2020年07月28日

ちょっと足を延ばして極上の女子旅。たっぷり癒される「あわら温泉」の旅館7選

ちょっと足を延ばして極上の女子旅。たっぷり癒される「あわら温泉」の旅館7選

福井は東尋坊(とうじんぼう)や永平寺(えいへいじ)といった観光スポットや、越前ガニをはじめとした海の幸が満載。京都や大阪からなら約2時間ほど、名古屋からでも2時間半ほどで行けちゃうんです。女子旅で行ってみたいと思える魅力に溢れていますが、そのまま福井市中心部に泊まるんじゃ芸がない!今回おすすめしたいのは「関西の奥座敷」と呼ばれ、たっぷり癒してくれるお風呂と最高の食事を味わえ、存分に女子旅を楽しめる芦原(あわら)温泉の旅館をご紹介します。

せっかく福井に行くなら足を伸ばしたい「関西の奥座敷」

出典:Y&Sさんの投稿

断崖絶壁と日本海の美しさが融合した「東尋坊(とうじんぼう)」。700年以上の歴史を誇る禅の癒し空間「永平寺(えいへいじ)」など、福井が誇る観光スポットにもアクセスしやすく、「関西の奥座敷」とも呼ばれて親しまれる芦原(あわら)温泉。ここには女子旅には欠かせない“最高の料理とお風呂”を味わえる極上ホテルが集まっているんです。

日本海の新鮮な海の幸、そして宿ごとに異なる泉質も魅力

福井には、思わず舌が唸る新鮮な海の幸がたくさんあります。まさに本場の「越前ガニ」やお刺身の数々を味わうことができますし、あわら温泉では宿ごとに温泉の井戸を引いているため、それぞれ違った感触のお湯を楽しむこともできちゃうんです。

実は、近隣都市からもスムーズに来れちゃう♪

実は、近隣都市からもスムーズに来れちゃう♪2242635

出典:おにころんさんの投稿

「あわら温泉って、かなり遠いんじゃ?」なんて思うのは大きな誤解。大阪から特急電車に乗ると、約2時間で最寄りのJR芦原温泉駅に到着。特急停車駅なので、名古屋・金沢からのアクセスもバッチリ!ちなみにJR線で福井駅から約20分、ローカル線の風情も味わえる「えちぜん鉄道」を使っても福井駅からおよそ40分です。そんなあわら温泉で、女子旅におすすめの旅館をご紹介します。

1.日本庭園に展望大浴場と、開放感を味わえる「グランディア芳泉」

福井を一望できる展望温泉に浸かり、天にも昇る心地よさ

福井を一望できる展望温泉に浸かり、天にも昇る心地よさ2220718

出典:

「グランディア芳泉(ほうせん)」のアイコンとも言えるのが、2015年にリニューアルオープンした「天上のSPA『月の湯』『星の湯』」です。あわら温泉のある坂井平野の田園風景が一望できるのはもちろん、夜になれば天候次第で極上の「月」や「星」を眺めることができますよ。

タイプの異なる離れや別邸に泊り、いつもと違う時間

タイプの異なる離れや別邸に泊り、いつもと違う時間2220747

出典:

それぞれ趣きが異なる離れを備えているのも魅力の一つ。別邸 個止吹気亭(ことぶきてい)には全16室のスイートが。利用者しか足を踏み入れない特別な空間で、存分に温泉を楽しみ、北陸の海の幸をふんだんに盛り込んだ懐石料理を味わい、ゆったりと流れる時を過ごす。これ以上ない贅沢な体験ができますよ。

広大な日本庭園をはじめ、日常を忘れさせてくれる空間

広大な日本庭園をはじめ、日常を忘れさせてくれる空間2220749

出典:

また、「グランディア芳泉」には約7000坪にも及ぶ広大な日本庭園が広がっています。四季を感じさせてくれる“緑”を眺めながらラウンジで一息、なんて過ごし方もできますね。館内施設の充実ぶりも嬉しいポイントです♪

公式詳細情報あわら温泉 グランディア芳泉

あわら温泉 グランディア芳泉

芦原温泉 / 高級旅館

住所
福井県あわら市舟津43-26
地図を見る
アクセス
JR北陸本線・芦原温泉駅より車で約10分(送迎有・要予約)/...
宿泊料金
9,900円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

9,900円〜 / 人

もっと見る

データ提供

2.歴史を感じる明治創業の老舗「伝統旅館のぬくもり 灰屋」

老舗の風情がそのまま残る温かみ

老舗の風情がそのまま残る温かみ2220763

出典:

明治17年に創業した、あわら温泉でも歴史ある老舗旅館に数えられる「伝統旅館のぬくもり 灰屋(はいや)」。十数年前、全面リニューアルをおこなった際に宮大工の手によって再現した創業当時の玄関は趣きがあり、エントランスロビーから見える庭園は開放的な美しさです。

3つの宿泊棟はどれも「おもてなし」に溢れる

3つの宿泊棟はどれも「おもてなし」に溢れる2231311

出典:

宿は、松風庵(しょうふうあん)、十楽棟(じゅうらくとう)、観月亭(かんげつてい)と3つの宿泊棟に分かれていますが、その中でも松風庵は日本庭園付きの離れ座敷が15部屋。一つひとつ造りが異なり、露天風呂付の部屋も。情緒たっぷりの時を過ごせますよ。

越前の幸にこだわった料理に舌鼓

越前の幸にこだわった料理に舌鼓2231314

出典:

越前の自然が生み出す旬の幸を味わえるのも、灰屋の魅力の一つ。四季に合わせた郷土懐石から越前ガニのフルコース、地元のブランド牛・若狭牛、活アワビ、鯛しゃぶなどに舌鼓を打つのはいかがでしょうか?

公式詳細情報あわら温泉 伝統旅館のぬくもり 灰屋

あわら温泉 伝統旅館のぬくもり 灰屋

芦原温泉 / 高級旅館

住所
福井県あわら市温泉2-205
地図を見る
アクセス
JR北陸本線芦原温泉駅から路線バスにて10分。北陸道金津IC...
宿泊料金
11,000円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

11,000円〜 / 人

もっと見る

データ提供

3.非日常の空間は女子に嬉しい特典がたくさん「まつや千千」

圧巻の源泉大浴場は、女子力も磨いてくれる!?

圧巻の源泉大浴場は、女子力も磨いてくれる!?2231319

出典:

「まつや千千(せんせん)」の自慢はなんといっても、北陸最大級の呼び声も高い源泉大浴場です。女性の浴場にはエステ、ヒーリングサウナ、寝湯も揃うなどバラエティ豊か。シャンプーバーも用意されていて、女子のココロをくすぐります。

特別客室で過ごせば、そこは非日常

特別客室で過ごせば、そこは非日常2231323

出典:

客室もおもてなしを感じられる落ち着いた趣きですが、その中でも「時忘れ 離座(はなれざ)」は源泉露天風呂を備えた豪華客室。たまには女子同士、大人の贅沢を感じてみるのも良いのではないでしょうか。

オシャレを楽しめるのも、女子には嬉しい♪

オシャレを楽しめるのも、女子には嬉しい♪2231326

出典:

さらに、女子限定のサービスとして色浴衣の貸し出しサービスも用意。アロマポットの貸し出しやアメニティのプレゼントなどもあり、至れり尽くせりのサービスに癒されちゃいますね。

公式詳細情報北陸 あわら温泉 まつや千千

北陸 あわら温泉 まつや千千

芦原温泉 / 高級旅館

住所
福井県あわら市舟津31-24
地図を見る
アクセス
■車:北陸道金津ICより15分 ■JR:芦原温泉駅より送迎有...
宿泊料金
9,400円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

9,400円〜 / 人

もっと見る

データ提供

4.庭園露天風呂や足湯などゆったり温泉三昧「清風荘」

北陸最大級の広さを誇る露天風呂で極上のリラックス

北陸最大級の広さを誇る露天風呂で極上のリラックス2231361

出典:

あわら温泉随一の規模を誇る「清風荘」の自慢は、源泉100%の庭園露天風呂。圧倒的な広さと開放感を味わえます。また、竹林を眺めながら入ることができる足湯「歩歩歩(ふふふ)」、2018年オープンの炭酸泉風呂付き大浴場「木もれ陽の湯」もおススメですよ♪

北陸の幸をバイキングで好きなだけ♡

北陸の幸をバイキングで好きなだけ♡2231367

出典:

「清風荘」では、北陸の新鮮な幸の数々をバイキングで存分に味わえます。季節の天ぷらやステーキなどはその場で調理。また、期間限定の「蟹プラン」や贅沢カニふぐバイキングなども用意されています。

趣きの異なる部屋の数々――あなたはどこへ泊る?

趣きの異なる部屋の数々――あなたはどこへ泊る?2231370

出典:

客室も様々なタイプが揃い、それぞれに魅力的。北欧×和をテーマとした「蘆庵(ろあん)」や異なる趣きの13室がラインナップされた「十三の風」。何度も泊まりに行って「次はこの部屋に」なんて選ぶのもいいですね♪

公式詳細情報清風荘

清風荘

芦原温泉 / 高級旅館

住所
福井県あわら市温泉3-803
地図を見る
アクセス
JR:あわら温泉駅より15分 (迎えバス有り 要予約) /車...
宿泊料金
6,600円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

6,600円〜 / 人

もっと見る

データ提供

5.広々とした空間と充実の施設で長く過ごせる「政竜閣」

大きな「石」が印象的なお風呂の数々

大きな「石」が印象的なお風呂の数々2231378

出典:

「政竜閣(せいりゅうかく)」の名物となっているのが、巨石が使われた温泉風呂の数々。越前海岸にある自然が作ったトンネル『呼鳥門(こちょうもん)』をイメージして作られた大巨石風呂「呼鳥門風呂」をはじめ、滝の音が響く「鶴亀の湯」や貸切の岩風呂もあります。

お部屋でずっと過ごせる!?充実の設備が自慢!

お部屋でずっと過ごせる!?充実の設備が自慢!2231384

出典:

温泉に行ったらみんなで卓球がしたい、でも他のお客さんが使っている…。なんて心配が無用なのも「政竜閣」の魅力。なんと、卓球台やカラオケがお部屋に用意された客室が。誰にも気兼ねなく女子同士でタップリ遊んで盛り上がれますね。他にも、マッサージ器付きのお部屋や趣きの異なる和洋室もありますよ。

貸切岩盤浴でリラックスしたひとときを

貸切岩盤浴でリラックスしたひとときを2231389

出典:

また、貸切の個室となる岩盤浴があり、専用の浴衣やテレビが用意されています。自分たちのペースでリラックスした時間をゆっくりと過ごせますよ。

公式詳細情報あわら温泉 政竜閣

あわら温泉 政竜閣

芦原温泉 / 旅館

住所
福井県あわら市西温泉1-102
地図を見る
アクセス
えちぜん鉄道芦原湯の町駅随時送迎/JR芦原温泉駅よりバス13...
宿泊料金
5,400円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

5,400円〜 / 人

データ提供

6.回廊庭園と温泉で癒しを味わう「美松」

旅館いちばんの自慢は、回廊庭園!

旅館いちばんの自慢は、回廊庭園!2231407

出典:

「美松(みまつ)」一番の特徴となるのが、多くの部屋から眺めることができる回廊庭園です。季節ごとに表情を変えてくれる植物の数々、池や燈篭、朱塗りの橋が揃った景色は、まるで美しい絵画のようです。

バラエティに富んだ露天風呂付客室が28室もある!

バラエティに富んだ露天風呂付客室が28室もある!2231417

出典:

「美松」にはなんと28室もの露天風呂付客室が揃っています。檜風呂や石風呂、信楽焼風呂と部屋ごとにバラエティに富んでいますし、回廊庭園を眺められる客室もありますよ。好みに合わせて選べるのは楽しいですね。

開閉ドーム式大浴場はとっても開放的

開閉ドーム式大浴場はとっても開放的2231434

出典:

さらに、大浴場のクオリティも随一。開閉ドーム式の大浴場「太陽殿」で日の光や爽やかな風、星空や月を眺めながら温泉を堪能できます。いつもとは違う時間を過ごせる、リラックスした女子旅になることは間違いありません。

公式詳細情報北陸 福井 あわら温泉 美松

北陸 福井 あわら温泉 美松

芦原温泉 / 高級旅館

住所
福井県あわら市舟津26-10
地図を見る
アクセス
JR北陸本線-芦原温泉駅(要予約)/北陸道 金津ICより約1...
宿泊料金
4,900円〜 / 人
宿泊時間
14:00(IN)〜 12:00(OUT)など

4,900円〜 / 人

もっと見る

データ提供

7.大人の安らぎと魅惑のスイーツ「ホテル八木」

静かな空間で深くリラックス

静かな空間で深くリラックス2231528

出典:

「ホテル八木」では『気兼ねなく、心地よく』をテーマに、サービス内容や施設を限りなくシンプルに。接客は必要最小限、団体の宴会をおこなわないという徹底ぶりにより、騒々しい声が館内に響くことは一切ありません。過度な接客に戸惑うこともないですし、静かな時を過ごせます。

源泉かけ流しの温泉で、身体をゆっくり休めて

源泉かけ流しの温泉で、身体をゆっくり休めて2231542

出典:

加水一切ナシの源泉かけ流しの露天風呂をはじめ、気兼ねなく温泉が楽しめる有料の貸切風呂などのお風呂設備も充実。循環ろ過装置を備えているので衛生面の心配もなく、24時間入浴可能なのも嬉しいポイントです。

地産地消のビュッフェと季節ごとのスイーツの誘惑

地産地消のビュッフェと季節ごとのスイーツの誘惑2231552

出典:

料理は、旬と地産地消にこだわったビュッフェが楽しめる他、夏ならメロン、秋なら栗、冬から春にかけてはイチゴといった具合に、季節ごとのスイーツフェアを開催。女子が思わず目移りしてしまう、甘い誘惑でいっぱいですよ。

公式詳細情報あわら温泉 ホテル八木

あわら温泉 ホテル八木

芦原温泉 / 高級旅館

住所
福井県あわら市温泉4‐418
地図を見る
アクセス
【車】北陸自動車道金津ICより約15分【電車】JR北陸本線芦...
宿泊料金
38,500円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

38,500円〜 / 人

もっと見る

データ提供

関西の女子旅なら「あわら」でしょ!

関西の女子旅なら「あわら」でしょ!2245704

出典:おにころんさんの投稿

関西エリアで癒しを求める女子旅なら「あわら温泉」をチェックしておきましょう。このエリアには他にも魅力が満載。国内最大規模となる約50本のウォータースライダーを擁する「芝政ワールド」をはじめ「越前松島水族館」など、名所や史跡以外にも多くの観光スポットがありますよ。ぜひともあわらで、女子旅を満喫してくださいね。

紹介ホテルを比べてみる

福井県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ