2019年06月02日

観光の合間に芸術鑑賞♪「とうや湖ぐるっと彫刻公園」で感性を磨くデートを♡

観光の合間に芸術鑑賞♪「とうや湖ぐるっと彫刻公園」で感性を磨くデートを♡

温泉地としても有名な北海道・洞爺湖。この湖畔沿いは「とうや湖ぐるっと彫刻公園」として遊歩道が整備され、豊かな自然を眺めながら芸術鑑賞ができるスポットになっています。作品は全て屋外展示となっていて、いつでも気軽に行くことができるので、普段美術館などに行かないカップルにもおすすめ♪散歩したりベンチに座りながら色々な角度から作品を眺めれば、いつもとは違った時間の流れに身を委ねられますよ。今回は「とうや湖ぐるっと彫刻公園」の魅力をご紹介します!

2人で洞爺の大自然に包まれよう

洞爺湖(サイロ展望台からの景色)
北海道の中でも有数の景勝地である「洞爺湖」。洞爺湖温泉やサイロ展望台などの観光名所もあり、外国からの観光客にも人気のスポットです。そんな洞爺湖の周りは、水辺に集まる野生動物たちの楽園としても有名。じっくり宿泊して楽しめば、時間と共に移り変わる大自然に包まれることができますよ。都会で日々忙しく働くカップルなら、きっと心が癒されるはず♪

洞爺湖の自然は一期一会

洞爺湖(壮瞥公園からの眺め)
洞爺湖の景色は一度として同じ日がありません。空や湖の色、周りの風景、動物たちなど…神秘的な雰囲気さえ感じる自然の情景は、それ自体が芸術。自然のキャンバスを背にして佇む彫刻達は、様々なメッセージを投げかけてくるようです。今回は、そんな洞爺湖の自然と共に楽しめる「とうや湖ぐるっと彫刻公園」をご紹介。観光などの合間に出かけて、感性を磨く旅にしましょう♪

「とうや湖ぐるっと彫刻公園」とは

「とうや湖ぐるっと彫刻公園」とは1884748

出典:gorugoさんの投稿

「とうや湖ぐるっと彫刻公園」は、洞爺湖の周りを取り囲むように彫刻が展示された公園です。“人と自然がふれあう野外彫刻公園”をコンセプトに洞爺湖町と壮瞥町が運営・管理しており、湖周辺の美しい自然と芸術作品の調和を楽しむことができます。公園として整備されているので、彼と手を繋いでデートをするのにもぴったり♡湖畔の清々しい風を感じながら、時間を忘れてリラックスできます。
「とうや湖ぐるっと彫刻公園」とは1884747

出典:itaruさんの投稿

この彫刻公園の歴史は、彫刻家・安田侃の作品である「回生」と「意心帰」が洞爺湖の湖畔に設置されたところからはじまります。洞爺湖沿いの整備された遊歩道や公園の一角に彫刻を並べるという構想が決まってからは、様々なアーティストが参加をし、作品がどんどん増えました。一周は約52kmなので一日で全て周りきるのは難しいですが、観光の合間に立ち寄るのにおすすめ。芸術に触れる体験が手軽にできるのが魅力です。

テーマは“生の賛歌”

テーマは“生の賛歌”1884749

出典:

展示されている彫刻は全部で58基。多彩な作家が生み出す彫刻作品は、一見、統一感がないように見えますが“生の賛歌”というテーマで繋がっています。しかし芸術鑑賞に馴染みがない人は、どうやって鑑賞したら良いのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな時には、洞爺湖の自然に溶け込む彫刻の造形を360度色々な角度から眺めてみましょう。きっと、作品から伝わってくるメッセージを感じることができますよ。

個性豊かな彫刻作品を鑑賞しよう!

個性豊かな彫刻作品を鑑賞しよう!1885635

出典:kawabotaさんの投稿

人気の洞爺湖温泉すぐ傍には遊歩道が整備され、約14基もの彫刻作品が並んでいます。チェックインをした後や朝早くに散歩にでかけてみるのにもおすすめ。その他にも、洞爺湖の周りには様々な観光名所が点在しています。観光に立ち寄った際には、この公園に出かけてみて休憩しながら彫刻を眺めてみてくださいね。ここからは、実際に彫刻作品をご紹介していきます!

安田侃「意心帰」(1988年設置)

安田侃「意心帰」(1988年設置)1884743

出典:mizunaraさんの投稿

北海道美唄市の安田侃氏の作品「意心帰」は、1977年におきた有珠山噴火から10年目となる節目に設置されました。“意心帰”とは心は意に帰という意味があり、数々の苦難を乗り越えた住人と、翌年におきた泥流被害の犠牲者への鎮魂の願いが込められています。彼の代表的な作品のひとつであり、滑らかな大理石の質感とバランスが、洞爺湖の自然にそっと調和します。世界的に有名な彫刻家の作品なので、彼と色々な角度から眺めてどんな印象を受けるのか話し合ってみるのも良いですね。

安田侃「回生」(1984年設置)

安田侃「回生」(1984年設置)1884746

出典:mizunaraさんの投稿

こちらも安田侃氏の作品「回生」。北海道教員保養所の記念碑として誕生したもので、離れた場所にある「ゆかりの碑」の対の作品となっています。よく見ると作品の下の部分には隙間が設けられており、ゆかりの碑から湖までの魂の通り道としての役割を果たしていると言われています。天気によっても全く違った表情になる作品で、生命の神秘を感じる体験ができます。触れてみたり屈んで隙間をのぞき込んでみたり、全身を使って鑑賞するのがおすすめ。

坂担道「湖渡る風」(1992年設置)

坂担道「湖渡る風」(1992年設置)1885720

出典:yamada@E12 さんの投稿

北海道で育った彫刻家、坂担道氏の作品である「湖渡る風」は、躍動感のある動きが魅力的な像です。実はこの作者は、北海道の中でも特に有名な彫刻「丘の上のクラーク像」を手掛けたことでも有名。今にも動き出しそうな彫刻は、洞爺湖の自然を全身で感じ、楽しんでいるようにも見えます。

速水史郎「Sun-TOYA 讃洞爺」(1993年設置)

速水史郎「Sun-TOYA 讃洞爺」(1993年設置)1885642

出典:

「Sun-TOYA 讃洞爺」は、フレームのような彫刻から洞爺湖の自然を眺めることができる作品です。和瓦の技法を使った黒陶と石彫の彫刻家として有名な速水史郎氏が手掛けた作品で、ずっと触っていたくなるようなつるつるとした質感が魅力。速水氏の作品は全国のパブリックスペースに100基以上設置されているので、北海道旅行を終えてからも違う作品に出合った際には思い出が蘇りそうですね。

黒川晃彦「湖畔にて」(1993年設置)

黒川晃彦「湖畔にて」(1993年設置)1885722

出典:ducaさんの投稿

サックスを吹きながらベンチに座るおじさんという、ユーモア満点な黒川晃彦氏の「湖畔にて」。今にも音色が聞こえてきそうなブロンズ像で、頭に乗っているハトが平和な風景を演出して魅せています。黒川氏の作品は、ほとんどが楽器を手にしており、人の生活との調和を大切にしたものばかり。 “彫刻は人が参加することで完成する”を信条としているので、是非、隣に座ってふたりで記念撮影を楽しみましょう!

瀧川嘉子「虹幻想」(1994年設置)

瀧川嘉子「虹幻想」(1994年設置)1885647

出典:

ガラス作家として活躍する瀧川嘉子氏の「虹幻想」は、色が塗られたパイプが鏡に反射することで、幻想的な風景を作り出す作品です。天気や見る角度によって全く違った印象を受けるので、1歩ずつゆっくり歩きながらベストポジションを探しましょう!鏡に映りこんだ自分と彼も一緒に入れて記念撮影をすれば、芸術の一部になることができますよ。

湯川隆「肖像のある風景」(1996年設置)

湯川隆「肖像のある風景」(1996年設置)1885657

出典:gorugoさんの投稿

湯川隆氏の「肖像のある風景」は、洞爺湖をバックに仲良く寄り添う夫婦と、少し離れた場所でリラックスしている犬の作品です。湯川氏の作品は、静寂の中にも精神性が高いものが多く、存在感があるものばかり。見る人の心の状態によっても色々な解釈ができるので、どんな印象に見えるのか話してみるのも良いですね。

明地信之「Muse」(1995年設置)

明地信之「Muse」(1995年設置)1885650

出典:itaruさんの投稿

子供や芸術鑑賞に馴染みがない人たちにも大人気なのが、明地信之氏の「Muse」です。明地氏は、動物の作品を多く手掛ける現代彫刻家で、一つの石から様々な生き物を生み出しています。作品を造る際には、設置場所に合うのはどんな動物かを意識してから作り始めるそう。このライオンたちが見つめる先には、何があるのか是非探してみてくださいね♪

イゴール・ミトライ「月の光」(1991年設置)

イゴール・ミトライ「月の光」(1991年設置)1885732

出典:

58基ある彫刻群の中でも、唯一の外国人作家の作品が「月の光」です。作者のイゴール・ミトライ氏はポーランドの芸術家で、古典的な中にもポストモダンを感じる作品が多いのが特徴。とうや湖ぐるっと彫刻公園の中でも特にインパクトが大きいので、芸術に馴染みが無い人も足を止めて見入ってしまいます。今は亡き世界的にも有名な作家の作品を身近に感じられるので、是非見に行ってみましょう!

洞爺湖周辺には美味しいものが沢山!

洞爺湖周辺には美味しいものが沢山!1885751

出典:YD3さんの投稿

洞爺湖は海からも山からも近いので、北海道の新鮮な食材が揃います。美味しい食事は、旅行を更に素敵なものにしてくれますよね!彼と2人でゆっくり北海道の味覚に舌鼓を打ちましょう♪ここからは、洞爺湖近郊で人気のグルメスポットをご紹介していきます♡

レークヒル・ファーム

牧場で味わう酪農大国ならではのグルメ♡

「レークヒル・ファーム」 内観 71873107

出典:mie...*さんの投稿

洞爺湖町花和の「レークヒル・ファーム」は、洞爺湖の自然の中にあるジェラートショップとカフェです。隣接している場所にはレークヒル牧場があるので、新鮮な乳製品を使ったグルメを堪能できるのが魅力。店内の大きな窓からは羊蹄山や牧草地を一望でき、牧歌的な雰囲気の中のんびりと過ごせます。

「レークヒル・ファーム」 料理 19441343 ジェラート 赤シソシャーベット&白花豆 アスパラミルク&とうもろこし 各330円

出典:ぷんちさんの投稿

人気商品のジェラートは、牧場の牛乳と洞爺湖町の食材を使ったこだわりの逸品。期間限定商品も次々登場するので、何度でも足を運びたくなります。その中でも一番人気のフレーバーが「ホワイトクリーム」。搾りたての牛乳を使って作ったジェラートで、濃厚な味わいが口いっぱいに広がります♡ダブルは2種類の味が選べるので、彼とシェアしながら食べるのも良いですね。

「レークヒル・ファーム」 その他 70383827

出典:kabo-chaさんの投稿

店内にはジャムやピクルス、可愛らしいオリジナルグッズの販売も行われています。ここでしか手に入らないものばかりなので、お土産としても喜ばれますよ♡もちろん、自分へのお土産にもおすすめです♪

レークヒル・ファームの詳細情報

レークヒル・ファーム

洞爺湖町その他 / アイスクリーム、シチュー、カフェ

住所
北海道虻田郡洞爺湖町花和127
営業時間
[冬期] 9:00~17:00 [夏期] 9:00~19:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

祥庵 こげ津

極上の海の幸が味わえる鮨処

「祥庵 こげ津」 外観 88776046

出典:神林静さんの投稿

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパの中にある「祥庵 こげ津」は、北海道の旬の海の幸を使った極上のお寿司が味わえるお店です。職人技が光る料理の数々は、大人のカップルにおすすめの贅沢でこだわりを感じるものばかり。全国から選りすぐった日本酒もあり、料理と相性抜群のものが揃っています。記念日の旅行にもぴったりの空間なので、思い出に残る時間を過ごしたい時にぴったりです。

「祥庵 こげ津」 料理 42236951

出典:くらくらな日々さんの投稿

北海道ならではの味覚を堪能したいなら「北海道満喫コース」がおすすめ。先付からデザートまで、全て北海道の選りすぐりの素材ばかりを使った料理が並び、これだけで旅のグルメを網羅することができます。その中でも「北海道握り寿司5貫」は、旬の魚介類を使ったものばかりで食べ応え抜群!お皿や盛り付けにもこだわって提供されるので、料理が提供されるたびにワクワクできますよ♡

祥庵 こげ津の詳細情報

祥庵 こげ津

豊浦 / 寿司

住所
北海道虻田郡洞爺湖町清水 ザ・ウィンザーホテル洞爺
営業時間
【5月~9月】  12:00~13:30(予約制)   17:30~21:00 【10月~4月】  12:00~13:30(予約制)   17:30~20:00
平均予算
  • ¥15,000~¥19,999

データ提供

自然と芸術を満喫できる公園へ♪

自然と芸術を満喫できる公園へ♪1885733

出典:

今回は、北海道旅行と共に芸術に触れられる「とうや湖ぐるっと彫刻公園」をご紹介しましたがいかがでしたか?大自然の中に佇む彫刻達は、普段美術館でデートをすることがない人たちにも受け入れやすいものばかり♪是非、洞爺湖の自然と共に鑑賞して、旅行の思い出の1ページにしてくださいね♡

とうや湖ぐるっと彫刻公園の詳細情報

とうや湖ぐるっと彫刻公園

住所
北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖畔

データ提供

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ