くぅ~!やさしい「だし」が沁みるね~!新橋のおでん屋さん12選

くぅ~!やさしい「だし」が沁みるね~!新橋のおでん屋さん12選

寒くなってくると恋しいのが、ほかほか、熱々のおでん。最近ではコンビニエンスストアなんかでもおいしいおでんを気軽に購入することができますが、たまには熟練の職人さんがしっかりとだしをとった、専門店のおでんが食べたくなるというもの。そこにうまい日本酒もあったら最高です! そこで今回はサラリーマンの聖地・新橋にある、おでんの名店12店をご紹介していきたいと思います。

2016年08月25日

新橋でおでんといえばココとココ! 超人気の2店

新橋でおでんといえばココとココ! 超人気の2店730959

出典:ssstkさんの投稿

まずは、新橋界隈で働いているひとに「新橋で有名なおでん店と言えば?」と訊けば、合わせて回答の半数以上を占めるであろう、超人気店をふたつご紹介いたします。

新橋お多幸

新橋おでんの両巨頭の一角を占めるお店が、昭和7年に創業した「新橋お多幸」。駅西口を出て、新橋三丁目の交差点近くのビルの地下1階にあります。
「お多幸」外観 730956

出典:es-syさんの投稿

新橋お多幸の一番の特徴は、濃い口のつゆで煮込んだ関東風のおでんであるということ。創業当初の味を、職人たちが現在まで頑固に受け継いでいるんです。
「お多幸」料理 730965

出典:銀座の8888さんの投稿

おでんの種類はおよそ25種類以上。長いつきあいのある老舗豆腐店や練物屋から厳選したおでん種を、職人さんが毎日仕込んでいます。春のふきやたけのこ、秋の里芋や銀杏など、季節のおでんも充実していますよ。
「お多幸」料理 730971

出典:あいまっくさんの投稿

種類が多くてどれにしようか迷ってしまう、というかたにオススメしたいのは「二丁盛」。新橋お多幸のおでんの中から12品を店員さんがみつくろってくれます。
それでも足りなければ、18品の「三丁盛」、24品の「四丁盛」をどうぞ!
「お多幸」料理 730975 おでん盛り合わせ(二丁盛)

出典:

最近では、港区・中央区・千代田区を対象にデリバリーサービスも始めました。1万円以上の利用が前提となりますが、オフィスや官庁内の懇親会や打上げなんかに利用したら、おでん好きの上司たちにも喜ばれそうですよね。

お多幸の詳細情報

お多幸

新橋、内幸町、汐留 / おでん、居酒屋、和食(その他)

住所
東京都港区新橋3-7-9 カワベビル B1F
営業時間
月~金 15:00~23:00(L.O.22:20) 土 15:00~22:30(L.O.21:50)
定休日
日・祝 ※10月~3月までは祝日も営業いたします
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

新橋 かま田

新橋おでんの両巨頭、もう1店は2009年にオープンした比較的新しい「新橋 かま田」です。こちらも新橋三丁目のほど近く。交差点から一本入った路地にあります。
「新橋 かま田」外観 730992

出典:酔いどれ伯父さんさんの投稿

お店の外観はバルやビストロのようなモダンな装い。
「新橋 かま田」その他 730994 まだお若いご主人(撮影了解済み)

出典:酔いどれ伯父さんさんの投稿

かま田の店主の鎌田保義さんは、もともと「お多幸 浦和店」で修行されていたのですが、独立してここ新橋にお店を構えられました。
「新橋 かま田」料理 731011

出典:今日も自転車さんの投稿

独立の際に大転換をはかったのが、おでんのだし。「なだ万」での修行経験もある鎌田さんは、それまでの関東風のだしから、関西風のだしにシフトしました。それで、かま田のおでんは上品な薄味の関西風になっているんですね。
「新橋 かま田」料理 731007 牛すじ300円。

出典:ゆめゆめさんの投稿

関西おでんの代表格「牛すじ」。

だしは、最高級の鰹節など数種類を時間をかけて丁寧にとり、具材ごとにベストな組み合わせで使用しているのだそうです。
「新橋 かま田」料理 731008 おとうふご飯380円。

出典:ゆめゆめさんの投稿

おでんもさることながら、そんな自慢のだしを心ゆくまで味わうことができるのが、名物の「おとうふごはん」です。ご飯の上にあつあつの豆腐を盛り、おでんのだしを茶碗いっぱいに注いだこの一品で、「くぅ〜」って言わないひとなどいるはずもない!

新橋 かま田の詳細情報

5000新橋 かま田

新橋、内幸町、虎ノ門 / おでん、魚介料理・海鮮料理

住所
東京都港区新橋2-11-5
営業時間
17:00~23:30
定休日
日曜・祝日
平均予算
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

関東風と関西風。新橋で食べ比べるならこの3店で!

せっかく関東風と関西風のおでんが出てきたので、もう少し続けましょう。次は、新橋で関東風と関西風のおでんを食べ比べるならこのお店、という3店です。

魚殿

まず1店目は関東風おでんからのエントリー。「魚殿」は、こちらも新橋駅の西口側。新橋 かま田のすぐ近くに店を構えています。
「魚殿」外観 731033

出典:

このお店のおでんは「真っ黒!関東炊きおでん」というメニュー名にも表れているとおり、関東風の色の濃いのが特徴。
「魚殿」料理 731035 こだわり出汁の当店名物『おでん』

出典:

鰹と昆布でとっただしに、たまり醤油など3種類の醤油を加え、三温糖で甘みを整えたのが魚殿のおでんつゆ。関東のひとでも「辛そう!」と思うかもしれませんが、見た目よりも全然あっさりとしているんですよ。
「魚殿」料理 731037 1年中お楽しみ頂ける自慢のおでん!是非一度ご賞味あれ!!

出典:

この黒いだしに具材を入れて、2〜3日じっくりと煮込んで味がしみしみになっているのが、魚殿の特製おでんなんです。
「魚殿」料理 731040 おでん盛り合わせ

出典:kennnyさんの投稿

最近はコンビニおでんやレトルトおでんなども関西風のものが多いですから、この黒さ、貴重ですぞ!

魚殿の詳細情報

魚殿

新橋、内幸町、虎ノ門 / 居酒屋、おでん、魚介料理・海鮮料理

住所
東京都港区新橋2-13-8 新橋東和ビル 1F
営業時間
[月~金] 11:30~14:00(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.22:30) [土] 17:00~22:30(L.O.22:00) 注】土曜日に限り予約営業とさせていただきます。
定休日
日・祝
平均予算
  • ~¥999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

対する関西風おでんを新橋でいただくことができるお店のひとつが、昭和53年創業の「雅」。JR新橋駅の烏森口を出て、徒歩4分のところにあります。
「雅」外観 731061 外観①

出典:かずひこにゃんさんの投稿

提灯と引き戸の入り口が、いかにも新橋のお店って感じです。
「雅」内観 731078 明るいテーブル席

出典:

座席数はカウンターが6席、テーブルが12席の計18席でこぢんまりとしていますが、そのせいもあってお店と客の距離が近く、アットホームなお店。
「雅」料理 731069 おでん

出典:assyassyさんの投稿

提供される関西風おでんも、上品にすました感じのおでんではなく、一般のご家庭で食べられているおでんといった感じで、ほっとできるんです。
「雅」料理 731079

出典:おり。さんの投稿

このお店で、おでんと一緒にぜひとも食べていただきたいのは、「天まぐろ刺身」というマグロの脳天の刺身。1匹のマグロからたった2本しかとれないというレアな部位の刺身で、脂が多く、とても濃厚な味わいが楽しめますよ。

雅の詳細情報

新橋、汐留、御成門 / おでん

住所
東京都港区新橋4-14-6 第2西欧ビル1F
営業時間
[月~金]17:00~22:50(ラストオーダー22:30)
定休日
土日祝日
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

でん姫

関西風おでんを楽しめるお店をもう1軒ご紹介。「でん姫」もJR新橋駅の烏森口を出て徒歩4分、先ほどの雅とほぼ同じエリアにあります。
「おでん でん姫」外観 731084 もうちょっとシッポリした看板のほうが(笑)

出典:ヤッケさんの投稿

こちらのおでんは、透明度の高い関西風のあっさりだし。ほら、器の模様がちゃんと透けて見えますね。
「おでん でん姫」料理 731086 がんも、つみれ、大根

出典:kanamilkさんの投稿

関西風といっても、ここでん姫を切り盛りされている女将は、香川のご出身。香川のおでんは白味噌ベースの甘い味噌だれや、からし味噌で食べることが多いのだそうで、頼めばお店でも試させてもらえますよ。
「おでん でん姫」料理 731095 おでん トマト

出典:tomesangさんの投稿

女性が切り盛りするお店だけあって、トマトや豆腐などヘルシー系具材があるのもうれしい限り。特にトマトは、他店では丸ごと煮込まれたものが提供されることが多いのですが、でん姫では皮付でカットされたトマトってのがユニークなんです。

おでん でん姫の詳細情報

おでん でん姫

新橋、汐留、内幸町 / おでん、居酒屋

住所
東京都港区新橋4-19-6 第二粕谷ビル1F
営業時間
[月~金] 18:00~22:30 (ラストオーダー22:00)
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

関東・関西だけじゃない! ご当地おでんが食べられるお店

味噌で食べる香川おでんのように、日本全国にはご当地おでんが結構ありますよね。新橋にもご当地おでんが食べられるお店はあるのですが、厳選してご紹介できるお店といえば、ここしかないでしょう。

肉蔵でーぶ

「肉蔵でーぶ」は新橋駅西口から徒歩5分。2016年3月に開店したばかりの、元プロ野球選手・デーブ大久保さんがオーナーのお店なんです。
「肉蔵でーぶ」外観 731112 2016.3 店舗外観

出典:やっぱりモツが好きさんの投稿

「肉蔵」とあるように、ここの本来の姿は焼き肉居酒屋さん。でも、おでんもおいしいと評判なんです。
「肉蔵でーぶ」料理 731119 2016.3 特選ハラミステーキ(1,800円)

出典:やっぱりモツが好きさんの投稿

その話題のおでんがこちらの「博多ともちゃん おでん盛り」。その名の通り、博多の屋台風のおでんで、豚骨だしがベースとなっています。
「肉蔵でーぶ」料理 731115 2016.3 博多ともちゃん屋台おでん おまかせ盛り合せ(5品 1,400円)

出典:やっぱりモツが好きさんの投稿

盛りの内訳は大根と蒟蒻、練り物が3品となっているのですが、この練り物がクオリティーが高いと評判です。ふわっふわっとした魚臭くないつみれと、銀杏やむき海老がぜいたくに使われた練り物は、それだけで食べる価値がありますよ。
「肉蔵でーぶ」その他 731121 2016/6/17 ご本人と看板(実物大ではありません(笑))

出典:常磐釣師さんの投稿

運が良ければデーブさんにも会えるかも!?

肉蔵でーぶの詳細情報

肉蔵でーぶ

新橋、内幸町、汐留 / 居酒屋、焼肉、おでん

住所
東京都港区新橋3-3-7 信友ビル 1F
営業時間
月~金:11:30~14:00、17:00~24:00 (LO 23:30) 土曜日・祝:17:00~24:00 (LO 23:30)
定休日
平均予算
  • ~¥999
  • ¥6,000~¥7,999

データ提供

昔懐かしい屋台のおでんの味を求めるならこの2店

昔懐かしい屋台のおでんの味を求めるならこの2店731129

出典:バナOKAさんの投稿

屋台と言えば、東京にもおでんやラーメンの屋台はけっこうありましたよね。でも最近ではめっきり少なくなってしまいました。次は、もともとは屋台で営業していたおでん屋さんを2軒ご紹介したいと思います。

ほろばしゃ

いままでお店をご紹介しなかった新橋駅の東側、住所的には銀座八丁目にあたる、博品館トイパークの路地を入ったところにあるのが「ほろばしゃ」です。
「ほろばしゃ」外観 731131

出典:エノキングさんの投稿

お店に入ると、店内には屋台が鎮座ましましています! なんでも、屋台営業当時を懐かしんでいただければと、同じものを再現したのだとか。
「ほろばしゃ」内観 731132 店内に屋台が

出典:assyassyさんの投稿

ちなみに、屋台のときは店名は特になく、いつも屋台に幌をかぶせていたので、いつのまにか「ほろばしゃ」と呼ばれるようになったのだそうです。
「ほろばしゃ」料理 731134

出典:どら身さんの投稿

このお店のおでんは関西風なのですが、醤油は使用しておらず、塩のみで味つけをしています。それなのに、具材はちくわぶなどの関東のおでん種もあるのがうれしいです。
「ほろばしゃ」料理 731138

出典:おひょさんの投稿

ほろばしゃの詳細情報

ほろばしゃ

新橋、銀座、内幸町 / おでん

住所
東京都中央区銀座8-8-18 ニイクラビル(旧梅もとビル) 3F
営業時間
[月~金] 17:00~翌2:30
定休日
土日祝
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

銀座九丁目

もう1軒ご紹介する元屋台のおでん店は、「銀座九丁目」。銀座は一丁目から八丁目までしかないはずなのに、「銀座九丁目」なんです。
「銀座九丁目」外観 731146

出典:NA1さんの投稿

ややこしいですが、お店の場所は銀座八丁目。銀座ナイン2号館の地下1階にあります。
「銀座九丁目」その他 731147 通路にある店の歴史を書いた看板

出典:酔いどれ伯父さんさんの投稿

お店のこれまでの歴史が掲示されています。

もともとは首都高が建設される前から屋台で営業をしていた、創業50年以上の老舗なんだそうです。
「銀座九丁目」料理 731154

出典:tomolog.さんの投稿

おでんのだしは、濃い口の関東炊き。とはいえ真っ黒なだしではなく、どこか家庭寄りのお味です。
「銀座九丁目」料理 731158 おでん定食(850円)

出典:蕎麦ねこさんの投稿

夜もにぎわう銀座九丁目ですが、場所柄なのか、ここはランチメニューのおでん定食「雪」が名物なんです。じっくりと煮込まれた大根、蒟蒻、つみれなど5品ほどに、ご飯、味噌汁、お新香がついてきますよ。
ご飯はおかわりが自由なのも、働くひとたちにうれしいですね!

銀座九丁目の詳細情報

銀座九丁目

新橋、内幸町、汐留 / おでん

住所
東京都中央区銀座8-7 銀座ナイン2号館 B1F
営業時間
[月・火・木・金] 11:30~13:30 17:00~23:00(L.O.22:00) [水] 17:00~23:00(L.O.22:00) [土] 17:00~21:30(L.O.21:00)
定休日
日・祝
平均予算
  • ~¥999
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

これもおでんの楽しみのひとつ♪変わり種の名店3選

続いては、普通のおでん屋では見かけないような、変わり種が評判のお店を3軒ご紹介したいと思います。

銀座てらやま

「銀座てらやま」も新橋駅の北東側、駅からは徒歩4分の銀座八丁目にあります。
「銀座てらやま」外観 731221 店の扉は一見クラブ風

出典:一級うん築士さんの投稿

小料理屋のような店構えで、店内もとても落ち着いた空間になっているんですよ。
「銀座てらやま」内観 731224

出典:一級うん築士さんの投稿

このお店のおでんは関西風のだし。鰹や鯖、椎茸などからとった澄みきっただしで具材を煮込んでいます。食べるときはゆず胡椒をつけてみてくださいね。
「銀座てらやま」料理 731289 おでん盛り合わせ

出典:Ericさんの投稿

そんな銀座てらやまの人気の変わり種は、「トマトチーズ」。だしのよくしみたトマトに、とろりととろけるチーズがトッピングされていて、癖になってしまう一品です。
「銀座てらやま」料理 731293 おでんの「トマトチーズ」

出典:tomoseipapaさんの投稿

ミルフィーユカツの「カツサンド」や「ナポリタン」も評判ですので、余力のあるかたは〆にどうぞ!

A photo posted by hassytag (@hassytag) on

銀座てらやまの詳細情報

銀座てらやま

新橋、内幸町、銀座 / 割烹・小料理、居酒屋、おでん

住所
東京都中央区銀座8-5-10 金成ビル 6F
営業時間
17:00~24:00 (料理L.O. 23:00、ドリンクL.O. 23:30)
定休日
土・日・祝
平均予算
  • ¥10,000~¥14,999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

楽でん

「楽でん」は新橋駅から徒歩5分。環二通りに面したビジネスホテルの裏側に店舗があります。
「楽でん」外観 731299

出典:ミッポTさんの投稿

明るい色のモルタルの外観。のれんをくぐって店内に入ると、ひときわ大きなだるま型のおでん鍋がまず目に入るはず。
「楽でん」料理 731302 おでん鍋(だるま)

出典:ミッポTさんの投稿

銅製のだるま鍋のなかのだしは、北海道産の昆布や鰹節、椎茸を使用したあっさりめの関西風。でも具材には「ちくわ麩」や「江戸はんぺん」などがあって、やはり関東風なのです。
「楽でん」料理 731312 季節の生麩、赤蒟蒻

出典:ミッポTさんの投稿

ちくわ麩と赤蒟蒻。

楽でんでは、席に着くとまずお猪口に入っただしが提供されます。これはつまり、だしのテイスティング。それだけだしに自信があるんです。
「楽でん」料理 731314 最初に出汁を飲ませてくれます

出典:kaworitさんの投稿

そしてこのお店の変わり種は、「蛤」。九十九里産の蛤を、自慢のだしで炊きあげたもの。ぷっくりとした身はやわらかく、簡単に噛みきれちゃいますよ。
「楽でん」料理 731317

出典:kaworitさんの投稿

楽でんの詳細情報

楽でん

汐留、新橋、御成門 / おでん、割烹・小料理

住所
東京都港区新橋5-12-1 露月町ビル1F
営業時間
17:00~22:30(L.O.22:00)
定休日
土・日・祝日
平均予算
  • ~¥999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

四季のおでん

新橋の変わり種のおでんのお店、最後にご紹介するのは「四季のおでん」です。場所は銀座八丁目で、「ほろばしゃ」や「銀座てらやま」などのおでん激戦区にあって気を吐いているお店です。
「四季のおでん」外観 731330

出典:ミトミえもんさんの投稿

四季のおでんは本店が大阪の心斎橋にあるので、おだしは関西風。羅臼産の真昆布とモミジ(鶏の足)から毎日とっているだしは、とても滋味深くて身体にしみわたります。
「四季のおでん」料理 731335 おでんの王道だいこん

出典:soh_blさんの投稿

おでんの具材は決して盛り合わせにはせず、一品ずつ別の皿で提供されるのも、四季のおでんのこだわりです。
「四季のおでん」料理 731336

出典:MIYUKI さんの投稿

このお店は「ほたるいか」など変わり種の種類が多いのですが、絶対に味わっていただきたいのは「さえずり」。
さえずりというのは、言ってみれば「くじらのタン」で、関西ではわりとポピュラーなおでん種なのですが、関東でここまで上等なさえずりを出すおでん店はなかなかないと、食通たちも絶賛しているんですよ。

四季のおでんの詳細情報

四季のおでん

新橋、内幸町、銀座 / おでん

住所
東京都中央区銀座8-6-8 銀座福助ビル 1F
営業時間
平日(月~金)18:00~翌3:00(L.O.2:00) 土 18:00~翌0:00
定休日
日・祝
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

しめて1000円台で満足できる立ち飲み屋のおでん

新橋の夜もだいぶ更けて参りました。最後に、ここまで紹介してこなかった立ち飲みのお店を紹介して、おでん屋めぐりを締めくくりたいと思います。

大友

新橋西口の、桜田公園があるブロックの一角にある「大友」は、カウンターがあるだけの立ち飲み屋さん。
「大友」外観 731340 立ち呑み大友

出典:ヤッケさんの投稿

店のメニューはほとんどが300円(2016年8月現在)という、いわゆる1000円でべろべろになるまで飲める「せんべろ」のお店なんです。
「大友」内観 731341

出典:micky_hiraharaさんの投稿

カウンター内にはご夫婦が立ち、店を切り盛りされています。
「大友」料理 731344

出典:ゆ~すけさんの投稿

おでんのメニューは、蒟蒻や玉子、いわし団子やごぼう巻きなど10種ほどの中から3種類を選べます。これで300円!
「大友」料理 731345 牡蠣おでん。やさしい出汁がしみわたる。

出典:みゅうささんの投稿

冬季には、おでん種に牡蠣も加わります(これは1品で300円)。おでんのだしにひたった海のミルク・牡蠣は、器に添えられたゆず胡椒をつけていただいちゃってください!
こうして新橋の夜は、たくさんのひとの笑顔とおでん種に見守られながら今日も更けていくのです。
「大友」外観 731347

出典:酒場のひろみんさんの投稿

大友の詳細情報

大友

新橋、汐留、内幸町 / 立ち飲み居酒屋・バー

住所
東京都港区新橋3-16-9 エムエービルⅡ 1F
営業時間
17:00~23:30
定休日
日曜・祝日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

大友730960

出典:seigo85さんの投稿

いかがでしたか? ご紹介した以外にも新橋にはおでんの店が多く、ちょっと銀座まで足を伸ばせば、さらにめくるめくおでんの世界が待ち構えています。おでんのように深みのあるダシのしみた大人になれるように、季節にかかわらずおでんを楽しんでみてくださいね!

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード