和歌山に竜宮城!?亀の船がいざなう「ホテル浦島」がすごい

和歌山に竜宮城!?亀の船がいざなう「ホテル浦島」がすごい

和歌山県にまるで竜宮城のようなホテルがあるのをご存知ですか?その名もまさしく「ホテル浦島」。そのホテルは、和歌山県を南下した本州最南端にほど近い那智勝浦(なちかつうら)町にあります。ホテルといえどエンターテインメント性抜群!生マグロに、洞窟風呂、日本一のエスカレーター…などなど、気になるワード盛りだくさんの「ホテル浦島」。その魅力に迫ります。(2016年12月19日 最終更新)

和歌山県
エリア
那智勝浦
キーワード
ホテル

「ホテル浦島」のある那智勝浦とはどんなところ?

出典:

美しい太平洋の白波と、日本三名瀑の一つ「那智の滝」で知られる那智勝浦町。海と山の神々が鎮まるこの場所は、豊富な湯量で知られる温泉、風光明媚な景勝地、日本一の水揚げをほこるマグロなど、旅を彩る条件をもれなく満たした一大観光地です。

出典:

高さ、水量ともに日本一の那智の滝。

ホテル浦島ってこんなところ!

出典:

そんな那智勝浦のなかでも、ひときわ異彩を放つ旅の宿が「ホテル浦島」です。訪れた人は、まず美しい勝浦湾に面したホテル浦島の外観に圧倒されます。波打ち際ぎりぎりに建つ3棟の建物のほか、小高い山の上に建つ「山上館」もすべてホテル浦島の一部。3000人分の客室を持つという超巨大な温泉宿です。まるで島がホテルに改造されているかのよう!

亀の背にのって竜宮城へ!

ホテルへは専用の船で向かいます。乗船場で待っていると、ホテルの方向から・・・

出典:

なんかカワイイのがキターー!!

出典:

送迎船には海亀がデザインされています。まるで竜宮城に招待される浦島太郎の気分!!

出典:

ホテル正面の専用船着場から陸にあがりホテルへ。

出典:

ホテル正面玄関でもやっぱり亀さんがお出迎え!

出典:

懐かしい昭和の雰囲気をかもしだす広いロビー。チェックインしたら・・・

出典:

「館内のご案内図」を忘れずにもらいましょう。広〜い敷地にさまざまな施設が点在しているため、この案内図がないとたちまち迷子に!

名物エスカレーターは高低差日本一!

A photo posted by bubisuke (@bubisuke) on

ホテル浦島の名物といえばこの「スペースウォーカー」。1階から終点の山上館まで全長154mもの道のりを上がっていきます。傾斜角度は30度、高低差77mは日本一!所要時間はなんと5分45秒もかかるというから驚きです。熊野灘の眺めを満喫できるので、あっという間ですよ。

エスカレーター横の階段は428段もあるそうなので、「ちょっと晩ゴハン食べ過ぎたなあ」と思ったら腹ごなしにトライしてみては!?

出典:

ホテル浦島はあまりにも広いので、各館内を移動するときは延々と続く長〜いトンネルを歩いていきます。通路の真ん中が色分けされているのは、迷子防止のライン。色ごとに行き先がわかるようになっているそうです。いかに広いかよくわかりますよね!

ホテル浦島名物「7つの湯」

ホテル浦島には、忘帰洞、玄武洞、ハマユウの湯、滝の湯、磯の湯、遥峰の湯、貸切露天風呂と7つものお風呂があります。もちろんすべて名湯勝浦温泉の源泉かけ流しです。

洞窟風呂「忘帰洞&玄武洞」は必ず入るべし

出典:

ホテル浦島の7つの湯のうち、特に有名なのが「忘帰洞」「玄武洞」の2つの洞窟風呂です。どちらも天然の洞窟のなかに温泉が湧き出しているというきわめて珍しいお風呂で、全国からやってくる宿泊客の最大の目的がこの洞窟風呂です。

出典:

「忘帰洞」の名の由来は、大正時代に紀州藩徳川家のお殿様がこの温泉につかったおり、「帰るのを忘れさせるほど心地よい」とほめたたえたことから名付けられたそうですよ。

出典:

天然洞窟風呂「忘帰洞」。

泉質は硫黄を含んだナトリウム・カルシウム塩化物泉で、神経痛、疲労回復、消化器病、皮膚病、糖尿病などに効果があります。
洞窟は幅25m、奥行き50mにもなるそうです。隆起した海底の土地を、風や波が長い時間をかけて侵食し、巨大な洞窟が誕生しました。平安末期のころから有名な温泉だったようで、熊野詣の帰りに貴族たちが疲れを癒したと伝えられています。

A photo posted by hasemako (@hasemako2) on

どちらも眺めが最高です。

貸切露天風呂で特別なひとときを

出典:

ホテル浦島には共同風呂のほかに完全予約制の貸切風呂があります。

A photo posted by Aya (@sasurai_kumatch) on

岩風呂と樽風呂の2種類があり、もちろんどちらも源泉かけ流しです。

A photo posted by nidone_zzz (@nemuii_zzzz) on

太平洋の大海原を眺めながらゆったりと湯舟につかる・・・お殿様にでもなったようなぜいたくな気分です。

スタンプラリーに挑戦!

ホテル浦島にはオリジナルの温泉スタンプカードがあります。3カ所以上に入湯してスタンプを押すと景品がもらえる特典付き!これが目当てで、早い時間にチェックインして湯めぐりをするお客さんもいるそうですよ。

浴衣にもウミガメが!

出典:

湯上がりに羽織る浴衣には、宿のキャラクターであるウミガメがデザインされています。カワイイですね!

当然のことながら・・・客室は「全室オーシャンビュー」

出典:

当然といえば当然なのですが、勝浦湾沿いに建つロケーションを活かし、客室はすべてオーシャンビューとなっています。

出典:

限定のコーナースイートルームは、大きな一枚窓から勝浦の海を一望できる最高の部屋。人気が高く、予約ですぐに埋まってしまうそうですよ。

出典:

日の出・日の入り前に一風呂浴びたら、もたもたせずにすぐに部屋へ。水平線からのぼり、波間にしずんでいくお日さまを、ビールでも飲みながら何もせずぼーっと眺める時間・・・日本人で良かったなあと思う瞬間です。

生マグロの水揚げ日本一!那智勝浦の山海の幸に舌鼓

出典:

那智勝浦といえば近海でとれる新鮮な生マグロが有名です。那智勝浦は生マグロの水揚げ量日本一!冷凍マグロにはない甘く香り豊かな赤身を堪能できるのが生マグロなんです。

出典:

ホテル浦島ではこの生マグロを一頭買いし、バイキング会場で豪快に解体していきます。

A photo posted by Y OKD (@y_okd1978) on

さばいたマグロは山盛りの刺し身やにぎり鮨となってテーブルへ。バイキングなのでもちろん食べ放題!

出典:

メニュー豊富なバイキングもホテル浦島の目玉のひとつ。マグロだけでなく、山海の幸をふんだんに使った料理がこれでもかと会場にならびます。

出典:

レストランからは勝浦の海を一望できますよ♪

個室でいただく豪華懐石も絶品です

A photo posted by saki kato (@tri0914) on

バイキングもいいけど、家族でしずかに個室で食事をしたい・・・そんなときには、豪華懐石料理を専用の個室でいただけるコースもばっちりあります。

A photo posted by @choi_yuen on

生マグロはもちろん、新鮮な貝の盛り合わせや、伊勢海老の刺し身など、バイキングではいただけない特別メニューがずらりと並びます。

勝浦温泉 ホテル浦島

那智勝浦・太地 / 旅館

住所
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165-2
アクセス
JR紀伊勝浦駅から桟橋まで徒歩5分。駐車場からマイクロバスで桟橋まで5分。桟橋から専用船で5分。
駐車場
宿泊料金
28,251円〜 (2名1室 / 1名)

データ提供:

予約プランを見る:

那智勝浦のおすすめ観光スポットはココ!

熊野三山で世界遺産めぐり!

出典:

熊野三山(くまのさんざん)は、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の総称です。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を構成する素晴しい神社です。

出典:

熊野本宮大社旧社地の大鳥居は、鉄筋コンクリート製としては日本一の高さです。

出典:

おごそかな空気につつまれる熊野本宮大社参詣道

出典:

日本一の落差をほこる那智の滝。「神の宿る滝」をひと目みようと世界中から観光客がおとずれます。

くじら博物館で観る大迫力の「くじらショー」

出典:

ホテル浦島からほど近い太地町のくじら博物館は、くじらと馴染みの深い太地町ならではの施設。こちらでは大変めずらしい「くじらショー」を見ることができるんです!

出典:

那智勝浦では野生のくじらを観察するホエールウォッチング体験もできます。くじらに会えるかどうかは運次第ですが、3月から7月にかけての時期は、出産のため熊野灘を回遊するくじらの数が増えるので、かなり期待できそうですよ!

マグロだけじゃない!郷土料理「めはり寿司」も忘れずに

せっかく和歌山に来たのですから、この地方の名物「めはり寿司」をぜひ食べてください!

出典:

もともとは畑仕事の際のお弁当として普及したものでした。ソフトボール大のおむすびを高菜でくるんだ寿司の姿に「目を見張る」ことから、「めはり寿司」という名がついたそうですよ♪

めはり寿司 二代目

紀伊勝浦 / 寿司、魚介料理・海鮮料理、串揚げ・串かつ

住所
東牟婁郡那智勝浦町築地2-2-6
電話番号
0735-52-1670
営業時間
11:00~21:00
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供:

いかがでしたか?

ホテル浦島と周辺のおすすめ観光スポットをご紹介しました。洞窟風呂に生マグロ食べ放題、ホエールウォッチングなどなど、この地方でしか味わえない魅力がたくさんありますよね。和歌山への旅を計画しているなら、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?
都道府県:
和歌山県
キーワード:
ホテル (98)

st43st

st43st

神社仏閣や、日本酒の蔵元巡りには自信あり。日本全国を旅...

icotto公式LINE@をはじめました!

1日1回icotto編集部が厳選したまとめをお届けします。

QRコードでLINEの
友だちを追加
LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャン
or

IDで検索する[その他]タブの[友だち追加]で[ID/電話番号]を選択。[ID]にチェックし、[@icotto]と入力。