青森観光におすすめ!絵になる絶景スポットをご紹介【10選】

青森観光におすすめ!絵になる絶景スポットをご紹介【10選】

本州の最北にある青森県には、手付かずの自然がたくさん残っています。自然の織りなす光景は、まさに人知の及ばない圧倒的な美しさを見せてくれます。そんな青森の絶景をめぐってみませんか?

2017年01月02日

一枚の絵ハガキのような絶景を求めて

一枚の絵ハガキのような絶景を求めて969786

出典:ライトハウスさんの投稿

美しい自然が残る青森県には、まるで神様が造ったとしか思えないような絶景ポイントがたくさんあります。一生に一度は訪れてみたい青森の絶景ポイントをいくつかご紹介しましょう。

種差天然芝生地(たねさしてんねんしばふち)(八戸市)

種差天然芝生地(たねさしてんねんしばふち)(八戸市)969799

出典:asroc74さんの投稿

地元の人たちにも人気のスポット「種差海岸」には、美しい芝生が水際まで広がっています。なんとなく、北欧の島々を思わせる光景ですね。ここでは、起伏に富んだ海岸の景色を楽しみながら、散策を楽しむことができます。周辺の豊かな自然も見どころです。

種差天然芝生地(たねさしてんねんしばふち)(八戸市)969800

出典:Ryanさんの投稿

遊歩道も整備されているので、お天気の良い日には、ぜひ散策をしたいところです。ウミネコやオオミズナギドリなど、海鳥の繁殖地としても知られています。散策の途中で会えるといいですね。ニッコウキスゲやハマギクなどのお花も楽しむことができますよ。

種差海岸の詳細情報

種差海岸

住所
青森県八戸市鮫町棚久保

データ提供

仏ヶ浦(ほとけがうら)(下北郡佐井村)

仏ヶ浦(ほとけがうら)(下北郡佐井村)969801

出典:gorou 五郎さんの投稿

下北半島にある景勝地です。白緑色の凝灰岩が、約2キロメートルにわたって連なる光景は、まるで仏像のように見えることからこの名前が付けられました。奇岩には、如来の首・五百羅漢・十三仏観音岩・蓮華岩・地蔵堂など、仏さまの名にちなんで、名前が付けられています。美しい白い岩肌と、エメラルドグリーンの透明な水の色は、見る人の心にさまざまなものを連想させます。

仏ヶ浦(ほとけがうら)(下北郡佐井村)969802

出典:gorou 五郎さんの投稿

確かに、浸食されて屹立する白い岩のなかに、仏さまが見えるような気がしますね。夏は、岩肌も海も明るく輝くので一番人気のあるシーズンです。

仏ヶ浦の詳細情報

仏ヶ浦

住所
青森県下北郡佐井村
アクセス
下北交通バスターミナルからバスで120分 - 船で30分

データ提供

恐山霊場(むつ市)

恐山霊場(むつ市)969804

出典:Kurogituneさんの投稿

日本三大霊場のひとつ、「恐山」。亡くなった人の魂と出会えるところとしても有名です。霊場めぐりの途中で見られるこの広大な火山湖は、火山性ガスが溶け込んでいるため、生物がすんでいません。そのため、高い透明度を誇ります。エメラルドグリーンの湖面と白砂の浜辺は、まるで極楽浄土のよう。こちらの宇曽利山湖は「極楽浜」との名前もあります。

恐山霊場(むつ市)969803

出典:1925.さんの投稿

恐山そのものは現在でも活発な活動を続けている火山で、いたるところで蒸気が噴き出したり、温泉が湧いていたり、火山性のガスが噴出していたりします。そうした火山活動によってできた荒涼とした光景は、さながら地獄のようですね。

恐山の詳細情報

恐山

住所
青森県むつ市田名部宇曽利山
アクセス
下北駅からバスで45分下北交通「恐山」行き
営業時間
[5月〜10月]
料金
大人 500円

データ提供

八甲田山(青森市)

八甲田山(青森市)969805

出典:aki_cabさんの投稿

日本百名山にも数えられる「八甲田山」。単独の山ではなく、大岳を主峰として、16の山々が連なっています。四季折々に美しい姿を見せてくれる山として、青森県内でも人気のあるスポットです。

八甲田山(青森市)969806

出典:紅葉山さんの投稿

新緑や紅葉の季節はもちろんのこと、冬の樹氷も見応えがあります。また、八甲田ロープウェーで山頂公園まで昇っていくと、青森市や陸奥湾などを一望することができます。大パノラマは、爽快ですよ。

八甲田山の詳細情報

八甲田山

住所
青森県青森市大字荒川字寒水沢
アクセス
青森駅からバスで60分

データ提供

奥入瀬渓流(十和田市)

奥入瀬渓流(十和田市)970228

出典:Fakeさんの投稿

青森の絶景と言ったら、絶対にはずせないスポット「奥入瀬渓流」。十和田湖から流れ出る水が生み出した渓谷美は、日本でも屈指の美しさといえるでしょう。約14キロメートルにわたって、大小の滝や早瀬などの景色を楽しむことができます。

奥入瀬渓流(十和田市)969809

出典:加奈多 *ฅ•ω•ฅ*さんの投稿

遊歩道が整備されていますので、森林浴をしながら自然の絶景を楽しみましょう。こちらは、奥入瀬渓流の人気スポットのひとつ「銚子大滝」。

蔦七沼(つたななぬま)(十和田市)

蔦七沼(つたななぬま)(十和田市)969811

出典:taka1451さんの投稿

多くのカメラマンを魅了してやまない絶景のひとつ、蔦七沼。風のない瞬間をとらえるために、何度もトライするカメラマンも少なくありません。蔦温泉周辺に点在している沼を結ぶ散策路は、1時間ほどで巡ることができます。紅葉の季節の晴れた日の早朝は、まるで山が燃えているかのような真っ赤な絶景が見られます。

蔦七沼(つたななぬま)(十和田市)969812

出典:juntarouさんの投稿

天地の感覚すら無くなってしまうような不思議な瞬間をぜひとらえてみたいものですね。日本の自然の美しさに、敬服してしまいそうです。

蔦七沼の詳細情報

蔦七沼

住所
青森県十和田市奥瀬
アクセス
JR青森駅からJRバス十和田湖行きで1時間50分、蔦温泉下車、徒歩10分

データ提供

鶴の舞橋(鶴田町)

鶴の舞橋(鶴田町)969821

出典:t.t.chopperさんの投稿

「鶴の舞橋」は平成6年に造られました。「津軽富士」とも呼ばれる秀麗な岩木山の山影を水面に映す富士見湖にかけられた三連の太鼓橋の長さは、日本一。全長300メートルもあります。JRの吉永小百合さんのCMでも使われたスポットです。

鶴の舞橋(鶴田町)969822

出典:leyさんの投稿

やわらかなアーチは、翼を広げて舞う鶴のようにも見えますね。季節や時間ごとに、さまざまな表情を見せてくれます。

弘前城(弘前市)

弘前城(弘前市)969824

出典:ラマンダさんの投稿

もはや解説不要の名所中の名所。春夏秋冬、どの季節でも趣のある美しい姿を見せてくれる弘前城。春の桜は、圧巻ですが、春夏秋冬それぞれに捨てがたい魅力を持つお城です。

弘前城(弘前市)969825

出典:tk23さんの投稿

桜やイチョウが色づく秋は、まるで錦の織物を広げたような華やかさ。それに対して、深い雪に包まれる冬の景色は、一幅の水墨画のような幽玄な風情に包まれます。どの季節に訪れても、絶景が待っています。

十二湖(深浦町)

十二湖(深浦町)969827

出典:kumapoooohさんの投稿

「十二湖」とは、世界自然遺産「白神山地」の西側、ブナの森の中に点在する33の湖沼群の通称です。神秘的な青い色に心が奪われてしまいそうな「青池」や、名水といわれる湧水を味わうことができる「沸壷の池」など、みどころがいっぱいです。

十二湖(深浦町)969828

出典:スリーピーさんの投稿

初心者でも気軽に散策が楽しめる遊歩道も整備されています。運が良ければ、森の動物たちにも出会えるかもしれません。

十二湖の詳細情報

十二湖

住所
青森県西津軽郡深浦町松神山国有林内
アクセス
JR十二湖駅からバスで15分

データ提供

不老ふ死温泉(深浦町)

不老ふ死温泉(深浦町)969833

出典:HAARPYさんの投稿

露天風呂の目の前は、波しぶきが舞う日本海。海を見ながら露天風呂を楽しむことができる温泉として、大変人気のあるのが「不老ふ死温泉」です。美肌の湯としてもよく知られた温泉では、日本海の雄大な景色をたのしむことができます。

不老ふ死温泉(深浦町)969834

出典:jaokissaさんの投稿

日本海の夕日を眺めながら入る露天風呂(宿泊者のみ)は、まさに極楽。時が止まったかのような静かな光景に、老いるのも死ぬのも忘れてしまいそうになりますね。

最後に

青森には、絶景のスポットがたくさんあります。厳しい自然の中ではぐくまれた野山の光景が、ひと時の安らぎを与えてくれるでしょう。カメラやスケッチブックを持って、ぜひお出かけくださいね。もちろん、青森には山海のおいしいものがたくさんあります。お腹を満足させてくることもお忘れなく。

青森県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

青森県を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード