【門司港】ひとり旅デビューに最適!レトロな洋館を巡る“大人な”1泊2日プラン

【門司港】ひとり旅デビューに最適!レトロな洋館を巡る“大人な”1泊2日プラン

福岡県の本州との境に位置する港町「門司港」。明治から昭和初期にかけて建築された120年以上の歴史ある建物が多く立ち並び、九州の人気観光地の一つとなっています。門司港の魅力は、何といってもレトロな街並みと見どころがほとんど徒歩で回れるという観光のしやすさにあります。おひとりさま女子旅初心者でも気軽に訪れることができ、気ままにふらりとまち歩きするのにも絵になる場所。今回はそんな門司港の見どころやおすすめグルメを1泊2日プランでご紹介します。門司港で、ちょっと大人の休日を過ごしてみませんか?

2018年09月10日

おひとりさま女子旅初心者に最適な場所って・・?

一人旅をする女性

おひとりさま女子旅で行きたいところは人それぞれかと思いますが、まだ初心者だったり、ちょっと怖がりの女子なら、あまり山や自然の中に行くよりも、日常とは離れた場所の落ち着いた街並みをしっぽり歩く・・・というのがおすすめです。できれば観光場所から観光場所までが近くて、道に迷いにくいのがいいですよね。ある程度観光客も多くてにぎやかだったり、お店がいっぱいあって食べる場所に困らなかったりと、おひとりさま女子旅のうれしいポイントを押さえた観光地がないかとお探しの女子もいるかもしれませんね。

街並み、グルメ、アート。レトロな雰囲気が素敵な街、門司港。

《福岡県》門司港レトロ地区・夜景

福岡県の北東部、北九州市にある港町「門司港(もじこう)」は、そんな女子にぴったりのエリアです。門司港は明治時代に国の特別輸出港に指定され、金融機関や商社、海運会社の支店が相次いで進出し、外国航路の拠点及び貿易港として発展してきました。関門トンネルのない時代は関門連絡船の発着地として栄えてきましたが、トンネル開通後は本土との連絡が容易になりその地位を失っていきました。その後門司港駅舎が国の重要文化財に指定されたのを機に観光地として整備が行われ、門司港レトロとして1995年にグランドオープンしました。おしゃれな洋館などが立ち並ぶレトロな街並み、おいしいグルメや心ときめくアートが楽しめ、今ではたくさんの観光客が訪れる観光地として人気があります。

おひとりさま大人旅で、レトロな門司港を歩いてみよう♪

おひとりさま大人旅で、レトロな門司港を歩いてみよう♪1707360

出典:わきぽよさんの投稿

門司港には明治から昭和初期にかけて建築された旧大阪商船ビル、旧門司税関、門司郵船などの歴史ある建造物が多く残り、昭和レトロな街並みと新しい建物が融合した景観が魅力の港町です。また観光地計画で整備された街なので、見どころ同士が近く、歩いて回れるところが多いのも特徴です。おひとりさま女子旅でも車を運転する必要などがなく観光しやすくなっています。ちょっと大人の気分を味わえるおしゃれなレストランや夜景スポットなど、女子心をくすぐる場所もいっぱい。今回はおひとりさま女子旅におすすめの1泊2日プランで回る、門司港のおすすめスポットやグルメを紹介します!

【1日目】門司港の定番スポットとグルメを押さえよう!

1日目は、門司港駅からスタート。九州と本州とを結ぶ関門トンネルを船と徒歩で楽しんだ後は、門司港定番「焼きカレー」の昼食を。腹ごなしにレトロな洋館でアートを楽しんだり、珍しいはね橋を観賞したりと、定番の観光スポットを巡ります。夜は街の中心地のホテルで夜景と優雅な時間を堪能しましょう。

昭和の歴史を感じる「門司港駅舎」

昭和の歴史を感じる「門司港駅舎」1713768

出典:放浪人さんの投稿

「門司港駅」は明治24年に建てられ、大正3年に現在の場所に建て替えられました。イタリアのテルミネ駅をモデルにしたといわれるネオ・ルネッサンス様式の木造2階建ての駅舎です。当時としては珍しい青銅製の手水鉢や水洗トイレ、大理石とタイル張りの洗面所など、モダンなつくりのものが当時のまま残っています。構内には大正時代を再現した切符売り場、待合室もあり大正時代にタイムスリップしたような感覚に襲われます。現在は保存修理工事中ですが、トイレや洗面所は見学することができます。(2019年新駅舎お披露目予定)

昭和の歴史を感じる「門司港駅舎」1707341

出典:

門司港駅は九州の鉄道起点のため、ここから始まる線路も見どころです。

お隣の下関までプチクルージング♡「関門連絡船」

お隣の下関までプチクルージング♡「関門連絡船」1707357

出典:

駅を散策したら「門司港駅」から徒歩3分のところにある門司港桟橋より、「関門連絡船」に乗ってお隣の下関に向かいます。関門海峡を越えて約5分の船旅です。さわやかな海風に吹かれながら、クルージングを楽しみましょう。

下関の海の幸やお土産がいっぱい「唐戸市場」

下関の海の幸やお土産がいっぱい「唐戸市場」1707235

出典:レオさんの投稿

下関側の「唐戸桟橋」に到着したら、歩いて5分の「唐戸市場」でお買い物。「唐戸市場」は、山口の名産、ふぐ(山口ではふくといいます)を中心に海産物やお土産が充実している市場です。持ち帰りできるとらふくの塩辛やちりめんなどもあるので親しい人へのお土産を選ぶのにも最適。市場の活気ある雰囲気にも元気をもらえそう。お店の人におすすめのお土産を聞いてみるのもいいですね。

下関の海の幸やお土産がいっぱい「唐戸市場」1707236

出典:キング・ドリチソさんの投稿

土日祝日には鮮魚の仲卸売り場コーナーで「馬関街(ばかんがい)」というイベントが開かれ、新鮮なお魚で握ったお寿司が食べられます。1カンごとに売っているので、おやつに2~3カン買って海を見ながらパクつくのも楽しいです。

歩いて本州から九州へ♪「関門トンネル人道」

歩いて本州から九州へ♪「関門トンネル人道」1707331

出典:

「唐戸市場」バス停からバスで約5分、「御裳側(みもすそがわ)」バス亭で下車すると、「関門トンネル人道」入り口が見えます。近くの海側には源氏と平家の最後の戦い「壇ノ浦の戦い」を表した銅像と関門橋があるので、それをバックにまずは記念写真を撮りましょう。その後、入口よりエレベーターで地下55m下まで降りていきます。「関門トンネル人道」は1958年に完成した関門海峡をつなぐトンネル。約780mの長さで、海峡を歩いて渡れる唯一のトンネルです。

歩いて本州から九州へ♪「関門トンネル人道」1707244

出典:

中程には「山口県」「福岡県」の県境がわかる指標がありますのでここでも記念に写真を撮りたいですね。

関門トンネルの詳細情報

関門トンネル(カンモントンネル)

関門トンネル

住所
山口県下関市みもすそ川町
アクセス
1) JR下関駅からバスで12分 - 「御裳川」バス停から徒歩で0分関門トンネル人道入口 2) JR新下関駅からバスで27分 - 「御裳川」バス停から徒歩で0分関門トンネル人道入口

データ提供

関門橋と関門海峡が見渡せる「和布刈公園」

関門橋と関門海峡が見渡せる「和布刈公園」1707366

出典:きたろうさんの投稿

門司港側のトンネル出口を出たら、歩いて約10分の「和布刈公園(めかりこうえん)」の第二展望台からの絶景を眺めましょう。ここからは関門橋や関門海峡が一望できます。夜はライトアップされた関門橋を間近で見ることができ、夜景スポットとして人気の場所になっています。さわやかな風に吹かれながら、ぼーっと景色を見ているのも穏やかな気分になりそうですね。

和布刈公園の詳細情報

和布刈公園(メカリコウエン)

和布刈公園

住所
福岡県北九州市門司区大字門司
アクセス
門司港駅からバスで15分

データ提供

レトロな青い観光列車でのんびり観光「潮風号」

レトロな青い観光列車でのんびり観光「潮風号」1707333

出典:

景色を堪能した後は、公園内にある「関門海峡めかり駅」から観光列車「潮風号」に乗って門司港駅に戻ります。「潮風号」は「関門海峡めかり駅」から「九州鉄道記念館駅」までの4駅、2.1kmを結ぶ観光列車です。スピードも遅いので、ゆっくりと門司港の景色を楽しみながら乗車することができます。小型のデイーゼル機関車が牽引するどこかおもちゃのようなかわいらしい列車に乗れば、子供のころを思い出してほのぼのとした気持ちになりそうです。

門司港唯一の焼きカレー専門店「伽哩本舗 門司港レトロ店」 

「伽哩本舗 門司港レトロ店」 料理 86470092 201805

出典:うっぴさんの投稿

そろそろお腹がすいてきたころです。ここは門司港名物「焼きカレー」で昼食としましょう。貿易港として栄え、洋食文化がいち早く取り入れられた門司港では洋食店、喫茶店などたくさんのお店で提供されています。「伽哩本舗(かりーほんぽ) 門司港レトロ店」は、数ある焼きカレーのお店の中でもメニューは焼きカレーだけという専門店。丹念に炒めあげたブラウンルーと自家製のブイヨンを合わせ、深みのある味わいとなっています。アツアツの焼きカレーをふうふう言いながら頬張ればスパイスの風味と卵のまろやかさが口いっぱいに広がり、幸せな気分になります。

「伽哩本舗 門司港レトロ店」 内観 15068762 関門海峡が一望できます

出典:

2階のお店の窓からは、関門海峡が眺められ、海の風景がお料理のおいしさをさらに増してくれますよ。

伽哩本舗 門司港レトロ店の詳細情報

伽哩本舗 門司港レトロ店

九州鉄道記念館、門司港、出光美術館 / カレーライス、カレー(その他)、カフェ・喫茶(その他)

住所
福岡県北九州市門司区港町9-2 阿波屋ビル2F
営業時間
(月~金) 11:00~15:00(14:30 O.S) 17:00~20:00(L.O) ただし、15:00以降も1階の姉妹店「エムズカフェときどきカリイ本舗」で同じ焼きカレーが食べられます。 (土・日・祝) 11:00~20:00(L.O) 夏季7/25から8/31は21:00(L.O)
定休日
不定期
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

有名イラストレーターのギャラリーを観賞「旧大阪商船ビル」

有名イラストレーターのギャラリーを観賞「旧大阪商船ビル」1707336

出典:

お腹が満たされたら、アート観賞を。「旧大阪商船ビル」は1917年(大正6年)に建てられた大阪商船の門司港支店です。オレンジ色のタイルと白い石の帯が調和したデザインと八角形の塔屋がおしゃれな洋館で、そのモダンな外観から当時は”港の美貌”といわれていました。修復され現在は1階に小倉出身の人気イラストレーター、わたせせいぞうさんのギャラリーがあり、観賞することができます。

「わたせせいぞうと海のギャラリー」の中にはたくさんのイラストが展示されています。わたせせいぞうさんの、どこか海沿いの港町の景色の似合う、やさしいタッチの絵に心が和みます。門司港の景色をバックに描いた書下ろしの作品もあります。

北九州市旧大阪商船の詳細情報

北九州市旧大阪商船(キタキュウシュウシキュウオオサカショウセン)

北九州市旧大阪商船

住所
福岡県北九州市門司区港町7-18
アクセス
門司港駅から徒歩で1分
営業時間
9:00〜17:00
料金
小学生 50円 わたせせいぞうギャラリーのみ。 中学生 50円 わたせせいぞうギャラリーのみ。 大人 100円 わたせせいぞうギャラリーのみ

データ提供

門司港ゆかりのバナナパフェで一休み「モーン・デ・レトロ」

「フルーツファクトリーモーンデレトロ」 料理 47161837

出典:7272さんの投稿

「旧門司税関」は、1909年(明治42年)に門司税関が発足したのを機に、1912年(明治45年)にレンガ造り瓦葺構造で建築されました。昭和初期までは税庁舎として利用されていましたが、平成6年に修復が行われ現在はエントランスホール、休憩室、門司税関広報展示室などが解放されています。この中にある喫茶店「モーン・デ・レトロ」は、果物店直営のフルーツパーラーです。メロンやいちご、ぶどうなど、さまざまなフルーツを使ったボリュームたっぷりのパフェが食べられます。一休みしたいときのおやつにどうぞ。

「フルーツファクトリーモーンデレトロ」 料理 57608517

出典:コスモQさんの投稿

明治36年頃に台湾の商人が神戸に持ち込んだことがきっかけで、台湾と最も地理的に近かった門司港にもバナナが大量に輸入されたことから、バナナの叩き売りが始まりました。このバナナの叩き売りが発祥の門司にちなんでバナナを使った門司港店限定の「焼きバナナパフェ」は、表面を香ばしくカラメリゼされ、焼くことで甘みを増したバナナと生クリーム、アイスクリームの調和が絶妙で、口に運べば幸せな気分になること間違いなし。ぜひ食べてみて。

フルーツファクトリーモーンデレトロの詳細情報

フルーツファクトリーモーンデレトロ

出光美術館、九州鉄道記念館、門司港 / カフェ、パフェ、フルーツパーラー

住所
福岡県北九州市門司区東港町1-24 旧門司税関 1F
営業時間
11:00~17:00 終業時間は季節により異なります。
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

時間ごとに表情が変わるはね橋が楽しい「ブルーウイングもじ」

時間ごとに表情が変わるはね橋が楽しい「ブルーウイングもじ」1707340

出典:

「ブルーウイングもじ」は日本最大級の歩行者専用のはね橋です。1日6回、時間になると橋の真ん中がはね上がり、違った表情を見せてくれる面白い橋です。閉まっているときに一度自分の足で渡ってみて、その後に近くで待機して開橋するところを眺めれば2倍楽しめます。恋人たちの架け橋としてカップルで渡ると幸せになる、といわれていますが、おひとりさまで優雅に渡ってみるのもいいですよ。

時間ごとに表情が変わるはね橋が楽しい「ブルーウイングもじ」1707361

出典:t-okamotoさんの投稿

季節によってはこんな美しい夕日をバックに開閉を見ることもできます。

ブルーウィングもじの詳細情報

ブルーウィングもじ(ブルーウィングモジ)

ブルーウィングもじ

住所
福岡県北九州市門司区港町
アクセス
門司港駅から徒歩で5分

データ提供

門司港レトロの中心でおしゃれにくつろぐ「プレミアホテル門司港」

門司港レトロの中心でおしゃれにくつろぐ「プレミアホテル門司港」1707212

出典:

本日の宿泊は、門司港レトロの中心地に建つホテル「プレミアホテル門司港」を利用します。「プレミアホテル門司港」はイタリアの建築界の巨匠アルド・ロッシが設計した造形美が特徴のホテルで、関門海峡の風景に溶け込むランドマーク的な存在のホテルとなっています。客室からはレトロな街並みと関門海峡が眺められ、独自の洗練された内装や雰囲気はちょっと大人の旅を楽しみたい女子にもぴったり。早めにチェックインして、のんびりと優雅にホテル内のサービスを楽しみましょう。

門司港レトロの中心でおしゃれにくつろぐ「プレミアホテル門司港」1707204

出典:

客室は落ち着いた内装のゆったりとしたつくりになっています。窓際のソファーでくつろぎながら門司港レトロの街並みや関門海峡の夜景を眺める、なんていうのも素敵ですね。(写真はツインルーム・関門海峡ビュー)

門司港レトロの中心でおしゃれにくつろぐ「プレミアホテル門司港」1707206

出典:

夕食はホテル内レストランの「ポルトーネ」でいただきましょう。「ポルトーネ」は関門海峡から玄界灘をめぐる豊かな漁場で捕れる海の幸や九州の新鮮な野菜を使ったイタリアンが食べられるお店。「ふぐ」「関門だこ」「豊前かき」などの豊富な海の恵みを活かしたお料理を堪能して。

門司港レトロの中心でおしゃれにくつろぐ「プレミアホテル門司港」1707210

出典:

お食事の後は、ホテル最上階にあるバー「テンポ」できらびやかな門司港の夜景を眺めながらカクテルをいただくのもおすすめです。1日の疲れを癒してくれるお酒をたしなみながら、自分だけのゆったりとしたおだやかな時間を過ごすのも、普段仕事に追われ忙しい毎日ではなかなかできない贅沢です。誰にも気兼ねしないおひとりさま女子旅だからこそできる、優雅な時間を満喫しましょう。

公式詳細情報 プレミアホテル 門司港

プレミアホテル 門司港

4,300円〜 / 人

他で見る

プレミアホテル 門司港

門司・関門海峡 / 高級ホテル

住所
福岡県北九州市門司区港町9-11地図を見る
アクセス
福岡からJR博多駅→特急約40分→小倉駅←在来線約13分→門司港駅から徒歩約2分 車:九州自動車道門司ICから約8分
宿泊料金
4,300円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

データ提供

【2日目】ショッピングと門司港の絶景、グルメを堪能♪

2日目は、レトロ地区の「海峡プラザ」「港ハウス」などでショッピングやテイクアウトグルメを楽しんだ後、「門司港レトロ展望室」からの絶景を楽しみます。旧門司三井倶楽部で”ふく”のランチをして地ビール工房でシメ。気ままなおひとりさま女子旅はまだまだ続きますよ。

門司港のお土産や雑貨などが選べる「海峡プラザ」

門司港のお土産や雑貨などが選べる「海峡プラザ」1707343

出典:

「海峡プラザ」は、飲食店やお土産店などさまざまな店舗が集まった複合商業施設です。ここで友達へのお土産や、自分への旅の記念にお買い物をしましょう。「オルゴールミュージアム」で澄んだオルゴールの音色に耳を傾けたり、「IN THE MOOD(インザムード)」で本格的な英国アンティーク雑貨を買い求めたりと女子には楽しみな時間を過ごせます。

食べ物のお土産なら「RetroN(レトロン)」で。バナナカステラや持ち帰り用の焼きカレーなど、門司港の雰囲気たっぷりのお土産が見つかりますよ。

観光物産館で門司港グルメをテイクアウト「港ハウス」

観光物産館で門司港グルメをテイクアウト「港ハウス」1707345

出典:

「港ハウス」は、地元北九州市や下関の新鮮な海産物が販売している”かいもん市場”や、特産品がそろったお土産コーナーや観光情報コーナーがある観光物産館です。ここでもおいしいお土産を買ったり、観光情報を仕入れたりしましょう。

観光物産館で門司港グルメをテイクアウト「港ハウス」1715895

出典:

テイクアウトコーナーでは「バナナソフトクリーム」など、門司港ならではのグルメもテイクアウトできますよ。

高さ103mからの眺めはまさに絶景「門司港レトロ展望室」

高さ103mからの眺めはまさに絶景「門司港レトロ展望室」1707353

出典:

「門司港レトロ展望室」は日本を代表する建築家、黒川紀章さんが設計した高層マンション「レトロ・ハイマート」の31階にある展望室です。昼はもちろんですが、夜は夜景の美しさに惹かれて観光客がたくさん訪れます。

高さ103mからの眺めはまさに絶景「門司港レトロ展望室」1707349

出典:

高さ103mの展望室の窓から一望できる関門海峡や門司港レトロの街並みはまさに絶景。ガラス張りの開放的な空間で、気持ちも解き放たれるようなさわやかさを感じられます。

「エアーズカフェ」 ドリンク 89022970 ジンジャーエール

出典:死んでも残留さんの投稿

カフェテリア「AIR'S CAFE」もあるので、コーヒーやジュースを飲みながら、ゆっくりと過ごすこともできます。存分に景色を堪能できますね。

エアーズカフェの詳細情報

エアーズカフェ

出光美術館、九州鉄道記念館、門司港 / カフェ

住所
福岡県北九州市門司区東港町1-32 門司港レトロ展望室 31F
営業時間
10:00~21:00(L.O.20:30) 2018年4月1日(日)〜営業時間 平日 10:00~17:00(L.O.16:30) 土日祝日 10:00~19:00(L.O.18:30)
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

門司港レトロ展望室の詳細情報

門司港レトロ展望室(モジコウレトロテンボウシツ)

門司港レトロ展望室

住所
福岡県北九州市門司区東港町1-32
アクセス
JR門司港駅から徒歩で5分
営業時間
10:00〜22:00
定休日
年4回(不定期)
料金
小学生 150円 中学生 150円 大人 300円

データ提供

下関名物”ふく”でランチ「旧門司三井倶楽部」

門司港レトロ

「旧門司三井倶楽部」は三井物産の社交倶楽部として大正10年に建てられました。門司港駅と同じく国の重要文化財に指定されています。建物はハーフティンバー様式というヨーロッパ伝統の木造建築工法を使い、木造の骨組みが外観のアクセントになっています。各部屋にある暖炉や窓枠、柱に施された幾何学模様のアールデコ調の飾りに大正ロマンの雰囲気を感じさせます。

「三井倶楽部」 内観 48328229

出典:

現在は1階がレストランになっており、モダンな内装の中で下関名物”ふく”の会席を味わうことができます。大正時代にタイムスリップしたような気分で、おいしいふくのお料理に舌鼓を打ちましょう。

「三井倶楽部」 料理 48328101

出典:

「ふく和会席」は、ふく刺し、ふくちり、ふくから揚げ、雑炊などふくのおいしさをすみずみまで味わえるコースとなっています。たまにはちょっと奮発して、豪華なランチを楽しむのもいいですね。

三井倶楽部の詳細情報

三井倶楽部

九州鉄道記念館、門司港、出光美術館 / 洋食、懐石・会席料理、ふぐ

住所
福岡県北九州市門司区港町7-1
営業時間
11:00~15:00(LO14:00) 17:00~21:00(LO20:00)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

旅のシメに地ビールを♪「ビアレストラン 門司港地ビール工房」 

「ビアレストラン 門司港地ビール工房」 ドリンク 59600396 SPECIAL ヴァイツェンストロング

出典:bottanさんの投稿

門司港の旅のシメに、おいしい地ビールで自分にお疲れ様の乾杯をしましょう♡「ビアレストラン 門司港地ビール工房」は、できたての地ビールが味わえるレストランです。地ビール本来の味わいを大切にするため、加熱殺菌やビール酵母を取り除くろ過を行わずに作られています。1回の仕込みにつき700ℓと少量生産で、いつでも新鮮なビールを味わうことができます。レストランでも飲めますが、店頭で買い求めて外のテラスで海を眺めながらゴクッといきましょう。

「ビアレストラン 門司港地ビール工房」 その他 91179592 [2018/08]何も見えませんが、関門橋を渡るよりは恐怖は少ないです。

出典:職人!西島兵庫さんの投稿

海風を感じながら味わうビールのおいしさは格別です。旅の思い出を振り返りながら、優雅なひと時を過ごしましょう。

ビアレストラン 門司港地ビール工房の詳細情報

ビアレストラン 門司港地ビール工房

出光美術館、九州鉄道記念館、門司港 / ビアホール・ビアレストラン、洋食、ジンギスカン

住所
福岡県北九州市門司区東港町6-9 門司港地 ビール工房 1F・3F
営業時間
11:00~22:00(L.O.21:15)
定休日
5~12月無休、1~4月第2・第4月曜日(祝日営業)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

門司港レトロで、大人な休日を過ごしてみませんか?

《福岡県》門司港レトロ地区・夜景

おひとりさま女子旅に最適な、街歩きや絶景、グルメも楽しめる門司港の見どころをご紹介しました。どこでもほぼ歩いて回れる便利な門司港なら時間に縛られず自分の気の向くまま、いたいところにいたいだけいるという贅沢な時間の使い方ができます。目の前に広がる海を見ながら物思いにふけったり、普段の自分を見つめなおしたりすれば、いろいろと新しい発見があったり、これからの目標が見えてきたりするかもしれません。ぜひ今度の週末は門司港で、ちょっと大人の休日を過ごしてみてくださいね。

福岡県の航空券 + ホテルの価格を見てみる

あなたにおすすめ

福岡県を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード