愛され続けるおしるこの名店!鎌倉「納言志るこ店」で一息つこう

愛され続けるおしるこの名店!鎌倉「納言志るこ店」で一息つこう

鎌倉の小町通りにある甘味処「納言志るこ店」。細い路地にある小さなお店ながら、いつもたくさんのお客さんで賑わっています。冬はあったかいおしるこ、夏は冷たいぜんざいなど、鎌倉散策の合間に一息付くのにぴったり♪鎌倉の愛され続ける名店をご紹介します。(2017年01月11日 最終更新)

神奈川県
エリア
鎌倉
キーワード
おしるこ
甘味処

「納言志るこ店(なごんしるこてん)」とは

鎌倉の路地で出会う“老舗甘味処”

出典:sweetstabehoudaiさんの投稿

「納言志るこ店(なごんしるこてん)」は、古都・鎌倉で長く愛されてきた甘味処です。丁寧に煮た小豆の美味しさをたっぷり楽しめる、“おしるこ”の名店として知られています。

出典:ユルカさんの投稿

JR鎌倉駅からほど近い、小町通りと若宮大路を結ぶ路地に店を構える「納言志るこ店」。懐かしさを感じる小さなお店ですが、行列ができる超人気店です。

出典:彡厶さんの投稿

戦後間もない昭和28年に創業し、今も変わらぬレトロな店構えがうれしい店内。カフェとは違って客の回転が早いので、行列ができていても待ち時間は少なめです。

つぶあん?こしあん?2種類の「おしるこ」

「納言志るこ店」といえば、やっぱり看板商品のおしるこを食べなくちゃ帰れませんよね。こちらのおしるこは“つぶあん”と“こしあん”の2種類から選ぶことができます。

「田舎しるこ」

出典:パンプキンさんさんの投稿

「田舎しるこ(つぶ)」。丹波の大納言小豆を、おかみさんが毎日つきっきりで2時間煮ている自慢の小豆。その味を存分に楽しむことができます。

出典:yxtさんの投稿

焼きたての香ばしさと、なめらかな食感が楽しめるお餅は、とっても柔らかです。お餅がやや小ぶりで、小豆をメインで楽しむおしるこになっています。

出典:Saeさんの投稿

あつあつのおしるこは、器いっぱいにたっぷり入っています。小豆たっぷりなので甘さがしつこくなく、豆そのものの美味しさを味わえます。添えられた“きゃらぶき”が、いい口直しになっています。

「御膳しるこ」

出典:ワイン王子さんの投稿

「御膳しるこ(こし)」。こしあん派にはこちらのおしるこ♪素朴でしっかりした甘みながら、繊細で品があり、後を引く味わいに仕上がっています。

出典:sweetstabehoudaiさんの投稿

こちらにもちょこんとお餅が入っています。とろりと濃厚なおしるこは、舌に乗せるとさらっと溶けてしまうなめらかさが魅力です。

暑い日にはこちら♪冷たい甘味

夏の暑い日など、ちょっとおしるこは・・・という日でも大丈夫!「納言志るこ店」のおいしい小豆を味わえる、ひんやりスイーツもおススメなんです。

出典:yxtさんの投稿

夏の定番メニューは、かき氷。定番の「氷あずき」から「宇治金時」「ミルク金時」など、暑さを楽しめる美味しさが揃っています。

出典:takechan708さんの投稿

「ミルク金時」。細かくてジャリ感も残るかき氷の中には、小豆がたっぷり。+50円で追加できるアイスクリームは、氷の中に入っているので、最後まで溶けずに楽しめます。

出典:takechan708さんの投稿

「クリームぜんざい」。小豆の粒を一つ一つしっかり楽しめて、バニラアイスクリームのクリーミーな甘さとのマリアージュがたまらない逸品です。

出典:彡厶さんの投稿

「クリームあんみつ」。みかん、もも、パイナップルなどの果物がたっぷり入って、自慢のあんこにみつ豆、アイス、そして黒蜜と、昔ながらのあんみつです。

「納言志るこ店」へのアクセス

出典:Saeさんの投稿

【所在地】神奈川県鎌倉市小町1-5-10
【アクセス】JR鎌倉駅より徒歩約5分、小町通りの鳥居をくぐって1本目の路地を若宮大路方面へ右折すると見えてきます。専用駐車場はないため、車の場合は近隣の有料駐車場を利用してください。

出典:たけのこめばるさんの投稿

いかがでしたか?鎌倉の名店「納言志るこ店」。甘味好きなら絶対、一度は味わってみて欲しい美味しさです。通いたくなりますよ♪

詳細情報

納言志るこ店

鎌倉、和田塚 / 甘味処、かき氷

住所
神奈川県鎌倉市小町1-5-10
営業時間
11:00~18:00(L.O.17:00)
定休日
水曜日、第1・3木曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

都道府県:
神奈川県
エリア:
鎌倉 (102)
キーワード:
甘味処 (35)

eimii

eimii

文章や言葉をつくることが大好きです。