【福島】どこか懐かしい気持ちに。カップルで行く会津おすすめスポット9選

【福島】どこか懐かしい気持ちに。カップルで行く会津おすすめスポット9選

仕事で忙しく、暑い日々が続くと、疲れがなかなか取れないですよね。せっかく彼とデートしても、暑さと人混みで笑顔も出せなくなる…。それなら、人混みを避けて、自然に包まれた場所でのんびり彼と過ごしてみませんか。ちょっと遅い夏休み、お疲れぎみのカップルにおすすめなのが、東京から約2時間半で行ける、福島・会津へのおでかけ。武家の歴史や文化が残り、懐かしい日本の原風景にも出会えますよ。仕事や人混みから解放される、ふたりきりの貴重な時間を満喫してください。

2020年09月13日

遅い夏休みは大好きな人とふたり、のんびり過ごしたい

麦畑とカップル ポートレート

仕事で忙しい毎日に加え、とけるような暑さや都会の人の多さにぐったりしていませんか。久しぶりの彼とのデートも、疲れからか笑顏が少なくなってしまったり、小さな喧嘩に後悔したり。そんなときには人混みをさけて、自然に包まれた場所でのんびり過ごしたいですよね。ちょっと遅い夏休み、お疲れぎみのカップルにおすすめなのが、福島・会津へのおでかけ。彼とふたりきりで、心豊かになれるひとときが過ごせます。

歴史を感じ、原風景に出会える会津へ

歴史を感じ、原風景に出会える会津へ2269616

出典:ハシさんの投稿

歴史を感じるスポットをはじめ、どこか懐かしい風景、雄大な自然にも出会える会津。東京からたった2時間半ほどで行ける別世界です。都会にはないゆったり流れる時間が疲れた心を癒やしてくれて、ふたりの距離もぐっと縮まりますよ。今回は、ぜひ訪れてほしい会津のスポットやお店をご紹介します!

戦国時代へ、幕末へ。会津の歴史にふれる旅

1.めぐる歴史を眺めてきた会津若松の象徴「鶴ヶ城」

1.めぐる歴史を眺めてきた会津若松の象徴「鶴ヶ城」2265140

出典:くろふねさんの投稿

会津若松のシンボルともいえる「鶴ヶ城」は、室町時代の造営。江戸時代の大地震で被害を受けた後に改修され、幕末の戊辰戦争では新政府軍の猛攻に耐えて「難攻不落の名城」と称されたお城です。再建されて美しく生まれ変わった赤瓦の天守閣。そして、地震や戦禍に耐えてきた美しい石垣。その歴史に思いを馳せ、ふたりでゆっくりと巡ってみたいスポットです。

1.めぐる歴史を眺めてきた会津若松の象徴「鶴ヶ城」2266432

出典:

外から眺める「鶴ヶ城」も素敵ですが、天守閣からの眺めも見逃せません。磐梯山や白虎隊士たちが自刃したという飯盛山など、360°の大パノラマが広がります。その景観を楽しみながら心地いい風に吹かれるうち、心身ともにリフレッシュ。ふたりとも自然と笑顏になれますよ。

1.めぐる歴史を眺めてきた会津若松の象徴「鶴ヶ城」2266423

出典:ぽとすさんの投稿

「鶴ヶ城」のある「鶴ヶ城公園」内には、千利休の子・少庵が建てたと言われる「茶室麟閣(りんかく)」があります。お城周辺の散策を楽しんだ後の休憩にはぴったり。細かい作法は気にせず、カジュアルな気分で抹茶と和菓子が味わえます。暑い日は、冷たい抹茶もおすすめ。

鶴ヶ城(若松城)の詳細情報

鶴ヶ城(若松城)

住所
福島県会津若松市追手町1-1
アクセス
会津若松駅からバスで10分
営業時間
8:30〜17:00 入城は16:30まで
料金
大人 410円 高校生以上410円/団体(30名以上) 360円 子供 150円 小中学生150円/団体(30名以上) 135円 520円 麟閣共通入場券

データ提供

茶室麟閣の詳細情報

茶室麟閣

西若松、七日町 / 日本茶専門店

住所
福島県会津若松市追手町1-1
営業時間
8:30~17:00(L.O.16:30)
定休日
7月第1月曜から4日間、12月第1火曜から3日間
平均予算
  • ~¥999

データ提供

2.迷宮に迷いこんだ気分になれる「さざえ堂」

重要文化財 さざえ堂

飯盛山にある「さざえ堂」は国の重要文化財で、建立されたのは200年以上も前。六角三層のお堂で、正式名称は「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」といいます。飯盛山といえば、戊辰戦争で官軍と戦った「白虎隊」の19名が最期を遂げた地。若き少年隊士たちに思いを馳せ、歴史とロマンにひたることができるスポットです。

さざえ堂

「さざえ堂」の特徴は、階段がないこと。上りと下りを別々にした二重らせん構造で、ぐるぐると回って上まで到着し、そのまま上りとは別のルートを下っていくという世界的にも珍しい構造です。スロープに沿って「西国三十三観音像」が安置され、かつてはこのお堂を参るだけで「三十三観音参り」ができるとも言われていたそうです。絶対に人とすれ違うことがない、迷宮に迷い込んだような不思議な感覚。ぜひ、ふたりで体験してみてください。

栄螺堂の頂上太鼓橋(縦)

びっしりと千社札が貼られた天井も、「さざえ堂」の見どころのひとつ。この下が「さざえ堂」の最上部で、足元には太鼓橋があり、ここで上りと下りが切り替わります。千社札は参拝した記念に訪れた人が貼るお札で、いわばマーキングのようなもの。たくさんの人の足跡にふれ、一つひとつのデザインに注目してみるのも楽しいかもしれません。

さざえ堂の詳細情報

さざえ堂

住所
福島県会津若松市一箕町八幡弁天下
アクセス
会津若松駅から徒歩で15分
営業時間
[春夏秋] 8:15〜日没まで [冬] 9:00〜日没まで
定休日
無休
料金
大人 400円 大学生 300円 高校生 300円 中学生 200円 小学生 200円

データ提供

3.一瞬で、幕末時代へタイムスリップ「会津武家屋敷」

3.一瞬で、幕末時代へタイムスリップ「会津武家屋敷」2267427

出典:

「会津武家屋敷」は広大な敷地の中に、家老屋敷や資料館、歴史館、美術館、茶室、手作り体験館などが並ぶ、見ごたえたっぷりの「歴史テーマパーク」です。入り口に向かう長い階段が、幕末の時代に続くタイムトンネル。観光だけでなく、レストランでのお食事やお買い物も楽しめますよ。

3.一瞬で、幕末時代へタイムスリップ「会津武家屋敷」2267436

出典:

こちらは「会津武家屋敷」のメイン、「会津藩家老西郷頼母(たのも)邸」。敷地面積2,400坪、建築面積280坪の立派なお屋敷で、部屋数は38、畳の数は328枚というから驚きです。各部屋には様々な調度品が置かれ、当時の生活を再現。ゆったりのんびりと、会津の歴史や文化にふれるひとときを。

3.一瞬で、幕末時代へタイムスリップ「会津武家屋敷」2268186

出典:

敷地内には、会津・福島の歴史の中で磨かれてきた工芸品や銘菓、農産物などが購入できるショップ「郷工房 古今(ここん)」があります。見て回るだけでも楽しいですし、家族や友達へのお土産を買ったり、旅の記念に彼とお揃いの小物を買ったりするのもいいですね。

会津武家屋敷の詳細情報

会津武家屋敷

住所
福島県会津若松市東山町石山字院内1
アクセス
会津若松駅からバスで15分
営業時間
[春夏秋] [4月〜11月] 8:30〜17:00 [冬] [12月〜3月] 9:00〜16:30
定休日
年中無休
料金
大人 850円 高校生 550円 中学生 550円 小学生 450円

データ提供

南会津の懐かしい原風景と自然美を楽しむ

4.江戸時代の宿場町を散策。茅葺き屋根が並ぶ「大内宿」

4.江戸時代の宿場町を散策。茅葺き屋根が並ぶ「大内宿」2266538

出典:A-KEIGOさんの投稿

南会津地方の人里離れた山あいに、30軒以上の茅葺き屋根の民家が並ぶ「大内宿」。江戸時代に会津若松市と日光今市を結ぶ宿場町として栄えたエリアです。当時の面影をそのまま残す国選定重要伝統的建造物郡保存地区で、いつの間にか江戸時代に迷い込んだような感覚に。懐かしい風景が、仕事で疲れた心を癒やしてくれるよう。彼と手をつないで、ゆっくり散策してみては?

4.江戸時代の宿場町を散策。茅葺き屋根が並ぶ「大内宿」2266549

出典:ち太郎さんの投稿

茅葺き屋根の民家は、500メートルほどの広々とした一本道の両側に並んでおり、道の両側には水路があります。そこに流れるのは、山から湧き出た美しい水。水路の水で飲み物や野菜を冷やす、昔懐かしい風景にも出会うことができます。キンキンに冷えた飲み物でクールダウンしながら、残り少ない夏を満喫!

4.江戸時代の宿場町を散策。茅葺き屋根が並ぶ「大内宿」2266553

出典:

長く続く通りの真ん中あたりには、「町並み展示館」があります。ここでは江戸時代に使用されていた生活用具や茅葺きについての資料が展示されているほか、本物の囲炉裏の周りでくつろぐことも。ふたりで囲炉裏端に並んで写真を撮るのも、素敵な思い出になりますね。

大内宿の詳細情報

大内宿

住所
福島県南会津郡下郷町大字大内
アクセス
湯野上温泉駅から車で15分

データ提供

大内宿町並み展示館の詳細情報

大内宿町並み展示館

住所
福島県南会津郡下郷町大内字山本8
アクセス
湯野上温泉駅から車で15分
営業時間
9:00〜16:30
定休日
[1月1日〜1月3日]
料金
大人 250円 大人団体:200円 ※団体は30人以上をいう 中学生 150円 中学生団体:100円 ※団体は30人以上をいう 小学生 150円 小学生団体:100円 ※団体は30人以上をいう

データ提供

5.自然が生んだ絶景とスリルを満喫「塔のへつり」

塔のへつり

100万年という歳月をかけ、侵食と風化を繰り返してつくり出されたという景勝地「塔のへつり」。「へつり」というのは、切り立った崖のこと。そびえ立つ奇岩が、まるで塔のように見えることから「塔のへつり」と呼ばれるようになったそうです。断崖までは吊り橋がかけられ、その一部が見学できるようになっています。自然が生み出した景観に、感動が押し寄せてきますよ。

5.自然が生んだ絶景とスリルを満喫「塔のへつり」2266580

出典:aizuさんの投稿

奇岩がえぐれてできた岩穴には「虚空像菩薩」が祀られたお堂があり、知恵や福徳をもたらすパワースポットとされています。ここにお参りするには、長い吊り橋を渡らなければなりません。渡りはじめたとたん、ミシミシと音が鳴ったり、大きく上下に揺れたりと、スリル満点。文字通りの「吊り橋効果」で、彼のことがもっと好きになるかも!

塔のへつり

吊り橋を渡ってお堂の菩薩様に手を合わせたら、奇岩の下を歩いてみましょう。整備された道ではなく、岩の上を歩くような感じなので、足元は歩きやすいスニーカーがおすすめです。奇岩の下から眺める風景は美しく、一見の価値あり。夏の新緑の季節はもちろん、秋の紅葉シーズンも人気のスポットです。

塔のへつりの詳細情報

塔のへつり

住所
福島県南会津郡下郷町弥五島字下タ林
アクセス
塔のへつり駅から徒歩で5分

データ提供

6.全国でも珍しい、茅葺き屋根の駅舎「湯野上温泉駅」

6.全国でも珍しい、茅葺き屋根の駅舎「湯野上温泉駅」2266718

出典:ちびださんの投稿

日本でも珍しい、茅葺き屋根の駅舎がある「湯野上温泉駅」。この駅を利用しない観光客も、わざわざ訪問するような人気スポットのひとつです。待合室にある囲炉裏は、現役で活躍中。囲炉裏は暖をとったりお湯をわかしたりするだけでなく、茅葺き屋根に集まる虫たちを煙で追い払うという役割もあるんですよ。駅とは思えない、民家のような風情に郷愁が感じられます。

6.全国でも珍しい、茅葺き屋根の駅舎「湯野上温泉駅」2266730

出典:さるすべりさんの投稿

ホームに入ってくる電車も、レトロな雰囲気が郷愁を誘います。駅の周囲は自然が豊かで、夏は濃い新緑に包まれ、心がホッと一息つけます。春は桜が満開で、夜はライトアップされるので夜桜も。秋は紅葉が美しく、四季おりおりの味わいがある場所です。ここからふたりで電車に揺られて、車窓の景色を楽しんでみるのもいいですね。

6.全国でも珍しい、茅葺き屋根の駅舎「湯野上温泉駅」2266722

出典:

駅舎の隣には「親子地蔵の湯」があり、無料で足湯が楽しめます。お湯に足を浸しながら、ホームに入ってくる電車を眺めるひととき。時間がゆったり流れていき、心身ともに癒やされます。ここに立ち寄るなら、タオルのご用意もお忘れなく!

湯野上温泉観光協会 (湯野上温泉駅)の詳細情報

湯野上温泉観光協会 (湯野上温泉駅)

住所
福島県南会津郡下郷町大字湯野上湯野上温泉駅構内

データ提供

郷土料理にファストフード。会津のうまいものを堪能!

7.会津の味覚が詰まったわっぱめし「田季野」

「田季野」 内観 122918147

出典:大阪らんちうさんの投稿

会津若松市内、鶴ヶ城からもほど近い場所にあり、会津の郷土料理「わっぱめし」のお店として有名な「田季野」。その建物は、250年前の陣屋を移築したもので、参勤交代の休み宿として使用されていたそうです。暖簾をくぐれば、歴史が感じられる空間。そして、蒸したての「わっぱめし」の香りが広がります。

「田季野」 料理 130589513

出典:toobullさんの投稿

「わっぱめし」は、ひのきを曲げてつくられた器「わっぱ」に、会津米と様々な食材を入れて蒸し上げた郷土料理。きのこや山菜、鮭、カニ、イクラなど、四季折々の会津の味覚がぎゅっとこのひとつに詰まっています。どれを選ぶか迷ったら、彼と違うメニューを選んでシェアするのも楽しいですね。

田季野の詳細情報

田季野

七日町、会津若松、西若松 / 郷土料理(その他)、割烹・小料理

住所
福島県会津若松市栄町5-31
営業時間
11:00~22:00(L.O.20:00)
定休日
無休
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

8.長ねぎをお箸代わりに食べる高遠そば「三澤屋」

「三澤屋」 内観 135031237

出典:y_recさんの投稿

「大内宿」を訪れたら、必ず立ち寄りたいのが「三澤屋」です。茅葺き屋根の風情あふれるこのお店で食べられるのは、名物の「高遠そば(ねぎそば)」。会津のお殿様を唸らせたという逸話もあるそうです。店内には囲炉裏があり、ゆったりとくつろげるつくり。田舎のおばあちゃんの家に遊びにきたような気持ちになれそうです。

「三澤屋」 料理 135031223

出典:y_recさんの投稿

こちらが「三澤屋」の「高遠そば」。どーんと1本、長ねぎが添えられていて、インパクト抜群です。この長ねぎを箸がわりにして食べるのが、「高遠そば」の醍醐味。そばは地元、南会津のそば粉で、大根おろしやかつおぶしと一緒にいただきます。大根おろしとねぎの辛味、ダシの旨味が特徴で、さっぱりした味わい。「箸さばき」ならぬ、「ねぎさばき」が問われる郷土料理に、旅先ならではの楽しい体験ができますよ。

三澤屋の詳細情報

三澤屋

下郷町その他 / そば、郷土料理(その他)、天ぷら

住所
福島県南会津郡下郷町大字大内字山本26-1
営業時間
10:00~17:00 (L.O 16:00)
定休日
1月4日~1月7日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

9.おいしさも迫力も満点の会津バーガー「ラッキースマイル」

「ラッキー スマイル」 内観 23332610

出典:

いつものデート感覚でカジュアルに。だけど、会津でしか食べられない味を楽しみたいなら、ここ「ラッキースマイル」がおすすめ。JR七日町駅近くにあり、ポップなアメリカンスタイルで、外国人観光客にも人気のお店です。店内にはクラシックなサッカーゲームやオセロ、パズルなど様々なゲームが置かれているので、ハンバーガーのできあがりを待つ間、ふたりで対戦してみては?

「ラッキー スマイル」 料理 123192360

出典:ちゃぽすけさんの投稿

手作りのバンズとパティ、地元産の野菜もたっぷり味わえるオリジナルの「会津バーガー」は、予想を超える大迫力!会津塗りのお盆とハンバーガーというミスマッチ感も新鮮です。「鶴ヶ城バーガー」や「磐梯山バーガー」「さざえ堂バーガー」など、会津の観光スポットにちなんだネーミングもユニーク。食べる前に、必ず写真におさめたいインスタ映えグルメです。

ラッキー スマイルの詳細情報

ラッキー スマイル

七日町 / ハンバーガー、カフェ、バー

住所
福島県会津若松市七日町3-45
営業時間
月曜日~金曜日 11:00~20:00 (L.O.19:30) 土曜日 11:00~21:00 (L.O.20:30) 日曜日 11:00~19:00 (L.O.18:30)
定休日
月曜日 ※月曜が祝祭日の場合は営業、翌日休み
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

もっと会津を楽しみたいなら、こちらもチェック!

まだまだ語り尽くせない、会津の魅力。彼と一緒に泊まりたいホテル、訪ねたいスポット、食べに行きたいお店、買って帰りたいお土産などを、icottoの記事からピックアップしました。

泊まりたいホテル

訪ねたいスポット

食べに行きたいお店

買って帰りたいお土産

都会を抜け出して、会津で歴史と郷愁に浸る休日を

都会を抜け出して、会津で歴史と郷愁に浸る休日を2269671

出典:ma2oaさんの投稿

夏の終わりに、カップルでのんびり旅するにはぴったりの会津。歴史も、自然も、グルメも満喫できる欲張りエリアです。仕事から開放され、人混みから遠く離れて、心身ともにリラックスできるひととき。懐かしさに浸る素敵な休日がふたりを待っていますよ。さあ、訪れたい場所がみつかれば、さっそく彼と一緒にプランを練ってみてくださいね!

福島県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先