2017年07月04日

「借りぐらしのアリエッティ」の舞台モデルになった庭園♡青森「盛美園」へ

「借りぐらしのアリエッティ」の舞台モデルになった庭園♡青森「盛美園」へ

青森県にある「盛美園(せいびえん)」。明治時代の日本三名園のひとつとされ、美しい庭園が広がっています。ここはなんと、ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の舞台モデルになっている場所なんです。美しい庭園を見ていると、アリエッティたちがひょっこり現れてくれそうですね。そんな「盛美園」。どんな所なのか、ご紹介していきます。

A post shared by まっし (@kondo8889) on

洗濯バサミで髪を束ね、まち針を持って借り暮らしをする小さくも強い少女「アリエッティ」。ジブリ映画の名作ですよね♪その映画の舞台モデルとなったのが、青森県平川市にある日本庭園「盛美園」だったんです!

「盛美園」ってこんなところ!!

国指定名勝の「盛美園」。弘南鉄道 津軽尾上駅を降りて、徒歩約10分の場所にあります。「盛美園」とはどんな場所なのか、どんな歴史があるのかチェックしてみましょう♪

9年の歳月で出来上がった庭園

9年の歳月で出来上がった庭園1234710

出典:tk23さんの投稿

北条氏の家臣の血を引く、清藤盛美(せいとうもりよし)。明治時代の大地主です。清藤盛美が庭師の小幡亭樹を招いて完成させた「盛美園」は、津軽で盛んだった大石武学流庭園の最高峰ともいえる素晴らしい庭園です。面積はなんと3600坪!この広さなら、9年かかっても不思議ではありません。

庭の構成について

庭の構成について1234897

出典:

「盛美園」は、池を中心として「真」「行」「草」で構成されています。「真」は築山、「行」はつつじやかえでなど趣をもたらすもの、「草」は平庭となっています。洋館から見ると、津軽の田園と遠く山々を借景にした風景を眺められるんですよ。

「借りぐらしのアリエッティ」に関する場所はここ!

気になるのは、映画に関する場所!「盛美園」の庭園を眺めるために建てられた、和洋折衷洋式の建物「盛美館」。劇中に登場する建物の参考にされていました。

「盛美館」の外観や造りについて

「盛美館」の外観や造りについて1234938

出典:

1階は、純和風の数奇屋造りで日本の文化を感じられます。2階はルネッサンス調で、とてもモダンな造りとなっています。まさに和洋折衷♪この「盛美館」は庭園の一角にあり、2階の展望室から全庭を見渡せるようになっています。遠くから「盛美館」を見ると空に浮かんでいるように見える事から、「空中楼閣」とも呼ばれています。

「盛美館」のここに注目!

A post shared by lalano (@siro_kuma_u_sa) on

アリエッティは庭で草花を摘んだ後、床下へ入って行きます。その床下が、「盛美館」の床下をイメージして描かれているんです。この狭い隙間を、小さなアリエッティは悠々と駆けて抜けて行きました。

A post shared by @saya0429sky on

「盛美館」から少し離れた、山に続く石の灯籠。劇中のアリエッティ目線と重なるとも言われています。聖地巡礼で訪れる方は、ローアングルから一生懸命写真を撮っていきますよ♪

「盛美館」に入ってみよう♪

「盛美館」に入ってみよう♪1235066

出典:

「盛美館」は、1階のみ入る事が出来ます。縁側で休みながら、ここにアリエッティがいたのかと思うと楽しいですよ♡中には、宮崎駿さんのサインなども展示されています!

A post shared by Kazuki Kimura (@kaz_kim0318) on

辺りは美しい緑に囲まれているので、こんな素敵な景色を建物内から望む事が出来ます。絶好のフォトスポットです♪

2階は立ち入り禁止なのでご注意を!

2階は立ち入り禁止なのでご注意を!1235090

出典:

「盛美園」を展望するために2階からの風景を見てみたいところですが、現在は一般公開されていません。いつか公開されると良いですね。

アリエッティを思いながら「盛美園」を散策してみよう!

アリエッティを思いながら「盛美園」を散策してみよう!1235132

出典:tk23さんの投稿

「盛美園」は一般430円(冬季210円)で入場出来ます。開園時間は月で異なるので、公式ホームページをチェックしてくださいね。四季で表情を変える「盛美園」は、とても美しい場所。よりアリエッティの世界を体感したい方は、夏がオススメですよ♡ぜひ、映画の聖地へお出掛けしてみて下さい。

青森県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ