2021年07月29日

那須のおすすめドライブスポット17選|自然や動物、美術館で癒されよう【栃木県】

那須のおすすめドライブスポット17選|自然や動物、美術館で癒されよう【栃木県】

宇都宮や日光など、人気観光エリアを多く擁する栃木県。なかでも「那須」は豊かな自然、可愛い動物とのふれ合い、美味しいグルメが楽しめる大人気エリアです。そんな那須は都心部からのアクセスもよく、休日のドライブにもぴったり◎そこでこの記事では、那須のおすすめドライブスポットをご紹介します。広大な敷地で動物とふれ合える「那須どうぶつ王国」、絶景が楽しめる「那須ロープウェイ」はもちろん、おしゃれな「Nasu Farm Village」や「NASU SHOZO CAFÉ」など素敵なスポットを取り上げました♪

豊かな自然や可愛い動物など、魅力たっぷりの「那須」

アルパカ

忙しい毎日。あなたは何を使って自分を癒していますか?自力でできることもたくさんありますが、自然や動物とふれ合って癒されることは、都会ではなかなか難しいですよね。そんな人におすすめなのが、栃木県の「那須」エリア!思わず深呼吸したくなるような自然、気軽にふれ合える可愛い動物、美しさにうっとりする美術館など、日々の疲れを癒す魅力的なスポットが満載です。気兼ねなく話せる友達を誘って、那須にお出かけしてみませんか?

休日は那須でマイペースにドライブ旅♪

那須塩原駅

メディアに取り上げられることも多い那須エリア。「何となく遠いイメージ」の人もいると思いますが、実は東京から新幹線で約1時間なんです。休日にふらっとお出かけするにはちょうどいい距離ですよね。「那須塩原駅」で下車しましょう♪

秋の日塩もみじライン ドライブ

駅周辺でレンタカーを借りたら、気ままなドライブ旅にいざ出発!これからご紹介するスポットは、隣接している施設順に並んでいるので、ドライブの順番を決める際の参考にしてくださいね。

1.可愛い動物たちとふれ合える夢のテーマパーク♡

那須どうぶつ王国

那須どうぶつ王国2443781

出典:

動物好きなら必ず立ち寄りたいスポット「那須どうぶつ王国」。東京ドーム約10倍の広大な敷地の中には、世界中から集まった600頭以上の動物たちが暮らしています。王国内には動物をモチーフにした料理を提供するレストランもありますよ。どんな動物がどんな料理になっているのか、ぜひ現地でチェックしてみてください♪

那須どうぶつ王国2443764

出典:obentosanさんの投稿

屋内がメインの「王国タウン」では、レッサーパンダやナマケモノなど珍しい動物が間近で見られます。そして体験も盛りだくさん!カピバラにごはんをあげたり、動物園では初となる猫のショーを見たり、ワンちゃんといっしょにお散歩したり…。可愛い動物たちとふれ合って最高に癒されること間違いなしです。

那須どうぶつ王国2443749

出典:yoshijinさんの投稿

屋外がメインの「王国ファーム」では、アルパカ・馬・ヒツジなどの動物にふれ合えるほか、広い敷地だからこそできる体験も。おすすめはバードパフォーマンスです!大きなタカやワシが、あなたたちのすぐ目の前を、大迫力で飛んでいく姿が見られます。狩られる小動物になった気分で、日常にはないスリルと感動を味わいましょ。

那須どうぶつ王国の詳細情報

那須どうぶつ王国

住所
栃木県那須郡那須町大島1042-1
アクセス
東北道那須ICより40分
営業時間
9時〜17時 (季節により変動あり)
定休日
冬期休業 (要確認)
料金
王国パスポート大人 (中学生以上) 2,400円 王国パスポートこども (3歳〜小学生) 1,000円

データ提供

2.もふもふ可愛いアルパカにキュン♡

那須アルパカ牧場

那須アルパカ牧場2443815

出典:

那須を代表する動物といえば、アルパカ!ここ「那須アルパカ牧場」の広い牧場内には、白・茶・グレーなどさまざまな色をしたもふもふで可愛いアルパカが約300頭もいます。運がよければ、生まれたての子アルパカに出会うことも♡

アルパカとお散歩

牧場でぜひやっていただきたいのが、アルパカとのお散歩体験。リードをもっていっしょにお散歩すれば、アルパカの虜になってしまうこと間違いありません♡最後にみんなでアルパカを囲んで撮った写真は、特別な旅の思い出になりますよ。

那須アルパカ牧場の詳細情報

那須アルパカ牧場

住所
栃木県那須郡那須町大字大島1389-2
営業時間
10:00〜16:00
定休日
木曜日 (木曜日が祝祭日の場合は営業)

データ提供

3.カラフルなお花のじゅうたんにほっこり

那須フラワーワールド

那須フラワーワールド2443821

出典:らいさんさんの投稿

那須連山を背景にした標高600mの高原に広がる「那須フラワーワールド」。カラフルな草花を絵の具に、広大な那須高原の大地をキャンバスに見立てられたその風景は、「那須花(ナスカ)の地上絵」とも言われているんですよ。

出典:Instagram (@merina2385)

出典:www.instagram.com(@merina2385)

見どころはやっぱり、鮮やかに咲き誇るお花たち。「わたしを見て!」と一生懸命咲く姿に、思わずほっこりしてしまいます。そんなお花たちに囲まれて、おしゃれな写真を撮り合うのもいいですね♪

那須フラワーワールドの詳細情報

那須フラワーワールド

住所
栃木県那須郡那須町豊原丙字那須道下5341-1
営業時間
開花状況により変動

データ提供

4.登山せずに山頂へ楽々アクセス♪

那須ロープウェイ

(栃木県)紅葉の那須岳(茶臼岳) 那須ロープウェイ山頂駅付近の景色

「本格的な装備はないけれど、登山気分を味わいたい!」そんな人はぜひ、「那須ロープウェイ」に乗ってみてください。このロープウェイ、約4分間で、那須の火山帯の主峰である「茶臼岳」の9合目まで行くことができるんです。

那須ロープウェイ2443828

出典:

四季折々の絶景の中をロープウェイでぐんぐん登っていくと、「山頂駅」に着きます。ここで景色を眺めながら、ゆっくりするのも◎。もっと登山気分を味わいたいという人は、そこから歩いて茶臼岳の頂上を目指しましょう!

茶臼岳山頂

頂上には約50分で到着です。努力して登ったところから見る景色はきっと最高なはず。日常では味わえない気分をぜひ体験してください。ロープウェイは早めに営業が終わってしまうので、必ず時間を確認してから行ってくださいね。また、ヒールやサンダルでの登山は危険なので、歩きやすい靴で出かけましょう♩

那須ロープウェイの詳細情報

那須ロープウェイ

住所
栃木県那須郡那須町湯本那須岳215
アクセス
JR宇都宮線黒磯駅から東野交通那須ロープウェイ行きバスで1時間、終点下車すぐ

データ提供

5.パワースポットで運気UP♪

那須温泉神社

那須温泉神社2443844

出典:

那須の隠れたパワースポット「那須温泉神社(なすゆぜんじんじゃ)」。温泉発見を感謝し、630年頃に祠を建てたことがはじまりと言われている、那須温泉のシンボル的な存在です。実はここには、3つのパワースポットがあるんです。

那須温泉神社2443849

出典:

1つ目は「大和(やまと)さざれ石」です。「さざれ石」ってどこかで聞き覚えがありませんか?そう、国歌「君が代」に出てくるあの石なんです。古くから強いパワーを秘めた石として神社に祀られており、ふれることで願いが叶うとも言われています。

那須湯元温泉・那須温泉神社の愛宕福水

2つ目は「愛宕福神水(あたごふくじんすい)」。これは神社から出る湧き水なのですが、ご利益のある水だそうで、定期的に汲みにくる人も多いんだとか。那須高原の冷たくて美味しい水が飲めて、ご利益もあるなんて、一石二鳥ですね♪

那須温泉神社2443850

出典:ちはやたさんの投稿

3つ目は「生きる」という名前の御神木。その名のとおり、活力・蘇生力・生命力などのパワーがいただける巨木として崇められています。不思議なことに、近寄るだけで何かに包まれる感覚が。日頃の疲れで活力が落ちている人は、ぜひ御神木のパワーをいただいて、元気になってください。

那須温泉神社の詳細情報

那須温泉神社

住所
栃木県那須郡那須町湯本182
アクセス
JR黒磯駅からバスで40分 - 那須ICから車で25分

データ提供

6.大パノラマの景色も望める「恋人の聖地」

那須高原展望台

那須高原展望台、紅葉、朝日、那須の展望台、那須高原

標高1,048mに位置する「那須高原展望台」。晴れた日の昼時には絶景の大パノラマが広がり、思わず「やっほー!」って叫びたくなりますよ。そんな展望台ですが、実はここ、プロポーズの名所としても知られているんです。

那須高原展望台から観る夜景

理由は夜景にあり、その美しさから「恋人の聖地」として全国で100番目に登録されたほどです。またそれとは別に「街明かりが踊っているピエロの形に見える」というウワサも。昼でも夜でも楽しむことができる場所なので、気になる時間に訪れてみてください。

那須高原展望台 (恋人の聖地)の詳細情報

那須高原展望台 (恋人の聖地)

住所
栃木県那須郡那須町湯本

データ提供

7.風の強い日はかなり揺れる!スリル満点の吊り橋

つつじ吊橋

つつじ吊橋2444029

出典:

「つつじ吊橋」は全長130m、高さ38mを誇る、栃木県で2番目に長い吊り橋です。春は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、那須高原のさまざまな景色を無料で見ることができます。特に紅葉の時期には、絶好のビューポイントとして各地から人が訪れている人気スポットです。

出典:Instagram (@gt_tomomi)

出典:www.instagram.com(@gt_tomomi)

この吊り橋、景色もさることながら、「風の強い日は思った以上に揺れる!」「足元が網目状になっている部分があって、怖い!」という声も。自然ならではのスリルを全身で味わうことができます。

那須八幡のツツジ群落

吊り橋を渡り切った先には「八幡ツツジ園地」があり、5月中旬~6月中旬にかけて、真っ赤に染まったつつじの群落が迎えてくれます。みんなで渡り切って、美しい景色を眺めに行ってみてくださいね。

つつじ吊橋の詳細情報

つつじ吊橋

住所
栃木県那須郡那須町湯本
アクセス
「那須インター」を降りて、湯本方面へ。温泉街・殺生石を過ぎて、つつじ吊橋駐車場

データ提供

8.入場無料で年中無休!いつでも楽しめる牧場

那須高原 南ヶ丘牧場

「南ヶ丘牧場 ミルク茶屋」 その他 105348851 放牧風景

出典:

栃木県って生乳生産量全国2位なこと、ご存じですか?その中でも、那須は特に酪農家が多く、いたるところに牧場があります。そんな牧場のひとつで、ひときわ人気が高いのが「那須高原 南ヶ丘牧場」。なんと入場無料・駐車場無料なだけでなく、年中無休というとてもありがたいスポットなんです。

出典:Instagram (@0921.s_a)

出典:www.instagram.com(@0921.s_a)

牧場では、ウシ・ヒツジ・ヤギ・ウマ・ロバ・ウサギなど、愛嬌のある動物たちがタダで見られるほか、アーチェリーやつり堀りなどのレジャーコーナー、ソーセージやアイスクリームづくりなどの体験コーナもあります。

「南ヶ丘牧場 ミルク茶屋」 料理 105348556 プレミアムソフトクリーム

出典:

たくさん遊んだあとは、ちょっと一息。ソフトクリームやみそじゃがなどの軽食を味わいましょう。美味しいお土産も色々あるので、友達や恋人、もちろん自分へのご褒美にも、購入してみてはいかがでしょうか。

南ヶ丘牧場 ミルク茶屋の詳細情報

南ヶ丘牧場 ミルク茶屋

那須町その他 / アイスクリーム、カフェ、パン・サンドイッチ(その他)

住所
栃木県那須郡那須町湯本579 南ヶ丘牧場内
営業時間
8:00~17:30
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

9.テイクアウトもOK♪人気のベーカリーレストラン

ペニーレイン那須店

「ペニー・レイン 那須店」 外観 132348761

出典:さんどがささんの投稿

豊かな自然に囲まれた「ペニーレイン那須店」。ここは那須を代表するパン屋さんです。お店に着いたらまずはこのイラストの前に立ち、全員同じポーズで「はい、チーズ」♩

「ペニー・レイン 那須店」 料理 137843330

出典:すだれさんの投稿

店内に足を踏み入れると、ビートルズの音楽が♪イギリス風の建物も相まって、いい雰囲気です。気になるパンの種類はハード系から惣菜系、菓子パンまで約70種類以上。どれも美味しそうで目移りしてしまうかもしれません。みんなで別々の種類を買って、分けて食べてもいいですね。

「ペニー・レイン 那須店」 料理 614308

出典:ヘリさんの投稿

ペニーレイン那須店には、レストランが併設されているのも特徴。パンはテイクアウトにして、食事を楽しむこともできます。新緑の季節には、テラス席で優雅に女子会をするのも◎。早朝から多くの人が訪れるので、早めに行ってゆっくり楽しんでください♪

レストラン ペニーレイン 那須店の詳細情報

レストラン ペニーレイン 那須店

那須町その他 / パン、カフェ、洋食

住所
栃木県那須郡那須町大字湯本656-2
営業時間
[パン] 8:00~18:00 [カフェ・レストラン] 8:00~20:00(L.O.19:00)
定休日
無休です。
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

10.手軽にアジア旅行気分♪

アジアンオールドバザール

アジアンオールドバザール2443899

出典:

「アジアンオールドバザール」は、3つのショップと2つのレストランに囲まれたミニアジアンテーマパーク。那須にいながら、アジア旅行気分が味わえます♪インドネシア・ベトナム・タイ・ネパール・インドの5カ国からスタッフさんが直接仕入れてくる雑貨は、品揃えも充実しておりお土産にも最適。見ているだけで会話も弾みます。アジアン料理好きな人たちは、タイとバリの本格的な料理もぜひ味わってみてください♪

アジアンオールドバザールの詳細情報

アジアンオールドバザール

住所
栃木県那須郡那須町湯本ツムジガ平506-20

データ提供

11.幻想的なガラスの世界にうっとり

那須ステンドグラス美術館

那須ステンドクラス美術館

ステンドグラスのやさしい光とアロマの香り、美しい造形物、パイプオルガンやオルゴールの音色、そして那須のやわらかな風…。「那須ステンドグラス美術館」は、五感が満たされ日常を忘れられる、そんな癒しの美術館です。

那須ステンドグラス美術館2444970

出典:ルーディさんの投稿

名前のとおり、館内にはヨーロッパの教会から集められたステンドグラスがいたるところに。礼拝堂に行けば、その美しいステンドグラスを眺めながら、パイプオルガンの生演奏を聴くこともできます。幻想的なガラスの世界で聴く音色に、思わずうっとり…。敷地内にはステンドグラス体験教室も。それぞれ好きな形のストラップやオーナメントに、旅の思い出を込めてみてはいかがでしょうか。

那須ステンドグラス美術館の詳細情報

那須ステンドグラス美術館

住所
栃木県那須郡那須町高久丙1790
アクセス
東北道那須ICから車で10分
営業時間
[10月〜3月] 09:00〜17:00 [11月〜3月] 09:00〜16:30

データ提供

12.名物のスコーンはとっても美味♡大人気のおしゃれカフェ

NASU SHOZO CAFE

「ナス・ショウゾウ カフェ」 外観 85306606

出典:ゆきみっきーさんの投稿

カフェマニアの間では聖地とも言われる「NASU SHOZO CAFE(ナス ショウゾウ カフェ)」。青山にも店舗があるため、名前を聞いたことがある人も多いかもしれません。もともとは那須の近く、黒磯に本店があり、こちらは2号店にあたります。

「ナス・ショウゾウ カフェ」 内観 127312516

出典:プチリュクスさんの投稿

カフェの中にある家具は、どれもアンティーク品。こだわり抜かれた空間をぼーっと眺めているだけでも楽しい時間ですね。ちなみに椅子は一つひとつ違う造り。どんな椅子の席に通されるかは、お楽しみです♪

「ナス・ショウゾウ カフェ」 料理 146421426

出典:まるちゃんめんずくりさんの投稿

空間を存分に楽しんだら、ぜひ「スコーンセット」をどうぞ。わざわざ県外からこのスコーンを食べに来る人もいるほど、美味しいんです。スコーンの概念がころっと変わってしまうかも。お持ち帰り用も販売されているので、お土産にもうってつけです。

ナス・ショウゾウ カフェの詳細情報

ナス・ショウゾウ カフェ

高久 / カフェ、コーヒー専門店

住所
栃木県那須郡那須町高久乙2730-25
営業時間
10:00~17:00(L.O17:30) 18:00閉店
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

13.オルゴールの繊細な音色に癒される

那須オルゴール美術館

那須オルゴール美術館2447323

出典:

19世紀から20世紀に欧米で作られたオルゴールが100点以上展示された「那須オルゴール美術館」。館内にはオルゴールの美しい音色が響き、心から癒される時間を過ごせます。オルゴールの作り方や歴史がわかるジオラマ展示に、自分で鳴らすことのできる展示など、美術館としての見ごたえもバッチリ◎

出典:Instagram (@ms08260821)

出典:www.instagram.com(@ms08260821)

さらにはオルゴールの手作り体験も。80曲以上の中から好きな曲を選び、1,000種を超えるパーツで飾り付けができます。滅多にできない体験は、お土産話にもなりますね。もちろんショップもあるので、完成された繊細なオルゴールを購入することもできますよ。

那須オルゴール美術館の詳細情報

那須オルゴール美術館

住所
栃木県那須郡那須町高久丙270
営業時間
午前9:30 〜午後 5:00
定休日
年中無休

データ提供

14.那須高原の入口で那須のお土産をゲット!

道の駅 那須高原友愛の森

道の駅 那須高原友愛の森2443984

出典:

那須にはオリジナルのお土産もたくさん♪「道の駅 那須高原友愛の森」では、那須町の特産品や那須ブランド認定品など、那須を代表するたくさんのお土産を購入できます。思わず「安い‼」と興奮してしまう地元の新鮮野菜や手作りのおこわ、おまんじゅうも。那須高原の入口にあるので、最初に寄るのもよし、最後に行くのもよし。気軽にふらっと立ち寄ってみてください。

道の駅 那須高原 友愛の森の詳細情報

道の駅 那須高原 友愛の森

住所
栃木県那須郡那須町高久乙593-8
アクセス
1) 東北自動車道那須I.C.から車で5分 湯本方面 2) 東北新幹線那須塩原駅からバスで0分 関東自動車バス(那須湯本行または那須ロープウェー行)友愛の森バス停 下車すぐ 3) 東北本線黒磯駅からバスで0分 関東自動車バス(那須湯本行または那須ロープウェー行)友愛の森バス停 下車すぐ
営業時間
[4月〜9月] 08:00〜18:00 観光交流センターは年中無休 [10月〜3月] 09:00〜18:00 観光交流センターは年中無休

データ提供

15.おもしろ写真が撮れるミュージアム

那須とりっくあーとぴあ

那須とりっくあーとぴあ2443991

出典:

トリックアートとは、目の錯覚によって「立体に見える」「角度によってまったく違った印象に見える」「中に入ることで錯覚を体感できる」など、ちょっと不思議で楽しめるアートのこと。「那須とりっくあーとぴあ」の見どころはそんな作品の中に入り込み、自分たちがアートの一部になって写真を撮れるところにあります。

出典:Instagram (@ponpon_gram_)

出典:www.instagram.com(@ponpon_gram_)

ここで大事なことは、全員恥ずかしさを忘れること!とにかく撮って撮って撮りまくりましょう!カメラフォルダには、ここでしか撮れないおもしろ写真で埋め尽くされること間違いなし。旅のあとでも、思い出し笑いすることになりそうです。

那須とりっくあーとぴあの詳細情報

那須とりっくあーとぴあ

住所
栃木県那須郡那須町大字高久甲5760
アクセス
JR宇都宮線黒磯駅から東野交通りんどう湖経由那須ハイランドパーク行きバス(季節運行)で11分、蒸気機関車前下車すぐ

データ提供

16.絶品ソフトクリームは必食♡

那須千本松牧場

那須千本松牧場

東京ドーム178個分という広大な敷地を誇る「那須千本松牧場」。可愛い動物とのふれ合いや乗馬、ジェルキャンドル作り、バター作りなどさまざまな体験ができます。牧場秘伝のタレが美味しいジンギスカンも味わえますよ。

「千本松牧場」 料理 44435074 デザートには、牧場の濃厚ソフトクリームがおすすめ♪

出典:

そんな牧場内で必食なのがソフトクリーム!人気の「千本松ミルク」をはじめ、「いちご」「チョコ」「さくら」などからお好きなものを選んでください♪採れたての新鮮な牛乳で作られたソフトクリームは絶品です。

千本松牧場の詳細情報

千本松牧場

西那須野 / ジンギスカン、焼肉

住所
栃木県那須塩原市千本松799
営業時間
ジンギス館 [月~日]11:00〜15:00(L.O.14:30) ※ジンギスカン食べ放題は当面の間中止とさせていただきます。 ※麺類コーナー (L.O.14:00)
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

17.紗栄子さんが運営するおしゃれなファーム

Nasu Farm Village

出典:Instagram (@___0827r___)

出典:www.instagram.com(@___0827r___)

同世代の女性から多くの支持を集めるタレント・紗栄子さん。InstagramやYouTubeをフォローしている人もいるのではないでしょうか。もともと、紗栄子さんがプライベートで乗馬をするために訪れていたというこの牧場。経営の危機に陥っていることを知り、運営者になることを決意したんだとか。

出典:Instagram (@minaponzu)

出典:www.instagram.com(@minaponzu)

そんな紗栄子さんが運営する「Nasu Farm Village(ナス ファーム ビレッジ)」は、とってもおしゃれなだけでなく、ホーストレッキングや馬とのふれ合い体験、トラクターツアー、レストランや週末にオープンするカフェ、オリジナルグッズの販売など、女性が楽しめる内容が盛りだくさん♪

出典:Instagram (@eko_happy_)

出典:www.instagram.com(@eko_happy_)

その中でも、馬に乗ってのんびり那須野ヶ原の緑を眺められる「ホーストレッキング」は人気の体験。初めて馬に乗る人でも安心して楽しめます。心やさしい馬に乗りながら、豊かな自然をゆらゆら眺めて、都会の喧騒から解き放たれてください。

ナス ファーム ビレッジの詳細情報

ナス ファーム ビレッジ

大田原市その他 / その他

住所
栃木県大田原市狭原1291-7
平均予算
  • ~¥999

データ提供

那須周辺をもっと楽しみたい人はこちらもどうぞ↓

休日は那須ドライブ旅で癒されよう♪

那須高原展望台、紅葉、朝日、那須の展望台、那須高原

いかがでしたか。那須には五感すべてが癒される魅力的なスポットが満載です。また、季節とともに彩りを変える那須は、何度行っても違う景色・違う体験が味わえます。休日はぜひ、気の合う友達と気ままにドライブ旅をして、心地よい空気を窓から吸い込み、最高のスポットで最高に癒されてください♪

栃木県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

益子を旅する編集部おすすめ