2022年09月28日

見知った街で非日常感味わう小旅行♩浅草&蔵前を楽しむ1泊2日の旅プラン/東京都

見知った街で非日常感味わう小旅行♩浅草&蔵前を楽しむ1泊2日の旅プラン/東京都

遠くへ旅行に出かけたいと思っても、色々な事情で出かけられないこともあるはず。それなら近場を旅してみることで、旅行の非日常感を味わってみませんか。今回お届けするのは、都内の人気観光地「浅草」と、おしゃれな街「蔵前」を1泊2日で楽しむ旅プラン。下町のトレードマーク「浅草寺」をはじめ、賑わう門前町の「仲見世」、少し足を延ばして「東京スカイツリー®」などを楽しむ王道の1日目を過ごしたら、翌日は蔵前でおしゃれなカフェやベーカリーを巡ります。この機会によく知ったエリアの魅力を再確認してみましょ。

浅草&蔵前旅で旅の非日常感を満喫しましょ

夏はお祭りが有るから好き

非日常を味わえる旅行は、日頃のストレスも発散できてリフレッシュになりますよね。けれど、さまざまな事情で遠出が難しいタイミングもあります。そんなときは、あえて近場の見知った街を旅してみるのがおすすめ。近場なら移動時間が短縮できて、少ない休日でもすぐに行動できますよ。今回おすすめするのは、誰しもが見聞きしたり訪れたりしたことのある「浅草・蔵前」。「雷門」や「東京スカイツリー®」などの定番観光スポットは、イベントも多く非日常感満載で旅気分をしっかり味わえますよ♩

「ザ・王道」な下町観光と、おしゃれスポット巡りの2日間♩

「チガヤ 蔵前店」 料理 151864827

出典:NICO09さんの投稿

浅草と言えば東京観光の定番スポットですが、いつでも行ける場所だからこそ、かえって訪れる機会も少なかったりしますよね。そこで1日目には、浅草の定番観光スポットをたっぷり巡ります。今まで知らなかった魅力や新しい発見をしてみるのもいいですね。そして2日目は、大注目のおしゃれタウン「蔵前」で、カフェ&人気スポット巡り。充実感満載の小旅行に出かけましょ♡

【Day1】ザ・王道な浅草観光

1日目は、雷門や浅草寺など浅草の王道スポットを巡ります。お昼ごはんは昔から変わらぬ浅草の味「今半本店」で贅沢に。いつでも行けるからこそ、あまり訪れることのない浅草をたっぷり満喫しましょう♩

まずは浅草のシンボル「雷門」で写真撮影

まずは浅草のシンボル「雷門」で写真撮影2836827

出典:ナマハゲ包丁さんの投稿

浅草観光で必ず訪れておきたいのが、人気フォトスポット「雷門(風雷神門)」です。風神像と雷神像がそびえ立つ印象的な門構えは浅草のシンボルとも言われ、門の前で写真を撮ることが定番になっています。高さ約3.9mにも及ぶ大きな赤い提灯は、目の前で見ると迫力満点!人混みを避けるなら、早めの時間帯に訪れるのがおすすめです。

雷門 (風雷神門)の詳細情報

雷門 (風雷神門)

住所
東京都台東区浅草1-3-1
アクセス
地下鉄浅草駅から徒歩5分

データ提供

「仲見世」でグルメやお土産をチェック

雷門で記念撮影を済ませたら、門をくぐって「仲見世」を散策しましょう。仲見世は日本で最も古い商店街のひとつであり、合計89店舗の飲食店や土産物店が軒を連ねています。浅草名物である雷おこしをはじめ、人形焼などの定番和菓子やメロンパンなど、美味しいグルメも盛りだくさん。「菊水堂」の恋みくじ付きいちごカステラ串をゲットすれば、可愛くてテンションも上がりますよ♪

菊水堂の詳細情報

菊水堂

浅草(東武・都営・メトロ)、浅草(つくばEXP)、田原町 / 和菓子

住所
東京都台東区浅草1-30-1
営業時間
09:00~18:30
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

出典:京子たんさんの投稿

約250mに及ぶ商店街には、日本らしい風情を感じるお土産もずらりと並びます。可愛らしい和柄の傘や手ぬぐいは、お土産にもぴったり。なかには、天狗やひょっとこのお面や面白い日本語Tシャツなど、普段なかなか見ることのない商品を置いているお店もありますよ。にぎやかな昔ながらの商店街を堪能しましょう♩

仲見世通りの詳細情報

仲見世通り

住所
東京都台東区浅草
アクセス
地下鉄浅草駅からすぐ

データ提供

「浅草寺」で手をあわせて

東京浅草寺常香炉と本堂

仲見世を通り過ぎて、さらに奥へ進むと「浅草寺(せんそうじ)」の本堂が見えてきます。浅草寺は、1400年以上の歴史をもつ都内最古の寺院です。せっかくなので、由緒ある本堂を参拝していきましょう。まずは、本堂の手前にある常香炉の煙で身を清めます。線香の香りを纏うと、身も心もなんだかシャキッとしますよ。

「浅草寺」で手をあわせて2836829

出典:izzuo119さんの投稿

本堂へと続く階段を上ったら、お賽銭を入れて礼拝します。本堂内部に続く外陣の天井には、大きな3枚の絵画が描かれており、その存在感は圧巻!また浅草寺境内には、女性の守り神として伝えられる「淡島堂」も鎮座しているため、本堂とあわせて参拝するのもおすすめです◎

浅草寺の詳細情報

浅草寺

住所
東京都台東区浅草2-3-1
アクセス
浅草駅から徒歩で5分

データ提供

「すき焼き 今半本店」で至福の贅沢ランチ

「今半本店」 料理 35360796

出典:

浅草寺をたくさん歩いたあとは、仲見世の傍らにある「すき焼き 今半本店」でおなかを満たしましょ♩今半本店は明治28(1895)年創業の老舗で、昔から変わらぬ上質なすき焼きが人気のお店です。割り下は純関東風の味わいで、味がしっかりしみ込んだお肉や野菜は頬が落ちるほど絶品♪ランチタイムは、人気のすき焼きをリーズナブルに楽しめますよ。

「今半本店」 内観 35249497 奥座敷の掘りごたつのお部屋

出典:

昭和感のただよう大衆食堂風のお席もいいですが、おすすめなのは中庭の奥にある9つの奥座敷です。それぞれが純和風建築の個室になっていて、まるで老舗旅館を訪ねたような感覚で食事ができます♪奥座敷は予約が必要なため、利用したい場合は早めにお店へ連絡しておきましょう◎

今半本店の詳細情報

今半本店

浅草(東武・都営・メトロ)、浅草(つくばEXP)、田原町 / すき焼き、和食(その他)

住所
東京都台東区浅草1-19-7
営業時間
11:30~ラストオ-ダー20時 20:30閉店 平日は3-4時 休憩時間 ご予約の際は7時までにお入りくださいませ。
定休日
火曜日他(詳しくはHPをご覧ください)
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥8,000~¥9,999

データ提供

レトロな遊園地「浅草花やしき」ではしゃいで

浅草花やしき

おなかいっぱい食べたら、10分ほど歩いて「浅草花やしき」へ。浅草花やしきは、なんと江戸時代末期に誕生した現存日本最古の遊園地です。園内には、昔懐かしいレトロな雰囲気を残した看板やアトラクションがたくさん。園内を歩いているだけで、なんだかわくわくします♪

レトロな遊園地「浅草花やしき」ではしゃいで2841403

出典:ひこわんさんの投稿

見逃せないのが、花やしき名物の「ローラーコースター」。約70年前に誕生し、今もなお現役で動き続ける日本最古のローラーコースターです。速度は42km/hとそこまで速くないものの、カタカタと音を鳴らしながら狭い建物の隙間をすり抜ける感覚は、スリル満点!ほかの遊園地とは一味違うわくわく感をたっぷり感じてみて♪

浅草花やしきの詳細情報

浅草花やしき

住所
東京都台東区浅草2-28-1
アクセス
つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩3分 地下鉄銀座線/地下鉄浅草線/東武スカイツリーライン「浅草」駅から徒歩5分
営業時間
10:00〜18:00 ※時期により若干異なる ※最終入園は閉園30分前まで
定休日
不定休
料金
入園料 大人(中学生以上) 1000円 小人(小学生) シニア 500円

データ提供

「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS」にチェックイン

「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS」にチェックイン2841489

出典:

たっぷり遊んだら、今回宿泊する「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS(カイカ トウキョウ バイ ザ シェア ホテルズ)」へ向かいます。こちらは、現代アート作品を収蔵するストレージと宿泊施設が融合した、隠れ家的なホテル。普段は見ることのできない絵画や彫刻などのアート作品に囲まれて、まるで美術館を訪れたような気分で宿泊できます。おしゃれなホテルで、非日常なひとときを楽しみましょう♩

シンプルで落ち着く客室でちょっぴり休憩

シンプルで落ち着く客室でちょっぴり休憩2841490

出典:

館内はモノトーンカラーをベースにした、シックで落ち着いた空間。洗練された都会の雰囲気で、ついつい写真を撮りたくなる場所ばかりです。客室は無駄がなくシンプルな造りですが、広々として機能性が高く、居心地抜群◎歩き疲れた足を伸ばして、ちょっぴり休憩しましょう。

館内でアート探検

館内でアート探検2841491

出典:

KAIKA 東京の魅力は、何と言っても公開保管されたアート作品たち。お部屋で少し足を休めたら、ぜひ館内を探検してみましょう♪館内には合計8つのアートストレージが設置されており、ホテルにいながらさまざまなアートに触れることができます。美術館と聞くとなんとなく足が遠のいてしまうという人も、気軽に現代アートの世界に浸れますよ。

夜ご飯は「Builders」で肉汁たっぷりのハンバーガー

「ビルダーズ」 内観 127936202

出典:バーガー師匠さんの投稿

ホテルに荷物を置いて身軽になったら、住宅街を10分ほど歩いて人気ハンバーガー店「Builders(ビルダーズ)」へ向かいましょう。有名店で修行を積んだハンバーガー職人が作る、本格的なハンバーガーが人気のお店です。打ちっぱなしのコンクリートと木材が調和したセンス抜群の店内で、美味しいハンバーガーとドリンクを堪能しましょ♪

「ビルダーズ」 料理 140313179

出典:すだれさんの投稿

ハンバーガーは、野菜もお肉も厚みがあってボリュームたっぷり!噛むたびに肉汁がジュワ〜っと口の中に広がる感覚は、一度食べたら忘れられないほど。お店の焼き印が入ったおしゃれなウッドボードで提供してくれるので、写真映えも抜群です♪お気に入りのドリンクを頼んで、下町の夜を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ビルダーズの詳細情報

ビルダーズ

本所吾妻橋、浅草(東武・都営・メトロ)、とうきょうスカイツリー / ハンバーガー

住所
東京都墨田区東駒形3-23-3 関根ビル 1F
営業時間
ランチ  11:00~15:00(L.O 14:30) ディナー 17:00~21:30(L.O 21:00)
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

「東京スカイツリー®」で夜景にうっとり

都市夜景 東京スカイツリー特別ライティング

浅草観光の1日目を締めくくるのは、お馴染み「東京スカイツリー®」です。東京の新名所としても名高い東京スカイツリー®は夜になると煌びやかにライトアップされ、見ごたえ満載♪Buildersから徒歩圏内にあるため、夜風に当たりながら夜のお散歩をするのも楽しいですね。

「東京スカイツリー®」で夜景にうっとり2841693

出典:efabさんの投稿

高さ634mを誇る東京スカイツリー®からの眺めは、息を吞むほどの絶景。地上350mの天望デッキと地上450mの展望回廊の2カ所に展望台が設置され、そのどちらからもここでしか見られない大都会の夜景を楽しめます。普段はゆっくり見ることのない東京の夜景をじっくり眺めて、旅気分を味わいましょ♪

東京スカイツリーの詳細情報

東京スカイツリー

住所
東京都墨田区押上1-1-2
アクセス
1) 各線押上駅から徒歩で3分 2) とうきょうスカイツリー駅から徒歩で1分 東武スカイツリーライン

データ提供

【Day2】おしゃれな街・蔵前を気ままに散策

いよいよ2日目。浅草の隣町「蔵前」で、おしゃれなお店やカフェを巡って、美味しいものや素敵なものに囲まれた最高な休日を過ごしましょう♪

宿泊者限定の朝食でパワーチャージ

宿泊者限定の朝食でパワーチャージ2841492

出典:

2日目の朝は、アートストレージに隣接するおしゃれなカフェ「safn°(サフン)」でスタート。アート作品を観賞しながら、季節野菜をふんだんに使ったボリューム満点の朝食セットが食べられます。色鮮やかな見た目に、朝からおなかも心も大満足するはず♪

ホテルでのんびり過ごしてチェックアウト

ホテルでのんびり過ごしてチェックアウト2841493

出典:

支度を済ませたら、チェックアウトの時間までホテルのラウンジで過ごすのもおすすめです。電気ケトルやマグカップなどが用意されているので、アート作品を観賞しながらゆったりお茶やコーヒーを飲むのもいいですね。旅のプランを確認したり、おしゃれな写真を撮ったりと、リラックスした時間を過ごしましょう♪

詳細情報

湘南の大人気ベーカリー「chigaya」を蔵前でも

「チガヤ 蔵前店」 内観 151626688

出典:ぶるまるぽんさんの投稿

ホテルをチェックアウトしたら、2日目のメインである蔵前エリアへ移動します。おしゃれなお店が点在する蔵前の街並みを歩いていると、赤いギンガムチェックのカフェカーテンがかかったお店が目に止まります。それが、湘南で大人気のベーカリーが新しくオープンさせた「chigaya(チガヤ)」です。どこか海外のような雰囲気がただよう店内には、何種類ものパンが並び、奥にはカフェスペースが併設されています。

「チガヤ 蔵前店」 料理 174200057

出典:まっきー❁さんの投稿

chigayaの人気商品は、ふわふわのドーナツ。油で揚げているのにふんわりと軽やかな口当たりが特徴で、ぺろりと食べられます。苺やサクランボが添えられたクリームドーナツは、見た目も可愛らしく心もほっこり♩

チガヤ 蔵前店の詳細情報

チガヤ 蔵前店

新御徒町、蔵前、浅草橋 / パン、カフェ、ドーナツ

住所
東京都台東区鳥越2-8-11
営業時間
[月~日] 8:00~18:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

おしゃれな空間でお茶とお菓子を味わって「茶室 小雨」

「茶室 小雨」 外観 177705615

出典:su_taさんの投稿

続いて訪れたいのは、蔵前駅から徒歩5分ほどの場所にあるおしゃれカフェ「茶室 小雨」です。さまざまな種類の紅茶を楽しめるお茶専門店で、お茶と相性のいいデザートも提供されています。店内はゆったりとスペースが設けられた、落ち着いた空間。品のある雰囲気が心地よい、人気カフェです♩

「茶室 小雨」 料理 177705605 チャイとヴィクトリア

出典:su_taさんの投稿

飲み物は紅茶だけでなく、緑茶やほうじ茶といった日本茶メニューも用意されています。お気に入りのお茶とやさしい味わいのデザートで、ほっと一息。食器やカトラリーもおしゃれで、身も心も温まる癒しのひとときを過ごしましょ。

茶室 小雨

閉業や休業等の理由により食べログに店舗情報が存在しないか、一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

「kako OSAJI 蔵前店」で自分好みの香りを作ってみよう

出典:Instagram (@mariiiin1975)

出典:www.instagram.com(@mariiiin1975)

ゆっくりとお茶を満喫したら、少し歩いて「kako OSAJI(家香 オサジ) 蔵前店」へ。人気トータルビューティブランド「OSAJI(オサジ)」が展開するワークショップで、オリジナルのエッセンシャルオイルを使って自分好みのホームフレグランスを作ることができます。12種類の香りの中から組み合わせと比率を決めたら、自分だけの香りが出来上がり♩作った香りは、ブレンドエッセンシャルオイルやルームフレグランススプレーとして持ち帰ることができるので、自分用のお土産にもぴったりですよ◎

kako OSAJI 蔵前店の詳細情報

kako OSAJI 蔵前店

住所
東京都台東区蔵前4-20-12 精華ビル1階
アクセス
都営浅草線「蔵前駅」から徒歩約5分/都営大江戸線「蔵前駅」から徒歩約7分
営業時間
11:00~18:30
定休日
月曜日 ※祝日の場合、翌火曜日休み

引用元osaji.net

「菓子屋 シノノメ」でやさしいお菓子をお土産に

「菓子屋 シノノメ」 外観 155808499

出典:まひるんるんさんの投稿

Kako OSAJIで商品が出来上がるまでの時間は、蔵前で人気の焼き菓子屋さん「菓子屋 シノノメ」までお土産のお菓子を買いに行くのはいかがでしょうか。アンティーク風のおしゃれな店内には、丁寧に小分け包装されたクッキーやスコーン、パウンドケーキといった焼き菓子が並び、気になるお菓子を少しずつテイクアウトできます。

「菓子屋 シノノメ」 料理 119956899 焼き菓子♡

出典:みるみんくさんの投稿

シノノメの焼き菓子は、毎日でも食べられるような甘すぎずやさしい味わいが特長。素材の風味を感じられる名品ばかりです。行列の絶えない人気店の味をお土産にして、自宅でゆっくり味わいましょ♡

菓子屋 シノノメの詳細情報

菓子屋 シノノメ

蔵前、田原町、新御徒町 / 洋菓子(その他)

住所
東京都台東区蔵前4-31-11
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

旅の締めくくりは美しすぎる「喫茶 半月」で

「喫茶 半月」 料理 138917462

出典:シノンセさんの投稿

シノノメの細い階段を上った先にあるのが、「喫茶 半月」です。店内は静かで落ち着いた雰囲気がただよい、大人の隠れ家のような空間。自家焙煎の美味しいコーヒーといっしょに、人気メニューの「季節のシュー」やロールケーキなどのスイーツが食べられます。シックなおしゃれカフェで味わう絶品スイーツは格別。洗練された蔵前の雰囲気を最後まで満喫しましょう♩

喫茶 半月の詳細情報

喫茶 半月

蔵前、田原町、新御徒町 / カフェ

住所
東京都台東区蔵前4-31-11 新光ビル 2F
営業時間
12:00~18:30(L.O.)
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

近場の浅草&蔵前でハッピーな休日を♩

青い風車と浴衣の色がベストマッチ

気軽に非日常感満載の旅気分を味わうなら、すぐに行ける近場の旅がおすすめです。今回ご紹介した「浅草・蔵前」は、下町の王道スポットと新しいおしゃれスポットを一度に楽しめるので、とても充実した2日間が過ごせますよ♩ぱっとしない日常に飽きたら、思い切って近場へ旅してみてはいかがでしょうか。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード