2022年01月27日

【山形市】女子旅におすすめのカフェ7選|女子旅の合間にまったりしましょ

【山形市】女子旅におすすめのカフェ7選|女子旅の合間にまったりしましょ

さくらんぼが有名な「山形市」。駅前の「霞城公園(かじょうこうえん)」は桜の名所として、芭蕉ゆかりの地である山形市山寺の「立石寺」は紅葉スポットとしても人気です。また、「蔵王(ざおう)」周辺には温泉やスキー場があるので、女子旅の思い出作りにもぴったり。そこで今回は、山形市内でゆったりと寛げるおしゃれなカフェをご紹介します。ボリューム満点パフェや、写真映えするスイーツがあるカフェなど、女子旅におすすめのお店を集めました。旅の合間に立ち寄って、甘いスイーツに癒やされましょ♪

自然豊かでフルーツも美味しい「山形市」

桜景 山形城

出典:JoggerRさんの投稿

山形県の県庁所在地でもあり、美味しいフルーツがたくさん味わえる「山形市」。春に桜が咲き誇る「霞城公園」や、カルデラ湖が見られる「蔵王」など、自然豊かな場所です。四季折々の景色を楽しみながら、山形のスイーツを味わう女子旅に出かけてみませんか?

旅の合間にまったり。女子旅におすすめのカフェをご紹介!

「マタタビcafe」 内観 85351350

出典:dobrockmanさんの投稿

観光に疲れたら、おしゃれなカフェで一休みするのもいいですね。山形市にはボリューム満点のパフェや、思わず写真を撮りたくなる華やかなスイーツなど、女子旅の休憩にぴったりなカフェがたくさん♪山形の新鮮なフルーツを使用したパフェがいただけるお店もありますよ。おいしいスイーツを味わって、旅の疲れをリフレッシュしましょ。

1.茶蔵 山形店

抹茶の濃さは6段階!老舗茶屋が手掛ける濃厚抹茶ジェラートのカフェ

「茶蔵 山形店」 外観 125893678

出典:konachiさんの投稿

JR「蔵王駅」から車で約5分の「茶蔵(さくら) 山形店」。抹茶の濃さが6段階から選べる抹茶ジェラートが人気のお店です。店内にはイートインの席と物販スペースが広がっています。また正面の冷蔵ケース内には濃さの異なる抹茶のジェラートだけでなく、フレーバーも豊富。ごま、ほうじ茶などの和のジェラートや、ずんだ、ラ・フランスなどのやまがたジェラートもあるので、お気に入りの味を見つけてみて。

「茶蔵 山形店」 料理 119469212 茶蔵のジェラートセレクション

出典:mgmghsnさんの投稿

中でも「茶蔵のジェラートセレクション」は、3種類の濃さの違う抹茶ジェラートを味わえるので、抹茶好きにはたまりません♡贅沢な抹茶の濃厚な時間を味わい尽くしましょう。店内メニューは他にも充実しており、和菓子と抹茶のセットもおすすめですよ。

「茶蔵 山形店」 料理 118437579

出典:プーすけ、とさんの投稿

店内メニューの中でも人気なのが、パフェです!秋の味覚を使ったモンブランのパフェや「抹茶パフェ」、「ほうじ茶パフェ」などバリエーション豊富なパフェはボリュームも満点ですよ。毎日のご褒美に旅路で贅沢な抹茶スイーツの時間を過ごしてみてくださいね。

茶蔵 山形店の詳細情報

茶蔵 山形店

蔵王 / カフェ、洋食

住所
山形県山形市成沢西1-5-6
営業時間
10:00~19:00 ランチタイム 11:30~15:00(L.O.14:30)
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

2.シベール・ファクトリー・メゾン

めずらしいラスク入りパフェが魅力。サクサクの食感を楽しんで♪

「シベール・ファクトリー・メゾン」 外観 65063009 お店

出典:yukie711101さんの投稿

東北中央自動車道「山形上山(やまがたかみのやま)IC」から約1分の距離にある「シベール・ファクトリー・メゾン」。ラスクが有名な洋菓子店で、山形土産の定番のお店です。お土産選びのついでに立ち寄るのにおすすめですよ。店内には広いイートインスペースがあるので、お店でしか味わえないここだけの限定スイーツを味わいましょう。

「シベール・ファクトリー・メゾン」 料理 152579071

出典:福雅さんの投稿

お店の人気の焼き菓子がそのままデコレーションに使われているパフェは、ボリュームも満点でおすすめの人気メニューです。「ベリーパフェ」にはブルーベリーラスク、「抹茶のパフェ」にはくるみラスクが入っていて、パフェとの相性もばっちり。ピザなどの食事メニューもあるので、小腹が空いているときにも最適です。

「シベール・ファクトリー・メゾン」 料理 40333068 <’15/07/27>Wベリーのはちみつトーストアイス添え

出典:NOZさんの投稿

シベールのザ・食パンに、冷たいアイスクリームを乗せたトーストもおすすめですよ。程よくボリュームもあるので、会話を楽しみながらゆっくり味わってみてくださいね。

シベール・ファクトリー・メゾンの詳細情報

シベール・ファクトリー・メゾン

蔵王 / カフェ、ピザ、イタリアン

住所
山形県山形市蔵王松ケ丘2-1-3
営業時間
洋菓子:9:00~20:00 パン:9:00~20:00 カフェ:10:30~20:30(L.O.20:00)
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

3. HATAKE STYLE エスパル山形店

季節のフルーツたっぷりのパフェ。フレッシュな味わいがたまらない♡

「ハタケスタイル エスパル山形店」 外観 120708171

出典:

JR「山形駅」から直通の駅ビル、エスパル山形内2階にあるのが「HATAKE STYLE(ハタケスタイル)エスパル山形店」。山形と言えば、さくらんぼやラ・フランスが有名ですよね。こちらのお店なら駅からすぐの距離でフレッシュなフルーツを味わうことができるので、到着後や帰る前にも立ち寄りやすいですよ。

「ハタケスタイル エスパル山形店」 料理 143230864

出典:chu-kichiさんの投稿

中でも人気なのが旬のフルーツを使って作られるパフェです。さくらんぼやぶどう、シャインマスカットにラ・フランスなど、その時期に山形で一番美味しいフルーツを贅沢に味わうことができますよ。可愛らしい見た目なのでテンションが上がること間違いなしです。

「ハタケスタイル エスパル山形店」 ドリンク 113059397

出典:sato_michi_さんの投稿

他にも季節のフルーツを使った鮮やかな見た目の、フルーツシェイクやフロートもあります。お店横のイートインスペースで食べても、食べ歩きをしても楽しいですよね。山形到着で最初の映える旅の記念フォトを撮っちゃいましょう。

ハタケスタイル エスパル山形店の詳細情報

ハタケスタイル エスパル山形店

山形 / カフェ、パフェ、アイスクリーム

住所
山形県山形市香澄町1-1-1 エスパル山形 2F
営業時間
9:00~20:00
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

4.マタタビcafe

手作りスイーツに舌鼓♪自家製アイスクリームを使用したオリジナルパフェが絶品

「マタタビcafe」 内観 21203221

出典:NOZさんの投稿

JR「羽前千歳(うぜんちとせ)駅」から車で約10分の「マタタビcafe」。落ち着いた雰囲気の古民家カフェで、パフェやケーキなどのオーナーの手作りスイーツを味わうことができます。カウンター席やテーブル席など、ゆったりと過ごすのに最適ですよ。

「マタタビcafe」 料理 21203176 マタタビパフェ ¥500

出典:NOZさんの投稿

ここで味わいたいのがお店の名前を冠したオリジナルパフェの「マタタビパフェ」です!クリームチーズをたっぷりと使用した自家製アイスクリームと相性抜群の4種のベリーソースは絶品です。高さもしっかりあるので、なかなかのボリューム感がある一品ですよ。

「マタタビcafe」 料理 21203173 こだわりの卵ブリュレ ¥330

出典:NOZさんの投稿

地元客からのリピーターも多いのが「こだわり卵のブリュレ」です。外はパリっと中はとろりと濃厚な口当たりは悶絶すること間違いなし。赤玉卵黄と生クリームに豆乳をプラスすることで、他では味わえないコクが生まれます。美味しいスイーツをまったりと味わいながら、普段話せないような深い話をしてみるのも素敵ですね。

マタタビcafeの詳細情報

マタタビcafe

羽前千歳 / 洋食・欧風料理(その他)、イタリアン、カフェ

住所
山形県山形市大野目2-5-38
営業時間
11:30~14:30(L.O.14:00) 18:00~20:00※ディナーは要予約
定休日
火曜日(まれに臨時休あり)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

5.ふもとや 登山口店

名物ずんだの贅沢パフェを味わおう!芭蕉ゆかりの地に佇むカフェ

「ふもとや 登山口店」 外観 153818264 外観

出典:suzunenさんの投稿

芭蕉ゆかりの地として有名な観光地でもある「宝珠山 立石寺(ほうじゅさん りっしゃくじ)」は、秋の紅葉シーズンが大人気です。そんなJR「山寺駅」から徒歩約5分の距離にある「ふもとや 登山口店」。お土産屋さんも兼ねた店内は少しレトロな雰囲気で居心地の良さがあります。

「ふもとや 登山口店」 料理 153818244 ずんだパフェ

出典:suzunenさんの投稿

立ち寄った人のほとんどが選ぶという「ずんだパフェ」。ワッフルコーンに入ったバニラソフトクリームの周りに粒あんと山形名物ずんだ、ホイップクリームが添えられてあります。また、ずんだの代わりに抹茶わらび餅が乗った抹茶ソフトクリームの「抹茶パフェ」もおすすめですよ。どちらもボリュームが満点で、食べ応えもバッチリです。

「ふもとや 登山口店」 料理 40943774

出典:powawanさんの投稿

また夏になるとかき氷の販売も行っています。10種類以上の豊富なラインナップは定番のものから、山形名産のさくらんぼもあるので、ぜひ試してみてくださいね。

ふもとや 登山口店の詳細情報

ふもとや 登山口店

山寺 / 甘味処、カフェ、ソフトクリーム

住所
山形県山形市大字山寺4439
営業時間
8:30~17:30
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

6.庭園喫茶 錦

美しい庭園でスイーツを!かき氷やしっとりパンケーキが味わえるカフェ

「庭園喫茶錦」 外観 114051682

出典:v2rさんの投稿

美しい庭園を眺めながらスイーツを味わえる「庭園喫茶 錦(にしき)」は、JR「蔵王駅」から車で約10分の距離にあります。和風レイアウトの店内は居心地バツグン。大きな窓から見える庭園風景からは、季節の移ろいを感じられます。旅の合間にゆったりと過ごせそう♪

「庭園喫茶錦」 料理 134290519

出典:5050Rickyさんの投稿

お店で人気のメニューがかき氷です。人気No.1の「いちご氷」は、こんもりと盛られたかき氷の上にトッピングされたホイップクリームと自家製いちごシロップが相性抜群です。またその他に、季節に合わせた限定商品もおすすめ。他ではなかなか見かけない珍しいメニューが多いので、ぜひ事前にチェックしてみてくださいね。

「庭園喫茶錦」 料理 134689118

出典:kamy.さんの投稿

またもう一つの人気メニューがパンケーキです。和風パンケーキが多く、「河越抹茶(かわごえまっちゃ)」や黒みつきな粉、ほうじ茶をはじめ、ランチにもぴったりな「ホワイトソースとチーズのパンケーキ」などバリエーションも豊富ですよ。庭園を眺めながら、ゆったりとした寛ぎの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

庭園喫茶錦の詳細情報

庭園喫茶錦

茂吉記念館前、蔵王 / カフェ

住所
山形県山形市蔵王半郷578-5
営業時間
11:00~18:00(L.O.17:00)
定休日
木曜日・第2土曜日・第4土曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

7.いつもの場所 七日町店

華やかな「チョコレートパフェ」は見た目もキュート。写真映えもバッチリ♪

「いつもの場所 七日町店」 外観 53687996 外観

出典:syouwakanさんの投稿

JR「山形駅」から車で約10分。雰囲気のある外観とおしゃれな店内で、地元客からも人気な「いつもの場所 七日町店」。建物の前には「御殿堰(ごてんぜき)」と呼ばれる石でできた水路が流れ、「七日町御殿堰(なのかまちごてんぜき)」と呼ばれています。カフェ以外にこだわりの雑貨屋さんも入っているので、お土産選びにもぴったりですよ。

「いつもの場所 七日町店」 料理 74689959 チョコレートパフェ

出典:マギー070206さんの投稿

華やかな見た目の「チョコレートパフェ」は、たっぷりのホイップクリームやチョコレートアイスクリームでリッチな時間を味わえますよ。他にも愛くるしい表情の「スノーマンパフェ」は、アイスでできた雪だるまがコーンの帽子をかぶっています。キュートな見た目は食べるのがもったいないくらいです。

「いつもの場所 七日町店」 料理 158073513

出典:KinzouGXさんの投稿

パフェ以外にもクレープやパンケーキのメニューも充実しています。「メイプルシロップのスフレパンケーキ」は、ふわっふわのパンケーキに贅沢にソフトクリームも添えてありますよ。落ち着いた店内と、おしゃれなスイーツは女子旅の合間に立ち寄るのにぴったり。「山形駅」からも近いので、山形市の観光の締めくくりに美味しいスイーツを堪能しましょう。

いつもの場所 七日町店の詳細情報

いつもの場所 七日町店

山形、北山形 / ダイニングバー

住所
山形県山形市七日町2-7-6
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

山形市のグルメも観光もチェックしよう♪

毎日のご褒美に山形市で豊かな自然と甘いスイーツでリッチな時間を♪

「ハタケスタイル エスパル山形店」 料理 123373036

出典:

霞城公園の桜や立石寺の紅葉など、四季折々の風景を楽しめる「山形市」。今回は、ボリューム満点のパフェや、SNS映えバッチリの華やかスイーツなど、女子旅の休憩におすすめのカフェをご紹介しました。観光に疲れたらカフェに入ってひとやすみ。おいしいスイーツを食べて旅の疲れを癒やしましょう♪

山形県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ