2016年05月29日

京都の夜はここで決まり!京町屋の雰囲気を楽しむバー10選

京都の夜はここで決まり!京町屋の雰囲気を楽しむバー10選

京都でふらっとお酒を飲みに行きたくても、なかには「一見さんお断り」という格式高いお店もあるので、観光客にはなかなか敷居が高いイメージがありますよね。今回は、京都らしい雰囲気を堪能できて、観光客やバー初心者でも比較的入りやすい「町屋バー」を紹介します。

町屋が軒を連ねる「花街」

町屋が軒を連ねる「花街」600481

出典:yosshy99837さんの投稿

京都の魅力の1つに「花街(かがい)」と呼ばれる、舞妓さんや芸妓さんに会える地域があります。その中でも祇園の周辺や先斗町(ぽんとちょう)は、昔ながらの町家が軒をつらねる場所で、中にはバーとして活用されているものも。京都らしい風情をたっぷりと味わえるバーを探す場合、これらのエリアを訪れるといいでしょう。

町屋が軒を連ねる「花街」600328

出典:ゆず マンさんの投稿

町家には昔、芸妓さんが自宅として使っていたお茶屋さんだった建物などもあります。当時の花街の雰囲気がしのばれますね。

おすすめ町屋バーで古都の風情を満喫

ではさっそく、観光客やバー初心者さんにもおすすめな「町屋バー」を紹介します。先にお伝えした祇園や先斗町周辺のお店もたくさんラインナップしています。京都の魅力を存分に体感してくださいね。

ぎをん フィンランディア バー

「フィンランディア バー」外観 600628 京の町屋の外観

出典:KEN21さんの投稿

うっかり通り過ぎてしまいそうなほど、小さな看板しか出ていないのでくれぐれもご注意を。昔は芸妓さんの自宅だったという町家です。店名の由来は、オーナーがもともとフィンランド料理店の経営者だというところからきています。

「フィンランディア バー」内観 600650 素敵でしょう (2014/01)

出典:bottanさんの投稿

1歩店内に入れば、桜の木のフォルムを生かしたカウンターが目を惹くシックな空間が広がります。他のお店ではなかなか置いていない北欧のお酒が豊富に取り揃えてあります。

「フィンランディア バー」内観 600636 テーブル席 (2014/01)

出典:bottanさんの投稿

こちらはテーブル席。
お酒のシェイキングの音も味わってほしいという思いから、BGMを流さないのがこの店の特徴。居心地の良いソファ席だとさらに落ち着けます。

フィンランディア バーの詳細情報

5000

フィンランディア バー

祇園四条、京都河原町、三条京阪 / バー

住所
京都府京都市東山区祇園町南側570-123
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

祇園サンボア

「祇園サンボア」外観 600500 開店前

出典:akiiさんの投稿

「サンボア」は京都・大阪・東京に計14店舗ある老舗のバーチェーンです。ちなみにこちらの祇園サンボアは「ハイボール」の発祥の地なんですよ。

「祇園サンボア」内観 600508 珍しく、お客さんいませんね。

出典:bottanさんの投稿

ひじ掛け付きのクラシカルな長いカウンターは全20席。ごひいきの著名人も多いという祇園の有名店です。

「祇園サンボア」内観 600573 一番奥から入口方面を撮っています。ここにもテーブルがあるんですよ。団体で来たときなどは良いかも知れませんね。

出典:kazuchiさんの投稿

お店の一番奥にテーブル席もあるので、少し多い人数で訪れても落ち着けます。

祇園サンボアの詳細情報

5000

祇園サンボア

祇園四条、京都河原町、三条京阪 / バー

住所
京都府京都市東山区祇園町南側570-186
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

ザ・コモン・ワン・バー・キョウト

「ザ・コモン・ワン・バー・キョウト」外観 601654 この看板を見つけてください

出典:Mハルさんの投稿

この先にバーがあるのかと不安になるような門構え。小さな格子戸からお店の入口までの間、長い小路が続きます。祇園の中心地にあり、周辺にはお茶屋さんなどが軒を連ねています。

「ザ・コモン・ワン・バー・キョウト」外観 601659 中庭と正面の玄関です。

出典:てるてる!(^^)!さんの投稿

小路を抜けると、格式のある料亭のような佇まいの入口が見えてきます。こちらは「何生館(かしょうかん)」です。お茶室やお稽古ごとに使われたり、伝統や文化に親しめるスペースとなっていて、この奥にバースペースがあります。

「ザ・コモン・ワン・バー・キョウト」内観 601679 カウンター席はホテルのメインバーみたい

出典:bottanさんの投稿

店内には和室の個室などもあって(要予約)、祇園らしい趣きを堪能できるお店です。系列店の「ぎをんフィンランディアバー」より隠れ家的な雰囲気で、入るのに少し勇気がいるかもしれませんが、京都の風情をぜひ味わって欲しいバーです。

ザ・コモン・ワン・バー・キョウトの詳細情報

5000

ザ・コモン・ワン・バー・キョウト

祇園四条、三条、三条京阪 / バー

住所
京都府京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町46 何生館内
営業時間
18:00~翌2:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999

たすき

「お茶と酒 たすき」外観 601746 入口

出典:Mハルさんの投稿

祇園白川沿い。東京・表参道の「BATON」というリサイクルショップが運営しているショップ併設型のカフェ&バー。左手がショップで、右手にカフェ&バーがあります。

「お茶と酒 たすき」内観 601784

出典:angelsさんの投稿

こちらは半個室のテーブル席。昼間は11:00~19:00までがカフェタイム、それ以降~翌朝4:00までバーとして営業しています。

「お茶と酒 たすき」ドリンク 601798

出典:もぐもぐろぐさんの投稿

バーのメニューには「番茶ハイボール」や「番茶トニック」といった、お茶と炭酸をかけたものが多くあります。カフェタイムでも、和菓子を食べながら日本酒が飲めるという、お酒好きにはうれしいお店です。

「お茶と酒 たすき」内観 601787 裏口通路

出典:Mハルさんの投稿

白川南通沿(北側)にメインの入口がありますが、こちらは反対側(南側)の出入口です。こんな所にも風情がありますね。

たすき

閉業や休業等の理由により食べログに店舗情報が存在しないか、一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

Bar 奥

「Bar 奥」内観 601927 いかにも京都らしい細い路地の奥にある築100余年の民家を改装したバー。

出典:

店名の通り、こちらのバーは路地奥にあって「隠れ家」という表現がぴったりのお店です。築100年以上の町家を改装したバーです。

「Bar 奥」内観 601929

出典:毎日外食グルメ豚さんさんの投稿

1階がカウンターとソファのテーブル席で、2階は靴を脱いであがる個室になっています。

「Bar 奥」内観 601940 「粋」な空間で、カップルにもぴったりな雰囲気。

出典:

店内の照明はすべて間接照明になっていて、落ち着いた空間を演出しています。

「Bar 奥」ドリンク 601969

出典:毎日外食グルメ豚さんさんの投稿

白味噌を使ったカクテル「舞娘(まいこ)」は京のお雑煮がモチーフになっていて、上品な甘さです。その他にも京野菜を使ったカクテルなど、オリジナルカクテルもさまざま用意されています。

Bar 奥の詳細情報

Bar 奥

烏丸、四条(京都市営)、河原町 / バー、ワインバー、焼酎バー

住所
京都府京都市下京区高倉通四条下ル高材木町221-1
営業時間
(火~土) 18:00~翌1:00 (日・祝) 18:00~翌0:00
定休日
月曜日 
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

ロッキングチェア(Bar Rocking chair)

「ロッキングチェア」外観 604977

出典:yama-logさんの投稿

四条通から御幸町通を南へ進んだところ。洋風の看板が印象的の「ロッキングチェア」があります。

「ロッキングチェア」内観 604954

出典:KEN21さんの投稿

外玄関を入ると、お店の入り口までさらに小路が続いています。

「ロッキングチェア」内観 604990 ロッキングチェア

出典:焼肉姉妹さんの投稿

店内には店名と同じく、ロッキングチェアの席も用意されています。ゆらゆら揺れながら優雅な気分でお酒を楽しめますよ。こちらは中庭が眺められる特等席。町家の古風な雰囲気とロッキングチェアが絶妙にマッチしているところも素敵です。

「ロッキングチェア」内観 604995 ウィスキーが豊富です

出典:Mハルさんの投稿

カウンターには圧倒的な種類のウイスキーが置いてあります。こちらのお店にはメニューがないので、お酒の種類や好みでバーテンダーさんにリクエストしてみましょう。

ロッキングチェアの詳細情報

500

ロッキングチェア

京都河原町、清水五条、祇園四条 / バー

住所
京都府京都市下京区御幸町通仏光寺下る橘町434-2
営業時間
[月・水・木・金・土・日] 17:00~翌1:00(翌0:30)
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥8,000~¥9,999

バー K家

「bar K家 本館」外観 602042 小さな入口です

出典:Mハルさんの投稿

奥に見える小さな入口の先には、さらに細いアプローチが続いています。

「bar K家 本館」内観 602055 店内へ入る前のエントランス上の梁

出典:アルボスさんの投稿

アプローチを進んでお店のドアを開けると、見上げるような高い天井と梁が見えます。通りからは町家の雰囲気は感じられないお店ですが、アプローチを抜けるとそこには古風な町家の風情が広がります。

「bar K家 本館」内観 602040 この日は、雪でした

出典:Mハルさんの投稿

小さな入口からは想像できないほど、店内は天井が高くて広々とした空間。カウンターからは奥庭が楽しめます。店の奥にはソファ席もあるので、数人のグループで訪れてもOK。

bar K家 本館の詳細情報

5000

bar K家 本館

京都河原町、京都市役所前、三条 / バー

住所
京都府京都市中京区六角通御幸町西入ル八百屋町103
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

別館BAR K家

「bar K家 別館」外観 602080

出典:毎日外食グルメ豚さんさんの投稿

六角通りにある「バー K家」の別館ですが、入口には小さくてシンプルな看板があるだけなので、通り過ぎないようにご注意を。

「bar K家 別館」内観 602099

出典:☆マリジェンヌ☆さんの投稿

お酒はカウンターの後ろの隠し棚に入っているので、バーカウンターでよく見られるような、ボトルに囲まれる雰囲気はありません。

「bar K家 別館」内観 602072

出典:毎日外食グルメ豚さんさんの投稿

立派な邸宅をリノベーションしたお店なので、庭が眺められる高級料亭のようなお座敷もあります。本家の「バーK家」よりさらに隠れ家的な雰囲気で、京都らしさを満喫できます。

bar K家 別館の詳細情報

bar K家 別館

京都市役所前、烏丸御池、三条 / バー

住所
京都府中京区麩屋町通三条上ル下白山町297
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

The door(ザ・ドア)

「The door」外観 602131 店の外観。

出典:loroさんの投稿

交通量が多い堀川通り沿いのお店ですが、一歩店内に入ると車の音などどこへやら。静かな大人の空間が広がります。

「The door」内観 603023

出典:tmmr1038さんの投稿

縦に長い構造を生かして、建物の中ほどに趣きのある庭を配置。この庭の奥には個室が2室用意されています。

長いカウンター席は、ひじ掛け付きの椅子になっているので楽な姿勢でお酒を楽しめますよ。

カクテルは、スタンダードなものだけを出すというこだわりのあるこちらのお店。本来のカクテルのスタイルを重んじて、オリジナルカクテルといったものはありません。しかしながらお酒を提供する際の、和の風情を巧みに取り込んだ京都らしい演出は個性的な魅力です。

ザ ドア 堀川店の詳細情報

ザ ドア 堀川店

大宮、四条大宮、四条(京都市営) / バー

住所
京都府京都市中京区堀川四条上る錦堀川町644
営業時間
18:00~翌2:00
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

<変わり種バー>京都坊主BAR

こちらも昔ながらの町家を改装した造りのバーではありますが、これまでご紹介してきたバーとはちょっと趣きが違うバーです。

「京都坊主BAR」外観 605127

出典:宇小伊神八さんの投稿

このバーのマスターは、浄土真宗本願寺派の小さなお寺の住職さんで、なんとプログラマーでもあるという3足のわらじを履く方なのです。近くの大学の仏教学科に通われている学生さんもアルバイトに来ていたりします。

「京都坊主BAR」内観 603107 カウンター

出典:じんベイさんの投稿

店内にはカウンター席とテーブル席だけでなく座敷も用意されています。ちなみにカウンター席では、マスターである住職のありがたいお説教を聞くことができます。

「京都坊主BAR」内観 603116 「おりん」を鳴らすと注文を聞きに来てくれます

出典:セロームさんの投稿

テーブル席からオーダーをする際には、こちらの「おりん」を鳴らすというシステム。さすがお坊さんがやっているバーですね!

salon&bar SAMGHAの詳細情報

salon&bar SAMGHA

大宮、四条大宮、四条(京都市営) / バー、ワインバー、カフェ

住所
京都府京都市中京区油小路通蛸薬師下る山田町526 1F
営業時間
営業時間は17:00~0:00です。 金、土は15:00~0:00です。 2024年2月のお休み 4日(日),12日(月),18日(日),25日(日) 2月12日(月)が祝日なので、11日(日)は営業いたします。 12日(月)はお休みです。
定休日
日曜日(振り替える場合があります) 詳細はHP参照
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

昔ながらの京都らしさを今に伝え、現代のナイトライフに上手に融合させた町家バー。それぞれに違う町家のたたずまいや、バーとしてのこだわりを楽しむなら、ハシゴをするのも1つの楽しみ方。バーの経験値があまりない方でも、今回ピックアップしたお店なら安心です。ぜひ行ってみてくださいね。

関連記事

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード