オーキッドでは、富士屋ホテルの贅沢な雰囲気を手軽に楽しむことができます。
宮ノ下駅 / オーキッド (富士屋ホテル)588015

出典:kuromu-さんの投稿

箱根駅伝の中継で時々登場する箱根のシンボル。和洋折衷の独特の世界が広がります。

「オーキッド」料理 78914 マーブルケーキ 寄せ木風
うつくしい!

出典:噛まないでNMKむさんの投稿

箱根の伝統工芸・寄木細工をモチーフにした、マーブルケーキ寄木細工風。チョコレート、メイプル、ナツメグ、シナモンなどの複雑な味わい。濃厚なのに甘さは控えめです。

オーキッド

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

強羅駅 / 田むら 銀かつ亭

そのまま食べても美味しいお豆腐に、生姜をきかせたひき肉を挟んで揚げ卵でとじるという、手間のかかった「豆腐かつ」の有名店です。休日ともなると行列ができますが、整理券のバーコードをスマホに登録すれば、順番がくるころにメールが届くシステムになっています。
「田むら 銀かつ亭」外観 78918 純和風のお店

出典:やさぐれパンダの背中さんの投稿

純和風な佇まいのお店は、強羅駅から徒歩2分です。

「田むら 銀かつ亭」料理 588022 噂の豆腐カツ煮

出典:緋花さんの投稿

一番人気の「豆腐かつ煮」。カリッとした食感の中にお豆腐のフワフワ感が感じられる絶妙な美味しさです。

田むら銀かつ亭 本店の詳細情報

田むら銀かつ亭 本店

強羅、彫刻の森 / とんかつ、かつ丼・かつ重、豆腐料理・湯葉料理

住所
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-739
営業時間
[月・木~日] 11:00~14:30 17:30~19:30(L.O) [火] 11:00~14:30
定休日
水曜日、火曜日夜の部
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

あじさいの名所はまだまだ!箱根鉄道の駅から行けるスポット

強羅公園(強羅駅から徒歩5分)

箱根強羅公園は、大正初期に作られた日本で最初のフランス式整型庭園です。公園のいたる所に色鮮やかなあじさいが咲き誇ります。毎年、開花時期に合わせて特設会場が設けられ、珍しい品種を多数集めた「あじさい展」が開催されるので、あじさいソフトクリームを食べながら公園内を散策してみましょう。
強羅公園(強羅駅から徒歩5分)588035

出典:kittenishさんの投稿

フランス式整型庭園とは、左右対称に池や植栽が配置されたデザインをいいます。山の傾斜を活かした公園のため、見晴らしが良くて気持ちいい!

強羅公園(強羅駅から徒歩5分)78925

出典:ニーナさんの投稿

公園内には、やまあじさいを中心とした多種のあじさいが栽培されています。

強羅公園(強羅駅から徒歩5分)78926

出典:

「あじさいソフト」は、フルーティで爽やかな味わいです。

箱根ガラスの森美術館(強羅から観光施設めぐりバスで20分)

箱根ガラスの森美術館では、1350㎡の広大な敷地の中で、約70種4,500株のあじさいの花を見ることができます。珍しい「ツルアジサイ」や「ウズアジサイ」も楽しめますよ。
箱根ガラスの森美術館(強羅から観光施設めぐりバスで20分)78930

出典:poponさんの投稿

箱根ガラスの森美術館の庭園と建物。メルヘンチックな庭園のあちこちにあじさいが見られます。絵本の挿絵のような写真が撮れそうですね。

箱根ガラスの森美術館(強羅から観光施設めぐりバスで20分)78931

出典:hattoさんの投稿

クリスタル・ガラスのあじさいは、箱根ガラスの森美術館の庭園でしか見ることができません。

ほら、梅雨時も悪くないでしょ?

いかがでしたか?こんな風景を見たら、気分も自然に上がっちゃいそうですよね♪夜のあじさい電車はとても人気があって、すぐに定員いっぱいになることも。早めに予約してくださいね。

神奈川県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード