独特な世界観が素敵。静岡県内のわざわざ行きたくなるカフェ6選

独特な世界観が素敵。静岡県内のわざわざ行きたくなるカフェ6選

オシャレなカフェも良いけれど、たまにはいつもと違ったカフェに出かけてみませんか?今回は、静岡にあるちょっと風変わりなカフェをご紹介いたします♪そのお店ならではの空間で過ごすひとときは、普通のカフェでは体験できない心地いい時間に。ぜひ独特な世界観を堪能してみてくださいね。2017年02月17日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

3

独特な世界観を醸し出すカフェをご紹介♪

独特な世界観を醸し出すカフェをご紹介♪1056487

出典:Lawrenceさんの投稿

本を片手に、カフェでまったり過ごす休日。行きなれたカフェに行くのもいいですが、たまにはちょっと面白いお店に行ってみませんか?今回ご紹介するのは、静岡県内にある、コンセプトが素敵なカフェ。一人でふらっと行くのはもちろん、お友達とのティータイムやデートにもおすすめですよ。

1. GTカフェ(沼津市)

車・バイク好きが集まる落ち着いた空間

「GTカフェ」内観 1056474

出典:gtcafさんの投稿

「GTカフェ」は、バイクや車関係のディスプレイを飾る別荘のような雰囲気のカフェです。実はカフェのオーナーが大の車・バイク好きなんだそう。そのため、全国から車・バイク好きの人たちが集まっています。

「GTカフェ」内観 1056473

出典:TADZIOさんの投稿

お店の一角には、こんなアメリカレトロな席まで。車・バイク好きが集まるだけに、店内では熱く語り合う姿が目に浮かびますね。

「GTカフェ」内観 1056509

出典:TADZIOさんの投稿

テラス席もおすすめです。目の前には駿河湾が広がり絶景!時を忘れて過ごしてしまいそうです。

1度で2度楽しめる「GTオムライス・ハイブリッド」がおすすめ

「GTカフェ」料理 1056472 GTオムライス・ハイブリッド

出典:チャッピーチャンスさんの投稿

一見、サラダとワンプレートになったオムライスだとお思いかもしれませんが、実はオムライスの下にはクレープが敷かれています。オムライスとして楽しんだ後は、サラダクレープとして楽しめちゃいます。

「GTカフェ」料理 1056471 GTバーガー・レディSET

出典:

ワンプレートメニューもおすすめ。スイーツも付いているので、食べごたえ十分です。

GTカフェの詳細情報

GTカフェ

沼津 / カフェ、洋食、ピザ

住所
静岡県沼津市志下1-2
営業時間
10:00~21:00 ラストオーダー20:00
定休日
年末年始を除き無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

2. カフェ ココカルティオ(富士市)

キャンドルギャラリーの一角にあるカフェ

「ココカルティオ」内観 1056485

出典:うな重さんの投稿

「cafe koko kaltio(カフェ ココカルティオ)」は、キャンドルギャラリーの一角にあるカフェです。やさしい明かりを灯すキャンドルと共に、非日常的な時間を過ごせます。

「ココカルティオ」内観 1056484 手づくりのキャンドル

出典:うな重さんの投稿

店内のギャラリーには、手作りのとっても素敵なキャンドルが展示されています。

「ココカルティオ」内観 1056512

出典:うな重さんの投稿

静かな時間が流れる大人のためのカフェといった雰囲気です。

こんな可愛いスイーツが出てきます♡

「ココカルティオ」料理 1056483 卯最中400円

出典:うな重さんの投稿

最中・パウンドケーキ・コーヒーゼリーなどのスイーツが、コーヒーと一緒に味わえます。食べるのがもったいないくらいの可愛さですね。

「ココカルティオ」内観 1056482 ウサギのキャンドル

出典:うな重さんの投稿

かわいいウサギはスイーツだけではありません。キャンドルもあるんです♪ちょっとしたギフトにもおすすめです。

ココカルティオの詳細情報

ココカルティオ

入山瀬 / カフェ

住所
静岡県富士市厚原1191-1
営業時間
12:00~19:00
定休日
月~木
平均予算
  • ~¥999

データ提供

3. オニワガーデンアンドカフェ(静岡市)

モダンな盆栽が存在感を放つカフェ

「オニワ ガーデン アンド カフェ」内観 1056466 かわいらしい、映画のワンシーンのような店内!

出典:

「ONIWA Garden & Cafe (オニワガーデンアンドカフェ)」は、創業40年を超える「良知樹園」によって手がけられた、盆栽や観葉植物が販売されているカフェです。2階建ての1階は販売店舗で、2階が木の温もりが感じられる緑あふれるカフェになっています。

「オニワ ガーデン アンド カフェ」内観 1056465 テーブルの上にあるカジュアル盆栽

出典:ダヤンテールさんの投稿

店内には、所々にモダンな盆栽が飾られています。カフェと融合した盆栽を楽しめる空間は、訪れる人を和ませてくれることでしょう。

「オニワ ガーデン アンド カフェ」内観 1056513 なんというか…

出典:ダヤンテールさんの投稿

店内は白い壁にやさしい光が灯る、落ち着いた空間。おしゃべりにも花が咲きそうですね。

スープカレーが大人気!

「オニワ ガーデン アンド カフェ」料理 1056464 チキン&ベジタブルスープカレー

出典:りょうせい610さんの投稿

食べるべきは、北海道出身の店長が作るスープカレー。ジューシーなチキンと色とりどりの野菜の素材を味わえる一品です。

「オニワ ガーデン アンド カフェ」料理 1056463 トマト、切ってみました!

出典:ダヤンテールさんの投稿

スープカレーにトマトがまるごと入っている「まるごとトマトととろ~りチーズのスープカレー」もおすすめ。トマトを覆うとろ~りチーズとの相性が抜群です!

オニワ ガーデン アンド カフェ

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

4. カフェなまづや(静岡市)

田舎の実家にいるようなほっこり感を味わえるカフェ

「カフェなまづや」内観 1056468 田舎の実家に帰ってきた…そんな空間でお食事ができます。

出典:おざわたくやさんの投稿

「カフェなまづや」は、店内に陶芸ギャラリーを併設した古民家の趣きあるカフェです。陶芸家であるオーナー夫婦の手作りの器も展示され、カフェで提供される器も手作りのものが使用されています。

「カフェなまづや」その他 1056467

出典:*すん*さんの投稿

手作りの器がオブジェとして飾られている店内。古民家をそのまま活かした雰囲気は、まるで田舎の実家に帰ってきたかのよう!ほっこり感を味わうことができます。

体にやさしい料理が嬉しい

「カフェなまづや」料理 1056459

出典:*すん*さんの投稿

自然食をコンセプトに提供されるメニューは、どれも体にやさしい料理となっています。

陶芸教室も開催されています

「カフェなまづや」その他 1056460

出典:*すん*さんの投稿

カフェに併設されている工房で、陶芸体験をすることもできます。世界に一つの器を記念に作ってみるのも良いですね!

カフェなまづやの詳細情報

カフェなまづや

安倍川、静岡、新静岡 / カフェ

住所
静岡県静岡市駿河区向敷地656
営業時間
11:30~17:30
定休日
月曜日、火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

5. ステーショナリーカフェ コノヒ(掛川市)

ビンテージ感漂うオシャレな文房具カフェ

「ステーショナリーカフェ コノヒ」外観 1056515

出典:Moppoさんの投稿

「stationary cafe konohi(ステーショナリーカフェ コノヒ)」は、文房具を販売している珍しいカフェなんです。個性的な文房具の数々は、ただ置いてあるだけで絵になります。そんな文房具をぼんやり眺めながら、ゆったりと過ごしてみませんか?

「ステーショナリーカフェ コノヒ」内観 1056454

出典:ライフパートナーズさんの投稿

最新の文房具とはまた違った、味のある文房具たちが店内に並んでいます。きっとあなたもビンテージ感漂う文房具の虜になりますよ。

「ステーショナリーカフェ コノヒ」内観 1056518

出典:ライフパートナーズさんの投稿

カフェスペースの雰囲気もとっても素敵です。

本格的な手作りパンが美味!

「ステーショナリーカフェ コノヒ」料理 1056520 ハーフセットとアイスコーヒー

出典:Moppoさんの投稿

おすすめメニューは「自家製パン」。本格的な味わいが楽しめ、季節のスープのお供にも最適なんです。

※2017年2月17日、一部写真を差し替えました。

ステーショナリーカフェ コノヒの詳細情報

ステーショナリーカフェ コノヒ

いこいの広場、細谷 / カフェ

住所
静岡県静岡県掛川市細谷535-1
営業時間
12:00~19:00
定休日
月曜日、火曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

6. 茶房ギャラリー すいか(浜松市)

まるでジブリの世界のようなカフェ

「すいか」外観 1056477

出典:pi potさんの投稿

「すいか」という店名からしてちょっと風変わりなこちらのお店は、浜松市にある雑貨カフェ。緑に包まれ、かわいらしく優しい雰囲気のお店に入れば、何だかジブリの世界に迷い込んでしまったかのような気分に。

「すいか」外観 1056478

出典:pi potさんの投稿

ディスプレイされている雑貨の一つ一つが可愛らしくて、ついつい写真に収めたくなる空間が広がっています。お店の外観で感じた感動がさらに高まっていきます。

心ときめく器や箸置き

「すいか」料理 1056481

出典:mi∽さんの投稿

お料理の美味しさもさることながら、お料理が盛り付けられた器や箸置きなどの雑貨にも目がいってしまいます。

謎の雑貨「マラカス坊や」

「すいか」その他 1056479

出典:mi∽さんの投稿

「マラカス坊や」は、すいかの人気商品の一つなんです。百貨店などでも販売されるほど!脱力感ある表情がどこか微笑ましくなってきますね。

昔ながらの固めのプリンが懐かしい美味しさ

「すいか」料理 1056480

出典:よつたさんの投稿

最近はとろとろのなめらかプリンが人気ですが、「すいか」で提供される手作りプリンは、昔懐かしい固めのプリンなんです。ぜひ食べてみてくださいね。

すいかの詳細情報

すいか

新浜松、第一通り、浜松 / 自然食、カフェ・喫茶(その他)

住所
静岡県浜松市中区東伊場1-29-23
営業時間
11:30~18:30
定休日
木曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

静岡にあるちょっと風変わりなカフェをご紹介いたしました。ここでは紹介できなかったカフェも多数あります。ぜひ足を運んで、カフェの独特な雰囲気を肌で感じてみてください。

関連キーワード

関連まとめ