2016年07月08日

一度食べたら忘れられない♡神戸「ラヴニュー」のスイーツ

一度食べたら忘れられない♡神戸「ラヴニュー」のスイーツ

神戸に行ったら、絶対に寄るべき「ラヴニュー」。神戸っこもおすすめの、チョコレートやケーキが美味しいお店です。ワールドチョコレートマスターズの世界大会で優勝経験もあるパティシエが作るチョコレートは、感動の先をいく素晴らしさ!ぜひ一度は味わいたい、ラヴニューの魅力を紹介します。

感動の先をいく、ラヴニューの秘密とは?

感動の先をいく、ラヴニューの秘密とは?612694
神戸は洋菓子の老舗が多く、名店が立ち並んでいるエリア。そんな激戦区のなか、一際人気なのが三宮駅から徒歩9分の「ラヴニュー」です。まさにそこは、フランス風の芸術性と遊び心を兼ね備えた、至極のチョコレートパラダイス!できたのは2012年と、比較的新しいお店。ですが、開店当初から午後には売り切れ商品が続々と出るほどの人気を誇っています。地元神戸っこはもちろんのこと、遠方からわざわざ買いに来る人も多数います。今回は、その人気の秘密に迫ります!

ラヴニューの店内をのぞいてみよう

ケーキはどれも芸術的!

ケーキはどれも芸術的!631813

ショーケースのなかには、生ケーキやチョコレートたちが大切に飾られています。見ているだけで楽しめる、芸術的な作品ばかりです。

優勝トロフィー

優勝トロフィー612690

数多くの受賞を誇るパティシエ、平井茂雄さんがオーナーを務めます。本場フランスのホテルやパティスリーで2年間修行したのち、グランドハイアット東京に入社。数多くの功績を残しました。その中でも、世界中で他に類を見ない世界大会「ワールドチョコレートマスターズ2009」で、19ヶ国の優れたパティシエの中で見事優勝!その後、グランドハイアット東京でペストリー料理長の座に就きましたが、新たなステップとして開業したのがラヴニューです。

イートインは近くのお店「スパーク」で

イートインは近くのお店「スパーク」で612695

店内には、まったりお茶ができるスペースはありません。

「スパーク」内観 597606

出典:angelsさんの投稿

ドリンクオーダーとチャージ料(100円)を払えば、近くの「スパーク」の店内でラヴニューのケーキをいただくことができます。ラヴニューからは徒歩5分くらいで着きます。すぐにケーキを食べたい人は、ラヴニューのお店の方に相談!電話で空席確認もしてくれますよ。

スパークの詳細情報

スパーク

県庁前、元町(JR)、元町(阪神) / カフェ、洋菓子(その他)

住所
兵庫県神戸市中央区中山手通4-18-21
営業時間
スコーン:12:00~売り切れ次第終了 カフェ:12:00~17:00 詳細はウェブサイトにてご確認ください
定休日
水曜・不定休(詳細はウェブサイトにてご確認ください)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

ショコラティエが作る至福のチョコレート

まるで宝箱♪それぞれ違う個性豊かなボックス

「ラヴニュー」料理 631326 ラヴニュー

出典:ジョルジュ・イグレックさんの投稿

「L'AVENUE(ラヴニュー)」。ボンボンショコラが10個入っています。エスプレッソやバニラ、シトロンにオレンジなど、いろいろな味が楽しめます。初めてラヴニューを訪れたかたにおすすめのボックスです。

「ラヴニュー」料理 596904 4つ入りです☆♪

出典:ぐるめ部長さんの投稿

「Magique(マジック)」。いちご、梨&ピスタチオ、パイナップル&ココナッツ、コーヒー&プラリネが味わえます。魔法にかけられたチョコレートをお楽しみください♪

「ラヴニュー」料理 596897 Aventureアバンチュール

出典:ジョルジュ・イグレックさんの投稿

「Aventure(アバンチュール)」。鮮やかなグラデーションの色味が美しいですね。ヘーゼルナッツ、ココナッツ、コーヒー、ラムレーズンなど、様々な薫りを楽しめるボックスです。

「ラヴニュー」料理 596899 Paradisパラディ

出典:ジョルジュ・イグレックさんの投稿

「Paradis(パラディ)」。フルーティな味わいです。柚子、木苺、ライチ、カシスなどが使われています。

「ラヴニュー」料理 631954 ベーシック

出典:ジョルノ☆さんの投稿

「Basic(ベーシック) 」。ちょこっとだけ食べたいときにおすすめのアソートです。

奥深い味わいのアーモンドチョコ♪

「ラヴニュー」料理 632405 アマンドショコラ

出典:ベジたリアンさんの投稿

「アマンドショコラ」。周りのチョコレートはふわっととろけます。一方、なかのアーモンドは飴コーティングが施されており、カリッと香ばしい味わいです。

食感に遊び心を感じる、芸術作品のような美しい生ケーキ

ラヴニューの人気No.1「MODE(モード)」

「ラヴニュー」料理 597072 モード (630円)  '13 10月中旬

出典:デセールさんの投稿

世界大会優勝の記念作品です。午前中には行かないと、売り切れてしまっていることも。チョコレートのムースとスポンジが甘みを出し、酸味のあるアプリコットのジュレが全体を引き締めます。ヘーゼルナッツの食感がアクセントになっている一品。

6層に重なるムースケーキ「L'hymne(リーム)」

「ラヴニュー」料理 631676

出典:ちゃごさんの投稿

人気No.2の「L'hymne(リーム)」は、ミルクチョコレートのムースケーキです。シンプルな見た目ですが、中には西洋梨のコンポートとトンカ豆のクレームブリュレなどが入っており、表面のチョコレートソースの下は6層にもなっています。とろっとした食感と土台のザクザク感で、ペロリと食べられてしまいます。

塩キャラメルとチョコレートのタルト「Segur(セギュール)」

「ラヴニュー」料理 631658 セギュール

出典:おつむさんの投稿

「Segur(セギュール)」。塩キャラメルとチョコレートのタルトです。クルミがたくさん入っており、オレンジソースとプラリネクリームが層になっています。

チョコレート以外のケーキも人気!

「ラヴニュー」料理 631681 ヴィヴィエンヌ ¥560

出典:にゃりこさんの投稿

「ヴィヴィエンヌ(Vivienne)」。トップの鮮やかな色のソースはキウイとりんご、そしてバニラビーンズが使われています。中にはスポンジとクリーム、シャクシャクしたりんごとキウイフルーツ。カルバドス酒がほのかに香る、爽やかな味わいです。

「ラヴニュー」料理 596853 シシリー

出典:tomoseipapaさんの投稿

「Sicily(シシリー)」。いちごのタルトです。アーモンドクリーム、カスタード、シシリー産ピスタチオクリームの、3種類のハーモニーが味わえます。

「ラヴニュー」料理 596883 フレジェ520円♪

出典:もぉにゃんさんの投稿

フランス風ショートケーキの「Fraisier(フレジエ)」。スポンジにはアーモンドパウダーが使われており、中のカスタードからはほんのりチェリーが香り立ちます。

「ラヴニュー」料理 597015

出典:コマル50さんの投稿

「Mont Blanc(モンブラン)」。土台にはチョコレートで薄くコーティングされたメレンゲ。栗の素材の味を楽しみながら、さっくり軽く味わえます。

チョコレート以外のケーキも人気!631468

「Lebon(ルボン)」。いちごとグレープフルーツが入ったシャンパンジュレでさっぱりと。バニラのクリームブリュレとホワイトチョコクリームが甘く口に広がる、大人のスイーツです。アルコール分は飛ばされていないので、しっかりお酒の味がします。

焼き菓子も魅力たっぷり♪

「ラヴニュー」料理 597023 '14/03 マカロンたち

出典:sapphire★さんの投稿

やさしい食感で上品な甘さの「マカロン」。かわいい色合いで、見た目も楽しませてくれます。1つ1つ箱に入っているので、贈り物にもぴったり♪

「ラヴニュー」料理 631668 チョコチップたっぷりのブラウニー

出典:PINNACLEさんの投稿

「ブラウニー」。日持ちするので、贈り物としても喜ばれます。完熟バナナとチョコレートの黄金コンビにクルミが入っており、ブラウニーなのにさっくり軽めの食感です。

「ラヴニュー」料理 632408 フィナンシェ2種 各210円

出典:naotomomoさんの投稿

サクッとした食感が楽しめる「フィナンシェ」。

オンラインショップも

「ラヴニュー」料理 596902 焼き菓子

出典:めろすさんの投稿

フィナンシェやパウンドケーキ、アーモンドチョコレートなどは通販も可能です。贈答品としても使えますね。

ラヴニューの詳細情報

1000ラヴニュー

三宮(神戸市営)、県庁前、神戸三宮(阪急) / チョコレート、ケーキ、マカロン

住所
兵庫県神戸市中央区山本通3-7-3 ユートピア・トーア1F
営業時間
10:30~18:00 ※商品完売時は閉店時間が早まる場合がございます。
定休日
水曜日、不定休 ※公式サイトに営業日カレンダーあり
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?一度味わったら、もう忘れることはできません!世のスイーツ女子&男子が絶賛するチョコレートにケーキたち。これは絶対に手に入れたい!というものがあったら、午前中に行きましょう!お目当てのものが売り切れでしたら、前金制ですが店頭で予約するのも◎

兵庫県のツアー(交通+宿)を探す

このレストランの紹介記事

関連記事

SNSで人気

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ