奈良・女子旅で訪れたい♡人気の甘味処7選

奈良・女子旅で訪れたい♡人気の甘味処7選

日本を代表する古都・奈良。せっかく訪れるならおやつの時間もいつもとちょっと違う雰囲気で過ごしてみませんか?奈良には可愛くて美味しい甘味処がたくさんあります。今回はその中から、厳選したおすすめをご紹介します。旅行や観光の休憩ポイントとしてもぴったりですよ。

2017年10月10日

奈良ってどんなところ?

奈良ってどんなところ?1366064

出典:CarpeDiemさんの投稿

奈良に遊びに行こう

奈良と言えば東大寺の大仏、平城京跡、法隆寺などなど世界的にも有名な観光スポットが盛りだくさん。京都にも負けない歴史的な建物がたくさんあって、一年を通して見所がたくさんの場所なんです。そんな奈良には美味しい甘味処がたくさんあるってご存知でしたか?今日はその中から、特にオススメのお店をご紹介します。観光や旅行の合間にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

1.萬御菓子誂處 樫舎(よろずおんかしあつらえどころ かしや)

シンプルな和菓子でほっこりしよう

「萬御菓子誂處 樫舎」 料理 56420970

出典:毎日外食グルメ豚さんさんの投稿

近鉄奈良駅から徒歩約10分、ならまちを抜けたあたりにある老舗の甘味処がこちらの萬御菓子誂處 樫舎(よろずおんかしあつらえどころ かしや)。古民家を利用した店舗は雰囲気たっぷり。ショーケースには芸術的な生菓子がいつも綺麗に並べられています。

おぜんざいもあります

「萬御菓子誂處 樫舎」 料理 62952993 樫舎のおぜんざい(数量限定) 1,000円

出典:∞ はっしん ∞さんの投稿

こちらのお店では特に餡子にこだわっています。舌触りが良くなるように丹波小豆の皮と実を手でこしわけ、1日以上かけてお菓子として使える状態にします。そうやって丁寧に作られたお菓子は、繊細な甘味とぬくもりがあります。季節ごとに提供されるお菓子も変わるので、いつ行っても新しい味を楽しめますよ。

二階のお座席は雰囲気最高です

「萬御菓子誂處 樫舎」 内観 36780237

出典:うい1107さんの投稿

2階にはお座席スペースもあって、古民家の落ち着いた雰囲気の中でゆっくりとお茶の時間を楽しむことができます。お店の近くには元興寺や猿沢池があり、観光の間にちょっと一息つくのにちょうど良い立地です。駅から徒歩で行ける距離なのも、嬉しいポイントですね。
萬御菓子誂處 樫舎の詳細情報

5000萬御菓子誂處 樫舎

近鉄奈良、京終 / 和菓子、甘味処、かき氷

住所
奈良県奈良市中院町22-3
営業時間
販売9:00~18:00 喫茶13:00〜16:00(予約不可)
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

2.吉野葛 佐久良

奈良と言えば吉野葛

「吉野葛 佐久良」 料理 50599369 くず餅抹茶付き

出典:プリンセスシンデレラさんの投稿

こちらも近鉄奈良駅から徒歩約10分、駅前の商店街を抜けたところにある町家カフェ、吉野葛 佐久良もオススメのお店なんです。こちらでは名前の通り、奈良名物吉野葛をしっかり堪能できるメニューがあり、とっても人気なんです。

葛ぜんざいもあります

「吉野葛 佐久良」 料理 23118345 葛ぜんざい 840円

出典:eb2002621さんの投稿

希少価値の高い吉野本葛を100%使って作られる葛きりや葛もちや、他で食べるものとは全く別物。葛は時間が経つと白く濁ってしまうそうですが、ここで食べられる葛は全て透き通っています。つまり、注文を受けてから手作りされている出来立てのものなのです。

中庭の眺めも素敵です

「吉野葛 佐久良」 内観 8021183

出典:まさまさまさまささんの投稿

葛きりや葛もちはもちろん、かき氷やぜんざいなど季節に合わせた食べ方で葛を楽しむことができます。店内には中庭が見える席もあり、普段のストレスを忘れてゆっくりとした時間を過ごすことができます。観光の合間はもちろん、ちょっと特別な時間を過ごしたい方にもオススメです。
吉野葛 佐久良の詳細情報

吉野葛 佐久良

近鉄奈良、京終、奈良 / 和菓子、甘味処

住所
奈良県奈良市高御門2
営業時間
10:00~17:00
定休日
木曜日(祝日の場合は営業)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

3.寧楽菓子司 中西与三郎

創業大正5年の老舗の味

「寧楽菓子司 中西与三郎」 料理 59056660

出典:きゃさりん49さんの投稿

近鉄奈良駅すぐのならまちにはまだまだオススメの甘味処があります。それがこちらの寧楽菓子司 中西与三郎。以前は御菓子司 なかにしの名前で知られていた老舗の和菓子屋さんです。創業はなんと大正5年。長く人々に愛される伝統あるお店なんです。

芸術的な和菓子

「寧楽菓子司 中西与三郎」 料理 35908507 南無観椿

出典:eb2002621さんの投稿

奈良時代に中国から伝来したお菓子が発展してできた歴史ある団子はもちろん、奈良茶を使ったものや芸術品のような和菓子など、よりどりみどり。特に奈良の伝統や地域で取れる材料にこだわったお菓子の数々は、ここでしか出会えないものばかりです。

味のある店構え

「寧楽菓子司 中西与三郎」 外観 55274216 外観

出典:名無しのくろさん☆さんの投稿

他の町家と同じように、イートインスペースからは綺麗に手入れされた中庭を眺めることができ、ほっこりとした気分になれます。テイクアウトのお菓子もたくさんあるので、お土産に色々と買って帰るのもオススメ。情緒あふれる老舗和菓子屋さんでほっと一息つきませんか?
寧楽菓子司 中西与三郎の詳細情報

寧楽菓子司 中西与三郎

近鉄奈良、奈良、京終 / 甘味処、和菓子、かき氷

住所
奈良県奈良市脇戸町23
営業時間
9:30~18:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

4.天平庵 東大寺店

自分でみたらし団子を焼いちゃおう

「天平庵 東大寺店」 料理 58366039

出典:mnmy577さんの投稿

近鉄奈良駅から徒歩約10分、奈良公園の少し手前にあるのがこちらの天平庵 東大寺店。お抹茶セットやぜんざいなどいわゆる甘味処で味わえるスイーツはもちろん楽しめますが、ここのイチオシはみたらし団子。なんと自分で焼けるんです。ちょっと生っぽいまま食べるもよし、しっかり焼いて香ばしい団子をみたらしのタレにつけて食べるもよし。こんな体験、なかなかできませんよ。

すっきりとした店内

「天平庵 東大寺店」 内観 35504718

出典:

一階はテイクアウト用のお菓子がずらりと並んでいますが、2階はイートインスペースになっています。和風のテイストをしっかり残しつつ、すっきりとした店内になっているので、「座敷はちょっと」という人でも安心して来店できます。

新しいけど伝統的な外観

「天平庵 東大寺店」 外観 35504707

出典:

東大寺前の夢風ひろばというエリアにお店があるので、東大寺で大仏を見て、奈良公園で鹿に鹿せんべいをあげて…としっかり遊んだあとにさくっと立ち寄れます。街の景観に溶け込むような和風の店構えで、「古都にやって来た」雰囲気をしっかり味わえるのも◎。
天平庵 東大寺店の詳細情報

天平庵 東大寺店

近鉄奈良、奈良、京終 / 和菓子、甘味処、カフェ

住所
奈良県奈良市春日野町16 ふれあい回廊「夢しるべ風しるべ」
営業時間
1階:10:00~19:00 2階:10:00〜18:30(L.O)18:00
定休日
東大寺門前「夢風ひろば」の定休日に準ずる
平均予算
  • ~¥999

データ提供

5.飛鳥彩瑠璃の丘 天極堂テラス

おしゃれな和スイーツを楽しもう

「飛鳥彩瑠璃の丘 天極堂テラス」 料理 44401196

出典:

続いてご紹介するのは、飛鳥エリアにある飛鳥彩瑠璃の丘 天極堂テラスです。創業なんと1870年の、吉野本葛の老舗専門店です。ガラス越しに葛きりや葛もちが作られる様子を見られるのも特長の一つ。目の前で作られた出来立て葛スイーツを楽しむことができますよ。

パフェもありますよ

「飛鳥彩瑠璃の丘 天極堂テラス」 料理 44401193

出典:

お食事メニューもありますが、スイーツも葛ブリュレや葛入りパフェなど、いわゆる和菓子ではないものも充実。吉野本葛の専門店なだけあって、作りたてでもっちもちの葛を心ゆくまで堪能できます。シーズンごとの限定メニューもあるので、色んなスイーツをいつでも楽しめます。

窓から見える緑が最高

「飛鳥彩瑠璃の丘 天極堂テラス」 内観 55948089 眺めも美しい2階カフェスペース

出典:オーノリーさんの投稿

2階のイートインスペースには大きな窓があり、そこから美しい緑を眺めることができます。石舞台古墳や飛鳥エリアの古墳や資料館を周ったあとに、ゆっくりとスイーツタイムを楽しめる、オススメのお店です。
飛鳥彩瑠璃の丘 天極堂テラスの詳細情報

飛鳥彩瑠璃の丘 天極堂テラス

岡寺、橿原神宮前、香久山 / カフェ、甘味処、レストラン(その他)

住所
奈良県桜井市山田692
営業時間
10:00〜18:00(LO.17:00)
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

6.みやけ(旧鴻池邸表屋)

季節限定のパフェが見逃せない

「みやけ (旧鴻池邸表屋)」 料理 37584690 春限定ミニパフェセット (710円) '15 3月中旬

出典:デセールさんの投稿

大阪にあった鴻池善右衛門家の本邸が撤去されるとなった時、歴史的な建物であることを理由に三宅製餡株式会社の二代目社長、三宅一真が奈良の私有地に移転させたのがこちらのお店。当初は資料館として使われていましたが、現在は和菓子屋・和カフェとして親しまれています。

かき氷も有名

「みやけ (旧鴻池邸表屋)」 料理 72089800

出典:ちゃん丸さんさんの投稿

メニューは最高級の宇治抹茶を使ったパフェや、その日使う分だけ作られる白玉を使ったぜんざいなど、こだわり抜いたものばかり。夏限定のかき氷もボリュームたっぷりで、これを目当てに来店する人も多いのだとか。

情緒あふれる店内

「みやけ (旧鴻池邸表屋)」 内観 73645633 店内

出典:ガレットブルトンヌさんの投稿

お店の中心には青々とした竹林があり、水墨画のような景色を眺めながら和スイーツを味わうことができます。座席は全てお座敷なので、昔ながらの日本文化の良さを五感全てで感じることができます。店内は広々としているので、ゆっくりと時間を過ごすことができますよ。
みやけ 旧鴻池邸表屋の詳細情報

5000みやけ 旧鴻池邸表屋

富雄 / 和菓子、甘味処、かき氷

住所
奈良県奈良市鳥見町1-5-1
営業時間
[3月〜11月] 10:00~18:00(L.O.17:00) [12月〜2月] 10:00〜17:30(L.O.17:00)
定休日
日曜
平均予算
  • ~¥999

データ提供

7.モリカ

古代米を使った白玉もち

「モリカ」 料理 39469818 古代米の白玉もち 720円

出典:

その昔、郡山城の城下町として栄えた大和郡山市。そこに昔ながらの食材を使ったスイーツを食べさせてくれるお店があるんです。それがこちらのモリカ。元々は創業三百年ほどの米穀店。そのため古代米や五穀を使ったスイーツが豊富です。

古代米と五穀のおはぎ

「モリカ」 料理 1593252 古代米と五穀のおはぎ 350円

出典:

基本的に奈良県産の食材を使っていて、お菓子はもちろん、お茶も奈良のお茶大和茶を出してくれます。甘さ控えめで体に優しいスイーツの数々は体に沁みて、ほっとさせてくれます。米穀店がベースにはなっていますが、夏にはかき氷も提供していて、これもボリューム満点でとっても人気なんです。

店前の緑が素敵

「モリカ」 外観 39473226 和カフェモリカ・モリカ米店の外観

出典:

シックな店構えで米穀店と一緒になっているので、一見カフェと気付きにくいですが、「和カフェ モリカ」の看板もかかっていますし、一度店内に入ってしまえば大丈夫。スイーツに使われている食材は併設の米穀店スペースで買うこともできますよ。
モリカの詳細情報

モリカ

近鉄郡山、郡山 / カフェ、甘味処、かき氷

住所
奈良県大和郡山市柳3-1
営業時間
[月~金] 9:30~18:00(LO 17:30)
定休日
土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休み
平均予算
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

奈良でオススメの甘味処をまとめてご紹介しましたが、いかがでしたか?どこもこだわりがあって美味しそうですね。観光地に近いところも、ちょっと郊外にあるお店も、それぞれの特長があってそこでしか食べられないスイーツがあります。奈良に行く時はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

奈良県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード