おうちで旅気分に浸ろう♪きっと旅したくなる映画12選

おうちで旅気分に浸ろう♪きっと旅したくなる映画12選

自由におでかけできない日が続くとストレスも溜まっていくもの。毎日同じことの繰り返しに飽き飽きしてきたのなら、おうちにいながらに旅気分を味わってみませんか。映画を通して疑似体験できたり、違う世界をのぞいて感動したり。再生ボタンを押すだけで、いつだって地球の裏側にアクセス。いつか旅ができるそのときまで、妄想を膨らませておうちで"自分だけの旅”を夢想してみましょう。

2020年05月23日

家にいながら旅行気分に浸ろうよ

女性 新生活 リビング 若い女性 ライフスタイル

非日常に浸りたいとき、仕事を忘れたいときに旅をするって人も多いはず。でもなかなか出かけられないときは、さくっと旅行気分に浸れる映画をみるのはどうでしょう?「いつかこんな旅がしてみたい」「退屈な日常を少しでも晴らしたい」と思える映画をみれば、ワクワクできて未来への希望になります。

いつか旅に出る日を思い描いて。おうちにいながら行きたい国にトリップ

女性 ライフスタイル 夕日

自由に行動できる日がきたら、あれもしたい、これもしたいと想像することは楽しいですよね。でも、ずっと自宅にいることで気分がふさぎこんじゃった…という人は、映画を通して妄想トリップしてみましょう。たっぷり時間がある今だからこそ、映画を通して自分の好きなこと、したいことに気づかされるはず。鬱々とした気分を晴らしてくれる、映画旅を楽しみましょう。

1.女性の探求心に共感したくなる「食べて祈って恋をして」

1.女性の探求心に共感したくなる「食べて祈って恋をして」2182662

出典:

世界中の女性から絶大な支持を受けるエリザベス・ギルバートの自伝的ベストセラー小説を映画化。離婚、失恋と何もかも嫌になった女性がイタリア、インド、バリ島へひとり旅をするストーリー。イタリアではパスタ、ドルチェ、ピッツァと美食に舌鼓。インドでは祈りを捧げ、バリ島ではイケ男と恋に落ちる。女性なら「いいな~♡」の共感ポイント多し!各国の美しい街をひとり歩くシーンや、ヨーダみたいな占い師の名言の数々にハッとさせられます。

2.やりたい事リストを作成したくなる「最高の人生の見つけ方」

2.やりたい事リストを作成したくなる「最高の人生の見つけ方」2182690

出典:

人生は短い。死ぬ前に後悔するのは誰だって嫌ですよね。と、頭ではわかっていても行動するのってなかなか難しい。でもこの映画を見れば"やりたいことリスト”を作成したくなるはず。スカイダイビング、イタリアの絶景を眺めながら美味しいグルメ…。旅好きなら、あそこに行きたい、あれも体験してみたい。と主人公に共感できるはず。余命わずかな主人公2人のチャレンジしていく様子は、見ていて清々しく勇気をもらえます。さぁ、この映画をみてあなたの"やりたいことリスト”を作ってみませんか。

3.美しい場所へ冒険したくなる。世界を歩きたくなる「LIFE!」

3.美しい場所へ冒険したくなる。世界を歩きたくなる「LIFE!」2182722

出典:

毎日仕事と自宅の往復ばかりで、飽き飽きするのは私たちだって一緒ですよね。でもこの映画をみれば外へ出て冒険がしたくなります。変わり映えのしない毎日を生きている主人公がニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤなど。ひとりでは絶対いかないような場所へ冒険する様は、みていて勇気をもらえます。行動すれば経験になる。勇気を出せば意外と何とかなる。気が付けば主人公と同じように旅をしているかのよう。”旅をすることで人生が変わる”。ということを再確認させられ、旅行への妄想が止まりません。

4.人生は旅。歩き続けなければいけないよ「私に会うまでの1600キロ」

4.人生は旅。歩き続けなければいけないよ「私に会うまでの1600キロ」2182743

出典:

女性がバックパックひとつで1600キロをひたすら歩く実話の物語。荒野を歩くなんて誰でも真似でることではないけれど、だからこそ惹きつけられます。派手さはなく哀愁漂うストーリーですが、主人公と同じようにトレイルを歩いている気分になれます。アメリカの広大さを改めて予習しておけば、アメリカ旅行の際も安心かも!?いや、まずは日本国内でお遍路から挑戦する…?

5.ゴージャス!贅沢旅行したくなる「セックス・アンド・ザ・シティ2」

5.ゴージャス!贅沢旅行したくなる「セックス・アンド・ザ・シティ2」2182816

出典:

中東アブダビのゴージャスなホテルと女性たちの煌びやかなファッションにワクワクできるSATC2。こんな豪華な中東旅行がしたい!と女性なら誰しも憧れるはず。そして仲のいい友達との女子旅は何よりのストレス発散ですよね。美味しいもの食べて、おしゃべりして、愚痴る。そして大笑いすれば日頃のストレスなんてあっという間に吹き飛んでしまいます。いつかSATCの4人のようにゴージャスな旅行ができる日を想って、映画をみて予習しておきましょう。その前にたっぷりの貯金を忘れずに…。

6.旅をしながら知見をひろげる「モーターサイクルダイヤリーズ」

6.旅をしながら知見をひろげる「モーターサイクルダイヤリーズ」2182941

出典:

若き日のチェゲバラを描いたロードムービー。青年2人が中古バイクで放浪する旅はただのバイク映画におさままりません。"旅をして世界をみる”という言葉のように、南米大陸の人々の生活や、格差社会、差別など映画を通してみることができます。旅をすることで成長していく青年たちの心情の変化、南米大陸の情景、文化などを知ることができるのも見どころです。

7.世界の豪華ホテル探訪にでかけましょう「はじまりは5つ星ホテルから」

7.世界の豪華ホテル探訪にでかけましょう「はじまりは5つ星ホテルから」2182956

出典:

海外を飛び回り超一流ホテルに泊まる仕事。と聞けばなんだか羨ましくも感じますよね。世界中を飛び回る主人公は、5つ星ホテルをチェックする覆面調査員。独身子供なしの主人公の仕事やプライベートな悩み事には、30~40代女性にも共感ポイント多め。世界の豪華ホテルの内装やエチケットも見どころ。見終わった後は、自分の幸せについての価値観を考えさせられる。そしていつかはヨーロッパの5つ星ホテルに泊まってみたい、と思えます。

8.空港好きでもさすがに同情しちゃう!「ターミナル」

8.空港好きでもさすがに同情しちゃう!「ターミナル」2182963

出典:

飛行機の旅なら、早めに空港のラウンジについて優雅に軽食とお酒をいただく。そして、お土産店を見たり、その国の通貨でお菓子やジュースを買ったり、清掃員やスタッフ、利用客を観察するのも楽しい。空港ってドラマがあります。「さぁニューヨークを観光するぞ!」とワクワクしていたところに「あなたは空港から出られません」といわれたら…どう過ごす?この映画は、自分だったらどのように行動するだろう?と想像しながら見るのがおすすめです。主人公の底抜けの明るさと前向きさに、笑えて、救われます。空港に缶詰…な日が起こらないとも限りません。これを見て予習しておきましょう。

9.ゆるくて脱力感満載。現代人に必要なのはこんな時間「めがね」

9.ゆるくて脱力感満載。現代人に必要なのはこんな時間「めがね」2182977

出典:

仕事や人間関係に疲れたとき、今いる場所を離れたい…と思うことはありませんか?そんなお疲れ気味の女性におすすめしたいのは「めがね」。与論島を舞台に一人旅で訪れる主人公と人々との交流は、いい具合に脱力感があって、心地よい。圧倒的にキレイなビーチと解放感ある情景を見ていると、今すぐにでも南の島へ行きたくなりますよ。たそがれ好き、ただただ何もしない時間を味わいたい。という人は共感できるポイントが多いのではないでしょうか。

10.いつか行きたいフィンランド。北欧の空気に癒される「かもめ食堂」

10.いつか行きたいフィンランド。北欧の空気に癒される「かもめ食堂」2183334

出典:

フィンランドでひとり食堂を営む女性、一人旅で訪れた女性、バゲージロストにあった女性たちの交流を描く、独特の世界観が魅力的な「かもめ食堂」。百夜、青空市場、カモメが飛ぶ海の風景、少しグレーな空など、フィンランドらしい景色が満載で早くも一人旅がしたくなります。丁寧にドリップしたコーヒー、手作りのおにぎりを頬張る姿に「早く誰かの作ってくれたごはんが食べたい…」と思えてきます。豊かさってこういうことなのかも。と気づかされる映画です。

11.列車旅好きに。彩色豊かで温かい気持ちになれる「ダージリン急行」

11.列車旅好きに。彩色豊かで温かい気持ちになれる「ダージリン急行」2183401

出典:

父親の死をきっかけに兄弟の絆を取り戻す、インドを鉄道旅するロードムービー。カラフルな色合いと独特な世界観は絵本をみているかのよう。インドっぽさ満点のかわいい色合いの雑貨や、列車の内装、旅行トランクなど素敵な小物使いにも注目。作中で流れるサントラも素敵で癒されますよ。インドへ行くなら寝台列車の旅も面白そう!と思えるはず。見ているだけで香辛料が漂ってくるようなインドの空気と、ドタバタ3兄弟のやんちゃぶりに何とも言えない余韻を味わってみて。

12.芸術・ファッション・文化の街。パリ旅行の前に「ミッドナイトインパリ」

12.芸術・ファッション・文化の街。パリ旅行の前に「ミッドナイトインパリ」2183410

出典:

オープニングから完全にパリ気分を味わえる映画をこれ以外に知りません。何気ないパリの街並み、橋、エッフェル塔、街角の花屋、雨のパリ、クラシカルなホテル。パリってなぜこんなにも絵になるのでしょう。ロマンチックで小粋な演出とファンタジーさに女心がくすぐられます。1920年代の女性たちのファッションも見どころ。アーティスティックな色合いと普遍的なパリの魅力がたっぷり詰まっていて、今すぐにでもパリに行きたくなりますよ。

旅に出られるその日まで。おうちで「旅」を楽しもう

女性 ライフスタイル 料理写真

映画をみると登場人物の考え方に共感したり、涙したり、笑えたり。見終わった後は違う自分になれた気がしててなんだか経験値も高まったかのよう。なかなか自由におでかけができない時は、旅気分を味わえる映画を見て気分を晴らすのも◎。不満をワクワクに変えて、おうち時間を充実させてみませんか♪パスポート要らずのおうちで映画旅を満喫しましょう。

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

関連キーワード