長崎のお土産といえばコレ!おすすめ商品15選【食べ物限定】

長崎のお土産といえばコレ!おすすめ商品15選【食べ物限定】

長崎旅行を考えている方は必見!今回は長崎へ訪れたら是非チェックしたいお土産を食べ物に絞って厳選して集めてみました。長崎へ訪れる際には是非参考にしてみてくださいね。

2017年11月08日

1.カステラ

「岩永 梅寿軒」料理 1248343

出典:ぽいぇっとぽるしぇさんの投稿

長崎といえば思い浮かぶお土産として「カステラ」という方は多いと思います。長崎銘菓であるカステラは、眼鏡橋近くにあるお店からご紹介します。卵の地味が強くずっしりとした味わいが魅力のこちらのカステラは売り切れ必至の人気商品です。前もって日程がわかっている場合は予約しておくのがいいでしょう。
「岩永 梅寿軒」料理 1248293 長崎カステラ(1号)

出典:がえたのこんぷりさんの投稿

予約しなくても店頭売りもあるのですが、日によっては開店後30分で売り切れてしまうなんていう日もあるほどです。店舗の他にも百貨店などで取り扱いがあるそうなので、ぜひゲットしたい!という方はそちらもチェックしてみてください。

岩永 梅寿軒の詳細情報

岩永 梅寿軒

賑橋、公会堂前、思案橋 / 和菓子

住所
長崎県長崎市諏訪町7-1
営業時間
10:00~20:00
定休日
不定+火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

2.クルス

「小浜食糧」料理 1248296 十字架が見えますか?

出典:macnnさんの投稿

「クルス」は、もともと雲仙の土地にあった「湯せんぺい」という小麦粉を、温泉で練って焼いたお菓子をアレンジして作られたもの。食感としてはサクサクビスケットの間にチョコが挟まっていて、生姜の風味を効かせています。
「小浜食糧」その他 1248297

出典:3pocoさんの投稿

中に挟むチョコに珈琲やいちごのフレーバーを効かせたものもあります。詰め合わせで買えますのでいろんな美味しさを味わうことができ、お土産にも最適です。

小浜食糧の詳細情報

小浜食糧

雲仙市その他 / 和菓子、洋菓子(その他)

住所
長崎県雲仙市小浜町北本町14-15
営業時間
8:00~19:00
定休日
年中無休(1月1日のみ休み)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

3.からすみ

「高野屋」料理 1248350 からすみ(オーストラリア産)表面の薄皮をはいで食べるのだそうです。食べちゃったよ。2016.1

出典:ふわふわなまこさんの投稿

ボラの卵であるからすみも長崎の名産。有名な珍味なので、お土産にしたら喜ばれること間違いなしですね。様々な製造元がしのぎを削っているので、空港や百貨店などでいろいろ比べてみてから買うのもいいですね。
「高野屋」料理 1248351 長崎のお土産〜❤︎

出典:きりんの気持ちさんの投稿

創業325年の老舗唐墨専門店「高野屋」はからすみの有名店です。からすみ本来の味に塩加減が加わっているので、酒やご飯のお供におすすめ。

高野屋の詳細情報

高野屋

西浜町(アーケード前)、西浜町、築町 / その他、魚介料理・海鮮料理、郷土料理(その他)

住所
長崎県長崎市築町1-16
営業時間
10:00〜 18:00
定休日
不定休
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥8,000~¥9,999

データ提供

4.ハトシロール

「長崎一番 長崎空港店」料理 1248300 ハトシロール(海老)

出典:ぱたぱたぱたごにあさんの投稿

耳慣れない名前ですが、「ハトシ」とは卓袱料理(しっぽくりょうり)の一つで、魚のすり身をパンに挟んで揚げたもの。つまり中国から古くに伝わり、伝統ある郷土料理なのですが、最近注目なのが、このハトシをパンでロール状に包んだ「ハトシロール」なんです。
「長崎一番 長崎空港店」料理 1248344 中はこんな感じ

出典:のぶぼぼさんの投稿

白身のお魚を使ったもの、海老入りのもの、チーズが入ったものなど様々なバリエーションで売られています。お土産の場合は冷凍で買って食べるときにオーブンなどで加熱するものが一般的。ビールによく会うので、飲み友達へのお土産なんていかがでしょう。

「長崎一番 長崎空港店」料理 1248303 これはチーズ入りハトシ

出典:あせかさんの投稿

長崎一番 長崎空港店の詳細情報

長崎一番 長崎空港店

諏訪、大村、竹松 / 天ぷら・揚げ物(その他)

住所
長崎県大村市箕島町593 長崎空港旅客ターミナルビル 2F
営業時間
6:45~19:15(発着時間により変更あり)
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

5.九十九島せんぺい

「九十九島せんぺい本舗 松浦店」料理 1248305 実家から送ってもらった九十九島せんぺい96枚を手土産にご挨拶です♡

出典:ココア-Tokyoさんの投稿

こちらも長崎銘菓。お土産店では大抵売られている定番商品です。限りなく洋風のお煎餅はキャラメルのような風合いとパリッとした歯ざわりに優しい甘さ。そこにピーナッツが入っていて食感と味のバランスが取れたクセになるお菓子です。
「九十九島せんぺい本舗 松浦店」料理 1248306 裏側のピーナッツを、九十九島の島影に見立てているとか。これがとても香ばしい

出典:よい子さんの投稿

その形は縁起物ということで亀の甲をモチーフにしていて、裏から見える散りばめられたピーナツは、長崎の島々を表しているそうです。

「九十九島せんぺい本舗 松浦店」料理 1248345 九十九島せんぺい

出典:vicky5656さんの投稿

ちなみに、オーダーメードで表面の文字をオリジナルで描いてもらうことができるそうなので、特別なお土産にしたいときにもいいかもしれません。

九十九島せんぺい本舗 松浦店の詳細情報

九十九島せんぺい本舗 松浦店

中佐世保、佐世保中央 / スイーツ(その他)、ケーキ

住所
長崎県佐世保市松浦町2-21 九十九島ビル 1F
営業時間
10:00~19:00
定休日
元日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

6.よりより

「萬順製菓」料理 1248309 2本をねじって、二つ折りにして更に螺旋状に

出典:KUMAOさんの投稿

「よりより」は中国伝来のお菓子。中国では「麻花(マーホア)」と呼ばれていて、日本では「唐人揚(とうじんあげ)」とも呼ばれています。小麦粉を練って油で揚げたお菓子ですが、硬いんです。でも噛めば噛むほど甘みの中から小麦本来の味を感じられるというお菓子。一口サイズの「ちより」も含め、硬いんだけど、とにかく美味しいと人気のお土産品です。
「萬順製菓」料理 1248346 よりより

出典:hawks-1さんの投稿

1本でも販売しています。

萬順製菓の詳細情報

萬順製菓

賑橋、思案橋、公会堂前 / 中華菓子

住所
長崎県長崎市諏訪町7-28
営業時間
9:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

7.角煮まん

「岩崎本舗 長崎空港店」料理 1248312 長崎角煮まんじゅう

出典:fumitakaさんの投稿

続いては長崎といえばお馴染みの角煮まん。これもあちこちで手軽に購入できるので長崎へ行ったらぜひ味わいたいですね。そしてお土産には冷凍の角煮まんがあるので、これを自宅でレンチンすれば簡単に長崎の味が楽しめるというわけです。もちもちの皮にジューシーな角煮。間違いのないお土産の一つです。
「岩崎本舗 長崎空港店」料理 1248347 スタンバイした角煮饅頭

出典:旅浪漫さんの投稿

岩崎本舗 長崎空港店の詳細情報

岩崎本舗 長崎空港店

諏訪、大村、竹松 / 肉まん・中華まん、餃子

住所
長崎県大村市箕島町593 長崎空港旅客ターミナルビル 2F
営業時間
6:30~19:10 ※4月の営業時間はPM6:45閉店/金・日曜日はPM7:10閉店
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

8.長崎物語

「唐草」料理 1248314 長崎物語 盛り付け例

出典:KUMAOさんの投稿

ソフトな生地に甘いクリームが入ったロール状のお菓子は、各地で定番お土産としてその存在感を感じさせますが、長崎にも同様のお菓子があります。甘いものが好きな方へのお土産なら是非おすすめ。
「唐草」料理 1248315 2個入りの箱

出典:まろんママさんの投稿

長崎物語は、2個入りの箱がおしゃれで、お土産に適したサイズ感やパッケージも素晴らしいと思います。

唐草の詳細情報

唐草

大波止、出島、五島町 / 洋菓子(その他)

住所
長崎県長崎市樺島町7番11号
営業時間
9:00~19:00
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

9.かんころ餅

「真鳥餅店」料理 1248320 中はこんな状態で、サツマイモの羊羹のような感じ

出典:恵比寿ライダーさんの投稿

かんころ餅も長崎の郷土の味。サツマイモで作ったいももちで、買った段階ではパサパサもさもさした感じのする見た目ですが、これを火で炙っていただくと、モッチモチの食感に変わり、お芋の香りと甘みが口中に広がって極上なんです。
「真鳥餅店」その他 1248319

出典:eve-eveさんの投稿

あちこちで売っていますし、味のバリエーションも色々あるのでちょっと選ぶのに迷いそうですが、まずはベーシックなかんころ餅を買ってみるのをお勧めします。

真鳥餅店の詳細情報

真鳥餅店

五島市その他 / 和菓子、郷土料理(その他)

住所
長崎県五島市三尾野1丁目1-8
平均予算
  • ~¥999

データ提供

10.一○香(いっこっこう)

「茂木 一○香 本家」料理 1248324

出典:ponchunさんの投稿

一見普通のおまんじゅうのようですが、パリッとしていて中は空洞。というちょっと不思議なお菓子。空洞の内側がカラメルコーティングのようにほんのり甘くて優しい味です。これも中国から伝わったお菓子なのだそう。お土産として話題を提供できそうですね。
「茂木 一○香 本家」料理 1248323 中は空洞

出典:Hakoiriさんの投稿

日が経つと湿気たり少し硬くなってしまうそうなので、そういう場合は軽く炙っていただくと元の美味しさを楽しめるそうですよ。

茂木 一○香 本家の詳細情報

茂木 一○香 本家

長崎市その他 / スイーツ(その他)、和菓子

住所
長崎県長崎市茂木町1805
営業時間
09:00~18:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

11.カスドース

「蔦屋茶寮」料理 1248328 カスドース 2個入り 345円 (2016.1)

出典:旅浪漫さんの投稿

こちらはポルトガル伝来のお菓子。カステラを乾燥させ、卵黄と糖蜜でコーティングしたものです。しっとりとした甘みが特徴で、お茶請けにぴったりな一品。あまり日持ちはしないので(しっとり感が長続きしないそうです)、買って帰ったらすぐに渡すようにしましょうね。
「蔦屋茶寮」料理 1248327

出典:ココガイイカモさんの投稿

蔦屋茶寮の詳細情報

蔦屋茶寮

たびら平戸口、西田平 / カフェ、和菓子、郷土料理(その他)

住所
長崎県平戸市木引田町431 按針の館
営業時間
9:00~19:00(L.O.18:30)
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

12.おたくさ

「唐草」料理 1248331 頂きますm(_ _)m

出典:かちゅこ と ちヴィこさんの投稿

「おたくさ」とは紫陽花のこと。学名を「ハイドランゲア・オタクサ」といい、これを名付けたのはかのシーボルトだそうです。シーボルトは最愛の女性「お滝さん」の名前からこの花の名をつけたのだとか。そんなロマンスをパイ生地で可愛らしく表現したお菓子は、当時の恋心のようなほのかな甘さが人気です。軽い味わいなので、幾つでも食べられてしまいますので、お土産として喜ばれると思います。

唐草の詳細情報

唐草

大波止、出島、五島町 / 洋菓子(その他)

住所
長崎県長崎市樺島町7番11号
営業時間
9:00~19:00
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

13.皿うどんチョコレート

「みろくや」その他 1248334

出典:ふくろう。さんの投稿

話題性バッチリ!?な新感覚スイーツとしてちょっときになるお土産をご紹介します。その名も「皿うどんチョコレート」。パリパリの皿うどんをチョコでコーティングしていあるという面白いお菓子です。フレークの入ったチョコのような食感で、もちろん皿うどんの塩味加減はそのままなので、甘みと塩味が交互に楽しめます。
「みろくや」料理 1248348 皿うどんチョコ

出典:ふくろう。さんの投稿

ブラックチョコレートはややビターで、皿うどんが際立つ感じ。一方ホワイトチョコの方はチョコがかなりミルキーで、甘みと塩味の繰り返しがたまらなくなるという塩梅。笑いも取れそうなので、友達へのお土産に向いているかなと思います。

みろくやの詳細情報

みろくや

観光通、西浜町(アーケード前)、西浜町 / ちゃんぽん

住所
長崎県長崎市浜町4-2
平均予算
  • ~¥999

データ提供

14.温泉レモネード(ウンゼンレモネード)

「雲仙観光ホテル・ショップ&ラウンジ」ドリンク 1248337 「温泉レモネード」

出典:natchan72さんの投稿

雲仙の温泉水を使って作ったレモネード。ちょっとレトロな感じがする微炭酸に人気があります。瓶もそれを意識した作りになっていてとても素敵なので、ちょっと重いけどお土産にしたら喜ばれそうな一品。お取り寄せもできますので、持ち帰りが難しいという人にもお勧めです!

雲仙観光ホテル・ショップ&ラウンジの詳細情報

雲仙観光ホテル・ショップ&ラウンジ

雲仙市その他 / カフェ

住所
長崎県雲仙市小浜町雲仙320 雲仙観光ホテル 1F
営業時間
10:00~17:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

15.五島手延べうどん

「竹酔亭」料理 1248339 天ざるうどん800円(税込)

出典:にゅん♪♪さんの投稿

最後は隠れた長崎名物五島うどんです。乾麺なのでお土産として気軽に購入できます。特徴は、椿油を使って麺を伸ばしているのでちょっと独特の風味があることと、その細さと程よいコシの良さ。乾麺でこれだけコシのある麺というのはなかなかないですね。五島うどんにはあご(トビウオ)のお出汁が一番よく合いますので、お土産として買う際には、出汁もセットになっているものを購入するのがお勧めです。

うどん茶屋 遊麺三昧の詳細情報

うどん茶屋 遊麺三昧

新上五島町その他 / うどん、郷土料理(その他)

住所
長崎県南松浦郡新上五島町有川郷428-31
営業時間
11:00~14:30(L.O.14:00)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

いかがでしたか?銘菓、名物がふんだんにある長崎のお土産。何を買ったらいいか迷いそうですが、そんな時は是非このページを参考にしてみていただけたら嬉しいです!

長崎県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード