地元っ子が通うんだから間違いない!和歌山市のおすすめランチスポット

地元っ子が通うんだから間違いない!和歌山市のおすすめランチスポット

和歌山市は人口約36万人を誇る和歌山県の中心となる市。海も山も近く、美味しい海産物や全国でも高いシェアをもつ農作物もあり、おいしい食材に恵まれています。「地元の人に長く愛されているお店」に外れはない!ということで、和歌山で生まれ育って70年の父を持つ筆者が、地元の人が足繁く通う隠れた名店を紹介します。日本最古の現役私鉄と呼ばれる南海電気鉄道に乗って、和歌山市へ美味しいランチの旅はいかがですか?

2017年03月28日

徳川御三家の町においしいもの有り!

徳川御三家の町においしいもの有り!1005161

出典:アンソニーさんの投稿

江戸時代には徳川御三家のひとつである紀州徳川家が治める城下町として栄えた和歌山市。古くから文化がある街に、美味しいものがないわけがありません!今回は和歌山市民暦70年の父をはじめ、地元の人が数十年愛し続ける名店をピックアップしました!普段のランチからちょっと優雅なランチ、軽めのテイクアウトグルメまで、バラエティに富んで紹介していきます。

まずは普段使いのランチスポット!

「ちょっと忙しいからお昼はささっと。でも味は妥協したくない」そんな日常使いのランチスポットからご紹介します。ピックアップしたのは、「ラーメン」「洋食」「うどん」。今日はあっさり?それともガッツリ?その日の気分でチョイスしてくださいね!

山為食堂(やまためしょくどう)

「山為食堂」料理 1112223

出典:クジョーさんの投稿

和歌山でランチと聞いて「和歌山ラーメン」を素通りできません!数ある和歌山ラーメン店の中で、70歳になる父が「今でも時々無性に食べたくなる」お店が創業50年のこちらの店。写真は「中華そば」。かなり濃厚な豚骨醤油スープに太丸麺。とろっ&こってりなスープですが、飲むと意外とあっさり感じる不思議なバランスです。

「山為食堂」料理 1112206

出典:kamonegiさんの投稿

見た目の湯気の少なさに反して相当熱いです。丼から直接スープを飲まれる際は気をつけてくださいね。そしてこの濃厚スープには、ぜひご飯を一緒にオーダーしてみて!

「山為食堂」料理 1005185 あげがたっぷり入ったカレーうどん!

出典:★*さんの投稿

「食堂」という名前だけあって、実はラーメン専門店ではない山為食堂。実際、ラインナップはうどんの方が多いくらいです。こちらの「おあげたっぷりカレーうどん」も、ピリッとしたカレーで食欲をそそります!

「山為食堂」外観 1005186 外観

出典:☆かずゆき☆さんの投稿

和歌山駅から歩いて8~10分ほど。車道から駐車場分だけ後ろに下がっているので、車が停まっていると通り過ぎてしまいそうな間口の狭いお店です。赤い看板を目印に探してください。

「山為食堂」内観 1005192 右手にお茶やお冷のセルフサービスコーナー。レンゲも置いてありました。

出典:BlueSky2525さんの投稿

細長い店内。昭和そのままの雰囲気です。お茶やお水はセルフサービスです。

山為食堂の詳細情報

山為食堂

和歌山市 / ラーメン、うどん、カレーうどん

住所
和歌山県和歌山市福町12
営業時間
11:00~17:00
定休日
日曜・祝日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

フライヤ

「フライヤ」料理 1005207 タンシチュウ

出典:harukitiさんの投稿

こちらは昭和8年創業。戦前から続く洋食屋さんです。家庭ではなかなか作れない「タンシチュー」がこの店の名物。お箸で切れそうなタンももちろんですが、数日かけてじっくり煮込まれるこの店オリジナルのドミグラスソース「ドビソース」をぜひ体験してほしい!甘みをおさえた濃厚ソースにはまります。

「フライヤ」料理 1112240 特製オムライス

出典:ツートン日記さんの投稿

オムライスもおいしそう♪トロトロ卵とドビソースのハーモニーが絶妙です。

「フライヤ」料理 1112252 Aセット (ミンチボールとミニヘレカツ)

出典:ベルガモットさんの投稿

平日限定ですがランチセットもあります。一番人気のは「ミンチボールとミニヘレカツのセット」。こちらでは「ハンバーグ」ではなく「ミンチボール」と呼んでいるんです。

「フライヤ」外観 1112255 2013年3月

出典:ザ・ワカヤマンさんの投稿

2階にお座敷があるので、小さいお子さん連れでも食事がしやすいですよ。

フライヤの詳細情報

フライヤ

田中口、和歌山、宮前 / 洋食、オムライス、シチュー

住所
和歌山県和歌山市広瀬中ノ丁1-13
営業時間
11:00~21:00(L.O)
定休日
年末年始
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

力餅(ちからもち)

「力餅 」料理 1112258

出典:〜☆翼☆〜さんの投稿

昭和9年に、もともと京都にあったお店から暖簾分けしてできた「力餅」。戦前からあるうどん屋さんで、ぶらくり丁という昔からある商店街にお店を構えています。和歌山市民なら知らない人はいない歴史あるうどん屋さんです。天ぷらうどん、きつねうどん、月見うどん、鴨南蛮うどん、カレーうどんなど定番うどんメニューのほかに、卵丼、親子丼などの丼メニューもあります。

「力餅 」料理 1112261 2014年10月 おはぎとあんころ【286円】メニューにはこの組み合わせはないですがOKでした♪

出典:ザ・ワカヤマンさんの投稿

こちらのお店は「力餅」の名前の通り、うどんのほかにもお餅が名物のお店。常時「きなこ」「あんころ餅(こし餡)」「おはぎ(粒餡)」が用意されています。地元っ子は、うどんと同時にオーダーし、うどんが来る前に食べ終えちゃいます。市外から来た人はデザートじゃないの!?と突っ込みたくなりますよ。

「力餅 」外観 1084600 。午後2時40分・久しぶりに商品がそろっていました。

出典:kimimaroさんの投稿

お餅はテイクアウトも可能です。細長い紙の箱にぴっちりと詰めてくれます。できるだけその日に食べた方が柔らかくて美味しいですよ。

「力餅 」外観 1005357

出典:黒こっぺさんの投稿

お店はぶらくり丁の大通り沿いのアーケードにあります。最寄駅は紀和駅で、歩いて13分ほどです。

力餅 の詳細情報

力餅 

紀和、和歌山市 / うどん、和菓子、親子丼

住所
和歌山県和歌山市元寺町1丁目82番地
営業時間
10:00~18:00(L.O.17:45)
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

「ハレの日」のランチ

何かのお祝いや、遠い親戚が遊びに来てくれたときなどに、和歌山市民が昔から選んできたお店を紹介します。ランチなら気軽なお値段で老舗の味が楽しめますよ。

一橋庵(いっきょあん)

「一橋庵本館」外観 1005397 一橋庵別館

出典:プレーゴさんの投稿

創業は昭和2年。現和歌山城正面入り口、一の橋畔に店舗を構えたのが始まりの「一橋庵」。日本料理店らしい落ち着いた設えの入り口で、店内にはカウンター席もあり、おひとりさまでも本格日本料理を楽しめます。

「一橋庵本館」料理 1005383 寿司定食 梅 1350yen

出典:プレーゴさんの投稿

見た目も華やかな「寿司定食 梅」。この豪華さで1400円です!丁寧な和食が存分に堪能できるおすすめセット。

「一橋庵本館」内観 1005392 個室

出典:プレーゴさんの投稿

日本料理店らしく、個室がたくさん用意されています。静かなお部屋でゆっくりと食事やおしゃべりを楽しめるのが素敵ですよね。

一橋庵本館の詳細情報

一橋庵本館

和歌山市 / 寿司

住所
和歌山県和歌山市十二番丁33
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

安愚楽本店(あぐらほんてん)

「安愚楽本店」内観 1005459

出典:

「紀州料亭 安愚楽(あぐら)」は和歌山で獲れた海の幸、山の幸をいただける料亭です。こちらの創業はなんと明治23年。今回ご紹介する歴史あるお店の中でも最も古く、何世代にもわたって愛されているお店です。

「安愚楽本店」料理 1005455

出典:

ランチにはお手軽な定食や丼ものなどもありますが、名物は鯛めし。さらに季節によってクエ料理などが楽しめます。鯛めしやクエ料理が食べたい場合は、予約した方がベターです。

「安愚楽本店」料理 1112282

出典:

美しい器に盛られた丁寧な懐石料理で、和歌山の優雅な一日を満喫するのはいかがですか?

安愚楽本店の詳細情報

安愚楽本店

和歌山市 / 懐石・会席料理、魚介料理・海鮮料理

住所
和歌山県和歌山市雑賀屋町2番地
営業時間
AM11:00〜PM10:00
定休日
不定休
平均予算
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

最後はテイクアウトしてお気軽ランチタイム♪

和歌山城公園や紀ノ川の河川敷など、のんびりいい景色を眺めながら、お外でランチもいいですね。おすすめのテイクアウトメニューをご紹介します。

なかたや ぶらくり丁店

「なかたや」料理 1005485

出典:kimimaroさんの投稿

このパッケージを知らない和歌山市民はいないでしょう!明治36年創業、和歌山が誇る製パン会社「ナカタ」のコッペパン。和歌山市内のスーパーなら、山崎製パンやパスコと言った全国展開の製パン会社のパンを押しのけて、一番目立つところにおいてあることも珍しくない「ナカタ」のパン屋さんがこちら。

「なかたや」料理 1005488

出典:kimimaroさんの投稿

日持ちのするビニール袋包装のコッペパン以外にも、「みかんジャム」や「あおうめジャム」などの和歌山らしいジャムが入ったコッペパンやあんぱんなども購入できます。

「なかたや」外観 1005491 写真撮影許可済み

出典:kimimaroさんの投稿

お店は「中ぶらくり丁」にあります。こちらの店舗以外にも、紀三井寺などにお店があります。スーパーのパン売り場をのぞいてみるのもアリですが、売り切れになることもしばしばなので、お店に行くのがオススメです。

「なかたや」内観 1005495

出典:kimimaroさんの投稿

昔懐かしいガラスのショーケースに少しずつ並べられたパン。本当に売り切れちゃうのが早いので、できるだけ早く行くのが吉。ちなみにこちらのお店にはイートインスペースはありませんのでご注意を!

なかたやの詳細情報

なかたや

和歌山市、紀和 / パン

住所
和歌山県和歌山市米屋町1
営業時間
10:00~18:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

オウメコロッケ工房

オウメコロッケ工房1005514

出典:

子どものオヤツに、晩御飯の一品に。お手軽な値段で、和歌山市民の台所を支えてきたお店です。注文してからその場で揚げてくれるので、目的地に着く前に思わず一口パクリと食べたくなってしまいます。

オウメコロッケ工房1005518

出典:

なかでも一押しがメンチカツ。小ぶりなのですが、お肉がギュ!と詰まっています。このメンチカツもコロッケも、少し甘めな味付けで子どもも大好きです。

オウメコロッケ工房1005525

出典:

中心街から2、3本離れた静かな通り沿いにあるこちらのお店。きれいなグリーンの「オウメ」の看板を見過ごさないように探してくださいね!ちなみに、先ほどご紹介したコッペパンにオウメのコロッケをはさんで食べるのがオススメですよ。

番外編。おすすめデザートスポット

ランチを食べたら甘いものが欲しくなってきた…。そんな時におすすめのデザートをひとつご紹介します。

玉林園 本店

「玉林園 本店」料理 1005537

出典:かんみ♪さんの投稿

さらっとしたソフトクリームの中に、しっかり抹茶の香りと味が伝わる「グリーンソフト」。こちらのお店は安政元年にお茶のお店として創業した老舗で、このソフトクリームは昭和33年から続くロングセラー商品です。

「グリーンコーナー イズミヤ店」内観 1112879 お店 外観

出典:もーげんさんの投稿

出島にある本社工場をはじめ、イズミヤ和歌山店やスーパーセンターイズミヤ紀伊川辺店内といった商業施設の中に「グリーンコーナー」という名前で出店していて、和歌山市民は小さいころからお世話になっている馴染み深いお店なんです。

「玉林園 本店」料理 1112320 天かけラーメン 2

出典:KIX737さんの投稿

甘味のほかに、「天かけラーメン」や「明石やき」など、ちょっと小腹が空いた時に助かるメニューも揃っています。

「玉林園 本店」料理 1005544

出典:stairさんの投稿

テイクアウト用のグリーンソフトも売っています。こちらは運がよければ南海和歌山市駅改札内売店でも購入可能!ソフトクリームに最中の蓋がかぶせてあって、ちょっとお得な気分になります♪

玉林園 本店の詳細情報

玉林園 本店

田井ノ瀬 / ラーメン、日本茶専門店、明石焼き

住所
和歌山県和歌山市出島48-1
営業時間
玉林園10:00~19:00 GC11:00~23:00 (OS22:30)
定休日
未確認
平均予算
  • ~¥999

データ提供

ミカンだけじゃない、おいしいものいっぱいの和歌山

ミカンだけじゃない、おいしいものいっぱいの和歌山1005549

出典:yasudaaさんの投稿

和歌山で地元っ子が長年愛するランチスポットをご紹介しましたがいかがでしたか?ご紹介したお店以外にも、和歌山っ子が何世代にもわたって贔屓にしているというお店が実はまだまだたくさんあります。もちろん、新しいお店で人気なところもあるので、とにかく“おいしいもの”には困りませんよ。和歌山市で、ランチを楽しんでくださいね!

和歌山県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード