2022年02月12日

【和歌山市】スイーツ好きの彼と訪れたい♪おすすめのおしゃれカフェ7選

【和歌山市】スイーツ好きの彼と訪れたい♪おすすめのおしゃれカフェ7選

最近は「スイーツ男子」という言葉が出てくるほど、男子にも人気のスイーツ。彼がスイーツ男子なら、旅先でも一緒に美味しいスイーツを楽しみたいですよね♪温暖な気候で海と山がある和歌山県和歌山市には、現地でわざわざ食べたい「有田みかん」や桃などフルーツの宝庫!また「和歌山マリーナシティー」や「ポルトヨーロッパ」などカップルで行きたいおしゃれスポットもたくさんあります。今回はスイーツ好きカップルなら外せない和歌山市内のおしゃれカフェをご紹介。観光に疲れたら甘いものを食べて元気をチャージしましょ♪

中世のヨーロッパにタイムスリップ⁉非日常感が味わえる和歌山市

和歌山マリーナシティ (8月 ポルトヨーロッパ)

和歌山県の北部にある「和歌山市」。中世の港町を再現したテーマパーク「ポルトヨーロッパ」や、天守閣が美しい「和歌山城」など、彼と訪れたいスポットがいっぱいの街です。

フルーツ王国・和歌山だからこそ味わえるスイーツを堪能しよ♡

「藤桃庵」 料理 154567057

出典:sa-кцяаさんの投稿

また、温暖な気候なので、みかんや桃などフルーツの生産地としても有名です。街中には新鮮な果物を使ったスイーツがいただけるカフェもたくさんあるんですよ。今回は和歌山に観光に訪れたカップル向けに、和歌山市内にあるおしゃれカフェをご紹介します。観光に疲れたら甘いものを食べて元気をチャージしましょ♪

1.VENTOTTO

お花で彩られたデザートプレートが可愛すぎる♡

「ヴェントット」 内観 156512860

出典:mas2h&さんの投稿

南海電鉄「和歌山市駅」から車で約5分の「VENTOTTO(ヴェントット)」。旬の高級フルーツを贅沢に使用したタルトやパフェを食べられる果物屋直営のフルーツパーラーです。人気のお店なので、事前予約して訪れてくださいね。川沿いに建っているため、窓から見える開放的な風景も楽しめます。

「ヴェントット」 料理 156512854

出典:mas2h&さんの投稿

お店の1番人気メニューは「季節のデザートプレート」。スイーツにはお花が飾られていて、食べるのがもったいないくらいの可愛さです。この可愛さと美味しさに思わずスイーツ好きの彼も喜ぶはず♪

「ヴェントット」 料理 160537209

出典:NaTsuMiさんの投稿

まるでアートのようなタルト。見た目にも華やかでテンションが上がってしまいそう!ケーキの周りにはジューシーなフルーツがたくさん散りばめられていて、SNS映えもバッチリ!こんな可愛いスイーツに出会えるのも、旅行の醍醐味ですよね。

ヴェントットの詳細情報

ヴェントット

和歌山市 / カフェ、パン・サンドイッチ(その他)、ケーキ

住所
和歌山県和歌山市十二番丁9 リヴァージュ十二番丁ビル 1F
営業時間
11:00~18:00(L.O.17:00)
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

2.PKiA cafe

まるで宝石箱みたい♡新鮮なフルーツがたっぷり乗ったタルトに心が躍る

「PKiA cafe」 内観 154906813

出典:NachiGさんの投稿

こちらはダイワロイネットホテル1階にある「PKiA cafe(プキア カフェ)」。人気のタルト屋さんが営む、土日限定のカフェです。和歌山城のすぐそばにあるので観光後に立ち寄るのもいいですね。店内は木の温もりにあふれたナチュラルな雰囲気。リラックスして過ごせますよ。

「PKiA cafe」 料理 154906806

出典:NachiGさんの投稿

カフェの人気メニューは、タルトとアイス、焼き菓子が乗った「タルトプレート」。タルトはなんと10種類から選べるんだとか!色鮮やかでまるで宝石の詰め合わせみたい♡ケーキだけでなくアイスや焼き菓子まで楽しめるので、いろんな種類を食べたいという方におすすめです。

「PKiA cafe」 料理 159379350

出典:cimi2019さんの投稿

ランチは済ませちゃったけど、食後のデザートがほしいな、という時には「ミニケーキセット」はいかが?ミニサイズのスイーツが3種類のっていて、お腹いっぱいでもちょうどいい量ですよ。1種類じゃなくて3種類も味を楽しめるのがうれしいですよね。

PKiA cafeの詳細情報

PKiA cafe

和歌山市 / カフェ、ケーキ

住所
和歌山県和歌山市七番丁26-1 ダイワロイネットホテル和歌山 1F CASTLE PERK
営業時間
[土・日] 11:00~18:00
定休日
月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

3.パンケーキ ラボ 和

注文してから焼き上げる♪出来立てふわふわのパンケーキを味わおう

「パンケーキ ラボ  和」 内観 124030248

出典:k_anapecoさんの投稿

JR「田井ノ瀬(たいのせ)駅」から車で約5分の「パンケーキ ラボ 和」は、パンケーキ専門の古民家カフェ。水を使わず、牛乳と卵で焼き上げた、しっとりふわふわのパンケーキが味わえます。甘いデザートパンケーキのほか、食事系のパンケーキもあるのでこちらで食事とスイーツの両方がいただけますよ。庭園を眺めながら彼と美味しいパンケーキを食べれば、旅のステキな思い出になりますね。

「パンケーキ ラボ  和」 料理 124030243

出典:k_anapecoさんの投稿

モーニングプレートや、持ち帰りメニューも充実しています。こちらは注文を受けてから焼き上げるふわふわのパンケーキに、トマトの入ったオムレツ・ハッシュドポテト・ピクルス・サラダ・ヨーグルトが付いたモーニングプレートです。恋人とモーニングを食べて元気をチャージすれば、その後の観光も思いっきり楽しめそうですね。

「パンケーキ ラボ  和」 料理 143419238

出典:プジョル04さんの投稿

焼いたパンケーキを、牛乳と卵に浸して再度焼き上げたフレンチパンケーキも絶品ですよ。中でも、カスタードがたっぷり乗った「カスタードフレンチパンケーキ」は、口に入れた瞬間に卵の濃厚な甘みが口に広がる贅沢な逸品です。

パンケーキ ラボ  和の詳細情報

パンケーキ ラボ  和

田井ノ瀬、六十谷 / カフェ、パンケーキ

住所
和歌山県和歌山市出島125
営業時間
11:00〜
定休日
月曜日・第2第4日曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

4.BRING BOOK STORE

和歌山城が見えるテラス席で、自家製スイーツと読書を楽しもう

「BRING BOOK STORE」 内観 80137991

出典:kurodaさんの投稿

JR「和歌山市駅」から車で約5分の「BRING BOOK STORE(ブリング ブック ストア)」は、県立美術館の2階にあるブックカフェ。テラス席もあり和歌山城を眺めながら食事をとることも可能です。店内にはたくさんの本が並べてあるので、食事を待つ間に彼とゆっくり読書も楽しめますよ。

「BRING BOOK STORE」 料理 50522327

出典:Hiroki1984さんの投稿

ランチにおすすめなのは「キーマ」や「海老のビスク」など3種類の味があるカレー。さらりとしたカレールーですがコクがあって美味しいんです♡食べる手が止まらなくなくなっちゃうかも。

「BRING BOOK STORE」 料理 80138003

出典:kurodaさんの投稿

観光で疲れてホッと一息つきたい。そんな時は甘いものを食べながらゆっくり本を読むのはいかがでしょうか。おすすめは旬のフルーツがたくさん乗った自家製「季節のタルト」。手作りの美味しいスイーツを食べて元気をチャージしましょ♪

BRING BOOK STOREの詳細情報

BRING BOOK STORE

和歌山市、和歌山、田中口 / カフェ、カレー(その他)

住所
和歌山県和歌山市吹上1-4-14 和歌山県立近代美術館 2F
営業時間
11:00~17:00(L.O.16:30) ※夏期(6月~9月)は夜営業(ビアガーデン)あり
定休日
月曜日(祝日の場合翌日)美術館に準ずる
平均予算
  • ~¥999

データ提供

5.balder coffee

珈琲とお花の香りに癒やされる♡曜日ごとに変わる人気ベーカリーの味を堪能

「balder coffee」 内観 156066818

出典:G-FUNさんの投稿

JR「和歌山駅」から車で約10分の「balder coffee(バルダー コーヒー)」は、お花屋さんが併設されているコーヒーカフェ。カフェではベーカリーの本格パンを提供していて、木・日・祝日は「メゾン フルリール」、それ以外の日は「ベーカリーチックタック」のパンを食べることができます。店内のいたるところに植物が飾られていて、心安らぐ空間になっています。

「balder coffee」 ドリンク 154048840 ドリップコーヒーのオリジナルブレンドHOT 税込400円

出典:EITIさんの投稿

パンのお供にはバリスタが丁寧に淹れてくれるドリップコーヒーがおすすめ。2種類の豆をブレンドした「オリジナルブレンドHOT」は、苦味と酸味が控えめでバランスが良いのでとっても飲みやすいんです。甘いパンとの相性も抜群で、ホッとしたひとときを過ごせますよ♪

「balder coffee」 料理 156066811

出典:G-FUNさんの投稿

コーヒーのお供には甘くて美味しいパンはいかが。人気の「あんバター」は、ハード系の生地に柔らかいあんバターが挟まれており、あんの甘みと生地の旨味のバランスが絶妙です。他にも甘いパンはたくさんあるので、気になるパンを彼と食べ比べても楽しそう。

balder coffeeの詳細情報

balder coffee

和歌山 / カフェ

住所
和歌山県和歌山市坊主町13
平均予算
  • ~¥999

データ提供

6.ジェラテリア&カフェ con panna

フレーバーは常時10種類以上!彼といろんな味を食べ比べてみて

「ジェラテリア&カフェ con panna 」 料理 161211134

出典:にしざぁさんの投稿

JR「田井ノ瀬駅」から車で約10分の「ジェラテリア&カフェ con panna(コンパンナ)」。ほうじ茶や塩バニラなど、常時10種類以上のフレーバーが味わえるジェラート専門店です。お店の外の看板もおしゃれなので、看板を背景にカップルでアイスとともに写真を撮るのもステキですよ。

「ジェラテリア&カフェ con panna 」 ドリンク 153371725

出典:NaTsuMiさんの投稿

甘くて冷たいアイスのお供には、ホットコーヒーがぴったり。カフェでは本格的なスペシャリティーコーヒーを楽しめます。22時頃まで営業しているので、夜に甘いものが食べたくなったらテイクアウトもできますよ。

「ジェラテリア&カフェ con panna 」 料理 156820282 美味しいジェラートでした

出典:とんとん617さんの投稿

お腹の空き具合に合わせてシングルからトリプルまで選べる「ジェラート」。特に人気のフレーバーは、なめらかで濃厚な「ピスタチオ」と「フランボワーズ」です。いろいろな味があるので、二人で食べ比べてお気に入りの味を見つけてくださいね♪

ジェラテリア&カフェ con panna の詳細情報

ジェラテリア&カフェ con panna

田井ノ瀬、六十谷 / カフェ、アイスクリーム

住所
和歌山県和歌山市田屋110-1
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

7.FAVORITE COFFEE 和歌山店

サイフォンで丁寧に淹れたコーヒーと、甘いスイーツのコラボにうっとり

「フェイバリット・コーヒー 和歌山店」 内観 155170249

出典:stmiiさんの投稿

JR「和歌山市駅」から車で約5分の「FAVORITE COFFEE(フェイバリット コーヒー)和歌山店」は、サイフォンで丁寧に淹れられたコーヒーと出来立てスイーツを楽しめるカフェ。木を基調とした少しレトロな店内は、アメリカのカントリーサイドのような雰囲気でとっても落ち着きます。

「フェイバリット・コーヒー 和歌山店」 ドリンク 137470780 オータムコーヒー

出典:mu_i_kaさんの投稿

コーヒー好きならぜひ注文してほしいのが、サイフォンで丁寧に淹れられる「本日のコーヒー」。毎日変わるコーヒー豆の種類はお店の黒板から確認できますよ。コーヒー豆は購入できるので、二人の旅の思い出に買って帰るのもいいかもしれませんね。

「フェイバリット・コーヒー 和歌山店」 料理 155170244

出典:stmiiさんの投稿

コーヒーのお供にぴったりなのが、カフェ名物の焼きたて「アップルパイ」。しっかりときいたシナモンが中のカスタードのいいアクセントになっています。

「フェイバリット・コーヒー 和歌山店」 料理 137470777 ブドウのパフェ

出典:mu_i_kaさんの投稿

こちらはカラフルな「ブドウパフェ」。大粒のブドウと生クリームを一緒に頬張れば、ブドウの酸味と生クリームの程よい甘さが絶妙にマッチしているんです。コーヒーで口の中をさっぱりさせたらまた一口いただきましょ。

フェイバリット・コーヒー 和歌山店の詳細情報

フェイバリット・コーヒー 和歌山店

和歌山市 / カフェ

住所
和歌山県和歌山市十二番丁55
営業時間
【火〜木】 11:00〜18:00(L.O.17:00) ※貸切利用は11:00〜22:00対応可 【金・土・日・祝】 11:00〜22:00(L.O.21:00)
定休日
月曜日(祝日の場合翌日)、不定休(公式サイトにて告知)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

観光の合間にホッと一息♪美味しいスイーツで疲れを癒やそう

「ヴェントット」 料理 165217516

出典:miho_thさんの投稿

和歌山市には旬の果物スイーツを味わえるカフェがたくさん。観光で少し疲れたら、フレッシュな果物スイーツを味わいにカフェに立ち寄ってみては?ここでしか味わえない逸品を存分に堪能してくださいね。

和歌山県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ