大河とは違うもう一人の女城主の町。岐阜県岩村町をぶらり散歩

大河とは違うもう一人の女城主の町。岐阜県岩村町をぶらり散歩

2017年の大河がいよいよ始まりますね。主人公は女城主として名を馳せた井伊直虎。荒々しい戦国時代に女性が城主だったとは信じられませんが、実は同じように女城主が岐阜県恵那市の岩村町にも存在しました。山間にひっそりとある岩村の城下町は、戦国の雰囲気が残る歴女必見のスポット。おいしいものを味わいながらぶらっと散歩してみましょう!

2016年12月22日

幼い養子のかわりに一族をひきいた女城主「おつやの方」

幼い養子のかわりに一族をひきいた女城主「おつやの方」960179

出典:

戦国時代の末期、岩村城には女性城主がいました。「おつやの方」といい、織田信長の叔母に当たる女性です。夫の遠山景任がなくなったあと、信長の息子である御坊丸を養子にむかえ、幼い御坊丸のかわりに岩村をおさめていました。
幼い養子のかわりに一族をひきいた女城主「おつやの方」960172

出典:Ta3ppさんの投稿

おつやの方ゆかりの岩村城は、日本三大山城のひとつでもある名城でした。現在は城跡しか残っていませんが、江戸時代も城主が住み、明治の廃城令で取り壊されるまで約700年も続いた歴史あるお城です。城跡に上ると、今も苔むした石垣が残り、戦国のロマンを感じることができます。
幼い養子のかわりに一族をひきいた女城主「おつやの方」951893

出典:銀爺@北の街からさんの投稿

城跡のふもとは、江戸時代の城下町の景色

城跡のふもとは、江戸時代の城下町の景色951895

出典:マッツン75さんの投稿

城跡から降りれば、城下町が続いています。岩村は江戸期を通じて岩村藩の城下町で、当時の街並みが残っています。平成10年には「重要伝統的建造物群保存地区」に選ばれました。それでも観光客はまだまだ少ない静かな城下町です。
城跡のふもとは、江戸時代の城下町の景色951894

出典:キング・ドリチソさんの投稿

街並み保全のため電線と電柱は地中に埋め込まれています。これにより、まるで江戸時代の風景を楽しめるようになりました。そして景色だけでなく、おいしいものもたくさんある穴場の歴史スポットです。

まずは岩村の名酒「女城主」を堪能!

岩村醸造のフルーティな日本酒♪

「岩村醸造」ドリンク 951903 岩村城は女城主で有名です

出典:t-zoidさんの投稿

岩村醸造は、創業以来約230年にわたって岩村でお酒を作り続けている酒蔵です。岩村は上質な天然水がわくところで、こちらの醸造所でも400年前の井戸から天然水をくみ上げてお酒を仕込んでいます。看板商品の「女城主」は、華やかな香りとすっきりした切れ味が聡明な女城主のイメージそのまま。味も香りも豊潤なお酒です。
「岩村醸造」ドリンク 951932 試飲ができます

出典:てるてる!(^^)!さんの投稿

どのお酒も、水道水は使わずに岐阜県名水50選に選ばれた井戸水と地元の酒専用米の「ひだほまれ」で作られています。岐阜を代表する酒蔵のひとつと言っていいでしょう。

トロッコ、天然水湧水…店内も見どころいっぱい!

「岩村醸造」外観 951914 岩村醸造

出典:てるてる!(^^)!さんの投稿

お店は大きな杉玉が目印です。店内の一部は築300年!見学するだけでも価値があります。
「岩村醸造」内観 951956

出典:むーちゃんパパ(名古屋)さんの投稿

店先から酒蔵までは、トロッコ線路が約100メートル続きます。線路を伝って奥まで歩いて見学しましょう。トロッコ車は店頭に飾ってありますが、約20年前までは運搬用に使っていたものです。
「岩村醸造」内観 952007

出典:むーちゃんパパ(名古屋)さんの投稿

トロッコ線路を進むとかわいらしい中庭があります。ここで湧き出している天然水は、お酒の仕込みに使われているものです。貴重な湧水を飲むと、お酒への期待がますます高まります!
「岩村醸造」内観 952008

出典:むーちゃんパパ(名古屋)さんの投稿

酒蔵の見学もできますが、冬は酒造り中のため見学エリアを限定している場合があります。まさしくここで仕込んでいる、現役バリバリの酒蔵です。

2月の蔵開きで新酒の試飲!

「岩村醸造」ドリンク 951920 舌がぴりっとしました(^_^;)

出典:t-zoidさんの投稿

岩村醸造では、毎年2月の日曜に蔵開きがおこないます。出来あがったばかりの新酒を試飲できるチャンスです。新酒はいつも以上にフルーティな味わい♪やはり出来たて新酒を飲んでから、その場で購入したいものです。
「岩村醸造」ドリンク 952033 蔵開き限定純米原酒

出典:フレディ父さんさんの投稿

蔵開き中は限定の「女城主 原酒」が試飲&購入できます。特別純米酒と純米吟醸をオリジナルブレンドしたお酒で、スッキリした飲み口です。寒い岩村でキリリとした原酒を味わう、蔵開きだけの楽しみです。
「岩村醸造」ドリンク 951942

出典:むーちゃんパパ(名古屋)さんの投稿

お酒に弱い女性に人気なのが甘酒。アルコール分を含まず、米と米麹だけで作ったものです。ちょっと温めて飲むとお米の甘い香りが広がります。ゆずジュース(恵那市笠置産のゆずと酒蔵の天然水でつくったもの)とセットにすると、お土産にぴったりです。

岩村醸造の詳細情報

岩村醸造

岩村 / その他

住所
岐阜県恵那市岩村町342
営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休(年末年始のみ休み)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

ランチとおみやげのお店も、要チェック♪

蕎麦屋ゆい

「蕎麦屋ゆい」料理 952051 ランチ❤︎

出典:ma-tanさんの投稿

岩村の旧家、勝川邸の土蔵をリフォームしたそば屋です。女城主にちなんで女性がそばを打っており、そば粉は長野県小諸産のもの。岩村の地下水を使って打った二八そばは、かむほどに味わいが出てきます。
蕎麦屋ゆい960138

出典:

お腹がいっぱいになったら、勝川邸内の見学もどうぞ。こちらは山林と農地を所有していた商家で、屋久杉を使った天井やソーダガラスなどが建築当時のまま残されています。岩村のゆたかな経済力を感じさせるスポットです。

蕎麦屋ゆい

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

松浦軒本店

「松浦軒本店」料理 952105

出典:carmonaさんの投稿

江戸時代の製法そのままのカステラで有名なお店です。カステラレシピは、寛永8年に岩村藩の藩医が長崎から持ちかえったもので、7代にわたって守り継がれています。ふんわりした甘みと卵のしっとり感がベストマッチ!
「松浦軒本店」料理 952107 包みを解くと・・

出典:ちゃこぴこさんの投稿

素朴な外見とシンプルなパッケージもすてきです。友人へのおみやげ+自宅用にも購入しましょう。

松浦軒本店の詳細情報

松浦軒本店

岩村 / 和菓子

住所
岐阜県恵那市岩村町本町3-246
営業時間
8:30~19:30
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

中央自動車道「恵那I.C」から車で約20分

中央自動車道「恵那I.C」から車で約20分960158

出典:

岩村町へは中央自動車道「恵那I.C」から国道257号で約20分ほど。駐車場は「岩村振興事務所駐車場」を利用するのがいいでしょう。電車で行く場合は、JR中央線「恵那駅」より明知鉄道で20分、「岩村駅」で下車。駅からは歩いて20分ほどで到着します。

岩村城址&城下町をのんびり散策

岩村城址&城下町をのんびり散策953099

出典:

岩村城址&城下町はコンパクトにまとまったエリアなので、のんびりと散策するのにぴったり。女城主にゆかりがあるだけに、しっとりした風情が感じられるところです。桜や新緑の時期もきれいですし、冬の引き締まった風景も味わいがあります。冬はかなり冷え込みますので防寒をしっかりしていきましょう!

岩村町本通りの詳細情報

岩村町本通り

住所
岐阜県恵那市岩村町

データ提供

岐阜県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ