「耳をすませば」の舞台!東京「聖蹟桜ヶ丘」を巡ろう

「耳をすませば」の舞台!東京「聖蹟桜ヶ丘」を巡ろう

誰もが一度は見たことがある、ジブリの名作「耳をすませば」。胸キュンしすぎて、身悶えた女子も多いのではないでしょうか。そんな「耳をすませば」の舞台となっているのが、東京・多摩市なんです。雫が駆け抜けた場所や、告白された場所や聖司の秘密の場所などに行くことができますよ。物語の中に入っているかのような気分で、各地を巡ってみてくださいね。

2016年12月12日

745045

出典:三ツ矢サイダー5959さんの投稿

この階段をおりたら、ステキな出会いがやってくるかも・・・♡

「俺と結婚してくれないか?」。まだ長い人生のスタートラインを駆け出したばかりの2人、幼いながらも懸命に自身の生き方や人を愛するという気持ちを模索する姿に誰もがグッと来た事があるであろう作品、ジブリの「耳をすませば」。この作品の舞台となったのが、多摩市「聖蹟桜ヶ丘」です。

観た事がある方はもちろんですが、観たことのない方も絶対に巡ってみたくなる素敵な場所へとご案内します♪

不思議な猫が2人の距離を縮めてくれた...

不思議な猫が2人の距離を縮めてくれた...747506

出典:赤い小松菜~猫さんの投稿

月島雫(つきしましずく)中学3年生は読書が大好きな女の子。図書館に勤めている父にお弁当を届ける為、雫が乗っていた電車。まさにこの、「聖蹟桜ヶ丘駅」のホームが映画にもでてきます。この光景、映画を見直すと「あ!」となりますよ。ちなみに、作中では「京王線 杉の宮駅」となっています。

猫との出会い

猫との出会い1809551

出典:

雫が乗っていた電車には、なんと猫が乗っていました!その猫は「ムーン」。雫とムーンが降り立った場所がこちら、「聖蹟桜ケ丘駅」の駅前です。駅を出た後の街並みも作中で観る事が出来ます。

猫との出会い1809552

出典:

聖蹟桜ケ丘駅はこういった散策マップが置いてあるので、とても参考になるかと思います!

A photo posted by 三田響 (@hibiki_mita) on

駅を出て、左にずっと行くと「いろは坂」の入口があります。「いろは坂」は、東京都多摩市桜ケ丘4丁目にある坂道です。この坂、けっこうきついので、ご注意ください。ここを登ると、「地球屋」のモデル地とされるロータリーが見えますよ。けっこう登るんですけどね。

猫が案内してくれた、すてきなお店

猫が案内してくれた、すてきなお店746014

出典:こなさんさんの投稿

雫が父のお弁当を図書館へ届ける道中で出会った猫。何か魅かれるものがありずっと追い続けていたけれど途中でとびきり素敵でレトロなお店「地球屋」という雑貨屋に出会います。この「地球屋」の舞台とされているのは「桜ヶ丘邪宗門」(さくらがおかじゃしゅうもん)という喫茶店です。今はもう閉店してしまいましたが、店内は本当に落ち着く素敵な空間だったそうです。

聖司くんと雫の仲が深まっていく場所

聖司くんと雫の仲が深まっていく場所747561

出典:Sho@ごっちさんの投稿

「いろは坂」を登りきったところに、ちゃんとある「ロータリー」。「地球屋」のモデル地となっていて、映画ですと木の裏に「地球屋」が見えます。

聖司くんと雫の仲が深まっていく場所747534

出典:藍栖さんの投稿

「地球屋」の中に通されじっくり骨董品を眺める雫...。本来の目的であるお弁当を届ける事をすっかり忘れていて、慌てて店を飛び出します。そこに現れたのは、自転車にムーン(猫)を乗せた天沢聖司でした。雫がお店に置き忘れたお弁当を、届けてくれたのです。

カントリーロードが聴こえて来る...雫の歩いた道

カントリーロードが聴こえて来る...雫の歩いた道745931

出典:Sho@ごっちさんの投稿

図書館へと急ぐ雫。その舞台となった図書館へと続く道がこちら「いろは坂」です。

図書館への階段

図書館への階段745944

出典:藍栖さんの投稿

「いろは坂」の途中にあるとても長い階段!この階段を登ると作中では図書館へ辿り着く事ができます。実際には、公園があるんです。雫が借りる本は、必ず天沢聖司(あまさわせいじ)という男の子が先に借りています。どんな人なんだろう...と想いを膨らませる雫が、見えてきそうですね。

色々な想いを廻らせながらの帰り道

色々な想いを廻らせながらの帰り道745950

出典:ゆうと37さんの投稿

こちらは「大栗川(おおぐりがわ)」と言って八王子市及び多摩市を流れる多摩川水系の一級河川です。サイクリングロードがあったり川釣りが出来たりと楽しめるスポットです。作中では雫が図書館の帰りに通った道として登場しています。

色々な想いを廻らせながらの帰り道746285

出典:lovedog1173さんの投稿

春には桜がたくさん咲くのでお花見スポットとしても地元の方々から愛されています。

青春は甘くて苦い...告白の場所「金毘羅宮」(こんぴらぐう)

青春は甘くて苦い...告白の場所「金毘羅宮」(こんぴらぐう)745958

出典:tsuru-G-3さんの投稿

雫の親友である原田夕子の好きな人は、同級生で野球部の杉村。雫は杉村の事をとても仲の良い友達だと思っていましたが、その杉村から雫は告白されてしまいます。その告白の舞台となったのが「金毘羅宮」で多摩市桜ヶ丘1丁目、いろは坂を登りきった住宅地の一角にあります。

恋の行方は・・・

恋の行方は・・・746184

出典:

「耳をすませば」が公開されて何年も経ちますが、ここを訪れるファンの方はまだまだたくさんいるそうです。そしてこの「金毘羅宮」には大人気の恋みくじがあります。杉村はフラれてしまったけれど、きっとあなたの想いは届くはず...

A photo posted by Yusuke Yasugi (@yasssssan) on

「ただの友達か? これからもか? そうか…」と切ない杉村。ここで、映画のワンシーンを再現すると楽しくもあり、切なくもなります。

ここで本当にプロポーズされたい!「秘密の場所」

ここで本当にプロポーズされたい!「秘密の場所」746197

出典:なおぺこぽこさんの投稿

バイオリン職人になる為に外国へ旅立った聖司。聖司のいない間、雫はしっかり目標を持っている彼に憧れ、自分は小説家になる為に頑張っていました。作品が仕上がり受験勉強に戻る事にした雫はその日の晩、疲れ切ってご飯も食べず眠りについてしまいます。日の出前の早朝、ふと目を覚ました雫が何気なく外を見ると、そこには一時帰国を早めた聖司の姿がありました。自転車の後ろに雫を乗せ「秘密の場所」へと向かう2人。それが「いろは坂の高台」です。

将来を誓った場所

A photo posted by kata311 (@kata311) on

聖司が雫に見せたかった「秘密の場所」とは、「いろは坂の高台」から望む夜明けの景色だったのです!そしてここでお互いの夢を再確認し、聖司が雫にプロポーズするのです。現在は危険な為、高台へは登っていけません。しかし、近くまで行くことは可能です。

将来を誓った場所746202

出典:taskさんの投稿

夜景はとても綺麗なので、デートにはとても最適な場所だと思います。夜景を見ながらのプロポーズも良いかもしれませんね!

耳をすませばのファンの聖地!「ノア洋菓子店」

A photo posted by Wei-ting Shen (@weitingshen) on

実際に映画のモデルにはなっていませんが、「金毘羅宮」から5分程歩いたロータリーにある洋菓子店「ノア」には耳をすませばにちなんだお菓子や、作中に登場し、のちに姉妹作となる猫の恩返しに出てくる猫の置物「バロン」も置いてあります。思い出ノートは昔、秘密の場所とされた「いろは坂の高台」にあったのですがマナーの悪い方がいたようで、こちらの洋菓子店にノートを移したそうです。

A photo posted by rika❀ (@rika7372) on

ジブリ公認のお店となり耳をすませばのグッズやクッキーなんかも販売しています。ぜひ聖地巡りの締めくくりに立ち寄って頂きたいです!

ここで知っ得情報!

「耳をすませば」の舞台を巡るにあたって、前日の映画鑑賞はもちろん行いましょう!そしてこれを知っておくと、さらに楽しくなるポイントを紹介します。

聖蹟桜ヶ丘駅のメロディーは「カントリーロード」

聖蹟桜ヶ丘駅のメロディーは「カントリーロード」747600

出典:赤い小松菜~猫さんの投稿

聖蹟桜ヶ丘駅の列車接近メロディーが、耳をすませば」の主題歌「カントリー・ロード」。この地を訪れてこの音楽を聴くと、映画の雰囲気をより一層感じられます。

「青春のポスト」が設置されている

「青春のポスト」が設置されている1809550

出典:

2010年に設置された「青春のポスト」。デザインは「地球屋」が元になっています。屋根の猫や壁に寄り添った自転車などにも注目!ポストに投函したものは、実際には郵送されません・・・。自分の夢や目標を記して投函し、その夢が叶ったらその報告をつづって、また投函しに訪れてほしいというものです。

マップを事前に入手

マップを事前に入手1809549

出典:

駅にもマップがありますが、事前にこちらを手に入れておくと楽に観光ができます。「桜ヶ丘商店会連合会オフィシャルサイト」で、PDFがダウンロード可能です。

ジブリ作品のトキメキスポット!

ジブリ作品のトキメキスポット!1007815

出典:sugachanさんの投稿

ジブリ映画の作品には必ずモデルとなる国や地域があります。数あるジブリ作品の中で女子がキュンキュンしてしまうのはやっぱり「耳をすませば」ではないでしょうか?カップルで巡るのもロマンチックで素敵です!女子同士でキャーキャー言いながらあちこち巡るのも、とても楽しいと思います!ぜひ皆さんも、「耳をすませば」の世界に浸ってみて下さい!

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

特集

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード