人気の『古宇利島』のカフェで島グルメと絶景をハシゴしちゃお♡おすすめ11選

人気の『古宇利島』のカフェで島グルメと絶景をハシゴしちゃお♡おすすめ11選

沖縄本島から古宇利島大橋を使えば、車で簡単にアクセスできる人気のデートスポット『古宇利島(こうりじま)』。本島で一番キレイな海を見られる場所と称賛する人も多い絶景アイランドです。車で一周するなら10分ほどで回れてしまうその小さな島の中、オシャレなカフェやはずせないグルメがたくさん! あなたならどのお店で離島のカフェタイムを楽しみますか? 古宇利島にあるおすすめカフェを厳選してご紹介します。

2016年12月15日

古宇利島は絶景とグルメのカフェアイランド

古宇利島は絶景とグルメのカフェアイランド856514

出典:fukumaさんの投稿

沖縄の離島『古宇利島(こうりじま)』は、沖縄本島の北部にあります。古宇利島の楽しみ方は屋我地島(やがじしま)から島に向かう途中、透明度の高いブルーグラデーションの海と古宇利大橋が見え始めるところから。そして、醍醐味は数あるオシャレな癒しカフェでゆっくり過ごすこと。テラス席のあるカフェで、海を眺望を楽しみながらの至福のひとときが満喫できるお店も含め、古宇利島のおすすめカフェをご紹介します。さらに、島でとれる特産品で有名なのはウニ! ほかにも島タコ、海ぶどうなどが名物です。沖縄らしいフルーツだって、盛りだくさん。沖縄グルメも合わせて堪能しましょう♪

まずは、休憩におすすめなカフェからご紹介!

1.カフェ&コテージ オーシャンブリーズ

上質なかき氷をオーシャンビューで

「カフェ&コテージ オーシャンブリーズ」料理 1068691

出典:幻のギャランドゥさんの投稿

嵐のJALのCMで一躍有名スポットになった“ハートロック”の近くにあるカフェ。思わず「おーっ!」と声を漏らしてしまうてんこ盛りのかき氷が人気のお店です。きめ細かい氷はスーッと口の中に溶けていくほど。マンゴーの果肉もたっぷり味わえる「氷マンゴ」もぜひ。
「カフェ&コテージ オーシャンブリーズ」料理 852427 氷ぜんざい

出典:アウトライダーさんの投稿

沖縄に来たなら定番の「氷ぜんざい」もおすすめ。ほどよい甘さの金時豆でいただく氷は、沖縄では最もオーソドックスな食べ方。ぜひお試しあれ。

店内から水平線も見渡せる絶景ロケーション。天然ビーチ“ティーヌ浜”にも近いので、水着のまま立ち寄ることもOKなトロピカルな空間です。

カフェ&コテージ オーシャンブリーズの詳細情報

カフェ&コテージ オーシャンブリーズ

今帰仁村 / カフェ

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2316-1
営業時間
10:00~日没まで
定休日
木曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

上質なかき氷をオーシャンビューで879265

出典:

マスコットやぎのモグ店長が出迎えてくれます! 宿泊コテージも併設され、庭も広い開放感のある芝が気持ちいいカフェです。また、ペット同伴OKなのもうれしい一軒。

公式詳細情報 カフェ&コテージ Ocean Breeze

カフェ&コテージ Ocean Breeze

美ら海・本部・今帰仁 / ペンション

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2316-1地図を見る
アクセス
沖縄自動車道 許田ICから車で45分
宿泊料金
10,800円〜(2名1室 / 1名)

10,800円〜 / 人

データ提供

ゆったり食事もできるカフェをご紹介!

2.オーシャンブルー

イタリアンと琉球がコラボした絶品ピッツァ

「オーシャンブルー」料理 854104 アグーのPIZZA

出典:蕎麦嫁さんの投稿

島の新名所・古宇利オーシャンタワーの中に入っている『オーシャンブルー』は、絶景ロケーションとして人気の高いレストラン。ここに訪れたら、ぜひ注文してもらいたいのは、こだわりの窯で焼かれた本格ナポリピッツァ。オーダーが入るごとに一枚ずつ丁寧に伸ばされた生地は、ふっくらもっちもっちの焼き上がり。スタッフのおすすめは「島豚アグーとたっぷり野菜のピッツァ」。

「オーシャンブルー」料理 854110 古宇利ダコのカルパッチョ シークワーサーの香り

出典:LOOP さんの投稿

島で獲れた天然の島ダコを使った料理も外せません。新鮮素材ならではのプリップリの食感と、シークヮーサーの爽やかな味付けが絶品の「古宇利蛸のカルパッチョ シークヮーサーの香り」もおすすめ。夕方までの営業ですが、早い時間から飲んでくださいと言わんばかりのお酒が、とくにビールが似合う一品です。

「オーシャンブルー」内観 854115 絶景のテラス席

出典:kinako-ankoさんの投稿

テラス席は大人気ですが、せっかく訪れたならチャレンジしてくださいね。昼間からのビールがより一層おいしくなること請け合いです♪ なお、お店へ訪れるには、古宇利島タワーの入場料が必要です。高台にあるので、駐車場で自動運転のカートに乗り、タワー入り口までの道なりも絶景ポイント。

オーシャンブルーの詳細情報

オーシャンブルー

今帰仁村 / ピザ、タイカレー、カフェ

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538 古宇利オーシャンタワー 1F
営業時間
11:00~17:00(L.O)
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

3.むらの茶屋

絶品「ウニ丼」が年中食べることができる貴重なお店

「むらの茶屋」料理 854142 うに丼(2012年8月3日)

出典:note122さんの投稿

名物で有名な「ウニ丼」も外せない一品! 北海道のウニに比べると少量ですが、身崩れ防止のミョウバンに漬けていない、無添加のウニが食べられます。この味をもう一度食べたいと訪れるリピーターも少なくありません。コクがあり甘いシラヒゲウニは、7月~9月頃が食べごろ。それ以外のシーズンでも冷凍品にありつけるのがこの店の強み。また、セットされる小鉢も魅力で、庭でとれたハーブや野草など、体によい食材を使ったもの。

「むらの茶屋」料理 854144 貝の盛り合せ

出典:或 真宗さんの投稿

ほかにも「沖縄そば」や「海ぶどう丼」、「アグー定食」など沖縄グルメがメニューに並びます。とくに、島で獲れた海の幸が堪能できる「もずく酢」や「海ぶどうサラダ」、「貝の盛り合わせ」などもぜひ。

「むらの茶屋」内観 854173 カウンター席

出典:アルゼンチンファンさんの投稿

窓からの眺めは、古宇利大橋を見下ろす爽快なロケーション。店内はカウンター、テーブル、座席とさまざま。開放感ある広い敷地から景色を見る時間もお忘れなく!

むらの茶屋の詳細情報

むらの茶屋

今帰仁村 / カフェ、定食・食堂、沖縄そば

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利1087
営業時間
11:00〜18:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

4.Shrimp wagon やんばるKitchen

専門店だからこその絶品クオリティー

「Shrimp wagon やんばるKitchen」料理 854242

出典:sho_koさんの投稿

古宇利大橋を渡ってすぐ右折した場所にある『Shrimp wagon やんばるKitchen(シュリンプワゴン ヤンバルキッチン)』は、シュリンプ専門店。素材と調理法、スパイスにこだわったガーリックシュリンプが食べられます。オーソドックスなガーリック、スパイシーガーリック、バター&レモンの3種類。

「Shrimp wagon やんばるKitchen」料理 854245

出典:

また、シュリンプにステーキをつけることも可能です。ワンコイン程度アップで歯切れのいい食べ応えのお肉も味わえる賢いオーダーメニューです。

「Shrimp wagon やんばるKitchen」外観 854248 古宇利大橋を渡ってすぐ右折。

出典:アクティ1さんの投稿

お店のワゴン前に置かれたテラス席で食べられます。ハワイアンをモチーフにしたオシャレな雰囲気のなか、豪快にかぶりついてください♪ もちろん、テイクアウトも可能です。オーダーしてから提供まで、少し時間がかかるので、のんびりまわりを散策しながら待ってくださいね。

Shrimp wagon やんばるKitchen

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

5.YOSHIKA

欲ばり派におすすめ!

「YOSHIKA」料理 854285

出典:ちょっきにゃんさんの投稿

島の入口にある『YOSHIKA』は、充実した丼メニューが食べられるお店です。古宇利島の盛り上げ役として大きくしている一軒。4種類の味が一度に楽しめる「YOSHIKAの4色丼」は島で獲れたウニや、海ぶどうがメインに載ったもの。具材はそのときの旬によって内容が変わります。おいしいものをちょっとづつ味わいたい、欲張りな人にピッタリ。ただし、ウニは7月~8月の収穫時期限定なので、気をつけて。

「YOSHIKA」料理 873158

出典:kumaaaaさんの投稿

“幻のアグー”と呼ばれる「古我知アグー」を使った、「古宇利島丼」もおすすめ。臭みがなく、甘みのある味わいの古我知アグーと、島の海ぶどうがたっぷり載ったもの。TBS「はなまるマーケット」でも紹介された、絶品の丼。とくに 薬丸裕英さんは大絶賛だったとか!

「YOSHIKA」内観 854298 カフェ店内です。

出典:

お店は、気軽に宿泊できるドミトリー「古宇利島ゲストハウスYOSHIKA」の2階に併設されています。南国ムード満天の店内からは、展望も素敵な絶好のロケーション。スイーツメニューも充実! とくに「極上ソフトクリーム」が絶品です。さとうきびのソースがかかった「きびソフト」もどうぞ!

YOSHIKAの詳細情報

YOSHIKA

今帰仁村 / 魚介料理・海鮮料理、洋食、カフェ

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利321
営業時間
10:00~
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

公式詳細情報 古宇利島ゲストハウスYOSHIKA

古宇利島ゲストハウスYOSHIKA

美ら海・本部・今帰仁 / 旅館

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利321地図を見る
アクセス
那覇空港より車にて沖縄自動車道経由110分
宿泊料金
4,000円〜(2名1室 / 1名)

4,000円〜 / 人

データ提供

6.古宇利島カフェ

海を眺めながら、海鮮丼に舌鼓♪

古宇利大橋を渡ってすぐの位置にある『古宇利島カフェ』。「YOSHAIKA」の系列店なので、4色の丼もオーダーできますよ。メニュー名が違うので、内容を確認してから注文してくださいね。
「古宇利島カフェ」料理 879798

出典:sato1003さんの投稿

溶けたチーズの塊にしか見えない不思議な料理は、タマネギやシイタケ、ナスがはいった「島ピザ」。たっぷりのチーズが絶品の人気メニューです。

「古宇利島カフェ」外観 879792

出典:なぉ♥さんの投稿

南国風なムードがただよう外観と内観。ちょっと文化祭にあったどこかのクラスの出店を思い出してしまうような楽しい気持ちになります。ハンモックも設置されているので未体験ならぜひ初挑戦!

古宇利島カフェの詳細情報

古宇利島カフェ

今帰仁村 / カフェ、カフェ・喫茶(その他)、レストラン(その他)

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利325-1
営業時間
11:00~19:00(L.O18:30)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

7.恋島(くいじま)

島の名物「ウニ丼」をチェック!

「恋島」料理 854377 うに丼

出典:アクアマリン8さんの投稿

島に訪れたなら立ち寄っておきたい「古宇利島物産センター」。古宇利大橋を渡ってすぐ左手にあります。お土産品や惣菜などを扱うお店のほか、『恋島』というレストランが併設されています。島名物「ウニ丼」は要チェック。7月~9月頃が食べごろです。ほかに、刺身定食、ソーキそばなどのメニューも用意されています。

「恋島」料理 854387 ソフト黒糖ぜんざい(´Д` )

出典:さかな野郎さんの投稿

疲れた時の糖分補給にぴったりな、沖縄のかき氷「ソフト黒糖ぜんざい」。黒糖の甘さとソフトクリームのコラボは沖縄の定番のひとつ。

「恋島」外観 854384 外観

出典:アクアマリン8さんの投稿

道の駅の用途もあり、広いパーキングは駐車スペースの問題もありません。いろいろなグルメを探索してみるのもおすすめ。ちなみに店名でもある『恋島(くいじま)』とは、古宇利島の代名詞でもあり、アダムとイヴの発祥の地とも言われていることに由来するそう。

恋島の詳細情報

恋島

今帰仁村 / カフェ、定食・食堂

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利328-1
営業時間
10:30~17:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

8.とうらく

沖縄のおいしさが詰まった「創作ランチ」

「とうらく」料理 854339 ランチ(さかな)

出典:たべはじめました。さんの投稿

併設する工房で作られたこだわりの食器で食事ができる『とうらく』。ランチやカフェ使いにぴったりのお店です。おすすめは、旬の食材を使った「創作ランチ」。肉と魚からメイン料理を選べます。

「とうらく」料理 854350

出典:ケ・セラ・セラ991さんの投稿

創作ランチのポイントは、メインだけではありません。沖縄名産のジーマミ―豆腐・海ぶどう・ミミガー・ゴーヤーなどの天ぷら・紅芋スイーツのほか、沖縄グルメが盛りだくさん! これだけで沖縄料理の醍醐味をほぼマスターしてしまっているコスパの高いランチです。

「とうらく」料理 854352

出典:ねこまる3さんの投稿

白をベースにした外装と、落ち着くウッディーな内装の店内。高台から見渡す景色を堪能するには、伊江島も眺望できるテラス席がおすすめです。

とうらくの詳細情報

とうらく

今帰仁村 / カフェ、沖縄料理、洋食・欧風料理(その他)

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利1882-10
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

9.Cafe フクルビ

肉汁たっぷり絶品「ハンバーグ」

「Cafe フクルビ」料理 854364 ジューシーやんばる島ブタ100%ハンバーグ!

出典:H.IKOさんの投稿

島の北部、高台に位置する『Cafe フクルビ』。洋食・沖縄料理・ピザ・沖縄の月桃を使った料理などの食事メニューをはじめ、沖縄のトロピカルフルーツを素材にした手作りスムージーが堪能できるカフェです。なかでもおすすめが「やんばる島豚ハンバーグ」。やんばる島豚を100%使った肉汁あふれる絶品メニュー。

「Cafe フクルビ」ドリンク 854371 3種類のドリンクバー

出典:遷都君さんの投稿

こちらのソフトドリンクバーは、一味違います。ワンコイン以下というリーズナブルさに加え、マンゴー・パイナップル・グァバなどのトロピカルジュースがラインナップ。思わず何杯もお替わりしてしまいそう。

「Cafe フクルビ」内観 854372 カフェのテラス席

出典:まろんママさんの投稿

青い海を見渡すことができるテラス席が人気。ティーヌ浜から近いので水着でも入店可能です。また、ペット同伴もOK。キッズスペースやおむつ台の用意もあるので、小さなお子さん連れの家族にもぴったりです。

Cafe フクルビの詳細情報

Cafe フクルビ

今帰仁村 / カフェ、沖縄料理、ピザ

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利2516
営業時間
11:00~日が沈むまで
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

10.カフェフクルビ B・Bバスバージョン

「カフェフクルビ B・Bバスバージョン」外観 852084 たぶんB・Bバス

出典:ゆっきゃりんさんの投稿

「Cafe フクルビ」の移動カフェ『カフェフクルビ B・Bバスバージョン』もおすすめ。レトロなバスがそのままお店になったもの。島を渡ってすぐの場所にあるので、ちょっとした休憩にも便利。

「カフェフクルビ B・Bバスバージョン」外観 852115 中は改造してあって,入り口で靴を脱いで入ります

出典:ゆっきゃりんさんの投稿

バスの回りにあるパラソルだけでなく、バスの中でゆっくりできます。トロピカルジュースや、軽食メニューが用意され、テイクアウトもOK。

カフェフクルビ B・Bバスバージョンの詳細情報

カフェフクルビ B・Bバスバージョン

今帰仁村 / カフェ

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利2516
営業時間
11:00~日没まで
定休日
悪天候の日はお休み
平均予算
  • ~¥999

データ提供

11.ワンスイートホテル&リゾート レストラン エルロタ

こだわり素材の宝箱「ブイヤベース」に舌鼓

「ワンスイートホテル&リゾート レストラン エルロタ」料理 854264

出典:

島の入口からも近い「ワンスイートホテル&リゾート古宇利島」のレストラン『ワンスイートホテル&リゾート レストラン エルロタ』。軽食からディナーコースまで銀座修行を経た腕前シェフによる絶品の数々を堪能できます。おすすめは「ブイヤベースランチ」。タイ・エビ・ムール貝などの魚介類をはじめ、旬の食材がたくさん入った、具だくさんのスープ。味わい深く、最後の一滴まで飲み干したくなるほど。

「ワンスイートホテル&リゾート レストラン エルロタ」料理 854262

出典:coco_26さんの投稿

イチオシのスイーツは「フレンチトースト」。ふわふわ食感がたまらない絶品もの。

「ワンスイートホテル&リゾート レストラン エルロタ」内観 854270 店内

出典:まろんママさんの投稿

こだわりの創作料理の数々に加え、テラスや大きな窓からの絶景もおいしさに拍車をかけます。ちょっとリッチに素敵なグルメタイムをお過ごしください♪ ディナーは予約が無難です。

Restaurant L LOTAの詳細情報

Restaurant L LOTA

今帰仁村 / 創作料理、野菜料理、カフェ

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利466-1 ワンスイートホテル&リゾート
営業時間
・ランチタイム:11:00〜14:00 ・カフェタイム:14:00〜17:00(L.O. 16:00) ・ビストロタイム:19:00〜22:00(予約のみ)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥15,000~¥19,999

データ提供

いかがでしたか?

海も堪能できてグルメも楽しめるカフェが点在する『古宇利島』。島の周囲は約8km弱なので、いろいろなアングルの海やビーチを楽しみながら、一日かけてお店をハシゴしてみるのも。島グルメ満載の古宇利島で、あなたの思い出の絶品を増やすヒントになれば幸いです。
「ワンスイートホテル&リゾート レストラン エルロタ」料理 854399 サラダランチ♡

出典:Miyu♪さんの投稿

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード