2018年02月24日

【岐阜八百津町】味、値段、量に勝つ、昭和8年から続く名物食堂「三勝屋」

【岐阜八百津町】味、値段、量に勝つ、昭和8年から続く名物食堂「三勝屋」

大衆食堂という言葉には、アットホームで温かい雰囲気があります。岐阜県加茂郡の八百津町(やおつちょう)にある三勝屋は、外観も店内も味わいもまさに昭和の大衆食堂です。明るさいっぱいのお店で、名物メニューのパーコーを食べれば、お腹も心もホカホカ。ついでに、周辺の商店街散策も楽しんじゃいましょう!

ドラマにも登場、昭和レトロな大衆食堂♪「三勝屋」

「三勝屋」 外観 50979370 昔から変わらない店構え

出典:フレディ父さんさんの投稿

三勝屋(さんかつや)は、岐阜県八百津町(やおつちょう)の本町通り商店街にある大衆食堂です。創業は昭和8年、長い間地元の人に愛されてきました。店名の「三勝屋」は、「味で勝つ、値段で勝つ、量で勝つ」この3つが由来。昔懐かしい定食メニューをリーズナブルにいただけます。
「三勝屋」 その他 50979353 昭和35年頃の写真があった。今とさして変わらない。

出典:フレディ父さんさんの投稿

内観、外観共にレトロな雰囲気漂います。ドラマのロケに使われたりメディアで紹介されることも。店内には、昭和35年ごろの三勝屋の写真があります。今の建物と、雰囲気がほとんど変わりません。

営業時間

「三勝屋」 内観 45753308

出典:s_chihayaさんの投稿

お昼の営業時間は、火~日曜の11:00~14:00。夜の営業時間は火~土曜の17:00~20:00です。日曜の夕方は17:00~19:00に営業していますが、お休みすることもありますので、確認してから行きましょう。定休日は月曜日で、祝祭日の月曜日もお休みになります。

アクセス

アクセス1530708

出典:

八百津町までは、JR岐阜駅から高山線・美濃太田駅に行き、そこからバスで約35分。バスの終点が八百津町の中心部です。三勝屋は八百津役場から徒歩約2分ですから、まずは役場を目印にしましょう。

車の場合は中央自動車道の土岐インターから国道21号・御嵩町(みたけちょう)経由で八百津町まで行きます。八百津町役場の駐車場(駐車無料)から三勝屋までは歩いて約3分です。

三勝屋のおいしいラインナップ

60種類以上もある三勝屋のメニューの中で、人気ベスト3はパーコー、中華そば、かつ丼です。お客さんのほとんどがオーダーする3品+1品をご紹介しましょう。

パーコー

「三勝屋」 料理 20848541 こちらが名物のパーコー定食です

出典:FROG☆MENさんの投稿

三勝屋の名物・パーコーは、豚のロース肉をカリカリになるまで揚げたもの。きつね色の衣の上には、刻みネギがたっぷりかかっています。パーコーのお肉は約200グラムと食べごたえも十分。ラー油や練りニンニクをつけて食べるのもおすすめです。
「三勝屋」 料理 76112266

出典:kasshiさんの投稿

こちらはパーコー定食。ご飯とお味噌汁、香の物が付きます。パーコーには、ギョーザのタレをつけて食べます。タレごとパーコーにかけて食べるお客さんも多く、タレの酸味と香ばしいパーコーが食欲を増進させ、ごはんがいくらあっても足りません!

中華そば

「三勝屋」 料理 45753302 中華そば

出典:s_chihayaさんの投稿

中華そばは、かつおだしベースのしょうゆ味です。醤油は、八百津町で明治時代から続く老舗から取り寄せているそうです。創業当時から同じ醤油を使い、味を守り続けています。
「三勝屋」 料理 37588254

出典:ふじさんさんさんの投稿

シンプルな麺は、食べると小麦が香ります。歯ごたえもよく、昔なつかしい中華そばです。

「三勝屋」 料理 45903441 優しく美味しいスープ

出典:さかまさんの投稿

キレイに澄んだスープは、薄味に見えてコクがあります。思わず飲み干したくなる味わい。

カツ丼

「三勝屋」 料理 20848538 あんかけたまごのテリが昭和です(笑)

出典:FROG☆MENさんの投稿

トロリとした卵の照りが美しいカツ丼。メニューにはカツ丼(上)とカツ丼(並)があります。違いは、上がロース肉を、並がバラ肉を使っていること。どっちを食べるか、迷います。
「三勝屋」 料理 15544563 【ランチ】 カツ丼 並 \650 カツはバラ肉で作ってあります♪

出典:Pochi Pochiさんの投稿

三勝屋で人気があるのは、バラ肉カツの並カツ丼です。バラ肉ならではの脂身の甘さが、噛むと口いっぱいに広がります。ロースよりも、ガツンとくる脂の旨みが人気の秘密です。

おでん

「三勝屋」 料理 32167884 おでん各種

出典:キィ。さんの投稿

地元の人にも人気があるのが、おでんです。味がしみたおでんは、どれを食べても美味。運転しなくてもいいのなら、お酒もちょっと添えるといいでしょう。
「三勝屋」 料理 45753017

出典:s_chihayaさんの投稿

店内で、静かにクツクツと炊かれているおでん。おでんはセルフなので、自分でとっていただきます。このあたりも、実に昭和っぽい雰囲気です。

店内は、昭和そのもの

「三勝屋」 内観 39903952 店内

出典:浴衣王さんの投稿

店内は、間取りやテーブルと椅子の質感などまさに昭和の食堂です。なんだか映画のセットに入り込んだような気がしてきます。
「三勝屋」 料理 45753261

出典:s_chihayaさんの投稿

アルミの灰皿や調味料セットなど、小物もしっかり昭和です。

「三勝屋」 内観 59769519

出典:グリフさんさんの投稿

壁にはメニューがずらっと並びます。黒い板に書いてあるメニューは昔からのもの、黄色い紙は、後から追加されたものです。全部で60種類以上もあります。

「三勝屋」 内観 43288650 小上がりにはちゃぶ台が

出典:キィ。さんの投稿

こちらは、小上がりのちゃぶ台。このま昭和のホームドラマに登場しそうです。もちろんお客さんが来て、どんどん座ります。

三勝屋の詳細情報

三勝屋

八百津町その他 / 定食・食堂、ラーメン

住所
岐阜県加茂郡八百津町八百津4118-1
営業時間
[火~土] 11:00~14:00  17:00~20:30 [ 日 ] 11:00~14:00 日曜夕方は休業 ※ お座敷・宴会(要予約)のお客様は  11:00〜15:00、17:00〜22:00(LO21:30) ※ 土曜、日曜、祝祭日は貸切営業の場合が時々有り。お電話でご確認を! ※ 仕出し弁当や出前などのご予約注文がある場合は上記の限りではございません。
定休日
月曜日 (祝祭日の場合でもお休み)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

三勝屋に行った後は、レトロ感たっぷりの本町通でお散歩♪

八百津町とは

八百津町とは1530652

出典:kabachiさんの投稿

八百津町は、江戸時代から大正にかけて、岐阜県の水運を支えて繁栄してきた町です。いまでも町のあちこちに白壁造りの店が並び、風情ある街並みが残っています。4月初旬の八百津まつりでは町じゅうを3つの巨大な山車が練り歩き、とても華やかです。

本町通のおいしいおみやげ

本町通のおいしいおみやげ1530649

出典:どらどらさんの投稿

三勝屋のあるの本町通り商店街は、南北にまっすぐ伸び、道の両側にお店が続きます。道の終点は木曽川で、三勝屋から木曽川まではゆっくり歩いても10分ほどです。三勝屋でお腹いっぱいになったら、本町通り周辺をのんびり散歩しましょう。ここでは、おすすめのお店2軒をご紹介します。

花盛酒造(はなもりしゅぞう)

「花盛酒造」 ドリンク 58174703

出典:ボベブビバさんの投稿

花盛酒造は明治19年創業、八百津の地酒を作っている蔵元です。軟水の特徴を生かしたやわらかな味の日本酒は、銘酒の多い岐阜県内でもひそかな人気商品。細部にまで目の行き届いた丁寧なお酒は、ごく少量しか作れない貴重なお酒です。
花盛酒造(はなもりしゅぞう)1530619

出典:

花盛酒造では定期的に蔵開きをしています。できたてのお酒が飲めますので、公式サイトでチェックしておきましょう。

「花盛酒造」 外観 58174732

出典:ボベブビバさんの投稿

お店の場所は、三勝屋から本町通りをまっすぐ南にいって徒歩約1分。老舗らしい雰囲気のある店先が目印です。

花盛酒造の詳細情報

花盛酒造

八百津町その他 / その他

住所
岐阜県加茂郡八百津町八百津4091
営業時間
10:00~19:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

緑屋老舗(みどりやろうほ)

「緑屋老舗」 料理 78776755 栗きんとん

出典:まあまあさんの投稿

緑屋老舗は、岐阜名物の「栗きんとん」で有名な和菓子屋さん。実は岐阜の栗きんとんは、中津川市発祥説と八百津町の緑屋老舗が発祥だという説があります。こちらの栗金飩(くりきんとん・緑屋老舗ではこの字を使います)は、栗の食感を残すのが特徴。秋にならないといただけない、八百津町の名物です。1個から買えるので、その場で食べることもできます。
「緑屋老舗」 料理 38498573 栗いむ大福

出典:asasaさんの投稿

秋以外にも八百津の栗スイーツが食べたいなら、栗ぃーむ大福(くりぃーむだいふく)がおすすめ。栗きんとんと生クリームを混ぜたものに、刻んだ栗の甘露煮を合わせ、外側はモチモチの大福生地で包まれています。

「緑屋老舗」 外観 38498607

出典:asasaさんの投稿

お店の場所は三勝屋から本町通をまっすぐ南に行き、花盛酒造を通り過ぎて徒歩約3分。駐車場もあります。

緑屋老舗の詳細情報

緑屋老舗

八百津町その他 / 和菓子、甘味処

住所
岐阜県加茂郡八百津町八百津4096-1
営業時間
8:00〜18:30 季節によって若干変わるそうです
定休日
水曜日(繁忙期は営業している日もあるため要確認)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

アットホームなお店で楽しむ、なつかしい味

「三勝屋」 外観 15544534

出典:Pochi Pochiさんの投稿

三勝食堂のメニューは、どれをとってもお母さんが作るような、温かい味がします。お店はアットホームな雰囲気で、気軽に立ち寄れます。昭和な味わいとともに、八百津町の美しい街並みを歩いてのんびり休日を楽しんではいかがですか。

岐阜県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ