とろける上品な甘さ♡長崎・島原の名物スイーツ「かんざらし」とは?

とろける上品な甘さ♡長崎・島原の名物スイーツ「かんざらし」とは?

みなさんは、「かんざらし」というスイーツを知っていますか?白玉粉で作ったお団子を冷やし、特製の蜜をかけて食べる長崎・島原の名物スイーツです。シンプルな見た目とやさしい甘みが特徴で、島原の地元で今も愛されているんですよ。そんな「かんざらし」とは、いったいどんなご当地スイーツなのでしょう?そして、食べられるお店はどこなのかを紹介していきます。

2017年10月04日

1357751

出典:nobeamさんの投稿

長崎県の南東にある島原市は、島原城や武家屋敷、雲仙岳など多くの名所をかかえる観光地として知られています。じつはこの島原は、市内のあちらこちらに湧水が湧くポイントがあり、古くから水の都と呼ばれているんです。今回ご紹介する「かんざらし」は、その湧水と深いかかわりがあるご当地スイーツなんですよ。

「かんざらし」とは?

「かんざらし」とは?1358439

出典:Chikakoさんの投稿

白玉粉で作った1.5cmほどの小さな団子を、茹で水にさらして冷やします。それに、蜂蜜や砂糖等で作った特製のシロップをかけたのが「かんざらし(寒ざらし)」です。

「姫松屋 本店」 料理 17015384

出典:セッチMANさんの投稿

とてもシンプルですが、シロップの上品な甘さと、とろりとした白玉団子がマッチ。現在も、島原ではよく食べられている名物スイーツなんです。

「かんざらし」のルーツを紹介

「浅草豆花大王」 料理 54788260

出典:乗り鉄子@下町さんの投稿

中国や台湾に、「かんざらし」によく似た白玉団子のスイーツがあります。「湯圓(タンユエン)」と呼ばれるもので、団子の大きさもちょうど「かんざらし」と同じくらいのサイズ。

A post shared by Christine (@christinenee_xx) on

島原は、長崎と同様古くから中国文化に影響を受けてきた土地。なので「かんざらし」のルーツは、このあたりにあるのかもしれません。

名前の意味は?

「青い理髪舘 工房モモ」 料理 68284396 寒ざらしには、ハートの形のものも入ってる♡

出典:Tyreaseさんの投稿

白玉団子の粉の原料はもち米。そのもち米を大寒の日に水にさらす習慣があったことが由来で、「かん(寒)ざらし」と呼ばれているのだそうです。

おいしさの理由は?

おいしさの理由は?1358438

出典:Chikakoさんの投稿

「かんざらし」は、茹でた白玉団子を水にさらして冷やします。水道水ではなく、島原の天然の湧き水を使用することがポイント。シロップにも、湧き水を使用しています。ミネラルに富んだ島原の天然水が、「かんざらし」に自然の美味しさを加え、ここでしか味わえない名物になっているのですね。

おすすめのお店を紹介!

それでは、おすすめのお店を紹介していきます!

しまばら水屋敷

「しまばら水屋敷」 外観 68355722 入り口

出典:かちゅこ と ちヴィこさんの投稿

趣のある入り口が印象的な「しまばら水屋敷」。こちらは、庭に湧く湧水を眺めながら「かんざらし」がいただけるお店です。

「しまばら水屋敷」 内観 34156756 大広間です。

出典:旅浪漫さんの投稿

庭を通り抜け母屋に入ると、広間に通されます。テーブル同士の間隔が広く、ゆったりと過ごせるのがうれしいですね。店内には、猫の置物がいっぱい並んでいます。

「しまばら水屋敷」 料理 34156666 かんざらしセット

出典:旅浪漫さんの投稿

こちらは、かんざらしと抹茶がセットになった「かんざらしセット」。お団子はモチモチしていて、甘い蜜との相性がバツグン。そんなに甘くないので、食べやすいですよ。

「しまばら水屋敷」 料理 64647756 あずき抹茶セット(かんざらしあずき)

出典:龍泉さんの投稿

「あずき抹茶セット」は、「かんざらし」の上にあずきがトッピングされたもの。秋から冬には、こちらのかんざらしもおすすめです!

早速一口・・まあ定番の組み合わせなので相性は問題なし。程よく冷やした白玉は喉越しが良く美味。来店時は暑かったので涼感を得ることもできました。抹茶は・・つぶ餡に合い普通に美味しかったです。

出典:『アーケード内で島原名物"かんざらし”を提供する喫茶処』by 龍泉 : しまばら水屋敷 - 島原/カフェ [食べログ]

しまばら水屋敷の詳細情報

しまばら水屋敷

島原、島鉄本社前 / カフェ、和菓子、喫茶店

住所
長崎県島原市万町513
営業時間
11:00ころ~17:00ころ(L.O.16:30) (かんざらし売切れ次第閉店) 16:30に入口が閉まります
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

速魚川

「速魚川」 外観 34471633

出典:taktak99さんの投稿

創業明治10年。九州で二番目に古いという金物屋さんに併設されているのが、「速魚川(はやめがわ)」です。木造のしっかりとした建物が、目印ですよ。

「速魚川」 内観 14449259 こちらが喫茶スペース。

出典:焼肉姉妹さんの投稿

中庭に面した店内は、風が通り抜けて気持ちよく過ごせそうな作り。静かなたたずまいに癒されます。

「速魚川」 料理 14449295 寒ざらし(400円)♥

出典:焼肉姉妹さんの投稿

レトロでかわいい器で提供される「かんざらし」。初めて食べる人でも、懐かしさを感じることが出来るやさしい味わいです。

ハチミツ色の美しい蜜の中に浮かぶ小さな白玉。

あ・・・!
この蜜、べっこう飴の味だ♪

砂糖を煮詰めて作ってある蜜。
これがひんやりと白玉に味わいを添えています。
甘みはほどよく、やさしく*・゜゚・*:.

懐かしい味に、零れる笑み。

出典:『永遠の前の日。:..*.゜:..』by 焼肉姉妹 : 速魚川 (ハヤメガワ) - 島原/喫茶店 [食べログ]

速魚川の詳細情報

速魚川

島原、島鉄本社前 / 喫茶店、そば・うどん・麺類(その他)、かき氷

住所
長崎県島原市上の町912 猪原金物店 中庭
営業時間
11:00~18:00(L.O.17:30) ※混雑時、早めに受付終了の場合あり
定休日
水曜日、第3木曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

中屋喫茶部

「中屋喫茶部」 料理 6012620

出典:e-シュンさんの投稿

海産物やみそなどを販売する「中屋商店」のお隣にあるのが、「中屋喫茶部」。築100年もの歴史がある味噌蔵をリノベして作ったお店では、地元で「中屋のおばあちゃん」と呼ばれる80代のオーナー手作りの「かんざらし」がいただけます。

A post shared by Naoto Tanaka (@naotaro_pon) on

ひとつひとつ心をこめて丸めた白玉団子は、やわらかくてほどよい甘みのシロップとナイスマッチ!一度食べたら、ファンになること間違いなしの味わいです。

中屋喫茶部の詳細情報

中屋喫茶部

島原 / 甘味処

住所
長崎県島原市城内1-1186
営業時間
10:00~18:00 [1月・2月] 10:00~17:30
定休日
木曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

青い理髪舘 工房モモ

「青い理髪舘 工房モモ」 外観 67095037 外観

出典:空しゃん♫さんの投稿

島原城近く、森岳商店街の中にある喫茶店「青い理髪舘 工房モモ」。店名の理髪店は、この建物がかつて理髪店だったことに由来します。大正12年に建てられたこの建物は、登録有形文化財に指定されているんですよ。

「青い理髪舘 工房モモ」 内観 22080799 店内のテーブル席

出典:セシモテレビさんの投稿

店内には、壁一面の大きな鏡や柱時計など歴史を感じるものがいっぱい。レトロなインテリアが好きな人には、たまらない味わいがありますね。

「青い理髪舘 工房モモ」 料理 40299489 ハート型がひとつ(*^^*)。

出典:sophia703さんの投稿

こちらの「かんざらし」をよく見ると…白玉団子がひとつだけハート型をしています!心にくい演出ですね。こちらのお店では、「湧水コーヒー」やパスタ・ピザなどの食事メニューも揃っています。食事のあとに「かんざらし」をデザートに、というコースがおすすめです。

「かんざらし」は、仄かな甘さの冷たくサラリとしたシロップの中に、小さな白玉団子。
なんて優しくて、涼しげな甘味でしょう。
まーるい白玉の中にたったひとつだけ、ハート型の白玉が入っていました。カワイイ。

出典:『静かな時間が流れる、古き理髪館。』by sophia703 : 青い理髪舘 工房モモ (アオイリハツカンコウボウモモ) - 島原/喫茶店 [食べログ]

青い理髪舘 工房モモの詳細情報

青い理髪舘 工房モモ

島原 / 喫茶店、洋菓子(その他)

住所
長崎県島原市上の町888-2
営業時間
[月] 10:30~17:00 [火~日] 10:30~19:00
定休日
木曜日、第1・3水曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

島原市役所武家屋敷売店

「島原市役所武家屋敷売店」 外観 37484495

出典:jpggifpng3さんの投稿

島原の観光名所、武家屋敷通りにある休憩所「島原市役所武家屋敷売店」。こちらでも、「かんざらし」をいただくことができます。散策途中の甘いもの補給に、いいですね。

「島原市役所武家屋敷売店」 外観 14835915 庭には池があります

出典:なくらいどんさんの投稿

水車が印象的な庭を見ながら、「かんざらし」をいただいてみましょう!

「島原市役所武家屋敷売店」 料理 14835959 寒ざらし。店内で食べると、お茶がついてきます。

出典:なくらいどんさんの投稿

散策で疲れたからだに染み渡る「かんざらし」。やさしい甘さが、疲れをとってくれそう。シロップは品のある甘さで、飲み干そうと思えば飲み干せちゃうくらいですよ!

「島原市役所武家屋敷売店」 料理 37886742 団子は米粉です

出典:100万豚力さんの投稿

ちっちゃいお団子なので、するするっとのどを通っていきます。この食べやすさも、美味しさのポイントのひとつです。

島原市役所武家屋敷売店の詳細情報

島原市役所武家屋敷売店

島原 / 甘味処

住所
長崎県島原市下の丁1994-1
営業時間
9:00~17:00
平均予算
  • ~¥999

データ提供

素朴でやさしいスイーツ

島原の名物スイーツ、「かんざらし」をご紹介しました。見た目も味わいも素朴だけれど、天然の湧き水が作り上げる味わいはここにしかない特別なもの。機会があったら、ぜひ「かんざらし」を試してみてほしいです。

長崎県のツアー(交通+宿)を探す

このレストランの紹介記事

関連記事

SNSで人気

関連キーワード