夏はサッパリと!東京の塩ラーメンが美味しい人気店7選

夏はサッパリと!東京の塩ラーメンが美味しい人気店7選

いよいよ本格的な夏がやってきましたね。そんな時はやっぱり冷やし中華…なんて気分のときもありますが、ラーメン好きは暑くても寒くてもやっぱりラーメンが食べたくなるものです。中でも、夏らしくサッパリと食べたいのなら「塩」。醤油や味噌に隠れがちな存在ですが、ごまかしが効かない塩味だからこそ、ラーメン店のこだわりが現れます。今回は都内で人気の、塩ラーメンの名店をご紹介します。

2017年07月11日

1. 麺屋 翔(新宿)

「麺屋 翔」は、たくさんのラーメン店がしのぎを削る新宿において、その名を轟かせている有名店。塩ラーメンが看板メニューで、とにかくその透明度は一見の価値ありです。
「麺屋 翔」外観 1231074 外観

出典:ロデオ アンヌプリさんの投稿

新宿駅西口より歩いて9分、西武新宿駅からなら徒歩3分ほどの場所にあります。平日は仕事帰りに立ち寄る方も多いです。

「麺屋 翔」内観 1231075 [1回目]麺屋 翔

出典:職人!西島兵庫さんの投稿

店内はカウンターのみ12席。先に券売機でチケットを買うシステムです。

「麺屋 翔」料理 1231076 香彩鶏だし塩

出典:トムさんの投稿

こだわりの食材や出汁を使うほどスープは混濁してくるものですが、こちらのスープはとにかく澄んでいます。塩と呼びながらもベースは鶏の旨味中心で、クセのない香ばしさに箸がどんどん進みます。

「麺屋 翔」料理 1231077 麺

出典:うどんが主食さんの投稿

麺はのど越しの良い細麺。細いながらもコシがしっかりあって、奥深い透明スープによく絡まって美味しいです。

麺屋 翔 本店の詳細情報

5000麺屋 翔 本店

西武新宿、新宿西口、西新宿 / ラーメン

住所
東京都新宿区西新宿7-22-34
営業時間
*2019年9月16日/23日(月曜)は特別営業いたします。 11:00〜15:00 17:00〜21:00 【火曜〜金曜】 11:00〜15:00 18:00~22:00 【土・日】 11:00〜15:00 17:00~21:00 ※スープ切れ次第閉店
定休日
月曜(※臨時休業も稀にあり)  *2019年9月16日/23日(月曜)は特別営業いたします。
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

2. 銀笹(築地市場)

塩といえば、魚介出汁との相性も抜群。「銀笹」では、ベースとなる昆布・鰹節・煮干しで取ったスープに、さらに鶏がら・豚骨が加えられたコクのある一杯がいただけます。
「麺処 銀笹」外観 1231082

出典:U-yamaさんの投稿

お店は都営大江戸線の「築地市場駅」で下車して徒歩6分。新橋駅から歩いても徒歩8分ほどなので、職場が近い方はランチタイムにも狙えそうなお店です。

「麺処 銀笹」内観 1231084 内観

出典:dragonfly8810さんの投稿

女性でも入りやすい店内で、職場のメンバーで来てもテーブル席もあるので便利です。

「麺処 銀笹」料理 1231086 銀笹らーめん<塩> 850円 鯛飯 350円 2015.2.1x

出典:銀座の夜の物語さんの投稿

おすすめは塩ラーメンと鯛めしのオーダー。まずは塩ラーメンをそのままいただきましょう。塩ラーメンは醤油や味噌にも劣らない濃いインパクトが楽しめます。続いてはお好みで薬味を加えて楽しむのも推奨されています。

「麺処 銀笹」料理 1231087 鯛飯にらーめんのスープを掛けて ”おじや” に 2015.2.1x

出典:銀座の夜の物語さんの投稿

最後は鯛めしを堪能。ラーメンスープとごはんでおじや風にお楽しみいただけるんです。店主は鯛茶漬けで有名な「銀座あさみ」出身だとか。この発想は納得ですね。

麺処 銀笹の詳細情報

5000麺処 銀笹

築地市場、新橋、汐留 / ラーメン

住所
東京都中央区銀座8-15-2 藤ビル 1F
営業時間
11:30~15:00 17:30~22:00
定休日
日曜・祝日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

3. しおらーめん進化(町田)

続いては多摩エリアの名店もご紹介。都心からだと少し時間はかかりますが、それでも足を運ぶファンが多いのはそれだけ魅力ある塩ラーメンがいただけるからなのでしょう!
「町田汁場 しおらーめん 進化」外観 1231097 外観 この幟が目印になりました

出典:ラテラテはむさんの投稿

お店は町田駅が最寄り。ただそこから歩いて15~20分ほどかかるので、夏場はいさぎよくタクシーに乗るのもおすすめです。

「町田汁場 しおらーめん 進化」内観 1231099

出典:美味B級さんの投稿

店内はカウンター9席のみ。日曜日は夕方に閉店してしまうので週末訪問予定の方はご注意を。

「町田汁場 しおらーめん 進化」料理 1231100 '15.12塩らーめん

出典:ぽちのかいぬしさんの投稿

こちらが多くの塩ファンをうならせる至高の一杯。鶏出汁をメインに使っていますが、アゴだしも使われており味に深みを出しています。ダシのおいしさを感じられるのが「塩」ならではの魅力ですね。

町田汁場 しおらーめん進化 本店の詳細情報

1000町田汁場 しおらーめん進化 本店

町田、古淵 / ラーメン

住所
東京都町田市森野3-18-17 ウイング森野 1F
営業時間
【平日・土】 11:00~15:00 18:00〜21:00 【日・祝】 11:00~17:00 ※売り切れ次第終了
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

4. らあめん 元(蓮根)

続いては板橋区のお店から。「らあめん 元(はじめ)」は、女性にも評判のフォトジェニックなラーメンを出してくれるお店です。とても繊細な一杯がいただけるんですよ。
「らあめん 元」外観 1231103

出典:N氏さんの投稿

お店は都営三田線の蓮根駅から徒歩1分。外観もカフェを彷彿させるおしゃれさですね。

「らあめん 元」内観 1231105

出典:wingbutyukiさんの投稿

店内には有名人のサインもずらり。メディアや雑誌でも紹介される実力派のお店なのです。

「らあめん 元」料理 1231107 特塩らぁめん950円

出典:うどんが主食さんの投稿

注目すべきはこの透き通ったスープ。中央に縦に盛り付けられているのは穂先メンマです。スープを一口すすると鶏の旨味が口いっぱいに広がります。スープにはホタテ貝柱や岩塩も使われているのだとか。何とも美しい一杯です。

らあめん 元の詳細情報

5000らあめん 元

蓮根、西台、志村三丁目 / ラーメン、つけ麺

住所
東京都板橋区坂下2-16-11
営業時間
[火~金] 11:30~14:30(L.O14:20) 18:00~21:30(L.O21:20) [土・日・祝] 11:30~14:30(L.O14:20) 18:00〜20:30(L.O20:20)
定休日
月曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

5. 美志満(桜台)

「美志満」の塩ラーメンは、一言で表すと「上品」。しかしスープには驚くほどたくさんの出汁や煮汁が使われていました。そのバランスを保っての上品さ、すばらしいです。
「美志満」外観 1231118

出典:heavenjunさんの投稿

お店は西武池袋線の桜台駅で下車し、南口から歩いておよそ5分のところにあります。「みしま」と読みます。

「美志満」内観 1231120 店内はカウンター席

出典:nikemoritaさんの投稿

店内はカウンターのみ8席のこじんまりとしたお店。ピークタイムは列ができる日が多いので少しずらしての訪問がおすすめです。

「美志満」料理 1231121 塩らぁ麺750円

出典:やきとん大王さんの投稿

塩らぁ麺は豚骨のガラのみを使用し、香味野菜と日本酒をコトコト煮込んだスープとなっています。そこに3種類の塩だけでなく、ホタテ、イタヤ貝、昆布、干し椎茸を使った塩ダレと親鶏の脂のみを使ったコクのある油を入れて仕上げます。まさに秘伝の味なのです。素材を聞いただけでお腹がすいてきますね。

美志満の詳細情報

5000美志満

桜台、新桜台、江古田 / ラーメン、つけ麺

住所
東京都練馬区桜台1-2-9 モトビル桜台 1F
営業時間
11:30~14:00頃 18:00~22:00頃
定休日
火曜
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

6. 麺や金時(江古田)

続いても西武池袋沿線からのご紹介。この沿線は塩ラーメンの名店が多いエリアともいえそうです。「麺や金時」は実は汁なし担々麺でも有名なのですが、知る人ぞ知る塩ラーメンの隠れ名店でもあるのです。
「麺や金時」外観 1231124

出典:ゆうと(YUTO)さんの投稿

西武池袋の江古田駅が最寄り。歩いて8分ほどの住宅街にあります。

「麺や金時」内観 1231125 店内

出典:TOMASSOONさんの投稿

外観も内観も清潔感があってすっきりとした雰囲気。女性一人でも入りやすそうな印象です。

「麺や金時」料理 1231128 味玉塩らぁ麺¥820

出典:sakana_さんの投稿

こちらが噂の「塩らぁ麺」。丼の底が透けて見えてしまいそうなほどの透明感に驚きます。やや薄味ですが、だからこそ最後まで飽きずに鶏の風味をいただくことができるのです。ぜひ一度ご賞味あれ。

麺や金時の詳細情報

1000麺や金時

江古田、小竹向原、新桜台 / ラーメン、担々麺、汁なし担々麺

住所
東京都練馬区小竹町1-2-7
営業時間
(ランチ)11:00~14:00(L.O) ※14:00前にオーダーストップする場合がございます。 ※基本的に営業中は電話に出れませんのでご了承下さい。 (ディナー)17:30~20:00(L.O) ※平日は19時30分くらいで材料が終了する事が多いです。 ※土、日曜、祭日の夜の営業は19時くらいで材料が終了する事がございます。 営業中電話に出れませんのでご了承下さい
定休日
月曜日、第2火曜日、第4火曜日 『汁なし担担麺 昼40食夜15食土曜、日曜も販売しております。』
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

7. くじら食堂(東小金井)

最後は中央線沿線からご紹介。「くじら食堂」は新宿から30分ほどで行ける東小金井にあるお店で、こってり系でガツンとくる美味しさの塩ラーメンがいただけます。店主はラーメン好きなら知らない人はいない有名店「七彩」のご出身です。
「くじら食堂」外観 1231111

出典:ぶぅ♪さんの投稿

お店は東小金井駅の目の前、徒歩1分の近さです。平日は18時オープンの夜営業のみです。

「くじら食堂」内観 1231112

出典:ヨオさんの投稿

店内はL字型のカウンター。「食堂」と名付けたのはこだわりからで、お客さんとも気さくに話し、地元民からも愛されている名物店主が切り盛りしています。

「くじら食堂」料理 1231115 特製塩らー麺

出典:TOMASSOONさんの投稿

こちらが「特製塩ラーメン」。自家製の平打ち麺に、絶妙に炙られた香り高いチャーシューが絶品です!パンチの強い塩スープに平打ち麺がよく絡み、そこにボリュームあるチャーシューがアクセントとなっています。旨みたっぷりの一杯です。

くじら食堂

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

おわりに

塩ラーメンがおいしいオススメ店はいかがでしたか?夏はさっぱりといただける塩ラーメンの魅力に浸る時期。普段は醤油や味噌ばかりの方もぜひ食べてみてください。世界が変わるかもしれませんよ♪

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード