良質な温泉の宝庫!石川の温泉7選&おすすめ旅館をご紹介

良質な温泉の宝庫!石川の温泉7選&おすすめ旅館をご紹介

北陸新幹線が開通してからますます人気が高まっている石川県。兼六園などの観光地が有名ですが、良質な温泉の宝庫でもあるんですよ。そこで今回は、金沢、能登、加賀など、石川県内にあるおすすめの温泉地と宿を詳しくご紹介します。観光を楽しんだ後は、風情あふれる温泉地でゆっくり過ごす。そんな、癒しの旅を満喫してみませんか。

2019年09月17日

疲れた時は、温泉でほっこり癒されましょ

温泉 女性ポートレート

忙しい毎日に疲れたら、風情あふれる温泉地でのんびり過ごしてみませんか。日常から離れてゆっくり温泉に浸かれば、日頃のストレスなんてひとっ飛び。のどかな景色やおいしい食事も、心身を癒してくれますよ。

石川県内には、観光と併せて楽しめる良質な温泉地が点在しています。この記事では、おすすめの温泉地と宿をご紹介。ぜひ、癒し旅の参考にしてみてくださいね。

金沢エリアの温泉

1. 金沢の奥座敷。加賀藩主に愛された小さな名湯「湯涌温泉」

金沢 湯涌温泉

兼六園から車で20分程度の山間に位置する「湯涌温泉」は、”金沢の奥座敷”と呼ばれる温泉地です。約1300年もの歴史を持ち、江戸時代には加賀藩主に愛され、お殿様が足繁く湯治に通ったのだとか。弱アルカリ性の温泉で、痛みや健康増進に効果があるといわれています。全9軒のこぢんまりとした温泉郷では、都会の喧騒を忘れてくつろぐことができますよ。

うっとり、大正ロマンを感じて。竹久夢二が過ごした「お宿やました」

うっとり、大正ロマンを感じて。竹久夢二が過ごした「お宿やました」2163982

出典:

「お宿やました」は、大正ロマンを代表する画家・竹久夢二ゆかりの旅館です。温泉街の奥にひっそりと佇んでおり、落ち着いた和の空間で静かなひとときを過ごすことができます。温泉はなめらかで、肌を包み込んでくれるような優しさが感じられると評判ですよ。

うっとり、大正ロマンを感じて。竹久夢二が過ごした「お宿やました」2164002

出典:

千代紙や絵封筒、半襟などのデザインも人気を博していた竹久夢二は、今でいうグラフィックデザイナーに近い存在でした。館内では、そんな竹久夢二の作品を鑑賞することができます。落ち着いた和の空間と、大正ロマンな雰囲気が、心をそっと癒してくれるはずです。

公式詳細情報 金沢の奥座敷・歴代藩主も愛した湯 お宿やました

金沢の奥座敷・歴代藩主も愛した湯 お宿やました

金沢 / 旅館

住所
石川県金沢市湯湧町イ165-1地図を見る
アクセス
JR北陸本線金沢駅下車、バスで45分 (車で30分)
宿泊料金
11,100円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

11,100円〜 / 人

データ提供

▼他のホテルや旅館も探したい方はこちらから

2. 奈良時代から続く美肌の湯。九谷焼の里も楽しめる「辰口温泉」

辰口温泉 景色 全景

金沢市内から車で40分ほどの場所にある「辰口温泉」。その歴史は古く、奈良時代ごろに発見されたといわれています。温泉はナトリウム泉で、肌にやさしい美人の湯なのだとか。高級感のある宿が多く、贅沢な気分で温泉を満喫できますよ。近隣には九谷陶芸村があり、ショッピングや陶芸体験を楽しむこともできます。

小説「海の鳴る時」の舞台になった老舗旅館「まつさき」

小説「海の鳴る時」の舞台になった老舗旅館「まつさき」2163984

出典:

辰口温泉の「まつさき」は、明治時代の文豪・泉鏡花にゆかりのある老舗温泉旅館。宿を舞台にした小説「海の鳴る時」を読んで、物語の世界に浸る旅を楽しんではいかがでしょうか。1500坪もの庭園や、白山連峰を望む絶景露天風呂も宿の自慢。源泉風呂のあるお部屋に泊まれば、広い湯船と天然温泉を独り占めに。贅沢な時間を過ごすことができますよ。

小説「海の鳴る時」の舞台になった老舗旅館「まつさき」2163985

出典:

夕食は利尻産の昆布と枕崎産のかつお節を贅沢に使用した、「だし」にこだわった日本料理をいただけます。のどぐろや能登牛、毛蟹など、石川県の豊かな食材を使った料理はどれも絶品。別注のお寿司もおいしいと評判です。その日のおすすめが握られるので、鮮度抜群のとろけるおいしさを堪能できますよ。

公式詳細情報 金沢辰口温泉 まつさき

金沢辰口温泉 まつさき

能美・川北 / 高級旅館

住所
石川県能美市辰口町3-1地図を見る
アクセス
関東方面:JR松任駅より車で20分/定時運行送迎有)、関西方...
宿泊料金
15,800円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
14:00(IN)〜 11:00(OUT)など

15,800円〜 / 人

もっと見る

データ提供

▼他のホテルや旅館も探したい方はこちらから

能登エリアの温泉

3. 海辺の温泉街。塩のパワーを感じる泉質が魅力「和倉温泉」

能登島大橋02

能登半島中部にある「和倉温泉」は全国有数の温泉街として知られており、海岸沿いを中心に多くの大型温泉宿が並びます。"海の温泉"といわれるそのお湯は塩分が豊富で、殺菌・保温・美肌などの効果が期待できるのだそう。お肌にうれしい温泉に浸かりながら、七尾湾や能登島を一望する絶景を楽しみましょう。

最高のおもてなしが受けられる贅沢宿「加賀屋」

最高のおもてなしが受けられる贅沢宿「加賀屋」2163988

出典:

「加賀屋」は、和倉温泉の中でも有名な高級旅館。「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で、36年連続1位獲得という実績を持っています。温泉や料理はもちろん、100年以上の歴史の中で培われてきたおもてなしも魅力です。女性用露天風呂の「辨天の湯」は、雄大な七尾湾を見渡す絶好のロケーション。心地よいおもてなしと温泉、そして美しい風景が、心と体を癒してくれるでしょう。

最高のおもてなしが受けられる贅沢宿「加賀屋」2163989

出典:

夕食は季節の食材を活かした美しい料理が並びます。松茸やのどぐろ、寒ブリなど、石川県産の食材はどれも絶品。日本酒とともに、ゆっくりと楽しんではいかがでしょうか。お料理が出されるタイミングも絶妙で、心地よく贅沢な気分を満喫できますよ。

公式詳細情報 和倉温泉 加賀屋

和倉温泉 加賀屋

和倉温泉 / 高級旅館

住所
石川県七尾市和倉町ヨ部80地図を見る
アクセス
和倉温泉駅より車で8分。能登空港からバスで50分。
宿泊料金
22,300円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

22,300円〜 / 人

もっと見る

データ提供

▼他のホテルや旅館も探したい方はこちらから

加賀温泉郷

4. まったり湯めぐり。温泉の歴史や文化を体験できる「山代温泉」

4. まったり湯めぐり。温泉の歴史や文化を体験できる「山代温泉」2163965

出典:

石川県と福井県との境目あたりに、「加賀温泉郷」と呼ばれる複数の温泉が湧くエリアがあります。その中のひとつ「山代温泉」は、与謝野晶子や北大路魯山人などの多くの文化人が訪れていたことで有名。お湯はナトリウムやカルシウムを豊富に含み、疲労回復に効果があるといわれています。風情あふれる共同浴場があり、のんびり湯めぐりをしながら、温泉の歴史や文化を体験することができますよ。

落ち着いた大人のモダン宿「葉渡莉」

落ち着いた大人のモダン宿「葉渡莉」2163990

出典:

山代温泉でおすすめなのが、和モダンでおしゃれな温泉宿「葉渡莉(はとり)」。天然木や和紙、土壁などの素材を使用したぬくもりあふれる空間が、心をそっと和ませてくれます。天然檜造りの大浴場は趣があり、木の香りに包まれて、ゆったりした入浴タイムを楽しむことができますよ。

落ち着いた大人のモダン宿「葉渡莉」2163991

出典:

客室は大人モダンな雰囲気で、落ち着いて過ごすことができます。シングル和洋室が8室あるので、ひとり旅にもおすすめ。畳の感触が心地よい空間で、のんびり寛ぎのひと時を過ごしてはいかがでしょうか。

公式詳細情報 山代温泉 葉渡莉(はとり)

山代温泉 葉渡莉(はとり)

山代温泉 / 高級旅館

住所
石川県加賀市山代温泉温泉通り17地図を見る
アクセス
北陸自動車道加賀IC又は片山津ICより車で20分/JR加賀温...
宿泊料金
39,200円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

39,200円〜 / 人

もっと見る

データ提供

5. 豊かな自然に癒される、渓谷沿いの温泉街「山中温泉」

山中温泉鶴仙渓

「山中温泉」は豊かな自然に癒される温泉地。川のせせらぎを感じる渓谷沿いに旅館が並んでいます。お湯は切り傷などに効くといわれている硫酸塩泉。温泉街の近くには「鶴仙渓」と呼ばれる景勝地があり、4月から10月までは川床を楽しむことができます。また、伝統文化が息づくまちでもあります。山中漆器や九谷焼、民謡「山中節」などを体験するのもおもしろいですよ。

爽やかな景色の中で湯あみ。加賀文化を感じる空間も魅力の「吉祥やまなか」

爽やかな景色の中で湯あみ。加賀文化を感じる空間も魅力の「吉祥やまなか」2164009

出典:

「吉祥やまなか」は、客室や露天風呂から美しい自然を眺めることができる絶景の宿。大聖寺川にせり出すように造られた「白鷺の湯」では、渓谷の爽やかな風の中で温泉に浸かることができますよ。女性用に巻きタオルが用意されているので、人目を気にせず安心して入浴することができます。

爽やかな景色の中で湯あみ。加賀文化を感じる空間も魅力の「吉祥やまなか」2164010

出典:

加賀の伝統文化を感じる雅な空間も魅力。華やかで、気分がワクワクと弾みます。北陸最大級の「吉祥スパ」では、金箔を使ったトリートメントなど豪華なエステメニューを楽しめますよ。自分へのご褒美に体験してみてはいかがでしょうか。

公式詳細情報 山中温泉 吉祥やまなか

山中温泉 吉祥やまなか

山中温泉 / 高級旅館

住所
石川県加賀市山中温泉東町1-ホ14-3地図を見る
アクセス
JR北陸線 加賀温泉駅より送迎バスにて20分(要事前予約)
宿泊料金
12,000円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
14:00(IN)〜 11:00(OUT)など

12,000円〜 / 人

もっと見る

データ提供

▼他のホテルや旅館も探したい方はこちらから

6. 開放的!白山をのぞむ湖のほとりの温泉街「片山津温泉」

石川県 片山津温泉湖畔

「片山津温泉」は、柴山潟のほとりに広がる温泉地。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉で、湯冷めしにくく冷え性に効果があるといわれています。サイクリングや屋形船など、湖畔のアクティビティがおすすめ。白山と湖を眺めながら、開放的な雰囲気を楽しむことができますよ。

22種の湯めぐりを楽しめる「加賀観光ホテル」

22種の湯めぐりを楽しめる「加賀観光ホテル」2163996

出典:

片山津温泉の「加賀観光ホテル」は、館内になんと22種類ものお風呂を備えています。露天風呂、岩風呂、瓶風呂、灯台風呂などバリエーション豊かで、楽しく温泉を満喫できますよ。のぼせてしまわないように気を付けつつ、湯めぐりをしてみてはいかがでしょうか。

22種の湯めぐりを楽しめる「加賀観光ホテル」2163997

出典:

露天風呂付き客室もありますよ。自分だけのお風呂、自分だけの景色に満足度◎。移り変わる風景をお部屋でのんびり眺めながら、癒しのひと時を過ごしましょう。

公式詳細情報 片山津温泉 加賀観光ホテル

片山津温泉 加賀観光ホテル

片山津温泉 / 旅館

住所
石川県加賀市片山津温泉ウ41地図を見る
アクセス
JR北陸本線「加賀温泉駅」から車で10分(無料送迎あり※要予...
宿泊料金
32,600円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

32,600円〜 / 人

もっと見る

データ提供

▼他のホテルや旅館も探したい方はこちらから

7. 各旅館が自家掘源泉をもつ、泉質自慢の小さな温泉地「粟津温泉」

7. 各旅館が自家掘源泉をもつ、泉質自慢の小さな温泉地「粟津温泉」2163998

出典:K.Noriさんの投稿

最後にご紹介するのは、約1300年もの歴史を持つ小さな温泉地「粟津温泉」です。各旅館が自家掘りの源泉を持ち、どのお宿に泊まっても新鮮で良質なお湯を楽しむことができます。泉質はナトリウム硫酸塩泉でメタケイ酸が多く、アンチエイジングに効果があるといわれています。温泉街は昔ながらの落ち着いた雰囲気で、静かにじっくりと温泉を楽しみたい方におすすめですよ。

レトロ感たっぷりの登録有形文化財の宿「法師」

レトロ感たっぷりの登録有形文化財の宿「法師」2164001

出典:

「法師」は約1300年前の開湯当初から続いている宿で、「世界一古い宿泊施設」としてギネスブックに登録されたこともあります。大浴場の露天風呂には、温泉をやわらかい泉質に仕上げるという芍谷石とインド砂岩を使用。景観を楽しみながら、のんびり浸かりたくなる温泉です。

レトロ感たっぷりの登録有形文化財の宿「法師」2164000

出典:

温泉付き離れの客室「延命閣」は、国の登録有形文化財。皇族や各界の名士も宿泊した特別なお部屋で、総檜づくりの趣あふれる空間が魅力です。宿の歴史を感じて、優雅な時間旅行を楽しんではいかがでしょうか。

公式詳細情報 粟津温泉 法師

粟津温泉 法師

粟津温泉 / 高級旅館

住所
石川県小松市粟津温泉ワ-46地図を見る
アクセス
JR加賀温泉駅よりお車で20分。加賀ICより25分。JR加賀...
宿泊料金
5,500円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

5,500円〜 / 人

もっと見る

データ提供

▼他のホテルや旅館も探したい方はこちらから

石川県の温泉で、しっとり潤う旅を

石川県の温泉で、しっとり潤う旅を2163967

出典:

石川県にあるおすすめの温泉をご紹介しました。こんなにたくさんの温泉があるなんて知らなかった、という方も多いのではないでしょうか。有名な観光地が多いので印象が薄くなりがちですが、実は良質な温泉の宝庫なんです。金沢や能登半島を観光する際は、ぜひ温泉も楽しんでみてくださいね。

紹介ホテルを比べてみる

関連記事

関連キーワード

金沢を旅する編集部おすすめ