沖縄ひんやりスイーツ♪ ここだけのデザートを楽しもう!7選

沖縄ひんやりスイーツ♪ ここだけのデザートを楽しもう!7選

沖縄の日差しをたっぷり浴びたフルーツをふんだんに使った、パフェやかき氷、スムージーなど、沖縄で食べほしいスイーツを盛りだくさんに紹介します!

2016年04月08日

「琉冰 おんなの駅」その他 14404 店先に何か居ましたw

出典:雅( ´◡` )さんの投稿

沖縄の青い空、青い海を感じながら散策していると、冷たいデザートが食べたくなりませんか?沖縄は1月でも最高気温が24度までになるあたたかな気候の街だから、ひんやりデザートがとても進化していてバラエティも豊か。沖縄でしか食べられないオリジナルの冷スイーツがたくさんあります。沖縄で観光の合間に足休めと称して、いろいろとひんやりデザートを食べ歩いてみませんか?冷たいスイーツがのどを潤し、旅の疲れを癒してくれること間違いないですよ♪

まずは沖縄の旅の元気を応援!

ビタミンと栄養たっぷり「ビタ スムージーズ」

「ビタ スムージーズ」料理 14408 左から、彩り紅芋ばなな/キーツマンゴー/ゴーヤーラッシュ・スムージー

出典:

左から、彩り紅芋ばなな・キーツマンゴー・ゴーヤラッシュスムージー、どれも沖縄らしい食材を使ったスムージーです。

「ビタ スムージーズ」は沖縄県産のマンゴーや紅芋、ゴーヤーなど20種類以上のスムージーが揃う専門店。スムージーは期間限定のものが多いのですが、それは旬にこだわった野菜や果物をつかっているから。期間限定のスムージーを選べば、その時期に一番おいしいレシピをいただくことが出来るともいえそうです。注文は、23種類の食材から自分の好きな素材を4つピックアップして、オリジナルスムージーを作ることもできます。そして嬉しいサービスとして、体調にあわせて作ってもらうことも可能!スムージーの知識豊富なスタッフさんにいろいろと相談して作ってもらってみるのはいかが?
「ビタ スムージーズ」料理 14410 ゴーヤースプラーーッシュ!

出典:リありこさんの投稿

なかでも、おすすめはゴーヤラッシュスムージー。ゴーヤー・グレープフルーツ・パイナップル・オレンジをミックスさせたお味は、苦味もありながらすっきりとした味わい。トッピングの薄切りゴーヤとフローズントマトにパイナップルが彩りもよく、目からも「お肌に効いてる!」と感じられそう♪
「ビタ スムージーズ」料理 14412 パッション+バナナ+紅芋

出典:リありこさんの投稿

こちらはパッション・紅芋・バナナのスムージーと生パッションフルーツのハーフカットの付きのセット。紅芋の紫色が体に良さそうな雰囲気。トッピングとして紅芋とパッションフルーツの甘酸っぱいソースとがのっている濃厚なスムージー。

「ビタ スムージーズ」内観 14414

出典:tabinchu-pandaさんの投稿

グラスはオリジナル琉球グラス。販売もされているので気に入ったらお土産にどうぞ。
「ビタ スムージーズ」内観 14416 店内

出典:しげぇさんの投稿

美味しくてなめらかなスムージーを作ってくれる、ピカピカと磨かれたブレンダーが並ぶ店内。
「ビタ スムージーズ」内観 14418 内観

出典:

ゆったりお店でイートインすることも、ドライブの前にテイクアウトすることも可能なので、お気軽にビタミンチャージしてくださいね。ベーグルも売られているので、ローカロリーなベーグルと共にヘルシーなお食事はいかが?
「ビタ スムージーズ」外観 14420 お昼の外観

出典:

旅先で不足しがちな野菜を美味しく摂取できるトラベラーの強い味方「ビタ スムージーズ」は、国際通りにとても近い場所にあります。フルーツがいっぱい描かれた外壁を目印に、ぜひ足を運んでみてください。

ビタ スムージーズの詳細情報

ビタ スムージーズ

美栄橋、牧志、県庁前 / ジュースバー、カフェ、ベーグル

住所
沖縄県那覇市牧志2-17-17 まきしビル 1F
営業時間
10:30~20:00(L.O19:30)
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

沖縄都市モノレール『美栄橋駅』から徒歩2分
那覇空港から6km車で約15分

沖縄のぜんざいは冷たくてびっくり!

氷までぜんざいの炊き汁を使った「富士家 泊本店」

「富士家 泊本店」料理 14426 富士家ぜんざい

出典:

「富士家 泊本店」の富士家ぜんざいは、豆の煮汁を凍らせたかき氷に金時豆、小ぶりの白玉の素朴な味わい。お膳には沖縄名物の亀甲せんべいがついてきます。じっくりと煮られた金時豆は柔らかく、口の中でとろけます。合い間に亀甲せんべいを頂いて。
「富士家 泊本店」料理 14428 マンゴーアイス

出典:

マンゴーアイスは、ココナッツミルクをふわふわに削ったかき氷に、沖縄銘菓ちんすこうを砕いたパウダーが振りかけてあります。マンゴーと白玉、金時豆がついた豪華なアイス。
「富士家 泊本店」内観 14430

出典:

インテリアは木のぬくもりを感じるあたたかい雰囲気。テーブルの脚がミシンの踏み台なのが珍しい。TVモニターにはかき氷がさらに美味しくなる演出なのか、サーフィン映像が流れています。

「富士家 泊本店」外観 14432

出典:

ド派手なアートが描かれた外壁と氷の暖簾が目印。一度見たら忘れられなくなりそうなインパクトのある外観。

富士家 泊本店の詳細情報

富士家 泊本店

美栄橋、牧志 / かき氷、定食・食堂、沖縄そば

住所
沖縄県那覇市泊2-10-9
営業時間
11:00~19:00 【10月~5月】 11:00~20:00 【6月~9月】
定休日
平均予算
  • ~¥999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

美栄橋駅から651m

沖縄のかき氷はパッションフルーツのシロップを!

夏季限定なので確認してから訪れて! 「喫茶ニワトリ」

「喫茶ニワトリ」料理 14438 恩納村産特別栽培パッションフルーツ

出典:ラブインディアさんの投稿

外国人住宅街にあるベーカリー「イッペコッペ」の庭で、季節限定でしかも晴れてる日にだけオープンするお店。恩納村産の特別栽培されたパッションフルーツを使った自家製シロップは、その日の朝に仕込みます。フレッシュな手作りソースが「喫茶ニワトリ」のこだわり。

「喫茶ニワトリ」料理 14440 ドラゴンフルーツとシークァサー

出典:ラブインディアさんの投稿

こちらはドラゴンフルーツのかき氷に、シークァサーつきでビタミンたっぷり!プチプチした種がくせになりそうな美味しさ。氷は軟水に海洋深層水を加えたものを使っています。
「喫茶ニワトリ」内観 14442 こちらでいただきました♪

出典:焼肉姉妹さんの投稿

注文してから庭先で食べる形となります。テラス席やお庭のちょっとしたベンチなどって、どうしてこんなに人を惹きつけるのでしょう……。汗ばむ体を休めながらかき氷をいただくなら、野外の木陰で自然の温度を感じながらいただくのが一番美味しいのかもしれませんね♪。
「喫茶ニワトリ」外観 14444

出典:ラブインディアさんの投稿

喫茶ニワトリの詳細情報

喫茶ニワトリ

古島、市立病院前 / かき氷

住所
沖縄県浦添市港川2-16-1
営業時間
13:30~18:00(L.O17:30)
定休日
火・水・第3月
平均予算
  • ~¥999

データ提供

那覇市から車で17分

「イッペコッペ」外観 14447

出典:ラブインディアさんの投稿

ベーカリー「イッペコッペ」のパンも美味しさは折り紙つきなので、お土産にどうぞ。

イッペコッペの詳細情報

イッペコッペ

古島、市立病院前 / パン、パン・サンドイッチ(その他)

住所
沖縄県浦添市港川2-16-1
営業時間
12:30~18:30 (売切れ次第終了)
定休日
火曜日・水曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

沖縄にいながら京都を感じる!

ひんやりスイーツ「サンスーシー」

「サンスーシー」料理 14452

出典:cherry0905さんの投稿

「サンスーシー」は沖縄と京都のコラボをコンセプトとしている、スイーツからフード、ドリンクを美味しくいただけるカフェ。沖縄県産の食材と京都直送素材を組合わせたメニューを提供しています。沖縄と京都のコラボでしか味わえない美味しさを味わってください。
「サンスーシー」料理 14454 特製サンスーシィパフェ

出典:

この「特撰サンスーシーパフェ」はこだわり抹茶に黒糖、きな粉のアイス、白玉にスポンジやゼリー、プリンにちんすこうが入っているサンスーシーの全てがつまったパフェ。


「サンスーシー」料理 14456 本部町アセロラのかき氷 たっぷりゼリーのせ(850円)

出典:ラブインディアさんの投稿

「本部町アセロラのかき氷 たっぷりゼリーのせ」はビタミンたっぷりのアセロラをふんだんに使用。練乳がついてくるので、好みでかけて召し上がれ♪。
「サンスーシー」内観 14458

出典:ラブインディアさんの投稿

ソファー席でゆったりすごせる空間。
「サンスーシー」内観 14460

出典:

キッズスペースもあるので、お子様連れでも安心です。そして、オープンテラスではペットもOK。
「サンスーシー」外観 14462

出典:ラブインディアさんの投稿

沖縄と京都が融合した「琉京」気分を「サンスーシー」で感じてみて。

サンスーシーの詳細情報

サンスーシー

北中城村 / カフェ、うどん、甘味処

住所
沖縄県中頭郡北中城村字萩道150-3 パークサイド#1822
営業時間
●月曜~木曜 11:00~18:00(L.O17:00) ※ランチ15時LO ※15時以降も単品フード注文OK ●金曜 11:00~21:00(LO20:00) ※ランチ 15:00LO ※カフェ 17:30LO  (スイーツとドリンクのみのご提供) ●土曜、日曜、祝日 11:00~21:00(LO20:00) ※終日フードメニューご提供 ※ランチ 15:00LO ※売切次第閉店する場合あり
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

那覇市から車で35分
北中城ICから車で5分

山のようなかき氷ならここ!

フルーツたっぷりてんこ盛り「琉冰 おんなの駅」

「琉冰 おんなの駅」料理 14468 フルーツたっぷりアイスマウンテン(1000円)

出典:焼肉姉妹さんの投稿

恩納村の道の駅「おんなの駅」の中にある「琉冰 おんなの駅」は県内のみならず県外からも多くのお客が訪れる、行列のできる人気店。こちらで人気なのは、フルーツをかき氷にたっぷり貼りつけたアイスマウンテンのトロピカルフルーツ!アイスマウンテンとは、山のように盛ってあるかき氷のこと。パッションフルーツの黄色が鮮やかで、南国の地・沖縄を感じさせます。かりかりとした黒い種が美味しいです。アイスマウンテンの中で、ほかにも女性に人気なのは、紅いもや田芋、ジーマーミなど沖縄食材を使ったもの。
「琉冰 おんなの駅」料理 14470 田芋(たーんむ)&紅芋ぜんざい\700

出典:ほぼ週4さんの投稿

こちらがその「田芋(たーんむ)&紅芋ぜんざい」。田芋と紅芋のほっこり感と、ふわふわしたかき氷の冷たさがたまりません!
「琉冰 おんなの駅」料理 14472

出典:♡ホルモリアン♡さんの投稿

お店の方が目の前で、器に山のように盛られたかき氷の上にアイスをのせ、フルーツをまわりに貼りつけていきます。鮮やかな手つきを見ながら、アイスマウンテンの出来上がりを待つひととき。

「琉冰 おんなの駅」外観 14474 年中トロピカル~♪でもあったかメニューもあります。

出典:たいむう♪さんの投稿

トロピカルな果物や写真が飾られているので、混雑した道の駅内でもすぐに見つけられそうですね♪

琉冰 おんなの駅の詳細情報

琉冰 おんなの駅

恩納村 / かき氷、フルーツパーラー、アイスクリーム

住所
沖縄県国頭郡恩納村仲泊1656-9 おんなの駅内
営業時間
10:00~19:00
定休日
無休 年始1・2日休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

那覇市から車で46分
沖縄自動車道 石川ICから車(一般道)で約8分

沖縄ならではの食材や変わった食材を使用

手づくりジェラート「うるまジェラート」

「うるまジェラート」料理 14480 人気ナンバー1という沖縄山城紅茶とうちなーミルク、さらには島とうがらしのダブル+αをいただきました!

出典:森のコロちゃんさんの投稿

「うるまジェラート」は地元うるまの農家から仕入れた食材を使った地産地消ジェラートが味わえる専門店。ジェラートのベースは、沖縄県のコクある美味しい宮平牛乳を75%以上使い、三温糖のみで甘みをつけたこだわり素材。有機・減農薬素材をつかい添加物は使用しないので、安心して食べられます。カロリー控えめなのも嬉しい。
「うるまジェラート」内観 14482 ショーケース②

出典:Churaさんの投稿

一番人気は「うるま産紅茶」を使った「山城さんちの有機紅茶」。女子はやっぱり紅茶テイストが好きですよね♪ ダブルで盛り合わせるなら、二番人気の「うちなーミルク」がおすすめ。沖縄県宮平牛乳と福岡県産の生クリームを使ったジェラートは、紅茶味と相性抜群です。

ほかにも、ちょっと変わった風味も揃ってます。たとえば「三秒後のインパクト」と説明されている「島とうがらし」。少し後からぴりりとする辛さがまた食べたくなるとか。
「うるまジェラート」外観 14484 外観①

出典:tomotomoさんの投稿

うるまジェラートの詳細情報

うるまジェラート

うるま市 / アイスクリーム、喫茶店、カフェ

住所
沖縄県うるま市与那城照間1860-1
営業時間
11:00~18:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

那覇市から車で54分
沖縄IC北から車で約20分

ブルーシールアイスとフルーツが贅沢にもコラボ

南国果実がたっぷりの「フルーツカフェ」

「フルーツカフェ」料理 14489 斜め上から

出典:yuf179さんの投稿

「フルーツカフェ」は南国らしい亜熱帯果実フルーツのスイーツメニューが並ぶカフェです。こちらで人気なのは、高く盛られたフルーツやアイスに圧倒される「フルーツマウンテン」。ブルーシールアイスとフルーツランドがコラボした人気メニューです。そのボリュームにテーブルで歓声があがるひんやりスイーツは、ぜひとも食べたい一品。
「フルーツカフェ」料理 14491 フルーツボード(1200円)

出典:のぶけいさんの投稿

マンゴー、ドラゴンフルーツ、トロピカルフルーツなどの多種多様な季節のフルーツがパイナップルのお皿に盛られた「フルーツボード」も大人気。旅で疲れた体に、フルーツのビタミンをたっぷり補いましょう!
「フルーツカフェ」外観 14493 フル-ツランド入り口◇2013.01

出典:浦島太郎さんの投稿

お店は、本島北部の名護市にある観光スポット「OKINAWAフルーツらんど」の中にあります。入園しなくてもカフェだけのご利用もできるので、入園受付へカフェ利用の旨を伝えてください。

フルーツカフェの詳細情報

フルーツカフェ

名護市 / カフェ、フルーツパーラー、パフェ

住所
沖縄県名護市為又1220-71 OKINAWAフルーツらんど内
営業時間
9:00~18:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

那覇市から車で1時間15分
那覇空港から国道58号線経由で約80km、約1時間40分
沖縄自動車道許田IC経由なら約1時間20分

沖縄ひんやりスイーツ特集は、いかがでしたか?

「喫茶ニワトリ」料理 14498 ドラゴンフルーツ&シークヮーサー

出典:てんもりさんの投稿

沖縄のひんやりスイーツは、フルーツたっぷりビタミン補給にぴったりのものや、滋味あふれる金時豆のやさしい甘さが懐かしさを感じるもの、パッションフルーツが沖縄らしいかき氷など、沖縄の素材を上手にひんやりスイーツに取り入れたものが印象的でしたね。みなさまも沖縄を訪れたら、ひんやり甘~いスイーツで沖縄らしいホッとしたひとときを過ごしてみてください。

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード