ソース文化圏!関西にはどんなソースがあるのかまとめてみた【12選】

ソース文化圏!関西にはどんなソースがあるのかまとめてみた【12選】

関西といえば「粉もん」や「串カツ」などソースが欠かせないご当地グルメが有名ですね。このため、ソース文化圏といわれるほど様々な種類のソースが売られています。今回は、関西のソースにはいったいどれほどの種類があるのかをまとめてみました。気になる方はチェックしてみてくださいね♪

2017年12月26日

関西といえばソース文化!

関西といえばソース文化!1471232

出典:mongooose さんの投稿

様々な種類がある関西のソース。お料理によってソースを使い分けることも多いそうで、どの家にもたいてい使い分けの為に2~3種類のソースが常備されているとか。まさにソース文化圏といえますね。
関西といえばソース文化!1471234

出典:ともたかサーフさんの投稿

主にウスターソースととんかつソースに大きく分類できるようですが、それぞれの良さや料理との相性を活かした様々な製品が売られています。今回はそんな関西で人気のソースをまとめてみましたので興味のある方はぜひチェックしてみてください。

イカリソースのソース

イカリソースは明治29年創業と、日本で最古のソース会社の一つと言われています。家庭用ボトルタイプのソースはキャップに穴が3個空いた「3穴キャップ」が特徴。かけやすいと評判のようです。

1.イカリウスターソース

1.イカリウスターソース1471243

出典:

さらりとした質感が特徴のウスターソースですが、イカリソースのものはそれよりもさらにサラサラな質感を持っています。スパイス感も程よくあって、すっきりした味わいが楽しめるソースです。

2.イカリソースとんかつ

2.イカリソースとんかつ1471244

出典:

甘みとスパイスの風味をマイルドに感じられる仕上がりの家庭用ソース。とんかつソースと銘打っていますが、洋食類にもよく合うそうですよ。

3.おこのみ家

3.おこのみ家1471247

出典:

出汁入りの生地やマヨネーズに合うように作られたお好み焼き専用ソース。業務用が主流ですが家庭用サイズもあります。このメーカー特有の3穴キャップが活かされていて、お好み焼きにかけるときに細い筋でかかるのがナイスですね♪

ハグルマのソース

ハグルマも関西ではおなじみのソースメーカー。その前身はやはり明治時代創業の三ツ矢ソースとハグルマソースで、昭和40年代に合併しましたが、現在も両方のブランドのソースを製造・販売しています。

4.こだわり仕立て焼きそばソース

4.こだわり仕立て焼きそばソース1471271

出典:

焼きそばに使うと絶妙に美味しいソース。カツオと昆布の旨みが活かされていて、粉もんなどにかけるソースと違ってあっさりとした仕上がりになります。野菜炒めなどに使っても美味しそうですね♪

5.三ツ矢ソース

「道の駅 青洲の里」 料理 68936531

出典:ごんぼさんさんの投稿

とんかつソースはフルーツの甘みと酸味がきいたマイルドながらも濃厚な味わいが。もう一つのウスターソースは90日以上の熟成を経た深いのにあっさりとした味わいが楽しめます。

大黒屋のソース

串カツ用ソースを中心に、こちらも大阪では屈指の人気を誇る大黒屋。創業は大正時代で、とにかくソースのラインナップが多いことで知られています。

6.元祖なにわ名物串カツソース 壺

6.元祖なにわ名物串カツソース 壺1471253

出典:

二度付け禁止の串カツルールが存在する大阪。その串カツに特化したソースとして地元で有名です。ドボンと浸しやすい壺の形の容器が特徴で、中身はウスターソースと醸造醤油がベースになっています。甘目の仕上がりで串カツ専用かと思いきや、炒め物などにもよく合うそうですよ♪

7.激辛スパイスソース

7.激辛スパイスソース1471265

出典:

辛いのがお好きな方にオススメな「激辛スパイスソース」は、少量でも激辛料理が作れるというかなり刺激的な一品。確かに強烈な辛さなのですが、ソース特有の甘みも感じられ、一度使うと病みつきになるという人も多いそうです。

ほかにも様々なソースメーカーがあります

有名なメーカーから出ているソースだけでもかなりの種類になりますが、それ以外にも独自のこだわりでソースを製造・販売しているメーカーがたくさんあるのが関西の特徴。まだまだたくさんのソースが登場しますよ♪

8.自由軒 四代目ウスターソース

8.自由軒 四代目ウスターソース1471255

出典:

創業明治43年に、大阪初の西洋料理店としてオープンした「自由軒」から出ているソース。名物のカレーにかけるとおいしいといわれているのがこのソースです。

9.ヒカリウスターソース

A post shared by mm.jp.035 (@japan_035) on

国産有機野菜に果実、国産米で作られたソース。香料は使用せず、スパイス類は原型か粉末を使用するといった有機JAS認証も取得した徹底ぶりです。もともと合成素材を一切使わないことをコンセプトに生み出された商品で、名前の由来は商品発売当時に開通した新幹線にちなんだもの。このため当初の商品名は、「超特急ヒカリソース」だったそうです。

10.ヒシ梅ソース

A post shared by AMARANTHUS (@redleader8120) on

池下商店が展開する「ヒシ梅」は、お好み焼きやたこ焼きといった大阪ならではの「粉もん」の味付けに絶大な支持を持つタマリソースと、串カツ屋さんのプロが認めるウスターソースの2種類をラインナップ。家庭での焼きそばや炒め物への利用も多い人気商品の一つです。

11.敬七郎ウスターソース

明治30年から受け継がれる阪神ソースが作る無添加の味。創業時に洋食に会うことをコンセプトに作られている「かける」系のソースで、コロッケなどによく合うそうですよ。

12.どろソース

A post shared by mink (@mmmmmmink) on

オリバーソースが販売する「どろソース」はウスターソースを作る際にできる沈殿物を利用して作られた濃厚なソース。うまみ部分が凝縮されていて辛口の仕上がりです。

いかがでしたか?

さすがソース文化圏といわれるだけあって、すごい種類ですよね。これでもほんの一部なんですよ♪気になるソースがあったらお取り寄せしてみてはどうでしょうか。

関西のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード