2016年04月03日

東京でカレーなら純喫茶が穴場!喫茶店の有名カレー9選

東京でカレーなら純喫茶が穴場!喫茶店の有名カレー9選

カレー好きの間で一目置かれている喫茶店のカレー。時々無償に食べたくなるこの不思議な魅力は何なのか!?独自に配合したスパイスが絶妙だったり、何日も煮込まれることで出る深いコクだったり。それになんといってもあの昭和レトロな空間で味わうのが最高で、 その後に飲む珈琲との相性がまた格別だったり。あの駅にあの街角にそんな至福な時間を体験できる都内のしぶ~い喫茶店の名物カレーを集めました。

個性豊かな喫茶店のカレーをコーヒーの深い香りとともに味わう

喫茶店といえば飲み物を飲みながらゆっくり過ごすところ……というイメージがあります。しかしこれから紹介するお店は、長い時間をかけて守られてきた美味しいカレーの食べられるお店です。昭和レトロの純喫茶の面影が残るお店で、ゆったりと落ち着いた雰囲気を楽しみながら、美味しいカレーを食べませんか?

「COFFEE HALL くぐつ草」内観 14582 くぐつ草

出典:ジゲンACEさんの投稿

時間をかけてたっぷり煮込んだ絶品カレー

くぐつ草/吉祥寺

「COFFEE HALL くぐつ草」内観 14585

出典:ばび蔵さんの投稿

石の階段を降りて店内へ。時間の流れが止まったかのような落ち着いた空間が広がります。

昭和54年春のオープン以来、吉祥寺の商店街地下で変わらず親しまれてきた、隠れ家的な純喫茶「くぐつ草」。まるで洞窟の中のような店内には、長年使いこまれた木製のテーブルとイスがゆったりと置かれています。名物くぐつ草カレーは、20kgの玉ねぎを半日かけて炒め、さらに約10種類のスパイスを加えて一日煮込んだ本格カレーです。長時間煮込むことで生まれる優しい味わいは、一度食べたら忘れられない美味さ。

「COFFEE HALL くぐつ草」料理 14587 くぐつ草カレー

出典:ばび蔵さんの投稿

カレー激戦区の吉祥寺でも人気の逸品です。セットにはミニサラダとコーヒーor紅茶付き

COFFEE HALL くぐつ草の詳細情報

5000

COFFEE HALL くぐつ草

吉祥寺、井の頭公園 / 喫茶店、カレー

住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-7-7 島田ビル B1F
営業時間
10:00~22:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999
洞窟のような雰囲気が魅力的!吉祥寺にある喫茶店「くぐつ草」

あわせて読む

洞窟のような雰囲気が魅力的!吉祥寺にある喫茶店「くぐつ草」

名優も愛した美味しい欧風カレー

茶房 武蔵野文庫/吉祥寺

吉祥寺の純喫茶「茶房 武蔵野文庫」は、店主が学生時代に足繁く通った早稲田文庫の面影をそのまま、今の店に引き継いでいます。早稲田文庫は1984年の秋に35年の歴史に幕を閉じた名喫茶で、そこで公開されていた明治・大正時代の貴重な蔵書は今も店内に置かれています。純喫茶店らしくクラシック音楽がたえず流れ、心が癒されます。こちらには俳優の斎藤晴彦氏も愛したカレーがあります。

「茶房 武蔵野文庫」内観 14592

出典:ばび蔵さんの投稿

テーブル席の側には本棚がたくさんあって、「早稲田文庫」の店主から譲り受けた本が並んでいる。

「武蔵野文庫」名物のカレーは、柔らかく煮込まれたチキンと大ぶりのじゃがいもが目をひきます。控えめながら後からくる辛さがクセになる、絶妙なバランスのスパイス使い。セットで付けられるコーヒーはホットでもアイスでもOK。香り豊かな味わいが楽しめます。

「茶房 武蔵野文庫」料理 14594

出典:こんとんじょのいこさんの投稿

欧風カレーの本格派。4時間かけてじっくり炒めた玉ねぎが深みを与えています。

茶房 武蔵野文庫の詳細情報

5000

茶房 武蔵野文庫

吉祥寺 / 喫茶店、カレー

住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-4
営業時間
10:00~2100 (2030 ラストオーダー)
定休日
月曜日・火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

「まろやか」かつ「スパイシー」!個性派ココナッツカレー

七つ森/新高円寺

コーヒーはもちろん、ケーキも人気の高円寺の老舗喫茶店「七つ森」。入り口から既に昭和レトロを感じさせる古い喫茶店です。創業は1978年と、35年以上続くこちらのお店。アンティークな調度品が揃えられ、使い込まれた家具が優しい雰囲気をかもし出しています。


「七つ森」外観 14599

出典:まー君国分寺さんの投稿

「七つ森」内観 14600

出典:ノリノリ3さんの投稿

使い込まれた家具が持つ独特の温かみ。赤い布地のソファーがレトロな雰囲気を生んでいます。

来店した多くの人が注文するカレー。数種類あるカレーメニューの中でもお薦めの「ココナッツカレー」は、ココナッツのまろやかさの後から、次第にスパイスが効いてくる、絶妙なバランスのカレーです。ルーからすべて手作りされるこだわりの逸品。ランチセットにはスープ・サラダ・コーヒーor紅茶付き。

「七つ森」料理 14602 ココナッツカレー

出典:酒屋sakayaさんの投稿

真ん中にゴロッと転がっているのはゆで卵。くずして食べることで、変化が味わえます。

七つ森の詳細情報

七つ森

新高円寺、高円寺、東高円寺 / 喫茶店、カフェ、ケーキ

住所
東京都杉並区高円寺南2-20-20
営業時間
10:30~22:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

昭和の懐かしさを感じながら食べるチキンカレー

ほんやら洞/国分寺

国分寺「ほんやら洞」は1970年代に開店。元々は京都出町柳にフォークソングのミュージシャンらが文化発信の拠点として、「ほんやら洞」を昭和47年オープン。その中心メンバーが国分寺に開いたのが現在の「国分寺ほんやら洞」です。多くの若者が熱く語り合っていた、昭和カフェ文化の雰囲気が今に残っています。

「ほんやら洞 国分寺店」内観 14607 店内全景

出典:Αさんの投稿

お店は今も昭和の時代そのまま。ゆったりした時間が流れています。

ライスの上にのったレーズンが懐かしい昭和を感じさせます。インド風のスパイシーなルーにゴロンと転がるチキン。スパイスの効いた少し辛めのカレーで、食べ終わるころには汗だくになってるかもしれません。合間にレーズンを食べて箸休めしながら食べてください。

「ほんやら洞 国分寺店」料理 14609 スパイシィチキンカレーとラッシィ

出典:まー君国分寺さんの投稿

ラッシーのセットを付ければ辛さもリセット♪

ほんやら洞 国分寺店の詳細情報

ほんやら洞 国分寺店

国分寺 / カフェ、カレー、バー

住所
東京都国分寺市南町2-18-3 B09
営業時間
12:00~25:00
定休日
なし
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

老舗喫茶店で食べる、東大生にも大人気のカレー

万定フルーツパーラー/東大前

本郷通りから少し入った東京大学正門前にある「万定フルーツパーラー」は、大正時代の創業です。元々は東大病院へ見舞いに来た人へ向け、果物を販売する果物屋から始まりました。フルーツパーラーが流行したのを機に、その隣で喫茶店を始めました。現在の石造りの建物は、昭和3年の建築当時そのまま。

「万定フルーツパーラー」内観 14614 昭和初期の現役のレジスター

出典:おいしん坊!万才さんの投稿

博物館にあってもおかしくないようなレジスターは実際お会計に使われています。入り口近くで存在感たっぷり。

東大生にも人気のカレーは、豚肉と玉ねぎだけの、一見シンプルなカレーに見えます。しかし人参・にんにく・玉ねぎなどの野菜をふんだんに使って煮込み、それらが溶けこんでいるため、奥行きのある味わいです。ドリンクセットはありませんが、こちらはフルーツパーラーですので、数種類用意されている手絞りの天然ジュースがオススメです。是非一緒に注文してみてください。

「万定フルーツパーラー」料理 14616

出典:辣油は飲み物さんの投稿

黒っぽくサラリとしたシンプルなカレー。紙ナプキンに包まれたスプーンと一緒に運ばれます。

万定フルーツパーラー (マンサダフルーツパーラー) - 東大前/フルーツパーラー [食べログ]

閉業や休業等の理由により食べログに店舗情報が存在しないか、一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

神保町の有名喫茶店のボリューミーなカレー。

さぼうる2/神保町

学生街神保町にある「さぼうる2」はレジェンドカフェ「さぼうる」の姉妹店。戦後まもなく開店し、昭和の時代とともに生きてきた喫茶店です。「さぼうる」はナポリタンが有名で人気ですが、「さぼうる2」はカレーライスが一押しです。じゃがいもが型くずれするほど煮込んだ、とろりとしたルー。ピリッとした辛さが印象的です。深皿に盛られボリュームたっぷりのビーフカレーで、食後の満足感間違いなし。セットはコーヒーorミルクor紅茶orスープが付きます。

ボリュームタップリの美味しいナポリタンも是非お試しを。

「さぼうる 2」料理 14623 ナポリタン

出典:ノリノリ3さんの投稿

昭和にタイムスリップしたかのような、ノスタルジックな店内。木のテーブルは小さめで、周りの人とぎゅっとくっつく感じがしますが、それが不思議と落ち着きます。

「さぼうる 2」内観 14625 店内

出典:taityo2009さんの投稿

山小屋のような雰囲気がとても素敵です。

さぼうる 2の詳細情報

さぼうる 2

神保町、竹橋、九段下 / 洋食、喫茶店、バー

住所
東京都千代田区神田神保町1-11
営業時間
11:00~18:00
定休日
日曜日、祝日不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999
人気喫茶店の絶品メニューを味わう♡神保町「さぼうる」へ行こう!

あわせて読む

人気喫茶店の絶品メニューを味わう♡神保町「さぼうる」へ行こう!

画廊喫茶で食べるセイロン風カレー

喫茶ルオー/本郷三丁目

文京区本郷にある「ルオー」は画家だった初代店主が、昭和27年に画廊喫茶として東大赤門近くにオープンしました。一時閉店後、現在の東大正門前に「喫茶ルオー」として再開。背もたれにコーヒーカップの形がくり抜かれている椅子は、当時から使い続けているもの。店内にすっきりとした統一感があります。

「喫茶ルオー」内観 14630 レトロな椅子

出典:Temma 2さんの投稿

色味の抑えられた落ち着いた店内で、コーヒーカップの形がかわいらしいアクセントになっています。

こだわりのセイロン風カレーが名物です。「セイロン風」とうたいながらも、一口目は小麦粉を使った昔ながらのカレーの印象を受けます。しかし食べ続けると、スパイスが後からしっかりと効いてくる、奥深いカレーです。食後についてくるセミコーヒーでほっと一息つきましょう。

「喫茶ルオー」料理 14632 セイロン風カレー(中盛り)

出典:Temma 2さんの投稿

スパイシーな香りが食欲をそそります。ゴロゴロと大きめの具が魅力的です。

喫茶ルオーの詳細情報

喫茶ルオー

東大前、本郷三丁目、春日 / 喫茶店、カレー

住所
東京都文京区本郷6-1-14
営業時間
[月~金] 9:30~20:00 [土] 9:30~17:00
定休日
日曜日、祝日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

ソースポットで出される昔懐かしいカレー

ジョイ/浅草

台東区浅草3丁目あたりには昭和60年代の懐かしい雰囲気のお店がまだ多く残っています。「ジョイ」もその一つ。多くの人々が喫茶に通った昭和の時代が、そのまま残る喫茶店です。店内にはあの懐かしいテーブル型ゲーム機が置かれ、入り口近くには電話ボックスもあるレトロなお店。

「ジョイ」内観 14637 「ジョイ」ゲームテーブル

出典:ふるふる.さんの投稿

実際にこちらのテーブル型ゲーム機で遊べるようです。

ソースポットに入ったカレーから出ち昇る香りがなんともいえません。お皿によそうことでさらに香りが広がります。ポークの塊がうれしい、大人も子供も楽しめる万人向けの辛さがうれしいカレーです。サラダとスープがセットで付きますが、食後のコーヒーは追加で注文を。

「ジョイ」料理 14639 ソースポットに入ってます!

出典:4門さんの投稿

懐かしいソースポットででてくる本格ポークカレー。

ジョイの詳細情報

ジョイ

浅草(つくばEXP)、浅草(東武・都営・メトロ)、入谷 / 喫茶店

住所
東京都台東区浅草3-37-6
営業時間
[月~金] 8:30~18:00(L.O.17:30) [土・祝] 8:30~18:00(L.O.16:30)
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999

体にもやさしい具だくさんカレー

ドンキー/都立大学

開店から30年が経つ、東横線都立大学駅の喫茶店「ドンキー」。店内は照明がやや落とされていて、茶色で統一した調度品から、昔ながらの喫茶店の雰囲気が感じられます。地元の人からも長年愛されているのがわかる、アットホームな喫茶店です。

「ドンキー」内観 14644

出典:ropefishさんの投稿

銅製のランプシェードが目を引きます。

カレーの匂いが店内に満ちるほど、カレーに力を入れているお店です。中でも「肉・野菜カレー」は7種類の野菜と、スライスされたポークがたっぷりと入った贅沢カレー。スパイスも独自に配合して本格カレーに仕上げています。

「ドンキー」料理 14646 肉・野菜カレー

出典:ropefishさんの投稿

玉ねぎ、レンコン、サツマイモ、ニンジン、インゲン、大根、ナスの7種の野菜と肉がたっぷり入ったルーが、ご飯の上にもたっぷりと。

ドンキー - 都立大学/喫茶店 [食べログ]

閉業や休業等の理由により食べログに店舗情報が存在しないか、一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

行ってみたいお店は見つかりましたか?喫茶店のカレーはレストランとは一味違った美味しさです。さらに食後のコーヒーで心休まるひと時楽しみましょう。

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード