今こそ熊本へ!改めて知りたい歴史ある貴重な観光スポット

今こそ熊本へ!改めて知りたい歴史ある貴重な観光スポット

震災からまだ完全復興までは少し時間はかかるものの、街は徐々に落ち着きを取り戻してきている熊本県。今こそ熊本へ出かけませんか?大規模に壊れてしまった熊本城も、内部にこそまだ立ち入れないですが、“見せる観光”として近くからその復興していく過程を見ることができるんですよ。熊本城からほど近い加藤神社や小泉八雲の旧宅もあわせてご紹介します。(2016年11月01日 最終更新)

熊本県
エリア
熊本
キーワード
観光スポット
歴史

今こそ熊本へいこう!

出典:黒鯛極道さんの投稿

2016年4月、熊本県を大きな地震が襲いました。内閣府により激甚災害に指定されるほどの大きな被害を及ぼした影響は、半年経った今でもまだ熊本の町にその爪痕を色濃く残しています。

出典:MEZIROさんの投稿

町は落ち着きを取り戻しているものの、建物や農作物など産業への影響は計り知れません。

震源地からほど近かった熊本空港も、完全復旧はまだ来年までかかるそう。だけどもう飛行機の離着陸には影響はありませんよ。こんな時こそ、みんなで熊本県へ出かけませんか?
復興する過程をみんなで見守りながら、個人個人ができる形で応援していくことを考えてみましょう!今だからこそ行きたい、熊本市内の歴史ある観光スポットをご紹介します。
※この記事は2016年10月に作成したものです。最新の情報は各ホームページなどをご確認ください。

熊本はよかとこばい!

1. 熊本の人気観光名所「熊本城」

出典:くろふねさんの投稿

日本三名城にも選ばれるほどの美しさと人気を誇る、熊本城。

出典:翔ばない豚さんの投稿

熊本城の石垣は、上に行くにしたがって勾配がきつくなる独特な造りをしていて、「武者返し(むしゃがえし)」や「清正流石組」などと呼ばれている見どころでもあります。

出典:だいずさんの投稿

熊本城が建っている茶臼山は標高50mほど。夜にライトアップされて熊本市内を見下ろすがごとく佇むその姿は、街の象徴と言えるほどの美しさです。

■震災以降の熊本城…
震災直後に大きく報道され、皆さんもご存じのとおり熊本城は甚大な被害を受けました。
震災直後はショックで言葉も出ませんでしたが、わずかな1本の柱でかろうじて佇むその姿に、胸を打たれた人も多いはず。

出典:iisa113さんの投稿

内部への立ち入りは未だ広く規制がかかっているものの、本丸や奇跡の1本柱といわれた飯田丸五階櫓(やぐら)はお濠の外から、その姿を見ることができます。

城のスペシャリストによると、日本の匠の技を結集すれば、早期かつ完全な修復も不可能ではないことが分かってきました。難攻不落と謳われ、甚大な震災を経ても力強くそこにあり続ける今の熊本城は、復興のシンボルとして今も熊本の人々を支え続けているのです。

出典:SQUARE@PHOTOさんの投稿

ぼろぼろになりながらも、熊本の人々を見守り続ける天守閣。これも歴史の1ページだったと振り返れるようになる日が、1日も早く訪れることを願わずにはいられません。

■あなたも城主になれる!
熊本城の復興には、天守閣・本丸御殿・飯田丸五階櫓(やぐら)の3つの施設の修理費だけでも計約210億円ほどかかることが予想されています。もちろん国からも補助は出ますが、それだけではまだまだ足りません。そこで熊本市は、2016年11月1日から1万円以上の寄付をした個人や団体が「城主」となり、観光施設の入場料が無料になるなどの特典を受けられるという、「復興城主」を募るのだそう。
熊本城を実際に訪れてみて、いろいろ考えることもあるはずです。そんな一人一人の思いが熊本城の未来をつくっていくのですね。

2. 人気武将・加藤清正公を祀った「加藤神社」

出典:Kazu0103さんの投稿

熊本城の入口に鎮座する加藤清正像。安土桃山時代を代表する人気武将です。熊本では清正公さん(せいしょこさん)と呼ばれて今も親しまれているんですよ。

そんな加藤清正公を祀った神社が熊本城城内にあります。その名も「加藤神社」。しかもここは震災の影響をほとんど受けていないので、今もお参りすることができます。

出典:ぺっぺさんの投稿

熊本城の本丸をすぐ間近に望むことができるスポットでもあります。

境内では加藤清正公をNHKの大河ドラマの主役にしてほしいという署名活動まで!
今も「せいしょこさん」を身近に感じられる素敵なスポットです。

3. 怪談でお馴染み。熊本にもゆかりの深い「小泉八雲の旧宅」

熊本市内の観光スポットといえば、熊本城と加藤神社だけじゃないんですよ。

出典:ことだまさんの投稿

熊本市の名門・第五高等学校(熊本大学の前身校)で英語教師として教鞭をふるっていた、あの小泉八雲の旧居があるのです。

小泉八雲の旧宅は、熊本城からも歩いて15分ほど。かなり近い場所にあり、合わせて観光できるのでおすすめです。

震災の影響で奥の方まではまだ入ることができないものの、建物の入口のところから中の暮らしの様子をうかがい知ることができます。
こちらも復興に向けて、再建の見積もりなどの試算ができたところなのだそう。
穏やかな気持ちになれるお庭も素敵ですから、ぜひ立ち寄ってみてください。

こぎゃん時こそきばっていくばい

出典:なっつんさんの投稿

熊本復興ねぶたの様子。祭りの力で元気にしていきたい!その思いを込めて、2016年9月3日、「青森ねぶた祭」の山車が熊本城二の丸広場を練り歩きました。

熊本市内にある震災後も見ることが可能な歴史的な観光スポットをご紹介しました。力強い熊本の人たちの様子に、観光で訪れる方がパワーをもらえそうですね。こんな時だからこそ、自分にできる無理のない範囲での支援をしていきましょう!
都道府県:
熊本県
エリア:
熊本 (15)
キーワード:
観光スポット (732)
歴史 (85)

maria

maria

趣味は温泉、食べ歩きなど旅行全般。お酒とコーヒーが大好...

icotto公式LINE@をはじめました!

1日1回icotto編集部が厳選した記事をお届けします。

QRコードでLINEの
友だちを追加
LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャン
or

IDで検索する[その他]タブの[友だち追加]で[ID/電話番号]を選択。[ID]にチェックし、[@icotto]と入力。