沖縄・神秘の島『浜比嘉島』のパワースポットと島グルメをたっぷりご紹介!

沖縄・神秘の島『浜比嘉島』のパワースポットと島グルメをたっぷりご紹介!

海中道路を利用して車でも簡単アクセスできる、沖縄の離島『浜比嘉島(はまひがしま)』。神の島ともいわれ神秘あふれるパワースポットが島中に点在します。新鮮な素材を使った島グルメはもちろん、離島ならではの手つかずなビーチ、のんびりした集落の風景などみどころ満載です。さまさまなご利益をいっぱい受けたいなら『浜比嘉島』へレッツゴー!

2017年01月19日

『浜比嘉島』の魅力に迫ろう!

『浜比嘉島』の魅力に迫ろう!1002311

出典:

神様の島といわれる『浜比嘉島(はまひがしま)』は、琉球の起源の地ともいわれ、南部の久高島(くだかじま)とならぶ神聖な島でも知られています。信仰の厚い沖縄では、現在でも子宝や豊作などの祈願に、県内外の各地から拝みに訪れる人たちがたくさん。とくに地元の若い世代には“パワースポット”としても人気です。手つかずのビーチも多く、白い砂浜と天然岩、青いグラデーションがとても癒されます。

『浜比嘉島』の魅力に迫ろう!1008228

出典:

浜比嘉島は、沖縄でも有数のもずく漁がさかんな島です。養殖された「勝連もずく」は5月の収穫がピーク。他のもずくとは別格と評判です。この時期になると島の食堂や直売所の“生もずく”を目当てに、県内各地から人が集まるそう。

『浜比嘉島』の魅力に迫ろう!1008248

出典:tomo.さんの投稿

浜比嘉島には、“浜集落”と“比嘉集落(ひがしゅうらく)”の2つがあります。沖縄ならではの建築【赤瓦屋根、石垣、シーサー】などを特徴とする古民家が軒を連ねます。なんとものんびりした光景の中に、人慣れした愛嬌あるネコたち。のどかな風景には欠かせません。

浜比嘉島へのアクセス

浜比嘉島へのアクセス989175

出典:

浜比嘉島は、離島とはいっても橋でつながっているので、バスや車(レンタカー)などで行くことができます。

【車・レンタカー】
那覇空港からは、沖縄自動車道を利用、海中道路を渡り、さらに浜比嘉大橋を渡ります。所要時間およそ90分です。

【バス】
那覇空港駅からは、ゆいレール(沖縄都市モノレール)旭橋駅下車、旭橋駅前の那覇バスターミナルからJA与那城前行きのバス(系統127番)でおよそ120分、「JA与那城前」で乗り換え、平安座総合開発バスで浜比嘉島までおよそ15分ほどです。
浜比嘉島へのアクセス1002393

出典:

浜比嘉大橋を渡り、突き当たりを左に行くと“比嘉集落”、右に行くと“浜集落”です。島は一周道路にはなっていないので、どちらからめぐるか決めてからアプローチしましょう。

島のパワースポットで開運アプローチ

1.シルミチュー

1.シルミチュー989129

出典:

比嘉集落にある『シルミチュー』は、祖神アマミキヨとシネリキヨが生活した場所です。男女2人の神を造り(産み)、育てたと伝われています。鳥居をくぐり長い階段をのぼると到着します。ちょっとシンドいかもしれませんがご利益のためにがんばって!

1.シルミチュー1008311

出典:

年間通じて特定される日にしか中に入ることができません。貴重な品も多く、島の人たちによって大事に保管されています。子宝祈願や健康安全祈願でも有名なパワースポットです。

1.シルミチュー988994

出典:

近くには大きな駐車場も完備された「シルミチュー公園」があるので、トイレや休憩などに便利です。水平線をのぞむことができる開放的な空間です。

シルミチューの詳細情報

シルミチュー

住所
沖縄県うるま市勝連浜(兼久)

データ提供

2.アマミチュー 

2.アマミチュー 1008285

出典:電王1026さんの投稿

『アマミチュー』は、琉球を造ったアマミキヨとシネリキヨのお墓です。岩でできた島の一部にあります。島へは道を歩いて渡ることができます。毎年元旦には、五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄などの祈願が現在でも行われています。勝連町の指定文化財にもなっています。とても神聖なパワーを感じます。

2.アマミチュー 1008290

出典:

アマミチューからは浜比嘉大橋の圧巻な景色がのぞめます。アマミチューとシルミチューはぜひセットで訪れてみてください。

アマミチューの詳細情報

アマミチュー

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉
アクセス
比嘉港湾/徒歩/10分

データ提供

3.アガリガー

3.アガリガー1008301

出典:

沖縄には“カー”と呼ばれる井戸が点在します。そのひとつが、比嘉集落にある『アガリガー』です。その昔、自然の湧水は農耕には不可欠で、カーを中心に集落が作られました。

3.アガリガー1008302

出典:

水が枯れないようにと島の人たちの願いが込められ、拝所としても親しまれていました。現在では【年頭拝み】などで祈願されるパワースポットとして人が集まります。

4.シヌグ堂

4.シヌグ堂1008294

出典:

浜集落にある『シヌグ堂』は、別名・東の御嶽(あがりのうたき)ともいわれ、拝所として守られてきました。浜比嘉島で、旧暦の6月28日と8月28日に「シヌグ祭り」という祈りの儀式が行われ、それに由来して名づけられたとか。周囲の大きなガジュマルの木は、なんともいえない神秘さをより一層高めます。パーキングは、浜比嘉漁港の無料駐車場が便利です。

シヌグ堂遺跡の詳細情報

シヌグ堂遺跡

住所
沖縄県うるま市与那城上原187

データ提供

5.地頭代火ぬ神

5.地頭代火ぬ神989302

出典:

『地頭代火ぬ神(じとうでーひぬかん)』は、“旅の安全・立身出世・進学”の神様が祀られています。旅に出るときや、受験などひかえた家族がよく訪れるそうです。

浜比嘉島のビーチをハシゴしちゃおう

6.浜比嘉ビーチ(ふるさと海岸)

6.浜比嘉ビーチ(ふるさと海岸)989080

出典:

『浜比嘉ビーチ(ふるさと海岸)』は、浜ビーチとも呼ばれる島でいちばん人が集まる人工ビーチです。沖縄でも持ち込みバーベキューができる貴重な場所なので、遠方からもグループや家族が集まります。整備されて居心地のいいビーチですが、伊計島に人が流れていることもあって比較的観光客が少ない穴場です。遠浅なので小さなお子さん連れにも人気です。

浜ふるさと海岸の詳細情報

浜ふるさと海岸

住所
沖縄県うるま市勝連浜

データ提供

7.兼久ビーチ

7.兼久ビーチ1008322

出典:黒豚さんの投稿

シルミチューの近くに『兼久ビーチ』があります。手つかずの天然ビーチはとても透明度が高くキレイ。シュノーケルなども楽しめる人が少ない穴場です。遺跡があるクバ島も目の前にあり、干潮時には歩いて渡れます。ここもバワーが強い場所だとか。ビーチ脇では島の少年たちが仲睦まじく防波堤からダイビングする姿も。パーキングはシルミチュー公園の駐車場が便利です。

8.ムルク浜

8.ムルク浜988993

出典:

もうひとつ、おすすめが天然ビーチの『ムルク浜』です。島の奥にあり、一段と自然が残る美しさはが格別のビーチです。ひとむかし前には知る人ぞ知る超穴場でした。現在はホテル浜比嘉リゾートのビーチにもなっているので、超がつくほどの穴場ではなくなりましたが、手入れもされ過ごしやすくなったことは利点です。また、ホテルの宿泊客でなくとも利用できますよ。

ムルク浜ビーチの詳細情報

ムルク浜ビーチ

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉202 ホテル浜比嘉島リゾート横
営業時間
夏場のみ

データ提供

浜比嘉島のグルメならココ

浜比嘉島のグルメならココ1008337

出典:

浜比嘉島のリゾートホテルでの食事を楽しみたいなら「ホテル浜比嘉島リゾート」がおすすめ。館内にある3件の食事処をご紹介します。

9.ラウンジ チャグア

9.ラウンジ チャグア1008339

出典:tarmyさんの投稿

『ラウンジ チャグア』はロビー奥にある開放的でオシャレなカフェです。大きな窓からはパノラマに広がる海の絶景を見下ろすことができます。

「ラウンジ チャグア」料理 1002562 ケーキセット

出典:brassyさんの投稿

ドリンクや泡盛・オリオンビールなど、ちょっと一息するのに持ってこいの場所です。デコレーションがかわいいスイーツなども気軽に味わうことができますよ♪

ラウンジ チャグアの詳細情報

ラウンジ チャグア

うるま市 / ラウンジ、カフェ、ピザ

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉202 ホテル浜比嘉島リゾート内
営業時間
[ドリンク]  10:00a.m.〜22:00 [フード]  14:00〜17:00 宿泊者以外も利用可能
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

10.レストラン浜比庭(ハピナ)

「レストラン浜比庭」内観 1002584 絶景の見えるレストラン

出典:

『レストラン浜比庭』は、大きな窓から圧巻な海の景色が望めるフレンチレストランです。ランチだけでなくディナーでもコース料理が楽しめます。

「レストラン浜比庭」料理 1008356 コースの前菜

出典:edanyankoさんの投稿

ランチはメイン料理が選べるコースのほか、定食メニューも充実しています。こだわりの沖縄食材を使用し、繊細な盛り付け、そして最高のロケーション……ランチから贅沢な時間を過ごせます。ディナーはコース料理のみですが、ホテルの別レストラン『ムルク』では、ディナータイムにランチの定食を注文することも可能です。

「ラウンジ チャグア」外観 1002571 レストランハピナ(浜比庭)のテラス

出典:macnnさんの投稿

海の景色も最高ですが、それだけでなく店内から見えるリゾートのプールも、より一層な贅沢な時間を提供してくれます。プール際のテラス席も選ぶことができます。

レストラン浜比庭の詳細情報

レストラン浜比庭

うるま市 / フレンチ

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉202 ホテル浜比嘉島リゾート内
営業時間
7:00~9:00 (L.O.) 11:30~14:00 (L.O) 18:00~21:00 (L.O.)
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

11.ムルク

「ムルク」料理 1002471 魚バター焼き

出典:龍果実さんの投稿

『ムルク』は、ディナーのみの営業です。コース料理や定食メニューなどの食事や、高級居酒屋としても利用可能です。沖縄の食文化を体験できるコース料理には、地元の泡盛と一緒に味わうのが醍醐味です。

A photo posted by Nao (@cyg3ykuchan4u) on

せっかく沖縄に訪れたのだから、ご当地メニューをぜひ頼んでみてください!なかでも「グルクンのから揚げ定食」「お魚バター焼き定食(ミーバイ)」「アグー豚ロースカツ定食」などいかがでしょうか。また「伊勢海老うに焼き定食」も絶品です。少々お値段は高めですが、贅沢な旅の思い出にぴったりです。

ムルクの詳細情報

ムルク

うるま市 / 沖縄料理

住所
沖縄県うるま市勝連比嘉202 ホテル浜比嘉島リゾート内
営業時間
18:00~22:00(LO21:00) ホテル宿泊者以外も利用可だが 要事前連絡
定休日
不定休
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

12.413はまひが

「413はまひが」内観 1001025 朝食のテーブル☆☆☆

出典:まろんママさんの投稿

『413はまひが』は、隠れ家ホテルで人気の「413はまひが Hotel & Cafe」にあるレストランです。朝食・ランチ・カフェ・ディナーと時間を選ばず、いろいろな海の景色を楽しめる最高の癒し空間です。

「413はまひが」料理 1001020 夕食は、バーべキュー

出典:まろんママさんの投稿

ディナーは、「ガーデンBBQコース・島豚のしゃぶしゃぶコース・沖縄料理コース」など、季節や連泊に応じて選べます。中でもバーベキューは、お店のスタッフが最高の焼き加減で提供してくれます。「焼き過ぎた~」という心配いらず。海に沈む夕日と味に集中できるのも◎。

「413はまひが」外観 1001030

出典:まろんママさんの投稿

ホテルは全室オーシャンビュー。裸足でそのまま海まで行ける夢のようなプライベート演出が最大の魅力!ちなみに、ビジターの食事については時間帯や事前予約などを確認してから、どうぞ。

413はまひがの詳細情報

413はまひが

うるま市 / その他

住所
沖縄県うるま市勝連浜548-4
営業時間
チェックイン16:00 チェックアウト翌10:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ¥15,000~¥19,999

データ提供

413はまひが Hotel & Cafeの詳細情報

413はまひが Hotel & Cafe

沖縄市・うるま市・伊計島 / スタンダードホテル

住所
沖縄県うるま市勝連浜548-2地図を見る

データ提供

ほかにも、浜比嘉ビーチ近くにある人気店3店をご紹介しましょう。

13.てぃーらぶい

「てぃーらぶい」外観 1000882 外観

出典:IEHOJさんの投稿

地元民がおすすめするてぃーらぶい』は、赤瓦がインパクトの古民家食堂です。観光客に沖縄の伝統に触れてほしいと数年前に空き家を改装したのだとか。

「てぃーらぶい」料理 1000888 てぃーらぶい定食①

出典:柚子胡椒姫さんの投稿

ご飯、汁物、おかずをそれぞれ2品から選べる「浜のてぃーらぶい定食」にリピーターも集まります。沖縄の食材をふんだんに使った家庭料理は、ご主人がじきじきに地元の主婦から学んだそう。濃厚な味付けにご飯がすすみます。食後もいい感じの余韻が口の中に残るから不思議……。

「てぃーらぶい」料理 1000893 ジーマミ豆腐の天ぷら

出典:柚子胡椒姫さんの投稿

定食のサイドに必ずつく「ジーマミー豆腐の天ぷら」がお目当ての人も少なくないそう。他では味わえない食感に思わずうなってしまうほど。

「てぃーらぶい」内観 1000900 店内

出典:柚子胡椒姫さんの投稿

ゆっくり居心地のいい畳が、旅の疲れを癒してくれます。お昼時には混み合うので、遅い時間を狙うのが賢いかも。

てぃーらぶいの詳細情報

てぃーらぶい

うるま市 / 沖縄料理

住所
沖縄県うるま市勝連浜56
営業時間
11:00~16:00
定休日
定休日:火曜日 旧正月 清明際・旧盆(中ぬ日)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

14.丸吉食品

「丸吉食品」料理 1000870

出典:ち ゅ らさんの投稿

『丸吉食品』は、島人たちの生活の一部ともなっているパーラー(テイクアウトや簡単な食事スペースのある食堂)です。島で収穫された、もずくを使ったメニューが並びます。中でも、「もずくコロッケ」は、この店に来たら必ずチェックしてほしい絶品もの。
「丸吉食品」料理 1000835 かにもずくてんぷら(350円)

出典:macponさんの投稿

「かにもずく天ぷら」は、新しい名物として地元客から火がついた人気メニュー。新鮮なもずくとカニの風味が口の中に広がる絶品です。大ぶりなワタリガニは食べ応え抜群なので、二人でシェアしても。

「丸吉食品」外観 1000866 かにもずくてんぷらの幟があります

出典:macponさんの投稿

半オープンの沖縄の食事どころ“パーラー”は、気取らない海の家のような雰囲気。揚げ物でのどが乾いたら沖縄ではよく見かけるウォータータンクも設置されてるので安心。沖縄のレトロ感を満喫できるひとときを過ごせます。

丸吉食品の詳細情報

丸吉食品

うるま市 / 定食・食堂、その他

住所
沖縄県うるま市勝連浜72-2
営業時間
9:00~18:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

15.むいにー亭

「むいにー亭」料理 1000966

出典:わさびのブログさんの投稿

『むいにー亭』は、島では珍しいオシャレなフレンチをモチーフにした、ご主人こだわりの創作料理が味わえます。夫婦ふたりで営む一軒家のたたずまいはなんとも隠れ家的。料理の素材のほとんどが島で調達したもので、無農薬野菜や近くの漁港であがった新鮮な魚などが味わえます。

「むいにー亭」内観 1000978

出典:わさびのブログさんの投稿

ランチに加え、ディナータイム両方に利用できます。店内は洋風な落ち着く空間。ちょっとお値段は高めですが、ボリュームがあるハイクオリティーなテイストは納得。リピーターが多いのもうなづけます。

むいにー亭の詳細情報

むいにー亭

うるま市 / フレンチ

住所
沖縄県うるま市字勝連浜423-1
営業時間
ランチ:12:00~15:00 ディナー:18:00~21:00(LO21:00)
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

浜比嘉島めぐりいかがでしたか?

浜比嘉島めぐりいかがでしたか?1008376

出典:yume-g5さんの投稿

神聖な島は、決して人から与えられたものではありません。島の人たちによって受け継がれ守り続けられてきたからこそ、絶大なパワーとなって我々を迎えてくれます。ぜひ、「お邪魔します……」という気持ちをもって、謙虚に拝所めぐり(パワースポットめぐり)を楽しみましょう。そうすればきっとご利益度もアップするはず。そして美しい海や島ならではのグルメに癒され、明日からの“がんばろう”の充電旅行に浜比嘉島はおすすめです。

浜比嘉島の詳細情報

浜比嘉島

住所
沖縄県うるま市勝連浜、勝連比嘉
アクセス
那覇バスターミナルからバスで100分

データ提供

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード