2016年03月29日

アメリカ西海岸のトレンド感じる!「ログロード代官山」でお散歩

アメリカ西海岸のトレンド感じる!「ログロード代官山」でお散歩

かつて東横線が走っていた全長220mの線路跡地に誕生した商業施設「ログロード代官山」。日本初上陸のライフスタイル複合セレクトモール「フレッドシーガル」や同じく日本初上陸「カムデンズブルー☆スタードーナツ」など話題のお店が集まっています。アメリカ西海岸のトレンドが集まるこの場所でお散歩してみませんか?

都会のオアシス「ログロード代官山」

「カムデンズ ブルー スター ドーナツ 代官山」外観 57318

出典:HAMBURGER WORLDさんの投稿

2015年春。かつては、東横線の電車が走っていた線路跡地に新しいカタチの商業施設として「ログロード代官山」は誕生しました。全長220メートルに広がる散策路になっており、歩きながらスタイリッシュなコテージ風の建物や緑豊かなランドスケープを楽しむことができます。

A photo posted by Kiyoka (@kiyoka0206) on

わんちゃんを連れてふらっと寄れるのが嬉しいですね!屋外には至るところにレストスペースが設けられており、ナチュラルな素材感にこだわった様々なベンチが多数設置されています。

さまざまなシーンが継ぎ目なく繋がっていく“集い” “憩い” “刺激” のある新しいカタチの商業施設です。

出典:LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山) | 空間デザイン事例 | デザイン情報サイト[JDN]

「ガーデンハウス クラフツ」外観 57322

出典:acharinさんの投稿

ロゴマークは、その場所が線路であった記憶を残すため、12本の線路で表現されており、1年(12ヶ月)を通じて訪れる人々にとって特別な場所でありたいという願いが込められています。

東急東横線「代官山駅」より徒歩4分
JR山手線・東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」より徒歩9分

ログロード代官山の魅力

自然を感じる!

「ガーデンハウス クラフツ」外観 57327

出典:まめぞうさんの投稿

ログロード代官山は、開放感に溢れ都会でありながらも別荘地にいるような魅力的な空間です。通路の両側には、「季節の移ろい、色、風、香り、発見、癒し」をテーマに、創りすぎない都会的なランドスケープが広がり、四季折々の花と緑で溢れています。そこでは、五感が刺激され、心地よく、自然の中を散策しているような気分になります。

トレンドを感じる!

「カムデンズ ブルー スター ドーナツ 代官山」その他 57329 シンプルだがお洒落なカフェ1

出典:えこだねこさんの投稿

Fred Segal(フレッド・シーガル)やCAMDEN'S BLUE ☆ DONUTS(カムデンズ ブルー スター ドーナツ)など日本初上陸の店舗が揃っており、トレンドに敏感な若者達からも注目を集めています。

ログロード代官山で人気のお店をご紹介!

Fred Segal(フレッド・シーガル)

「カムデンズ ブルー スター ドーナツ 代官山」外観 57332

出典:oishinbo0303さんの投稿

ログロード代官山3号棟
Fred Segal WOMAN(フレッド・シーガル・ウーマン)

ログロード代官山4号棟
Fred Segal MAN(フレッド・シーガル・マン)

Fred Segal(フレッド・シーガル)は、1961年にアメリカ・ロサンゼルスで創業された、アメリカ西海岸を代表するライフスタイル提案型のセレクトショップ。

A photo posted by @fred_segal_jp on

世界中のファッション業界をはじめ、多くの海外セレブからも愛されている「Fred Segal」。アメリカ国外1号店がログロード代官山に出店されたのです!

A photo posted by @fred_segal_jp on

Fred Segal WOMAN(フレッド・シーガル・ウーマン)では、“密かな贅沢”をテーマに最新トレンドを取り揃えるレディースアパレルをはじめ、コスメや雑貨など幅広いラインナップが並びます。
また、Fred Segal MAN(フレッド・シーガル・マン)では、“好奇心に満ちた大人の男性のニーズとライフスタイルを満たす”をコンセプトに、こだわりを持つ大人の男性に向けた高感度メンズアパレル、趣味やライフスタイルに関わる商品を取り揃えています。

CAMDEN'S BLUE ☆ DONUTS(カムデンズ ブルー ☆ ドーナツ)

「カムデンズ ブルー スター ドーナツ 代官山」外観 57339 Outside

出典:ほんまねずさんの投稿

ログロード代官山2号棟
THE MART AT FRED SEGAL(ザ・マート・アット・フレッド・シーガル)内

ポートランド発の大人気ドーナツ店CAMDEN'S BLUE ☆ DONUTS(カムデンズ ブルー ☆ ドーナツ)が日本初上陸しました。ブリオッシュ生地で作られる大人味のドーナツ。代官山店では、店舗内のキッチンで生地から作っており、毎日できたてのドーナツを提供しています。

A photo posted by sanohitomi (@sanohitomi17) on

使われるフルーツは全てオーガニックなものを採用し、オリジナルのレシピや原材料をできるかぎり揃え、忠実な味を再現しています。新メニューも続々登場するので、季節が変わるごとに訪れたくなりますよね。

A photo posted by ミサミサ (@misa_m4th) on

個性的でカラフルなドーナツは甘さ控えめで女性を中心に大人気!

カムデンズ ブルー スター ドーナツ

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

GARDEN HOUSE CRAFTS(ガーデンハウスクラフツ)

「ガーデンハウス クラフツ」外観 57347

出典:ミライ*さんの投稿

ログロード代官山5号棟

GARDEN HOUSE(ガーデンハウス) 鎌倉の2号店として出店されました。テイクアウトができるデリ、サンドウィッチ、焼き菓子などがあります。すべて新鮮でオーガニック食材が使われており、モーニングセットも充実しています。

「ガーデンハウス クラフツ」外観 57349 ログロード代官山の洗練された雰囲気に溶け込むブラックとウッドの店2

出典:えこだねこさんの投稿

大きなガラス窓からは自然光が入り、店内は開放感溢れる空間です!お友達とのランチタイムが盛り上がりそうですね。

「ガーデンハウス クラフツ」料理 57350

出典:magatama3さんの投稿

新鮮なお野菜がたっぷり。こだわりの食材を使ったメニューで、からだに優しい食卓を♪

「ガーデンハウス クラフツ」外観 57351

出典:まめぞうさんの投稿

屋根付きのテラス席もあるので、外の空気を感じながら贅沢なお食事タイムが堪能できますよ。こちらはペットの同伴も可能です。

ガーデンハウス クラフツの詳細情報

ガーデンハウス クラフツ

代官山、恵比寿、渋谷 / パン、ケーキ、カフェ

住所
東京都渋谷区代官山町13-1 LOG ROAD DAIKANYAMA 5号棟
営業時間
8:30 - 18:00 (フード L.O. 17:00、ドリンク L.O. 17:30) ※感染症対策を徹底して営業しております。
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

SPRING VALLEY BREWERY TOKYO(スプリングバレーブルワリー東京)

「スプリングバレーブルワリー東京」外観 57354

出典:

ログロード代官山1号棟

SPRING VALLEY BREWERY TOKYO(スプリングバレーブルワリー東京)は、その場でつくられたクラフトビールが楽しめる、ビール醸造所が併設されているオールデイダイニング。産地直送の新鮮で旬な食材にこだわった料理の数々。ビールとのペアリングを探す楽しみが味わえます。

「スプリングバレーブルワリー東京」内観 57356

出典:

店内は、天井が高く広々とした心地よい空間。併設されているビール醸造所を横目に乾杯♪いつもよりビールが進みそうですね。

「スプリングバレーブルワリー東京」ドリンク 57357

出典:

ビールとの相性抜群なつまみと定番6種類のビールに合わせたペアリングセット。テイスティング初心者にオススメのセットです。

スプリングバレーブルワリー東京の詳細情報

スプリングバレーブルワリー東京

代官山、恵比寿、中目黒 / ダイニングバー、イタリアン、ビアバー

住所
東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山
営業時間
【営業時間のご案内】 ■東京都からの制限解除を受けまして10月25日(月)より営業時間が下記に変更いたします。 ※状況に応じて急遽変動する場合がございます。 営業時間  11:00~22:00 フードラストオーダー 21:00 ドリンクラストオーダー 21:30 ※ご利用に関して【お店からのお知らせ】をご覧ください
定休日
無休 
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

実際に行った人の声

忙しい毎日が続いている。そんな時こそほっと一息つきましょう。ログロード代官山の緑あふれるスポットでゆっくりと深呼吸。最新トレンドに囲まれながら、のんびりと穏やかな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ