アトレ恵比寿西館にも4月15日にオープン!飛躍中の「猿田彦珈琲」が気になる!

アトレ恵比寿西館にも4月15日にオープン!飛躍中の「猿田彦珈琲」が気になる!

恵比寿にあるわずか8.7坪の店舗からスタートした猿田彦珈琲。焙煎から抽出までこだわったスペシャルティコーヒーを、お客様とのコミュニケーションを大切に心をこめて提供する猿田彦珈琲は、サードウェーブを超えて日本のコーヒーシーンを牽引する存在です。2015年にオープンしたアトリエ仙川や、2016年春にオープンするアトレ恵比寿店と、着実に飛躍し続ける猿田彦珈琲の魅力に迫ります。

2016年09月07日

日本のコーヒーシーンを牽引する猿田彦珈琲

「猿田彦珈琲 恵比寿本店」外観 105006 看板

出典:ゆずみつさんの投稿

コーヒー界の「アップル」とも呼ばれるブルーボトルコーヒーの日本出店など、2015年はサードウェーブコーヒーが注目されましたが、早くも第4の波の兆しが見え始めています。このフォースウェーブを予感させるのが恵比寿に本店を構える猿田彦珈琲。

恵比寿からスタートした猿田彦珈琲

「猿田彦珈琲 恵比寿本店」外観 105009 外観

出典:たかひーさんの投稿

猿田彦珈琲本店のオープンは2011年6月。恵比寿東口の小さな店舗からスタートしました。オーナーの大塚朝之さんは、15歳から俳優として活躍した後、コーヒーの奥深さに魅入られて転身したという経歴の持ち主。下高井戸の炭火焙煎も手がけるコーヒー豆店で数年修行をした後、スペシャルティコーヒーの店を開くという夢を実現させたのが、この恵比寿本店なのです。
「猿田彦珈琲 恵比寿本店」内観 105011

出典:驢馬人さんの投稿

恵比寿本店はわずか8.7坪の小さな店舗です。開店時には資金がなく仲間と廃材を集めて内装を作り上げていったという店内は、廃材を生かしたようなテーブルや昔の小学校のような懐かしい椅子が並んだアットホームな雰囲気。お客様と店員の間に友人同士のような会話が流れ、人間味のある接客を通して丁寧にドリップされたコーヒーを提供しています。
「猿田彦珈琲 恵比寿本店」内観 105013 小さなテーブルが4席とカウンターのみの小さなお店です。

出典:ゆめゆめさんの投稿

廃材を多く利用した手作り感溢れる小さな店内。

焙煎から抽出までこだわったスペシャルティコーヒー

「猿田彦珈琲 恵比寿本店」ドリンク 105015

出典:ivu_g322さんの投稿

猿田彦珈琲では焙煎から抽出までこだわったスペシャルティコーヒーを、ハンドドリップとエスプレッソマシンで、一杯ずつ心を込めて提供します。人気があるのは酸味と苦味が効いた深煎りの「猿田彦フレンチ」や、しっかりコクがあり飲みやすい中深煎り「恵比寿ブレンド」。また蜂蜜のラテ、洋ナシ風味の生キャラメルラテなどのオリジナルのラテメニューもおすすめです。
「猿田彦珈琲 恵比寿本店」ドリンク 105017

出典:non_ismさんの投稿

ハンドドリップのコーヒーはほっと落ち着く美味しさです。

「猿田彦珈琲 恵比寿本店」ドリンク 105018 朝のラテ

出典:バオバブさんの投稿

洋ナシ風味の生キャラメルラテは香りと苦味が程よい絶妙なバランス。甘過ぎずほのかな甘さと香りなので、飲みやすいコーヒーをお好みの方におすすめです。

店内には10席程しか席がということもあり、テイクアウトのお客様が多いのも特徴。朝の忙しい時間帯などには、店先の簡易カウンターでモーニングコーヒーの販売も行われています。
「猿田彦珈琲 恵比寿本店」ドリンク 105020

出典:HUKUOKAさんの投稿

テイクアウトカップもおしゃれ。「今日も1日頑張ってください」と、笑顔で手渡してくれます。

「猿田彦珈琲 恵比寿本店」その他 105021 近隣にあるショップ

出典:Kyo-72さんの投稿

店内では珈琲豆や器具なども販売しています。

猿田彦珈琲 恵比寿本店の詳細情報

猿田彦珈琲 恵比寿本店

恵比寿、代官山 / コーヒー専門店、カフェ

住所
東京都渋谷区恵比寿1-6-6 斎藤ビル 1F
営業時間
[平日] 8:00~翌0:30 [土・日・祝] 10:00~翌0:30
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

2015年には仙川にもオープン

「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」外観 776224 猿田彦珈琲 アトリエ仙川

出典:chinekoさんの投稿

オーナーの大塚朝之さんが2014年に大手の缶コーヒーの監修を行ったことや、サードウェーブコーヒーが注目されたことにより、猿田彦珈琲は一気に有名になりました。そして2015年には大塚さんの出身地である仙川に、猿田彦珈琲アトリエ仙川をオープン。俳優時代に大塚さんがよく通ったというスターバックス仙川店と、星野珈琲店に挟まれている上に、裏にはカフェ・カルディーノがあるというカフェ激戦区への出店です。

恵比寿本店の7倍の大きさ

「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」外観 105028 おしゃれな入口

出典:big_birdさんの投稿

猿田彦カラーである淡いブルーが特徴の外観。

細長い長方形の2階建のビルは大きなガラス面が目を引くモダンな外観です。2階には焙煎エリアもある60坪の店内は、恵比寿本店の7倍の広さ。恵比寿本店と同じく廃材やブルーグレーを使った落ち着いた内装になっています。
「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」内観 105030 2015/06/07 2Fの焙煎エリア

出典:バオバブさんの投稿

2階の奥にある焙煎エリア。猿田彦珈琲の焙煎工場も兼ねているお店です。

「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」内観 105031

出典:chinekoさんの投稿

半円を描いたガラス天井とガラス張りの壁から差し込む自然光が、なんとも心地よい2階席。

「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」内観 105032 こちらのテラス席はペットOKです。

出典:chinekoさんの投稿

テラス席はペット連れも可能。屋根があるので多少の雨でも大丈夫です。

お客様との交流が鍵。フォースウェーブの発信を目指す

この仙川店ではお客様との交流を大切にすることをテーマに作られており、この日本流のコミュニケーションこそ、猿田彦珈琲の目指す「フォースウェーブ」が発信できる鍵のようです。
「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」内観 105035 札

出典:shigerunrunさんの投稿

オーダーをしたら番号札をテーブルに置いて待ちます。

「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」ドリンク 105036

出典:Yuffyさんの投稿

一杯ずつ丁寧に淹れるというスタイルは、大きくなった仙川店でも変わりません。

カフェメニューもあります

アトリエ仙川ではコーヒーと似合うちょっとした軽食やスイーツも楽しめます。
「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」料理 105039

出典:shigerunrunさんの投稿

「猿田彦のスラット」
もちもちしたマッシュポテトの上に卵を落として湯煎にかけた話題のエッグスラットは、バゲットスライスと一緒に。軽い食事にぴったりの一皿です。

「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」料理 105040 よしえさんちのbiscuit&オレンジナッツとキャラメルパイ

出典:chinekoさんの投稿

猿田彦ロゴの入った「よしえさんちのbiscuit」と「オレンジナッツとキャラメルパイ」。よしえさんちのbiscuitは、かぼちゃ種入りの香ばしい硬めのビスケットです。甘さ控えめなので、甘いラテなどと合わせるとおいしくいただけます。

「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」料理 105041 珈琲かすてら 蜂蜜と珈琲豆が入ってすごい美味しかったです!

出典:shigerunrunさんの投稿

蜂蜜と珈琲豆が入った「珈琲かすてら」

猿田彦珈琲 アトリエ仙川の詳細情報

猿田彦珈琲 アトリエ仙川

仙川、つつじケ丘 / カフェ

住所
東京都調布市仙川町1-48-3
営業時間
[月~金] 7:00~22:30(L.O) [土・日・祝] 9:00~22:30(L.O) 現在の営業時間は10:00~21:00
定休日
無休(1月1日~1月3日のみ休み)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

アトレ恵比寿西館に4月15日オープン!

恵比寿のシンボル的な存在である駅直結型のショッピングパーク「アトレ恵比寿」では、2016年4月15日に西館をオープン。その中に猿田彦珈琲もオープンすることが決まりました。ショッピングの合間や、出勤や通学の途中でも立ち寄ることができるロケーション!軽食の提供も予定しているそうで、猿田彦珈琲をもっと日常的に楽しめるようになりそうです。

近くの猿田彦珈琲へ足を運んでみて♪

「猿田彦珈琲 アトリエ仙川」ドリンク 105048 ドリップ中

出典:shigerunrunさんの投稿

店舗は恵比寿や仙川のほかにも、表参道や渋谷などにもあります。日本のコーヒーシーンを牽引する猿田彦珈琲は、今後もっともっと飛躍していき、店舗を拡大していくことでしょう。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

このレストランの紹介記事

関連記事

SNSで人気

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先