2021年08月12日

天王寺に行くなら絶対食べたい!地元で愛されるご当地グルメ14選

天王寺に行くなら絶対食べたい!地元で愛されるご当地グルメ14選

古くから「京の着倒れ、大阪の食い倒れ」と言われるように、大阪の人は食べることを大切にし、おいしいものにはお金を惜しまず注いできました。その中で大阪ならではの食文化が育ち、今も地元の人たちに愛されている味がいくつもあります。今回は大阪の中でも天王寺にスポットを当て、地元で愛され続けてきたご当地グルメをご紹介。天王寺に行くなら、絶対に食べてほしいお店を14店厳選しました。いずれもJR「天王寺駅」から徒歩で行けるお店ばかり。味にうるさい大阪人が認めた名店の数々に、お腹が鳴ること間違いなしですよ。

大阪・天王寺は、観光・買い物・グルメが楽しめる街

《大阪府》天王寺ビジネス街・あべのハルカス

大阪・天王寺はキタやミナミに次ぐ繁華街。JR3路線が乗り入れ、地下鉄や私鉄とも直結しているほか、関西国際空港、大阪空港へのバスのりばもあり、どこに行くにも便利なエリアです。JR「天王寺駅」の北側が「天王寺」、南側が「阿倍野」ですが、どちらもざっくり、同じエリアと考えてOK。大阪のランドマーク「あべのハルカス」や、天王寺公園エントランスエリア「てんしば」をはじめ、観光・買い物・グルメが楽しめることで人気です。

大阪の食文化を味わえる、ご当地グルメのお店を厳選!

縁日でたこ焼きを食べる女性

旅の楽しみのひとつは、地元の味を食べること。天王寺を旅するなら、ぜひ食べてほしい味がたくさんあります。たこ焼きやお好み焼きなど、大阪を代表する「粉もん」のお店から、門外不出の味が自慢の麺類、和食や洋食の老舗まで。今回は旅が2倍、3倍思い出深いものになるような、地元の人に愛されるグルメをご紹介します。あれもこれもと目移りして、食べ過ぎちゃうこと必至!

1.「あべのたこやき やまちゃん」本店のたこ焼き

外はカリッ、中はとろ〜り。ご当地たこ焼きが絶品

「やまちゃん 本店」 料理 112265897

出典:憶良さんの投稿

大阪のソウルフードといえば、たこ焼き! 大阪・阿倍野発祥のたこ焼き店「やまちゃん」は、創業昭和63年の老舗です。本店は近鉄「大阪阿倍野橋駅」から徒歩約1分、JR・地下鉄「天王寺駅」から徒歩約5分の阿倍野筋にあるほか、天王寺界隈だけでも4店舗を展開。たこ焼きの焼けるにおいに誘われて、ついつい並んでしまうお店です。

「やまちゃん 本店」 料理 124568750 2019年7月 ヤング(ソースとマヨネーズ)8個【560円】う~ん…好みと違ったな~(-_-)

出典:ザ・ワカヤマンさんの投稿

「やまちゃん」のこだわりは生地。鶏ガラと約10種類の果実や野菜を4時間煮込んだスープと、昆布とかつおの和風だしをブレンドしています。特注の分厚い鉄板で熟練の職人が焼き上げたたこ焼きは、外はカリッ、中はとろ〜り。お店の前でハフハフしながら食べるたこ焼きは最高ですよ。

やまちゃん 本店の詳細情報

やまちゃん 本店

大阪阿部野橋、天王寺、天王寺駅前 / たこ焼き

住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-34
営業時間
[平日・土] 11:00~23:00 [日・祝] 11:00~22:30 ※感染防止の為の大阪府からの時短要請などに従い営業時間など変更しています
定休日
第3木曜
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

2.「たこ八」の明石焼き

粉もんの老舗。あっさり、ふわふわの明石焼きは、クセになる味!

「明石焼 たこ八」 外観 36134821 明石焼 たこ八の外観

出典:まさぼ~さんの投稿

粉もん文化の街・大阪で、明石焼きやたこ焼き、お好み焼き、焼きそばなどを提供している老舗「たこ八」。お店にはテーブル席やカウンター席があり、ひとりでも気軽に入れる雰囲気です。また、テイクアウトもOK!地下鉄「天王寺駅」から徒歩約3分のところにある「阿倍野センタービル」地下2階、赤いちょうちんとのれんが目印です。

「明石焼 たこ八」 料理 5644093 明石焼き 525円

出典:かんみ♪さんの投稿

こちらの看板商品は、兵庫県明石市の郷土料理のひとつ、明石焼き。一見するとたこ焼きのようですが、卵を使って焼き上げるところと、薬味やねぎを入れたダシで食べるところがたこ焼きとの違い。あっさりした味わいとふんわりした食感は、クセになること間違いなし!

明石焼 たこ八の詳細情報

明石焼 たこ八

天王寺駅前、天王寺、大阪阿部野橋 / 明石焼き、お好み焼き、焼きそば

住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-36 阿倍野センタービル B2F
営業時間
11:00~20:30(L.O.20:00)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

3.「あべとん」のお好み焼き

創業50年以上の老舗で、あつあつのお好み焼きに舌鼓

「あべとん」 外観 24133809

出典:

たこ焼きと並んで、大阪の粉もん文化を背負って立つのがお好み焼き。創業50年以上の老舗「あべとん」は、JR「天王寺駅」直結の地下街「あべちか」にあるお好み焼きとモダン焼き、ねぎ焼きのお店です。今では主流の、お好み焼きをベースにしたモダン焼きやねぎ焼きは、こちらのお店が発祥なんですよ。

「あべとん」 料理 23316694 【あべとんミックス】通常のお好み焼の1.5倍の大きさ!!具材はホタテorカキ選べます♪イカ・エビも入ったボリューム満点の定番商品!!

出典:

ソースの上にマヨネーズをかけるお店が多い中、マヨネーズとからし、ケチャップの上からソースを塗るのが「あべとん」流。お好み焼きからねぎ焼き、モダン焼き、焼きそばまでメニューが豊富ですが、迷ったらこちらの「あべとんミックス」がおすすめ。通常のお好み焼きの1.5倍の大きさで、具材もたっぷり入った定番です。

あべとんの詳細情報

あべとん

天王寺、天王寺駅前、大阪阿部野橋 / お好み焼き、焼きそば、居酒屋

住所
大阪府大阪市天王寺区堀越町13 アベノ地下街1号 B1F
営業時間
【営業時間変更のご案内】 下記のように営業させて頂きます。 11:00~22:00(21:15LO) ※状況により営業時間が変動する場合がございます。 詳しくはお店までお問い合わせください。
定休日
地下街の定休日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

4.「串カツ太郎」の串カツ

お腹にやさしく軽い口あたりで、何本でも食べられる!

「串かつ 太郎」 外観 52569191

出典:

創業は昭和63年で、阿倍野エリアでは老舗格の串カツ店「串カツ太郎」。店内は明るく活気があり、テーブル席だけでなくカウンター席もあるので、ひとりでも、カップルやグループでも気軽に利用できますよ。近鉄「大阪阿倍野橋駅」から南へ徒歩約1分の便利な立地です。

「串かつ 太郎」 その他 52569200

出典:

「串カツ太郎」の串カツは、軽い口あたりと素材の味がぎゅっと凝縮された美味しさが特徴です。油は胃にやさしい植物性油で、パン粉はカロリーを抑えるきめ細かいタイプ。生地には鶏ガラと数種類のガラでとったダシが入っています。おまかせ串6本と牛すじ煮込み、お好きなドリンクの「ほろよいセット」がおすすめ!

串かつ 太郎の詳細情報

串かつ 太郎

天王寺駅前、大阪阿部野橋、天王寺 / 串揚げ・串かつ、居酒屋、おでん

住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-3-7
営業時間
17:00~23:00(ラストイン)
定休日
毎週日曜日 第3月曜日
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

5.「あべの酒場」のやきとん

名物「やきとん」とビールで乾杯! テーブル席もある立ち飲み居酒屋

「あべの酒場」 外観 78487250

出典:

「あべの酒場」は、JR「天王寺駅」から徒歩約5分。「あべのルシアス」地下1階にある立ち飲み居酒屋です。立ち飲みスペースだけでなく、テーブル席や個室風に仕切られたスペースもあるので、ひとりでも、カップルやグループでも、それぞれのスタイルで過ごすことができるお店です。

「あべの酒場」 料理 78486728 5本盛り

出典:

こちらの名物は「やきとん」。焼き鳥と同じような作り方で、鶏肉ではなく豚肉を焼いた串焼き料理です。迷ったらまず、おすすめ5本盛り。人気のもつ焼きは朝引きした豚内蔵を丁寧に洗い、1本1本手打ちで作られています。レバテキやトンテキなど名物料理も見逃せません。よく冷えたビールと一緒にどうぞ。

あべの酒場の詳細情報

あべの酒場

天王寺駅前、天王寺、大阪阿部野橋 / 焼きとん、居酒屋、立ち飲み居酒屋・バー

住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1 あべのルシアス B1F
営業時間
11:00~23:00 (フードL.O. 22:15) (ドリンクL.O. 22:30) 日・祝 フードL.O. 22:00) (ドリンクL.O. 22:15)
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

6.「551蓬莱」の豚まん

関西では誰もが知る味、「551の豚まん」はお土産にも!

「551蓬莱 阿倍野近鉄店」 内観 35688765

出典:naba-mieさんの投稿

昭和20年、難波で創業された「551蓬莱(ほうらい)」。大阪では誰もが知る名店で、「おいしさの質を保つため、関西以外では出店しない」ことがポリシー。「あべのハルカス近鉄本店」ウイング館地下2階にある「アベノ近鉄店」にはイートインスペースがあり、JR「天王寺駅」には駅ナカのお持ち帰りの専門店もありますよ。

「551蓬莱 天王寺駅店」 料理 12118863 天王寺駅は特別美味しい気がします、数が出るからかな?

出典:グランマーさんの投稿

「551蓬莱」といえば、豚まん(肉まん)です。メインの具材は玉ねぎと豚肉で、その食感を出すためにダイス状にカット。ほんのり甘い生地との組み合わせが絶妙です。創業以来変わらない製法で、一つひとつ手包みで作られています。ほかにもしゅうまいや餃子、アイスキャンデーも人気!

551蓬莱 阿倍野近鉄店の詳細情報

551蓬莱 阿倍野近鉄店

大阪阿部野橋、天王寺、天王寺駅前 / 肉まん・中華まん、飲茶・点心、中華料理

住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店 B2F
営業時間
10:00~20:00または20:30 営業時間は近鉄百貨店・地階に準じる。 2010年6月現在、日~木曜日は20:00終業、金・土曜日は20:30終業
定休日
不定休(近鉄に準ずる)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

551蓬莱 天王寺駅店の詳細情報

551蓬莱 天王寺駅店

天王寺、天王寺駅前、大阪阿部野橋 / 肉まん・中華まん

住所
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-45
営業時間
10:00~21:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

7.「加寿屋」ヴィアあべのウォーク店のかすうどん

「油かす」をトッピングした、大阪ならではのご当地うどん

「加寿屋 ヴィアあべのウォーク店」 外観 149770832 外観

出典:500(チンクエチェント)さんの投稿

大阪・南河内の郷土料理、油かすをトッピングした「かすうどん」は、「加寿屋」が発祥。油かすとは、牛の腸をじっくり時間をかけて揚げたもので、余分な油分が抜けて肉の旨味が凝縮された食材です。外はカリカリ、中はぷるぷる。独特の歯ざわりがクセになるおいしさ。店舗は関西圏にたくさんありますが、天王寺ではJR「天王寺駅」地下道直結の「ヴィアあべのウォーク」にお店があります。

「加寿屋 ヴィアあべのウォーク店」 料理 56556616 かすうどん556円(税込600円)

出典:best45さんの投稿

本店のオープンから25年以上、大阪で愛されてきた「かすうどん」。独自に吟味を重ねてきた秘伝のスープはコクがあり、トッピングの油かすとの相性も抜群です。油かすは低脂肪でコラーゲンもたっぷりなので、健康や美容が気になる女子にもおすすめ。メニューには「昆布かすうどん」などのあっさり系と、「からあげかすうどん」などのガッツリ系があり、ほかのトッピングも豊富ですよ。

加寿屋 ヴィアあべのウォーク店の詳細情報

加寿屋 ヴィアあべのウォーク店

天王寺駅前、大阪阿部野橋、天王寺 / うどん、ホルモン、居酒屋

住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 ヴィアあべのウォーク 1F
営業時間
11:00~翌22:00(L.O.21:30)
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

8.「美々卯」あべのハルカスダイニング店のうどんすき

お店の代名詞は、黄金色のお出汁でいただく「うどんすき」

「美々卯 あべのハルカスダイニング店」 外観 37762206 ハルカスダイニング13階にございます。

出典:

泉州・堺に200余年続いた料亭が「美々卯(みみう)」の原点。その伝統を受け継ぎながら、麺類専門店にかたちを変え、大阪に本店を移して今に至っています。現在は関西と名古屋にお店があり、天王寺では「あべのハルカス近鉄本店」タワー館13階に店舗を構えています。

「美々卯 あべのハルカスダイニング店」 料理 90859286

出典:revzephyrさんの投稿

こちらの名物は、特製のうどんと旬の幸をお鍋で楽しむ「うどんすき」。関西ではおなじみの料理名ですが、「うどんすき」は「美々卯」の登録商標になっているんです。お出汁は国内産のかつおぶしを、毎日2時間かけてひいたもの。黄金色に輝き、旨味がぎゅっと凝縮されています。しゃぶしゃぶや各種うどん、丼ものもありますよ。

美々卯 あべのハルカスダイニング店の詳細情報

美々卯 あべのハルカスダイニング店

天王寺駅前、天王寺、大阪阿部野橋 / うどんすき、鍋(その他)、しゃぶしゃぶ

住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店タワー館 13F
営業時間
【通常】 11:00~23:00 全てのお食事お飲み物ラストオーダー21:00
定休日
1月1日・不定休(ハルカスタワー館に順ずる)
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ~¥999

データ提供

9.「金久右衛門」阿倍野ルシアス店の醤油ラーメン

スープがなくなり次第終了!食べログ1位を獲得した最強ラーメン

「金久右衛門 阿倍野ルシアス店」 外観 60778057 金久右衛門 阿倍野ルシアス店の外観

出典:まさぼ~さんの投稿

食べログラーメン部門で、全国1位という快挙を遂げたこともある「金久右衛門(きんぐえもん)」。大阪市東成区の本店をはじめ、大阪府下と兵庫、名古屋に店舗を構える、醤油ラーメンの専門店です。天王寺で食べるなら、JR「天王寺駅」から徒歩約3分のところにある「ルシアスビル」地下1階。スープがなくなり次第終了です。

「金久右衛門 阿倍野ルシアス店」 料理 84337955

出典:♬はっちゃん♬さんの投稿

こちらは一番人気の「大阪ブラック」。しっかり濃い口で、ボリュームのある太麺です。ほかにも金醤油ラーメンや醤油とんこつなど、「なにわ最強醤油ラーメン」と謳う1杯がずらり。細麺と太麺が選べ、替え玉やトッピングもOKで、自分流にアレンジして楽しめます。

金久右衛門 阿倍野ルシアス店

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

10.「古潭」アベ地下店の古潭らーめん

親子三世代にわたるファンも!食べ飽きない、懐かしい味のラーメン

「古潭 アベノ地下店」 外観 43863848 古潭 アベノ地下店の外観

出典:まさぼ~さんの投稿

大阪阿倍野の地下街に創業してから50年以上の歴史を数える「古潭(こたん)」。ラーメン専門店が少なかったころから本物の味を手軽に食べられるよう、努力を続けてきたお店です。競合店が増えた今でも「毎日食べても飽きない、どこか懐かしい安心する味」と評され、三世代にわたるファンも。天王寺ではJR「天王寺駅」徒歩約1分の「アベ地下店」のほか、「あべのハルカス近鉄本店」にもお店があります。

「古潭 アベノ地下店」 料理 97184759 古潭らーめん(しょうゆ)

出典:aruko☺︎さんの投稿

こちらの一番人気は、店名を冠した醤油味の「古潭らーめん」。豚骨と鶏ガラ、たっぷりの野菜を煮込み、企業秘密の食材を加えて仕上げる秘伝のスープは、まろやかで深みがあり、コラーゲンたっぷり。シンプルな具材が添えられ、彩りもきれいです。サイドメニューの餃子も人気で、餃子をトッピングしたラーメンもありますよ。

古潭 アベ地下店の詳細情報

古潭 アベ地下店

天王寺、天王寺駅前、大阪阿部野橋 / ラーメン

住所
大阪府大阪市天王寺区堀越町 アベノ地下街 3号
営業時間
11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

古潭 あべのハルカス店の詳細情報

古潭 あべのハルカス店

天王寺駅前、大阪阿部野橋、天王寺 / ラーメン、餃子、飲茶・点心

住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店 12F
営業時間
11:00~23:00(LO 22:00)
定休日
施設に準ずる
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

11.「たちじゅう園」のたちじゅう

大阪では初!「うな重」ならぬ太刀魚のお重が食べられるお店

「たちじゅう園」 外観 14673795

出典:Saiちゃんさんの投稿

JR「天王寺駅」から南へ徒歩約10分のところにある「たちじゅう園(その)」。「たちじゅう」とは、うな重ならぬ、太刀魚を使ったお重のことなんです。大阪で「たちじゅう」を提供するお店は、こちらが初。「ひつまぶし」ではなく、「たちまぶし」も食べられますよ。

「たちじゅう園」 料理 94457267

出典:ケンガクOHさんの投稿

太刀魚は、漁獲量日本一を誇る和歌山県・箕島漁港から直送される「紀州 紀ノ太刀」を使用。何度も秘伝のタレを塗り、炭火で丁寧に焼き上げられます。うな重よりもあっさりしていて、箸が止まらなくなる味。お店オリジナルの自家製生七味をかけてどうぞ。

たちじゅう園の詳細情報

たちじゅう園

阿倍野、大阪阿部野橋、文の里 / 丼もの(その他)、魚介料理・海鮮料理、創作料理

住所
大阪府大阪市阿倍野区松崎町3-17-4
営業時間
11:00~13:30 17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日
日曜日・月曜日・祝日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

12.「すゑひろ」のオムライス

昭和レトロなお店で、昔懐かしいスタンダードなオムライスを

「すゑひろ」 外観 51113927

出典:fujibankさんの投稿

メニューのサンプルが並ぶショーケースが懐かしい、昭和レトロな大衆食堂「すゑひろ」。JR「天王寺駅」北口から徒歩約1分のところにあり、赤いテントが目印になっています。「あべのハルカス」など近代的な建物が並ぶ中、こうした下町情緒いっぱいのお店もまだまだ残っているのが天王寺の魅力でもありますね。

「すゑひろ」 料理 85160631

出典:グルメタクシーさんの投稿

メニューは丼ものや麺類、カレー、定食など大衆食堂の定番がずらり。ワンコインでおつりがくるメニューもたくさんあります。こちらでぜひ食べてほしいのがオムライス。チキンライスをうす焼き卵で包み、ケチャップをかけた昔ながらの味です。オムライスを食べるためにお店を訪れるというファンも多いんですよ。

すゑひろの詳細情報

すゑひろ

天王寺、大阪阿部野橋、天王寺駅前 / 定食・食堂、そば、親子丼

住所
大阪府大阪市天王寺区悲田院町9-18
営業時間
[火~土] 12:15~21:00 [日] 12:15~18:00
定休日
月曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

13.「ボストン」あべのハルカスダイニング店のハンバーグ

創業60年以上。ジューシーなハンバーグを自家製ソースで!

「昭和町BOSTON あべのハルカスダイニング店」 外観 76274882

出典:kattaさんの投稿

昭和27年、大阪・阿倍野昭和町で音楽喫茶として創業した「ボストン」。その後、洋食店、ハンバーグ専門店として姿を変えても、ずっと変わらず地元民に愛されているお店です。現在は大阪府内で店舗展開を行っており、天王寺では「あべのハルカス近鉄本店」12階にお店を構えています。メニューが豊富で、ハンバーグは200gと300gから選べるのがうれしい!

「昭和町BOSTON あべのハルカスダイニング店」 料理 34204359 BOSTONハンバーグ

出典:

「ボストン」の看板メニューは、シンプルなデミグラスハンバーグ。ソースをかければ、鉄板がジューッとおいしい音を奏でます。ハンバーグは牛肉100%で肉汁たっぷり。ソースはオリジナルです。お好みで温玉やゴーダチーズなどがトッピングできるので、自分流にアレンジを楽しんで。

昭和町BOSTON あべのハルカスダイニング店の詳細情報

昭和町BOSTON あべのハルカスダイニング店

天王寺駅前、天王寺、大阪阿部野橋 / ハンバーグ、洋食、牛料理

住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス 12F
営業時間
[月〜金] 11:00~15:00(L.O) 17:00〜22:00(L.O) [土・日・祝] 11:00〜22:00(L.O)
定休日
不定休(あべのハルカスに準ずる)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

14.「明るい農村」のカツカレー

ご飯もカレーも絶品!お米屋さんが手掛けるカレーのお店

「明るい農村」 外観 155867524

出典:nickysunnyさんの投稿

30年以上続く老舗のお米屋さんが手掛けるカレーのお店「明るい農村」。関西ローカルのテレビ番組でも紹介された人気店です。店内には精米機があり、毎日精米したてのお米を使用したカレーが食べられるんですよ。趣向を凝らした自慢のブレンド米は、店内でも購入可能。JR「天王寺駅」から徒歩約8分のところにある「あべのベルタ」西館1階にあります。

「明るい農村」 料理 91551216 ボリューム満点!自家製カツカレー

出典:

2日間にわたって手間暇かけて作られるカレーは絶品! 定番の自家製カレーライスや日替わりランチをはじめ、和洋様々なメニューがありますが、おすすめはボリューム満点のカツカレー。手仕込みのロースカツはサクサクで、カレーとの相性もばっちりです。

明るい農村の詳細情報

明るい農村

阿倍野、天王寺駅前、大阪阿部野橋 / カレーライス、喫茶店、カフェ

住所
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1 あべのベルタ西館 1F
営業時間
11:30~17:30  (L.O 17:00) ***年末年始の営業について*** 年末は、2022年12月29日まで営業 年始は、2023年1月4日より通常営業
定休日
日曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

おいしいものとの出会いで、天王寺がもっと好きになる!

「加寿屋 ヴィアあべのウォーク店」 料理 29568897 kasuya自慢のかすうどん!是非、ご賞味ください

出典:

味にうるさい大阪人が認めた、ご当地グルメの数々。どのお店に行こうか、迷ってしまいますよね。おいしいものとの出会いは、その土地をもっと好きにしてくれる。天王寺のことも、もっと好きになるかも知れません。ぜひ、これは!と思うお店を訪問してみてくださいね。

大阪府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

大阪府×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ