食欲の秋!はとバスで行く「江戸味覚食い倒れツアー」を大公開

食欲の秋!はとバスで行く「江戸味覚食い倒れツアー」を大公開

東京の人気観光スポットを巡るはとバス。ユニークなツアー企画をしている観光バスですが、一日たっぷり江戸前グルメを満喫するツアーに参加してみるのはいかが?都内在住の方でも、ツアーガイドさんのトリビアな話を聞けるのは貴重です。この「江戸味覚食い倒れツアー」では、お寿司、天ぷら、穴子と3食付いて朝から食べまくり!大好評のツアーの中身を公開しちゃいます。

2016年10月11日

はとバスで巡る東京観光の魅力

はとバスで巡る東京観光の魅力835605

出典:ぶらさんぽさんの投稿

はとバス観光といえば、東京の観光スポットを巡る観光バスですが、魅力はなんといってもガイドブックからは得られないガイドさんの話が聞けること。子どもの頃に乗った経験がある人も多いですが、大人になって乗ってみるとまた違う楽しさがみえてきます。車窓から都心の景色を眺めながら気づくと目的地に到着しているので、楽ちんなのも魅力。

大人の修学旅行の気分で、はとバスツアー東京観光を楽しんでみませんか。
日帰りで楽しめるグルメツアーをご紹介します。

はとバスで巡る東京観光の魅力836152

出典:

はとバスのガイドさんは、入社試験を経て完全寮生活のもとガイドとしての作法を身につけます。コースを熟知したガイドさんならではの話も見どころの一つ。

はとバスで行く「江戸味覚食い倒れツアー」のコース内容

はとバスで行く「江戸味覚食い倒れツアー」のコース内容833246

出典:

一日の大まかなスケジュールをご紹介します。

午前9:00 東京駅丸の内南口 出発

「江戸味覚食い倒れツアー」のスタートは東京駅丸の内南口から。出発時間より早く着いてしまった方には待合室があるのでここでバスガイドの案内を待ちましょう。ただ、何台か「はとバス」が止まっているので、自分が乗るバスを間違えないようにしましょう!
午前9:00 東京駅丸の内南口 出発833201

出典:

東京駅丸の内南口から出発を待つ「はとバス」。今回ご紹介するバスツアーの乗り場は事前に確認をしておきましょう。

朝食は築地「すしざんまい」本店で寿司三昧!

はとバスに乗って約30分、まずは東京を代表する台所・築地で朝食をいただきます。築地といえば海鮮、名物社長でお馴染み「すしざんまい」に到着。人気の寿司ネタを揃えた「すし定食」は、まぐろやいくらなど寿司8貫とお味噌汁がついてきます。

食後は築地市場を散策し、お腹に余裕があれば食べ歩きを楽しむのもいいですね。
朝食は築地「すしざんまい」本店で寿司三昧!833253

出典:

朝築地で仕入れた新鮮なネタを使用しています。

すしざんまい 別館の詳細情報

すしざんまい 別館

築地市場、築地、東銀座 / 寿司、魚介料理・海鮮料理、海鮮丼

住所
東京都中央区築地4-10-6
営業時間
24時間営業
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

築地場外市場で自由散策!

食後は、築地場外市場での自由散策です。場外市場では人気の玉子焼き屋や魚屋、さらに海鮮丼を提供するお店が営業しており、ショッピングやグルメを楽しむことができます。

まずは、場外市場近くにある「築地にっぽん漁港市場」へ行ってみましょう。北海道から九州まで各漁協から仕入れた魚が並びます。バスツアーなので、購入するのは控えたほうがよさそうです。世界でもトップクラスの取引量を誇る築地。大人の社会科見学として、一度はみておきたいですね。
築地場外市場で自由散策!833270

出典:

「築地場外市場」はお寿司屋などの飲食店から海産物屋まで多くのお店が立ち並びます。

築地場外市場で自由散策!833274

出典:

戻る時間を忘れずに楽しみましょう。

浅草「葵丸進」で絶品天ぷらを堪能

築地で江戸前寿司を堪能した後は、バスに乗って約30分、東京を代表する下町・浅草に到着です。
浅草の楽しみ方といえば、仲見世通りの食べ歩きと浅草寺への参拝。揚げまんじゅうや、煎餅、おまんじゅうなど美味しい和菓子店が軒を連ねる通りを歩き、東京最古のお寺へと向かいます。

しかし、その前にランチの時間です。浅草名物といえば天ぷら。昭和21年創業の老舗天ぷら「葵丸進」で江戸前天ぷらがいただけます。朝食を食べてからそれほど時間は経っていませんが、これもグルメツアーの醍醐味。
「浅草天麩羅 葵丸進」外観 834463

出典:一期一会のあじさんの投稿

浅草・雷門近くにある老舗天ぷら屋「葵丸進」。浅草のメインストリートにあります。

「浅草天麩羅 葵丸進」料理 834468 天麩羅定食 2310円。

出典:コ〜タロウさんの投稿

揚げたての「天ぷら定食」。ついビールを頼みたくなってしまう美味しさ。

浅草天麩羅 葵丸進の詳細情報

浅草天麩羅 葵丸進

浅草(東武・都営・メトロ)、浅草(つくばEXP)、田原町 / 天ぷら、懐石・会席料理、魚介料理・海鮮料理

住所
東京都台東区浅草1-4-4
営業時間
11:00~21:00(L.O20:00)
定休日
年中無休(メンテナンス休業あり)事前にお電話にてご確認ください。
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

浅草観音通りと仲見世通りで下町散策

浅草での自由時間は1時間。ここで浅草駅近くにある「観音通り」や雷門から浅草寺へつながる「仲見世通り」で食べ歩きをしましょう。観音通りでは呉服屋やおもちゃ屋などでショッピングもいいですが、スイーツを堪能するのもおすすめ。
新仲見世通りとの交差点付近にある「伊太利亜のじぇらぁとや」では、野菜や果物など10種類以上の素材を使ったアイスクリームが人気です。甘すぎないので食べすぎた胃をすっきりしましょう。
浅草観音通りと仲見世通りで下町散策834477

出典:

浅草駅から浅草寺方面へ行く「浅草観音通り」。

「伊太利亜のじぇらぁとや」料理 834500 豆腐/さつまいも 300円

出典:ひろまめ27さんの投稿

豆腐とさつまいもの和風ジェラートは、素材の味をしっかり感じられます。

伊太利亜のじぇらぁとやの詳細情報

伊太利亜のじぇらぁとや

浅草(東武・都営・メトロ)、浅草(つくばEXP)、田原町 / アイスクリーム

住所
東京都台東区浅草1-1-7 中山ビル 1F
営業時間
11:00~20:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

浅草寺をめざして仲見世通りを歩こう

浅草寺は東京都内最古のお寺です。そして国内外を問わず毎年約3000万人が訪れる人気の観光スポット!その門前町が「仲見世通り」です。江戸を代表する人気のお菓子「人形焼」や「雷おこし」をお土産に購入するのもいいですね。
食べ歩きにおすすめなのは、最高級のゴマ油で揚げた「揚げまんじゅう」。さっくりホクホクで、寒い季節は特に絶品です。
浅草寺をめざして仲見世通りを歩こう834525

出典:

多くの観光客が賑わう浅草寺・仲見世通り

「九重」料理 834550 こし餡

出典:山海美味さんの投稿

浅草寺入口付近にある揚げまんじゅう。こしあんや、カスタード、抹茶など様々なフレーバーがあります。

九重の詳細情報

九重

浅草(東武・都営・メトロ)、浅草(つくばEXP)、田原町 / 和菓子、甘味処

住所
東京都台東区浅草2-3-1
営業時間
9:00~19:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

両国・江戸東京博物館で江戸の歴史を学ぼう!

浅草を散策した後は、両国国技館で有名な両国へ到着。
両国駅近くにある「江戸東京博物館」で江戸と東京の歴史について学びます。

リニューアルオープンした「常設展示室」では、幕末の江戸城の本丸御殿や日本橋、歌舞伎小屋の「中村座」など江戸時代の武士や町人の暮らしを知ることができます。また、大規模な公団住宅の走りでもあった「ひばりが丘団地」の模型も展示しており、貴重な歴史を知ることができます。約90分間、江戸時代から昭和までタイムスリップしてみましょう。
両国・江戸東京博物館で江戸の歴史を学ぼう!834563

出典:

両国国技館近くにある「江戸東京博物館」。この機会に東京の歴史を知るのも大人の修学旅行の醍醐味。

両国・江戸東京博物館で江戸の歴史を学ぼう!834571

出典:

館内には歌舞伎小屋の「中村座」を再現したものを展示しています。

「寅さん」ゆかりの町・柴又散策

最後に訪れるのは「寅さん」ゆかりの町・葛飾区柴又です。映画「男はつらいよ」の舞台でもあり、帝釈天への参道には下町グルメがいっぱい。ここまでお腹がいっぱいでも、老舗の甘味処「高木屋」自慢の草だんごを食べずには帰れません。

その後は、「柴又帝釈天」で厄払いや開運、健康長寿を祈願しましょう。
その他に江戸川近くにある「寅さん記念館」で寅さんの世界を体験したり、美しい日本庭園が自慢の「山本亭」の散策もいいですね。
「寅さん」ゆかりの町・柴又散策834629

出典:写真@おやじ虫さんの投稿

柴又帝釈天への参道。お菓子屋やうなぎ屋が立ち並びます。

「高木屋老舗」料理 834959 草だんご

出典:いおしろさんの投稿

高木屋名物の「草だんご」。よもぎの風味とつぶ餡との相性は抜群です。

高木屋老舗の詳細情報

高木屋老舗

柴又、新柴又 / 甘味処、和菓子

住所
東京都葛飾区柴又7-7-4
営業時間
7:30~18:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

「寅さん」ゆかりの町・柴又散策834641

出典:センガワ氏さんの投稿

「柴又帝釈天」で厄除けや開運祈願をしましょう。

夕食は柴又「川甚」 の穴子で締めくくり!

ツアーの締めくくりは、柴又にある老舗料亭「川甚」ではとバス限定の「江戸前の穴子重」がいただけます。朝昼とたくさん食べてきた後の穴子はさっぱりとしていて、食べやすい。いよいよ食い倒れツアーも終盤です。
「川甚」料理 834661 上部:穴子重、吸い物 下部:肝の佃煮、蕪のなます、香の物

出典:TOMO-Pさんの投稿

身も柔らかい穴子はさっぱり!この他に「蕪のなます」、「肝の佃煮」、「吸い物」、「香の物」が付いています。

川甚の詳細情報

川甚

柴又、新柴又 / 魚介料理・海鮮料理、うなぎ

住所
東京都葛飾区柴又7-19-14
営業時間
[月・火・木・金] 11:00~15:00 17:00~21:00(要予約) [土・日・祝] 11:00~21:00(17:00以降要予約)
定休日
水曜日 繁忙期は別途
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

18:30頃 東京駅丸の内南口 到着

18:30頃 東京駅丸の内南口 到着836215

出典:ブラックオパールさんの投稿

穴子を堪能した後は、出発地点の東京駅へ戻ります。東京のうつり変わる夜景を眺めながらのドライブです。朝からたくさん食べ歩きをしたのできっと帰りの車内ではうたた寝をしていることでしょう。

いかがでしたか?

「川甚」 料理 52411851 上鰻重

出典:カメさん7さんの投稿

金額は、一日3食付いて交通費と観光施設の入場料も付いて1万円ほど。江戸前グルメを楽しみながら、東京観光もできるはとバスツアーは、観光客のみならず東京在住の方にもおすすめ。知らない人と乗り合わせ、食事を楽しむのもまた新鮮な気分になれることでしょう。

楽天トラベルで東京都の航空券+宿をさがす

あなたにおすすめ

東京都を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード