2021年06月28日

香川県「こんぴら温泉 琴平花壇」でのんびり温泉カップル旅を。

香川県「こんぴら温泉 琴平花壇」でのんびり温泉カップル旅を。

森鴎外・北原白秋・与謝野晶子など文人墨客が宿泊した歴史を持つ、「こんぴら温泉 琴平花壇」。数寄屋造りの離れと近代建築が融合した宿は、目と鼻の先に「金刀比羅宮」があります。神聖な場所に泊まれば、慌ただしい現実を忘れて非日常な世界に浸ることができますよ。露天風呂付き客室や貸切風呂、足湯付きテラスなど魅力たっぷり。足湯付きのテラスからは讃岐富士や琴平の街並み、そして象頭山まで臨めます。食事は、瀬戸内海の温暖な気候で育った山海の幸を会席で。カップルでゆっくりと過ごして、英気を養ってくださいね。

忙殺される日々から抜け出したい!

flatlay

忙しい日々が続くと、効率ってどんどん下がっていきますよね。睡眠を削って頑張っても大してはかどらないし、無意識のうちに甘いもの手が伸びて体が重くなったりと悪循環。そんなダメダメなループから抜け出したいと思ったら、いつもと違う環境に身を置いて気持ちを切り替えましょう。

カップルで香川県・琴平町にリフレッシュ旅

神社仏閣を巡る女性

彼氏を誘ってお泊りデートを兼ねたリフレッシュ旅を楽しめば、気持ちも家事や仕事の効率も上がりますよ。香川県の琴平町エリアは、ノスタルジックな商店街や路地があり、現実を忘れて過ごせます。パワースポットの「金刀比羅宮(ことひらぐう)」やご当地グルメの「讃岐うどん」のお店を2人で巡って楽しめます。

400年の歴史を今に紡ぐ「こんぴら温泉 琴平花壇」へ

400年の歴史を今に紡ぐ「こんぴら温泉 琴平花壇」へ2422929

出典:

泊まるなら、「金刀比羅宮」の杜の麓に建つ創業400年の老舗旅館「こんぴら温泉 琴平花壇」へ。「金刀比羅宮」と共に歴史を紡んできた旅館には、皇族、華族、森鴎外や北原白秋、与謝野晶子など往年の文人墨客が名を連ねる台帳が残され、今も彼らが愛した数寄屋造りの離れに宿泊することができます。こんな非日常、かつ、貴重な体験ができる旅館にお泊りすれば、気持ちを切り替えられますよ。

400年の歴史を今に紡ぐ「こんぴら温泉 琴平花壇」へ2422997

出典:

宿は、JR琴平駅または琴電琴平駅から徒歩約15分。無料送迎バスが運行されているので、土地勘がなくても難なくたどり着けます。チェックインは、エントランス入ってすぐの「松月テラス」1Fで。チェックイン後は、座り心地の良いソファーから老松に囲まれた「金刀比羅宮」のお旅所をぼんやり眺めたり、眼下に流れる金倉川や厳選した香川の名産品を扱うセレクトショップコーナーをみたり、香川に来たという実感を得ましょう。

心落ち着く3つの離れと3棟の客室

心落ち着く3つの離れと3棟の客室2425349

出典:

客室は、日本庭園に点在する数寄屋造りの3つ離れと、庭園を囲むように位置する3つの宿泊棟。離れも宿泊棟も趣の異なった魅力的なお部屋ばかりで、特にプレミアムルームに指定されたお部屋はレイアウトチェックや浴衣・ワッフルガウン、館内施設のお得な利用など、ラクジュアリーな宿泊特典が付くのでおすすめです。

宿を象徴するシンボリック・数寄屋造り離れ

伝統的日本庭園である回遊式庭園に点在する3つの数寄屋造り離れは、宿を象徴するシンボリックな存在。歴史や伝統美、文学に興味があるカップルやプライベートを重視したカップルにおすすめ。宿泊棟より少々お値段が張りますが、プレミアムルームの宿泊特典がいろいろつくので贅沢な滞在が楽しめます。

敷地内で最も格式の高い離れ「長生殿」

敷地内で最も格式の高い離れ「長生殿」2428825

出典:

「長生殿」は、備前屋16代目当主・当館創設者である三好源次郎が、自身の出身地である多度津より丸亀藩主・京極候の茶室を移築したもの。

敷地内で最も格式の高い離れ「長生殿」2423080

出典:

離れの中で最も大きい客室。茶室建築を取り入れた数寄屋造りの様式美をはじめ、玄関正面に茶碗と柚子を描いた琴塚英一のお軸、書院造りの客間に堀江頼直による「寒山拾得」の三幅、波打つガラス窓、糸をよって編んだ飾り房が引き立つ照明器具など。明治から大正時代の希少な設えが、贅沢に散りばめられています。

敷地内で最も格式の高い離れ「長生殿」2423083

出典:

湯殿は坪庭を眺めるヒノキ風呂。小間は鏡台やクローゼットを備えたドレッシングルームに改装し、現代にマッチした快適さも追及しています。お屋敷のようなお部屋にでゆっくり休暇を楽しめば、身も心も整いますね。

文豪が好んだ静かなる別棟「延寿閣」

文豪が好んだ静かなる別棟「延寿閣」2423187

出典:

庭園の中腹に佇む「延寿閣」は、十帖と七帖、二つの和室を広縁で囲んだ優雅な離れ屋。文豪・森鴎外が特に好んだ離れであり、小説「金毘羅」では主人公が過ごした部屋の描写として投影されています。縁側からは、かつて森鴎外も眺めたであろう桜やツツジで華やぐ庭園と琴平の町が一望できます。

文豪が好んだ静かなる別棟「延寿閣」2423188

出典:

やわらかな陽光が差し込む客間は、気品と静寂に満ちた穏やかな空間。床の間には、大隈重信から〝鴉博士〟の称号を贈られている画家・長井一禾による鴉の欄間画が掛けられ、品の良さを一層引き立てています。

文豪が好んだ静かなる別棟「延寿閣」2428826

出典:

浴室の傘張り天井や格子窓の細工なども、創業当時の姿で残されています。伝統的な様式美と作品の中で、2人の時間を穏やかに育むことができますよ。

陰影の美が際立つ水辺の離れ「泉亭」

陰影の美が際立つ水辺の離れ「泉亭」2423217

出典:

「泉亭」は、三つの離れ屋の中でも最も古い数寄屋造りで、北原白秋が滞在した客室。素朴な三和土の玄関、艶やかな網代柄の廊下、雁モチーフの金具、浴室天井の角に施された水仙の透かし彫りなど、徹底して貫かれた細やかな美意識が堪能できます。

陰影の美が際立つ水辺の離れ「泉亭」2428828

出典:

大正期に改築された歪みのある窓ガラスなど、建材を吟味し、趣向を凝らした造りが特徴です。

陰影の美が際立つ水辺の離れ「泉亭」2423218

出典:

一方、襖を取り払い、ベッドやソファを配した和モダンな客間は、高貴で優雅、気品を感じられる空間。テーブルセットが置かれた広縁からは庭園も眺められ、秋の紅葉は格段の美しさがあります。美しい景色と匠の技で、審美眼を磨かれそうです。

庭園を囲むように位置する3つの宿泊棟

庭園を囲むように位置する宿泊棟「富士見台」「松月テラス」「山翠閣」。現代にマッチした設備と趣きの異なる客室が揃っています。各棟の特徴と共にプレミアムルームも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

讃岐の大地や鎮守の森を望む、露天風呂付き客室もある「富士見台」

讃岐の大地や鎮守の森を望む、露天風呂付き客室もある「富士見台」2423448

出典:

2018年にリニューアルした「富士見台」の客室。東に讃岐平野や阿讃山脈、讃岐富士 とも呼ばれる飯野山を遠望し、西に「金刀比羅宮」の鎮守の森を臨むことができます。

讃岐の大地や鎮守の森を望む、露天風呂付き客室もある「富士見台」2423452

出典:

富士見台は、季節を肌で感じられる「露天風呂付き客室」、贅沢なスペースを確保した角部屋「和洋特別室」、讃岐富士や鎮守の森の景色が望める「和室」など、様々なタイプの客室から選べるのが魅力。「和洋特別室」と「露天風呂付き客室」はプレミアムルームです。

讃岐の大地や鎮守の森を望む、露天風呂付き客室もある「富士見台」2423458

出典:

プレミアムルームの宿泊特典を大いに活用するなら「和洋特別室」がおすすめです。5階と6階の角部屋に位置するこのお部屋は、総面積90㎡もの贅沢なスペースとなっています。

讃岐の大地や鎮守の森を望む、露天風呂付き客室もある「富士見台」2428829

出典:

10畳の和室と広縁、ツインルームや洋室と、それぞれのお部屋で景色を眺めて過ごせます。部屋風呂もついていますが、プレミアムルーム宿泊特典の貸切風呂が45分無料で入れますよ。どちらも浸かって、2人でゆったり湯浴みを楽しめます。

有形文化財の鞘橋が架かる金倉川を見渡す「松月テラス」

有形文化財の鞘橋が架かる金倉川を見渡す「松月テラス」2423481

出典:

「松月テラス」の全客室は月や朝陽の昇る東側に面し、老松に囲まれた「金刀比羅宮」のお旅所や国指定の有形文化財「鞘橋」が架かる金倉川を見渡し、讃岐富士も遠望することができます。全てが洋室タイプで、ツインルーム、バリアフリーツインルーム、トリプルルームから選べます。

有形文化財の鞘橋が架かる金倉川を見渡す「松月テラス」2423477

出典:

より寛ぎを求めるカップルには、縁側に掘り炬燵がある「ツイン」がおすすめ。洋室でありながら和のくつろぎも備えた、疲れを癒してくれるお部屋です。

有形文化財の鞘橋が架かる金倉川を見渡す「松月テラス」2428831

出典:

ウッドデッキに出れば、良い眺めと開放感を味わえますよ。こちらはシャワーブースのみ。館内の温泉大浴場を利用してみましょう。

情緒溢れる日本庭園を望む「山翠閣」

情緒溢れる日本庭園を望む「山翠閣」2428834

出典:

2019年に露天風呂付き和洋室や貸切温泉露天風呂「杜の湯」がオープンした「山翠閣」。エントランスやスタンダードな和室もリノベーションされ、ますます快適な客室に生まれ変わっています。

情緒溢れる日本庭園を望む「山翠閣」2423528

出典:

お部屋は、見える景色や趣が異なるプレミアムルーム「専有露天風呂付き和洋室(A、B、C)」、事前を身近に感じられる1階の「和室」があり、すべてのお部屋からは日本庭園が眺めることができます。

情緒溢れる日本庭園を望む「山翠閣」2423533

出典:

日本庭園を眺めながら開放感あふれる湯浴みをプライベートで楽しみたいカップルには、プレミアムルーム「専有露天風呂付き和洋室A」がおすすめ。

情緒溢れる日本庭園を望む「山翠閣」2423530

出典:

テラスには温泉露天風呂と一緒に屋外用ソファが置かれているので、長風呂女子と烏の行水彼氏の組み合わせでも仲良く同じ時間を共有できます。室内のチェアやローテーブルもセンスが良いので、優雅な気分で寛げますよ。

こんぴら温泉が楽しめる大浴場&貸切風呂

「にっぽんの温泉100選」に選ばれ、美人の湯とも呼ばれる名湯・こんぴら温泉。宿では、温泉大浴場と2つの貸切温泉露天風呂で体験できます。

野性味あふれる温泉大浴場「吉祥の湯」

宿泊者なら誰でも無料で入れる温泉大浴場。「富士見台」3Fにあります。
野性味あふれる温泉大浴場「吉祥の湯」2423587

出典:

讃岐平野や阿讃山脈を見渡し、讃岐富士とも呼ばれ親しまれている飯野山を遠望することもできる温泉大浴場「吉祥の湯」。日中は木漏れ日の向こうに広がる青空、眼下には琴平の門前町を眺め、夜はライトアップされた竹林の幻想的な雰囲気の中で湯あみが楽しめます。

趣の異なる2つの貸切温泉露天風呂

宿泊プランによって、無料・有料の条件はありますが、宿泊者ならどなたでも利用ができる貸切温泉露天風呂。「松月テラス」3Fにあります。

琴平の町の夜景でしっとり「なごみ湯」

琴平の町の夜景でしっとり「なごみ湯」2423656

出典:

歴史ある門前町や雄大な阿讃山脈を望む、貸切温泉露天風呂「なごみ湯」。存在感のある大きなヒノキ造りの浴槽や広々としたテラス、独立型シャワーブースが備わった、開放感ある広々とした空間です。

琴平の町の夜景でしっとり「なごみ湯」2428838

出典:

パウダースペースやデザインソファーも備った湯上り処も完備。お好みの音楽を聴きながら特製茶を飲み、ゆっくりクールダウンもできます。ちなみに、数寄屋造り離れと富士見台「和洋特別室」の宿泊者はプレミアムルームの宿泊特権として、45分利用無料です。

鎮守の杜に包まれた木漏れ日が降り注ぐ「杜の湯」

鎮守の杜に包まれた木漏れ日が降り注ぐ「杜の湯」2428839

出典:

2019年7月、「山翠閣」2Fにオープンした貸切温泉露天風呂「杜の湯」。御影石の浴槽を配した露天風呂は、森の緑が映り込み。小鳥の囀り、木々の香りなど、自然を感じながら湯浴みが楽しめます。

鎮守の杜に包まれた木漏れ日が降り注ぐ「杜の湯」2423670

出典:

独立型シャワーブースで冷水を浴び、広々としたテラスのデッキチェアに身を委ね、森林浴で心身をデトックス。最後は、畳敷きの湯上り処でるウォーターサーバーで水分補給をしながら、ごろん。朝に利用したい露天風呂は、「山翠閣」宿泊者なら45分利用無料となります。

香川の山海の幸を味わう

温暖な気候と豊かな自然環境に囲まれ香川ならではの山海の幸をふんだんに使ったお食事。夕食と朝食は、「松月テラス」2Fのメインダイニング「けやき」のテーブル席、庭園前のカウンター席、個室でいただきます。プレミアムルームのカップルは、部屋食の変更も可能ですよ。

プラン別に趣向を凝らした会席料理

プラン別に趣向を凝らした会席料理2424332

出典:

夕食は宿泊プランによって異なる、趣向を凝らした会席料理。香川を代表するおいしいブランド「讃岐三畜(讃岐牛・オリーブ豚・讃岐コーチン)」、てっさ・焼き・てっちりなど様々な食べ方で堪能するとらふぐ、幻のふぐとも呼ばれるご当地ふぐ「讃岐でんぶく」、瀬戸内海の旬の魚介類に香川の山里の幸、そして名物の讃岐うどんなどなど、1つに絞るのが悩ましいほど魅力的な会席コースが揃っています。

選べるわがまま朝食

選べるわがまま朝食2424337

出典:

朝食は、心も体も元気になる和定食朝食、もしくはモーニングブレッド&まちで使えるうどん券。うどん券は指定6店舗で使えるので、朝のお散歩も楽しめます。また、洋食もリクエストすれば変更可能。このありそうでない朝食サービスは、嬉しいですね。

2人で楽しむデトックス&リラックスタイム

「こんぴら温泉 琴平花壇」のおもてなしは、まだまだありますよ!

回遊式庭園を楽しむ

回遊式庭園を楽しむ2424339

出典:

山の斜面を活かして建物が点在する「琴平花壇」。伝統的な日本庭園を囲むように宿泊棟があるので、お庭を回遊しながら大浴場やメインダイニング、後ほど紹介するタイマッサージの施術施設への移動ができます。階段や傾斜は、彼にエスコートしてもらうといいですよ。

「ガーデンラウンジ」でまったりくつろぐ

「ガーデンラウンジ」でまったりくつろぐ2424520

出典:

「松月テラス」3Fにある「ガーデンラウンジ」。バーやライブラリー、マッサージチェアやインターネット接続PCの設備が整ったラクジュアリーなラウンジです。宿泊者は、コーヒーや紅茶、ソフトドリンク、夜のバータイムには地ビールをはじめとするアルコールが味わえます。

「ガーデンラウンジ」でまったりくつろぐ2428841

出典:

各種ビールやウイスキー、ワインやオリジナルカクテルなどを嗜み、チーズやスナックを摘まみにながらジャズに耳を傾け、ゆっくりと過ごすことができます。ちなみに飲み物はすべて有料ですが、プレミアムルーム宿泊者は終日ブレンドコーヒー、または紅茶が無料。さらに、バーのスパークリングワインをワンドリンクいただけます。

「ガーデンラウンジ」でまったりくつろぐ2424521

出典:

ラウンジのテラスには、無料の足湯付きテラス「月見台」があります。讃岐富士や琴平の街並み、敷地内の庭園や象頭山(琴平山)の緑、夜空に浮かぶ美しい月など見晴らし抜群。2人で寄り添い、ロマンチックなムードも楽しんで。

タイ古式マッサージで心身をほぐす

タイ古式マッサージで心身をほぐす2424522

出典:

庭園にある「バンクンメン」。タイ古式マッサージをはじめ、ハーブボールを使った全身マッサージ、タイハーブのスチームサウナ、タイ王室御用達の高級オイルを使ったボディトリートメントなどが受けられます。

タイ古式マッサージで心身をほぐす2428842

出典:

プレミアムルーム宿泊者は、全施術がステイ料金の10%オフで利用可能。カップルで体験してみては?おすすめは「世界で一番気持ちのいいマッサージ」と称されるタイ古式マッサージ。ダイナミックにストレッチしていくタイマッサージを2人で受ければ、お互いの姿やボキボキと鳴る体に笑いが起こり、和やかな雰囲気に包まれますよ。

一生に一度はこんぴらさん「金刀比羅宮 本宮」

金刀比羅宮の三穂津姫社拝殿

宿の裏口からこんぴら参道に出て、象頭山中腹に鎮座する「金刀比羅宮 本宮」を参拝しましょう。「金刀比羅宮 本宮」は、古くから「こんぴらさん」の愛称で親しまれ、金運や縁結び、商売繁盛、健康運、人生に迷ったときに良い知恵を授かけてくれるパワースポットです。

一生に一度はこんぴらさん「金刀比羅宮 本宮」2424681

出典:

そんなこんぴらさんの名物といえるのが、表参道から本宮まで続く全785段の石段!境内には、こんぴら狗の銅像や宝物館、桜の名所「桜馬場」、カフェやレストラン、展望台など。参拝以外のお楽しみもいっぱいあるので、がんばって本宮を目指しましょう。

金刀比羅宮の詳細情報

金刀比羅宮

住所
香川県仲多度郡琴平町892
アクセス
琴平駅から徒歩で50分

データ提供

神の杜に佇む老舗旅館で英気を養おう

神の杜に佇む老舗旅館で英気を養おう2423079

出典:

文人墨客も愛した「こんぴら温泉 琴平花壇」。400年の歴史を今に伝える非日常感たっぷりの数寄屋造りのお部屋や香川の贅を尽くしたお食事、温泉、老舗ならではのおもてなしをカップルで受けて、明日への英気を養いましょう。

公式詳細情報こんぴら温泉 琴平花壇

こんぴら温泉 琴平花壇

琴平・金刀比羅宮周辺 / 高級旅館

住所
香川県仲多度郡琴平町1241-5
地図を見る
アクセス
琴平駅より徒歩15分 (無料送迎バス有) 善通寺ICよりR3...
宿泊料金
7,300円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

7,300円〜 / 人

もっと見る

データ提供

香川県のツアー(交通+宿)を探す

このホテルの紹介記事

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ