2018年01月19日

【奈良市】美味しいそばに舌鼓♪上質な味わいを楽しめる名店5選

【奈良市】美味しいそばに舌鼓♪上質な味わいを楽しめる名店5選

「そばは三たて(挽きたて・打ちたて・ゆでたて)で食べるべし」と言われます。そんな三たての美味しいそばを食べたいときには、ぜひ奈良へ!奈良市内には質の高いそばを提供するお店がいくつもあります。今回はその中から5店を厳選してご紹介します。どのお店もご主人のこだわりが光るそばを堪能できますよ♪

1.玄(げん)

「玄」 外観 56420859

出典:毎日外食グルメ豚さんさんの投稿

玄は、2012年にミシュランガイドが始まってからずっと星を取り続けている、奈良だけでなく全国にその名を知られるそばの名店。ならまち・元興寺極楽坊の近くにあります。趣のある建物は『春鹿』で有名な酒造所を経営する今西家の別邸。2種類あるそばは、どちらもつなぎなしの十割で驚くほど細いそば。そば粉はその日の分だけをゆっくりと時間をかけ石臼を使って製粉しています。

「玄」 料理 50339717 梅たたきの水蕎麦「せいろ」

出典:ななしょうさんの投稿

そばは、『せいろ蕎麦』と『田舎蕎麦』の2種類。殻をむいたそば粉を使った白いせいろ蕎麦は、まずはお塩でいただきましょう。薬味はわさび。殻ごと挽いたそば粉を使った田舎蕎麦は、同じくまずはお塩で。薬味は辛味大根。「梅たたきの水そば」はせいろ蕎麦のお店おすすめメニュー。おちょこにはつゆではなく水が入っており、水にくぐらせてから塩か梅肉でいただくもの。極細のそばの甘みを楽しめます。

「玄」 料理 19261899

出典:奈良の塾長さんの投稿

そばを食べた後はそば湯。一般的にそば湯と言えばそばを茹でたお湯のことですが、玄のそば湯は料理として作られたもの。まるでポタージュスープのようにトロトロで濃厚なそば湯は、そばのつゆはもちろん、岩塩を足すだけでも美味!「蕎麦豆腐」や「蕎麦掻き」、「蕎麦団子」などそばを使ったサイドメニューも気になるものばかりです。

玄の詳細情報

1000

近鉄奈良 / そば、懐石・会席料理

住所
奈良県奈良市福智院町23-2
営業時間
【昼】 11:30~13:00(最終入店) 【夜】 18:00~21:00 (最終入店19:00まで) ※要予約となります。
定休日
月曜、日曜。(但し土曜日は昼のみの営業)
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

2.よしむら

「よしむら」 内観 14786312

出典:

よしむらは、近鉄西ノ京駅から徒歩3分、薬師寺から唐招提寺へ向かう道沿いにあります。お店の前には手入れの行き届いた季節の花が楽しめる鉢植えや庭木が、またお店の中には季節の生花が飾られています。そばは、殻をむいて挽いたそば粉を使ったほんのりうぐいす色で細切り・つなぎなしの十割そばです。

「よしむら」 料理 36136874 「ざる」900円

出典:越前市のちょうさんさんの投稿

「ざるそば」は、まずは岩塩でいただきましょう。塩の後は、おろしたての生わさびだけで。辛味の強すぎない生わさびの豊かな香りがおそばを引き立てます。そば粉は、ご主人がその時に一番良いと思う産地のものを常時2種類用意。「追いざる(おかわり)」を注文すると、最初に注文したそばとは違う産地のそばを出してもらえるのが嬉しいポイントです。

「よしむら」 料理 27453428 かき揚げスタンダード

出典:好奇心さんの投稿

ざるそばと一緒にかき揚げはいかが?かき揚げは衣がかなり薄く、ごぼうやえび・きのこなど素材の食感と味を楽しめます。ランチなら、ざるそば・かき揚げ・ごま豆腐・押し寿司・野菜の一品がついてお得な「お昼のセット」があります。

蕎麦切り よしむらの詳細情報

蕎麦切り よしむら

西ノ京、尼ケ辻 / そば、喫茶店、アイスクリーム

住所
奈良県奈良市五条町9-37
営業時間
蕎麦 昼11:00~16:30  喫茶 14:00~17:00
定休日
木曜日第2水曜日 祭日は営業、その際他の水曜日振替でお休みさせて頂きます。
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

3.蕎麦屋 きみなみ

「蕎麦屋 きみなみ」 外観 73691610

出典:kojinianさんの投稿

蕎麦屋きみなみは、ならやま大通り沿いにあります。入口は和風ですが、お店の中は天井が高く、和と洋を合わせたモダンな雰囲気。2016・2017ビブグルマンに選ばれています。そばは、殻ごと挽いた『田舎蕎麦』と殻をむいて挽いた『せいろ蕎麦』の2種類で、どちらもつなぎなしの十割そば。そば粉はその時期に一番いいものを日本各地から取り寄せて石臼で自家製粉しています。

「蕎麦屋 きみなみ」 料理 58582168 河内鴨の鴨せいろ 1600円

出典:yudetamagoさんの投稿

せいろ蕎麦は細切りで程よいコシがあり、田舎蕎麦は少し太めでそばの香りと穀物の甘みが感じられます。『温蕎麦』は温かいつゆで冷たいそばを食べる形式。鴨や鶏の入った濃い目のつゆで食べる『鴨(鶏)せいろ』がおすすめです。冬になるとかけそばメニューも登場します。

「蕎麦屋 きみなみ」 料理 69721665 蕎麦の実入りおにぎり 150円

出典:正六麺体さんの投稿

『そばの実おにぎり』は、アツアツのおにぎりにそばの実が入っていて、実を噛んだ瞬間にふわっとひろがるそばの香りが絶妙。そばの実を衣にした大きなえびの天ぷらもあります。そば茶とお茶うけに出されるそばかりんとうもしみじみする味わい。どろっとした濃いめ蕎麦湯もクセになりますよ。

蕎麦屋 きみなみの詳細情報

蕎麦屋 きみなみ

学研奈良登美ケ丘 / そば

住所
奈良県奈良市押熊町2201-1
営業時間
[月・火・金・土・日] 11:30~14:30、17:30~20:30 [水] 11:30~14:30
定休日
木曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

4.蕎麦きり 彦衛門(ひこえもん)

「蕎麦きり 彦衛門」 外観 18740291

出典:romihixさんの投稿

蕎麦きり彦衛門は、2016・2017ビブグルマンに選ばれているお店。近鉄奈良線あやめ池駅から南へ10分ほど歩いた住宅街の中にあります。すぐ隣のコンビニが目印。そばは2種類。季節によって産地を変え、その時に一番良い状態のそばを石臼で挽いています。

「蕎麦きり 彦衛門」 料理 39125961

出典:アサキユメミシさんの投稿

そばは、香りがよくつるりとした食感の『絹びき』と、太くてもっちりとした食感の『あらびき』があり、どのメニューでもそばを選べます。「あらびきせいろ」には、本場伊豆産の本わさびが1本丸ごと、鮫皮のおろし器とともに出てきて、自分でおろします。直前におろすことで生わさびの品のある辛味と香りを楽しめます。

「蕎麦きり 彦衛門」 料理 62181287

出典:7070JAZZさんの投稿

一品料理が充実しているのも魅力のひとつ。『鴨みそのあぶり』は甘めの味噌にあらびきの鴨肉を合わせたもの。鴨肉の甘みと味噌がベストマッチ!表面の焦がした香りがまたいい感じ。お酒が進む一品です。

蕎麦きり 彦衛門の詳細情報

蕎麦きり 彦衛門

菖蒲池 / そば

住所
奈良県奈良市あやめ池南6-5-38
営業時間
11:30~14:00(L.O) 17:30~20:30(L.O)
定休日
火曜・水曜・第一、第三月曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

5.そば処 喜多原(きたはら)

「そば処 喜多原」 外観 22855171 この狸が目印。

出典:千地万感さんの投稿

そば処喜多原は、近鉄奈良駅から徒歩15分ほどのところ。県庁東交差点の歩行者トンネルを北東方向に出て依水園を通り過ぎ、東大寺・戒壇堂へ続く道沿いにあります。お店の表には、そば処ののれんと信楽焼のたぬきが目印。ちなみにお隣は奈良を代表する写真家・入江泰吉の旧居です。

「そば処 喜多原」 料理 39424264

出典:jpggifpng3さんの投稿

そばは、毎朝石臼で挽いた北海道産のそば粉を10割、つなぎとして小麦粉1割を使った外一(そといち)の九割そば。手間を惜しむことなく、一人前ずつゆでています。「ざるそば」の薬味は水にさらしたネギにわさび・大根おろし。細めの麺は、のどごしがよくコシもあります。

「そば処 喜多原」 料理 59352164

出典:ミッフィーーーーさんの投稿

そばと一緒に楽しみたいのが、塩でいただく天ぷら。使われている野菜は奈良県産のものがほとんど。季節によって少しずつ内容が違います。揚げたてアツアツがうれしいですね。名物の『自家製にしん煮込み』もおすすめ。

そば処 喜多原の詳細情報

そば処 喜多原

近鉄奈良 / そば

住所
奈良県奈良市水門町50
営業時間
11:00~16:00 売り切れ次第閉店 夜間臨時営業あり。要連絡
定休日
火曜日、第2水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

美味しいそばを楽しもう♪

「蕎麦屋 きみなみ」 料理 42178160 大盛りなので2枚目が着皿〜

出典:ぱたぱたぱたごにあさんの投稿

今回ご紹介したお店は、いずれもこだわりを持つご主人ばかり。どのお店にも日本酒があり、一品料理と日本酒を軽く楽しんで〆はざるそばで…いわゆる『そば屋酒』なんて大人の楽しみ方もできますよ。人気店ばかりなので、事前のご予約がおすすめです。奈良で美味しいそばをぜひ召し上がってみてくださいね。

奈良県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良県を旅する編集部おすすめ