静岡の徳川家康ゆかりの地を巡る旅。押さえておきたいスポット8選

静岡の徳川家康ゆかりの地を巡る旅。押さえておきたいスポット8選

徳川家康ゆかりの地として知られている静岡県。駿府城公園や浜松城など、家康公の歴史が感じられる魅力的な観光スポットが多数点在しています。歴史ファンの方はもちろん、そうでない方にもオススメしたい一押しスポットをご紹介します。家康公の足跡を辿り、静岡を旅してみませんか?

2016年08月28日

徳川家康の軌跡を追う静岡の旅

静岡が徳川家康ゆかりの地と言われる理由は?

静岡が徳川家康ゆかりの地と言われる理由は?733176

出典:モスコさんの投稿

静岡が”徳川家康ゆかりの地”と呼ばれるのはなぜでしょう?実は、徳川家康は静岡市にある「駿府城」や、浜松市にある「浜松城」と深い繋がりがあるからです。まずは、「岡崎城(愛知県)」の城主・松平広忠の長男(竹千代)として生まれた徳川家康の生涯を振り返ってみましょう。

徳川家康と静岡を繋ぐ歴史

徳川家康と静岡を繋ぐ歴史733252

出典:shu1973さんの投稿

徳川家康は7歳から桶狭間の戦いで今川義元が亡くなった18歳頃まで、駿河国(現在の静岡市)を治める今川家の人質になっていました。人質生活の長くは、駿河国の都市「駿府(すんぷ)」で過ごしていたのです。その後、生地である「岡崎城」に戻り、28歳になると「浜松城」に居城を移します。
徳川家康と静岡を繋ぐ歴史743148

出典:makoritteさんの投稿

本能寺の変の4年後には豊臣秀吉の家来となり、「駿府城」へ居城を移します。48歳になると、天下統一をした秀吉によって関東に移封され、「江戸城」に居城を移しました。秀吉の没後、関が原の戦いで勝利した徳川家康は、江戸幕府を開き“征夷大将軍”に任命されます。その後、秀忠に征夷大将軍の職を譲ると、再び「駿府城」に居城を移し、74歳まで生を全うしました。
徳川家康と静岡を繋ぐ歴史747337

出典:倫太郎さんの投稿

江戸幕府を開いた徳川家康といえば、「江戸」のイメージが強い方が多いと思います。しかし、意外にも生涯において多くの時間を過ごし、余生を送る場所として選んだのは静岡だったのです。そんな家康公にゆかりのある、静岡のスポットをご紹介いたします。

1. 駿府城公園/静岡市葵区

1. 駿府城公園/静岡市葵区733304

出典:アッシュ_パピヨンさんの投稿

「駿府城」は徳川家康が幼少の頃に人質として暮らした町に、47歳の家康公自らが築城したお城です。征夷大将軍を引退した後、息を引き取るまで心穏やかに暮らした城でもあります。人質として過ごした幼少期には、まさかここで最期を迎えるとは考えてもいなかったことでしょう。それでも、駿府城を最期の地として選んだ理由は、徳川家康にとって深い想いがあったのかもしれませんね。

のんびりお散歩が楽しめる!

駿府城跡は公園として整備され、櫓や東御門が復元されています。復元された櫓などを眺めながら、お散歩できるのも楽しみの一つになります。

駿府城天守台跡の発掘が始まった!

駿府城は1635年(寛永12年)に起きた火事で、天守を含めた建物が焼失してしまいました。天守を再建する文献等が現存しておらず、再建が難しいとされていました。しかし最近、市による天守台跡の発掘調査が始まり、駿府城天守の再建への期待が高まっています。

2. 清見寺/静岡市清水区

2. 清見寺/静岡市清水区733309

出典:

1300年もの歴史がある「清見寺」は、戦国の世に度々焼き払われてきましたが、徳川家康によって再建され現在に至ります。今川家の人質時代に学問を教わっていた僧侶が「清見寺」の僧侶だったのです。

今川家の人質時代に学問を学んだとされる部屋

僧侶に学問を学んでいたとされる部屋も残っています。天下統一を成し遂げた徳川家康を育てた場所と言っても過言ではありません。人質の立場にありながらも僧侶によって才能を見出され、メキメキと頭角を現していったのです。

美しい庭園を眺めながらぼーっとできる空間

美しい庭園を眺めながら、心穏やかなひとときを過ごせる空間があります。目の前には、緑や紅葉が散りばめられています。

3. 静岡浅間神社/静岡市葵区

3. 静岡浅間神社/静岡市葵区733321

出典:

1582年(天正9年)、徳川家康は武田勝頼との戦いの前に静岡浅間神社で戦勝祈願をしたと言われています。当時、神社の背後にある賤機山(しずはたやま)に武田方の山城があったため、平治後に再建することを固く誓い社殿を焼き払って武田家を滅ぼすことに成功したと言われています。そして、5年後にその誓いは守られることになったのです。

七社巡りで万願叶うと言われる

七社巡りで万願叶うと言われる744643

出典:

静岡浅間神社には、七つの社殿があります。と言うのも、神社の境内には7つの異なる神社が存在しているからです。この7つの社殿に参拝することで、万願叶うと言われています。

4. 静岡市文化財資料館/静岡浅間神社敷地内

4. 静岡市文化財資料館/静岡浅間神社敷地内733337

出典:

「静岡市文化財資料館」には、古墳時代から近代までの静岡浅間神社や静岡市に関連する資料が展示されています。また、徳川家康と静岡浅間神社との繋がりを示す資料を見ることができます。

2015年には薨去されて400年の節目として

徳川家康が亡くなって400年の節目となった2015年には、『徳川家と静岡浅間神社』と題した催しが行われました。

5. 浜松城/浜松市中区

5. 浜松城/浜松市中区733346

出典:

1570年(元亀元年)、徳川家康は岡崎城を息子に譲り、浜松の地に浜松城を築城しました。その後、17年間を浜松城で過ごしたと言われています。徳川家康始め、浜松城主は出世した者が多かったため、後に”出世城”と呼ばれるようになりました。現在でも、その御利益にあやかりに訪れる人もいるようです。

天守には貴重な出土品が展示されている!

「浜松城」の天守には、城跡より出土した品々が展示されています。場内もキレイに整備され、案内人の方が場内を案内してくれます。

6. 三方ヶ原古戦場碑/浜松市北区

6. 三方ヶ原古戦場碑/浜松市北区733356

出典:

徳川家康の”生涯で最大の敗戦”と言われた三方ヶ原の合戦。当時、”最強の武将”として恐れられていた武田信玄との壮絶な戦いが繰り広げられた地が「三方原古戦場」です。現在は、浜松市郊外の三方ヶ原台地に石碑が建てられています。

徳川家康の”最大の敗北”を喫した戦いの地!

三方ヶ原の合戦が行われたとされる場所の一角に石碑があります。

7. 浜松八幡宮/浜松市中区

7. 浜松八幡宮/浜松市中区733376

出典:

三方ヶ原の合戦で敗れた徳川家康は、命からがら浜松城に逃げのびたと言われています。武田軍の追手から逃れるために「浜松八幡宮」に立ち寄り、「雲立の楠」に身を隠したと言い伝えられています。現在では、静岡県の天然記念物として管理されています。

徳川家康を守った御神木

8. 久能山東照宮/静岡市駿河区

8. 久能山東照宮/静岡市駿河区733334

出典:

徳川家康ゆかりの地として最後にご紹介するのは「久能山東照宮」です。「久能山東照宮」は、言わずと知れた徳川家康公が祀られている場所です。当時の最高の建築技術を誇る最古の東照宮であり、日光東照宮の原型となったとも言われています。

1159段の石段を登った先には絶景が!

1159段ある石段には、「いちいち、ごくろうさん!」という面白い語呂合わせがあります。体力に自信がある人は、ぜひ歩きやすい靴で石段ルートから参拝してみてくださいね。いちいち登る価値がある絶景が見られます。

家康公の実物大の手形と大きさ比べ

「久能山東照宮」には、家康公の実物大の手形があります。実際に触れてみて、どれくらいの大きさか比べてみるのも楽しいですよ♪

家康公の足跡を辿る旅へ!

家康公の足跡を辿る旅へ!733439

出典:

いかがでしたか?徳川家康ゆかりの地である静岡のおすすめスポットをご紹介しました。家康公がいかに静岡の地とゆかりがあるのかがお分かりいただけたことと思います。あなたもぜひ、家康公の足跡を辿る旅に出かけてみませんか?

静岡県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード