2016年12月01日

おうちカフェの参考に♡沖縄の「やちむん」を使ったおいしいカフェ&レストラン10選

おうちカフェの参考に♡沖縄の「やちむん」を使ったおいしいカフェ&レストラン10選

土のあたたかみが感じられるぽってりと力強いフォルムが魅力的な沖縄の焼き物「やちむん」。実際に「やちむん」を使って料理を出してくれるこだわりのカフェやレストランも最近ではたくさん増えてきました。実際の使い心地や、器の手触りなどを感じて、お気に入りの作家を見つける楽しみのひとつ。もちろん、おいしい沖縄グルメに舌鼓を打つことも忘れずに。素朴で表情豊かな、色あいが素敵な「やちむん」は、毎日の食卓に華やかさをプラスしてくれますよ。美しい盛り付けをおうちカフェの参考にしてください♪

73862

出典:

沖縄の焼き物「やちむん」をお土産に、自宅用に買って帰りたい……と思っても、どれを買えばよいのか迷うことはありませんか? そんなときは、やちむんの本場・沖縄のカフェやレストランで、実際にどう使われているかチェックしちゃいましょう!

「カフェ こくう」料理 894830

出典:☆ASUKA☆さんの投稿

食事やスイーツをどんな風に盛り付けているのか、平皿の大きさ、小鉢に盛る量、テーブルやランチョンマットなどとの色あい……など、使い方のヒントをたくさんもらえるはず!

1.やちむん&カフェ 群青(読谷村)

「やちむん&カフェ 群青」内観 894824

出典:

やちむんの聖地・読谷村にある陶芸窯元が集まった「やちむんの里」にほど近い、やちむんギャラリーカフェ。独特の赤絵や染付けなど、常に新しいものを取り入れている「陶眞窯」の工房が併設されています。もちろん、使用する器は陶眞窯もの。1階のギャラリーでは購入することも可能です。

「やちむん&カフェ 群青」その他 894826

出典:

こちらの目玉は、陶器の破片を張り合わせて作られた“シーサー石窯”で焼き上げられた本格ピッツァ♪

「やちむん&カフェ 群青」料理 894819

出典:takenoko73さんの投稿

約350度の温度で一気に焼き上げられた薄めでモチモチ、サクサクのナポリピザ。もちろん、取り皿もやちむんです。

「やちむん&カフェ 群青」内観 894822

出典:

開放感あふれる店内は、読谷村の自然に囲まれたテラス席から見る眺めもおすすめ。

やちむんカフェ ぐんじょうの詳細情報

やちむんカフェ ぐんじょう

読谷村 / イタリアン、カフェ、ピザ

住所
沖縄県中頭郡読谷村座喜味2898-21
営業時間
[月・火・木・金] 10:00〜17:30 (ピザのご提供は11:00~L.O.17:00) [土・日・祝] 10:00〜18:00 (ピザのご提供は11:00~L.O.17:30) 売切れ次第閉店となります。
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

2.てぃーあんだ(読谷村)

海辺の民家を改装した食事処

「てぃーあんだ」料理 73891

出典:てんもりさんの投稿

「手間をかける」や「愛情をそそぐ」という意味を持つ沖縄の言葉から名づけられた店名「てぃーあんだ」。沖縄の郷土料理、ラフテーをはじめとしたメイン料理がさまざまな小鉢に彩られたボリュームある定食が人気。

「てぃーあんだ」料理 894439 メインのラフテー

出典:yomocatさんの投稿

平皿など、大き目のお皿は持ち帰りも大変なので、まずは小鉢や小皿をメインに集めてみるのはいかが? 少量の惣菜を小鉢に盛って並べれば、テーブルも華やかに。大胆な絵柄や色も小鉢や小皿なら挑戦しやすいかも。

「てぃーあんだ」内観 73893

出典:jubyさんの投稿

民家を改装した落ち着いた店内へは、靴を脱いで入ります。まるで誰かの家へお邪魔したようなリラックス感を満喫できるはず。縁側を広くとってあるので、潮風を感じながら食事をすれば、ウチナンチュー気分に。

「てぃーあんだ」内観 73895 玄関です

出典:DJKumaKumaさんの投稿

玄関先や店内には、所狭しと素敵なやちむんが飾られています。

島やさい食堂 てぃーあんだの詳細情報

島やさい食堂 てぃーあんだ

読谷村 / 沖縄料理、カフェ、野菜料理

住所
沖縄県中頭郡読谷村都屋448-1
営業時間
[昼食] 土曜~水曜 12:00~15:00 (2021年10月時点) ランチタイム予約不可 [夕食] 土曜~日曜(週末のみ) 18:00~21:00 (L.O20:00) 前日までに座席、料理を予約 ※2019年4月から夕食時間の営業は休止中
定休日
木曜日、金曜日(臨時休業有)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

3.やちむん喫茶シーサー園(本部町)

自然の中の古民家でシーサーに囲まれる

「やちむん喫茶シーサー園」ドリンク 894422

出典:みごれんさんの投稿

本部半島の中心部にある「やちむん喫茶シーサー園」は、豊かな自然に囲まれた隠れ家的カフェ。とくに2階のテラス席がおすすめです。

「やちむん喫茶シーサー園」内観 73877 テラスのコーナー席は見晴らしが良い

出典:Jaffaさんの投稿

2階のテラス席の中でも、一番のおすすめはコーナーにある2席。屋根の上にずらりと並ぶシーサーと、大自然を満喫できる眺め抜群の特等席です。

「やちむん喫茶シーサー園」料理 73875

出典:風の子9さんの投稿

こちらに訪れたら、ぜひ「ヒラヤーチ」のオーダーを忘れずに! 沖縄のおやつメニューとして人気の一品。薄い沖縄版のチヂミのようなもの。ほかにも黒糖味のクレープ「ちんぴん」もおすすめです。やちむんの長角皿にぴったりサイズなのもほほえましい♪

「やちむん喫茶シーサー園」内観 894695 お土産がいっぱい

出典:shiro-spadaさんの投稿

1階はやちむんのギャラリーで、販売も行っています。

やちむん喫茶シーサー園の詳細情報

やちむん喫茶シーサー園

本部町 / 喫茶店、甘味処、スイーツ(その他)

住所
沖縄県国頭郡本部町伊豆見1439
営業時間
11:00~19:00
定休日
月曜日・火曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

4.カフェ こくう(今帰仁村)

マクロビや自然食、無農薬野菜にこだわったカフェ

「カフェ こくう」その他 73882

出典:フランチェスカさんの投稿

マクロビオティックを学んだ奥さんの知識をベースに、和食の料理人である旦那さんがアレンジした料理が味わえる「カフェ こくう」。砂糖や乳製品、お肉などを使用せず、無農薬にこだわった野菜をたっぷり使った、こくうオリジナルの料理を提供してくれます。自然食が好きなら、ぜひ訪れてほしいカフェです。

「カフェ こくう」料理 73884

出典:てんもりさんの投稿

メニューは採れたての新鮮野菜をふんだんに使った惣菜8品に、ご飯とみそ汁が付いた「こくうプレート」がメイン。

「カフェ こくう」料理 894428

出典:オカデンチさんの投稿

野菜は今帰仁村産の新鮮な野菜や、旬の島野菜がたっぷり使われています。とってもヘルシーで女性向き。やちむんの器と自然食は相性ぴったり♪

「カフェ こくう」外観 73886

出典:イケ~ルさんの投稿

ヤンバルの森と東シな海を見下ろす絶景も魅力のひとつ!

カフェ こくうの詳細情報

カフェ こくう

今帰仁村 / カフェ、自然食、野菜料理

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村字諸志2031-138 今帰仁サンシティ希望ヶ丘敷地内
営業時間
ランチタイム11:30-16:00(lo15:00) ディナータイム お問い合わせください
定休日
日曜日・月曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

5.ロギ(沖縄市)

女性の味方!玄米を使ったヘルシーなメニューが魅力

「ロギ」料理 73865

出典:ラブインディアさんの投稿

オーナー夫妻で営業している外人住宅をリノベーションした「ロギ」。おふたりのご家庭に招かれたようなあたたかい雰囲気を感じられると、女性に人気のカフェです。ワンプレートランチや、カレーサンドイッチなどのランチが提供。うるま市生まれの山田義力さんの平皿にそれぞれの料理がよく映えます。

「ロギ」料理 894525

出典:fresaさんの投稿

女性に好評なのが、圧力鍋で炊いた玄米ご飯。

「ロギ」料理 73867 沖縄県産合い挽き肉のバジル炒め(1100円)

出典:ラブインディアさんの投稿

ランチには洋食、和食、エスニックとさまざまなジャンルがお目見え。大胆な模様のやちむんは、プレートランチを楽しく見せてくれます。

「ロギ」内観 894419 販売している雑貨や飾り付けがお洒落でした。

出典:宮焼 ソバ子さんの投稿

カフェの雰囲気にあったネパールにインド、中東などの雑貨も販売しています。

ロギの詳細情報

ロギ

沖縄市 / カフェ、自然食、パン

住所
沖縄県沖縄市与儀2-11-38
営業時間
[月~金] 9:00~17:00 [土・日] 9:00~18:00 モーニング 9:00~11:30 ランチ 11:30~15:00
定休日
火曜
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

6.みやんち STUDIO&COFFEE(沖縄市)

沖縄をこよなく愛する、宮沢和史さんがプロデュース

「みやんち STUDIO&COFFEE」料理 894440

出典:ケロトコさんの投稿

THE BOOMの宮沢和史さんが店名やメニューに至るまでプロデュースしたカフェが、沖縄市の沖縄県総合運動公園近くにあります。お店オリジナルのやちむんには「宮ん家(みやんち)」の刻印が。

「みやんち STUDIO&COFFEE」料理 895285 カラソバ膳  和カラソバ・宜野湾産の田芋のぼろぼろジューシー・ゴーヤのピクルスとトマト・ぽーぽー・アイスコーヒー

出典:たけやん あららさんの投稿

おすすめは、汁なし沖縄そばの「カラソバ」。なかでも、煮干し粉がアクセントになった魚介風味が味わえる「和カラソバ」が人気No.1。

「みやんち STUDIO&COFFEE」内観 73906 店内

出典:

オールバリアフリーの開放感ある店内は、ベビーカーや車いすのまま入店できます!

「みやんち STUDIO&COFFEE」内観 73907

出典:やさいさんさんの投稿

実際に使用した三線やギターはもちろん、THE BOOMの貴重なグッズも飾られていてファンにはたまらない一軒です。

みやんち STUDIO&COFFEEの詳細情報

みやんち STUDIO&COFFEE

沖縄市 / カフェ

住所
沖縄県沖縄市与儀1-29-22
営業時間
[水〜土] 11:00〜17:00(L.O16:30)
定休日
日〜火曜※コロナウイルス感染拡大防止の為、定休日を変更しております
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

7.うみちか食堂(宜野湾市)

沖縄そばが絶品!人気の食堂

「うみちか食堂」料理 73932 ソーキソバ700円

出典:べいびいさんの投稿

宜野湾市にある「うみちか食堂」は、沖縄そばの有名店。メニューにある「すば」は沖縄そばのこと。うま味の効いた出汁と、柔らかいソーキがたっぷり載ったすばがイチオシ。

「うみちか食堂」料理 73934

出典:Trimeresurusさんの投稿

やちむんの大皿にたっぷり盛り付けられ、卵の黄色がひときわ映える「ポーク玉子」もぜひ。ポークランチョンミートを焼き、卵焼きに載せたシンプルな料理ですが、沖縄で愛されるソウルフードのひとつ。朝食にもビールのお供にもぴったりです。

うみちか食堂の詳細情報

うみちか食堂

宜野湾市 / 沖縄そば、定食・食堂、弁当

住所
沖縄県宜野湾市真志喜2-27-1 1F
営業時間
11:00〜21:45[L.O21:00]
定休日
定休日 : 元日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

8.うりずん(ゆいレール安里駅)

泡盛と琉球料理が味わえる

「うりずん」内観 895347 1Fテーブル席

出典:

国際通りから少し外れたところ、ゆいレール安里駅の近くにある「うりずん」は、本場琉球料理が堪能できるとあって人気のお店。

「うりずん」料理 73912

出典:マーコラーメンさんの投稿

やちむんの渋い色あいにもマッチする、お店の名物「ドゥル天」は、「どぅるわかしー天ぷら」の略語。「どぅるわかしー」とは、蒸した田いもに豚肉やシイタケ、かまぼこなどを加えて練り丸めたものを揚げたコロッケみたいな一品です。

「うりずん」料理 73914 ゴーヤチャンプルー

出典:

チャンプルーを豪快に盛り付けるならやはり大皿で! ゴーヤの鮮やかな色を活かすには、控えめのやちむん柄を選ぶのがおすすめ。

「うりずん」ドリンク 895345

出典:TOSIさんさんの投稿

県内各地の泡盛が揃っているお店で泡盛を堪能するなら、やはりカラカラで。瓶から直接よりも、カラカラに移し変えるだけで、さらにお酒がおいしくなりそう。

うりずんの詳細情報

5000うりずん

安里、牧志、おもろまち / 沖縄料理、居酒屋

住所
沖縄県那覇市安里388-5
営業時間
17:30~24:00(L.O.23:30)
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

9.ビーチカフェ anjina(瀬長島)

那覇空港と海が見えるロケーション

「ビーチカフェ anjina」ドリンク 73925

出典:ユッキー@毎日ビール.jpさんの投稿

空港からほど近い瀬長島にあるこちらはビーチを眺めながら、のんびりカフェタイムが満喫できるとあって人気のお店。自家焙煎した豆を使ったこだわりのアイスコーヒーはたっぷりサイズ。飛行機の離着陸を見ながらランチにも。

「ビーチカフェ anjina」料理 73921

出典:ユッキー@毎日ビール.jpさんの投稿

目玉焼きとウインナーがトッピングされた、ボリュームのある「タコライスプレート」がおすすめ。半熟の目玉焼きを絡めながら食べるタコライスは、さっぱりしたトマトソースとマッチ。沖縄の海や空の青さを思い出す華やかなやちむんは、洋風料理にもぴったり。

ビーチカフェ anjina

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

10.ニシムイそば(糸満市)

コラーゲンたっぷり!女性にうれしい沖縄そば

「ニシムイそば」外観 895388 ニシムイ美術店舗

出典:

アートギャラリー「西森美術」の中にある沖縄そばのお店です。店内では、やちむんをはじめ、沖縄の陶器に絵画、琉球ガラスがお店の一角で販売されています。

「ニシムイそば」料理 73939

出典:TROYさんの投稿

シブイ(沖縄の言葉で冬瓜)と鶏で作られた出汁の風味が感じられる「西森そば」は、“沖縄のお袋の味”。そして、豚と鶏の骨髄から出るたっぷりのコラーゲンが入った白濁のスープが特徴。トッピングのシブイの煮付けは、低カロリー! 女性にうれしいカリウムやビタミンCが豊富で、利尿効果があるそう。

「ニシムイそば」ドリンク 73941

出典:mizum136さんの投稿

西森そばを注文すると、ぜんざいとコーヒーがセットに。コラーゲンたっぷりの沖縄そばに甘いものが付いているなんて、欲張りな女性にぴったり。

「ニシムイそば」その他 73942 ギャラリー併設

出典:ドープインパクトさんの投稿

お腹が満足したら、ギャラリーでお気に入りの作品を探してみてくださいね。

ニシムイそば

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

まとめ

いかがでしたか? おいしい沖縄グルメを堪能しながら、やちむんの普段使いのヒントを学ぶなんて素敵なひととき。カフェやレストランで素敵なやちむんに出会えたら、どこの工房のものなのか、ぜひお店の人に尋ねてみてくださいね。沖縄ではぐくまれた「やちむん」をぜひ食卓に取り入れてみてください。

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ