プリプリの海鮮、ジューシーなお肉♡制覇したい!「北海道のご当地・名物丼」15選

プリプリの海鮮、ジューシーなお肉♡制覇したい!「北海道のご当地・名物丼」15選

人気の旅行先・北海道! 美しい自然はもちろん、豊かなグルメも魅力ですよね。ひと口に北海道といっても広く、名産品は地域によって異なります。ウニといえば積丹、カキといえば厚岸などなど! この記事では、そんな北海道各地の特産品を豪快に味わえる「ご当地・名物丼」をご紹介します。その土地のものをその土地で味わうという体験は、きっと素敵な思い出になりますよ。舌とおなかとココロが満たされる、北海道の「ご当地・名物丼」を食べに行きましょう!

2019年07月29日

北海道旅行では、グルメもたっぷり楽しみたい♡

市場 女子旅

富良野のラベンダー畑や世界遺産・知床など、魅力的な観光スポットがたくさんある北海道。観光地だけでなく、広大な大地で育まれた豊かなグルメも魅力です。北海道旅行ではダイエットを忘れて、新鮮でおいしいグルメを心ゆくまで味わってみたいですよね♡

旅の思い出に残る♪北海道各地の丼ぶりグルメをご紹介!

「鈴木食堂」 料理 59013839 とろける

出典:トムさんの投稿

北海道グルメでぜひおすすめしたいのが、道内各地域の特産品を使った「ご当地・名物丼」です。ひと口に北海道といっても広く、積丹のウニ、根室のサンマなど、収穫・生産されている食材は地域によって様々。今回ご紹介する「ご当地・名物丼」では、地域の特産品を、その土地で、豪快に味わうことができるんです!

産地で食べればより新鮮でおいしく、旅の情緒まで味わえますよ♪ この記事では、道内各地の「ご当地・名物丼」を15選、厳選してご紹介します。北海道旅行の際は、ぜひチェックしてみてくださいね。

1. 貴重な赤ウニ、しかも生!濃厚クリーミーな「赤ばふん生うに丼」

食事処みさき/積丹町

「みさき」 料理 20752403 赤ばふん生うに丼3200円。
1日先着25食まで、6月中旬〜8月末までの期間限定。

出典:あか。さんの投稿

積丹(しゃこたん)町は、貴重な「エゾバフンウニ」が獲れることで有名です。一般的な「ムラサキウニ」と違い殻のとげが短く、身が赤みがかっていて、濃厚な甘さとうま味が特徴です。

店主がウニ漁師という「食事処みさき」では、天然エゾバフンウニたっぷりの「赤ばふん生うに丼」を味わえます。例年6月中頃〜8月末頃のみの提供で、1日20食限定というレア丼。新鮮なので添加物は一切使っておらず、ウニの味をダイレクトに楽しめます! 味が濃く、醤油をかけなくてもおいしいですよ♪ 北海道民のファンも多い名物グルメです。

みさき

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

2. ”おいさー!”の掛け声とともに、イクラの洪水が止まらない♡「元祖つっこ飯」

海味はちきょう本店/札幌市

「海味 はちきょう 本店」 料理 50468069 どーんと山盛りで、名物つっこ飯の完成!!

出典:スパマキシマムさんの投稿

地域や時期によって味は異なりますが、サケ・イクラは北海道のほぼ全域で獲れるといわれています。サケ・イクラの豊富な漁獲量を物語っているのが、札幌市「海味はちきょう本店」で楽しめる「元祖つっこ飯」。

注文すると、白いご飯だけが乗った丼ぶりを渡されます。そして”おいさー!”という掛け声とともに、店員さんがイクラをどんどん盛っていくのです! お客さんがストップをかけるか、イクラがこぼれるギリギリまで止まりません。プチプチのイクラは、思わず笑顔があふれるおいしさですよ♡

海味 はちきょう 本店の詳細情報

海味 はちきょう 本店

すすきの(市営)、すすきの(市電)、狸小路 / 郷土料理(その他)、魚介料理・海鮮料理、居酒屋

住所
北海道札幌市中央区南三条西3 都ビル 1F
営業時間
[月~土] 18:00~翌0:00(L.O.23:00) [日・祝] 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
年末年始
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

3. こんなに乗せちゃっていいの…?プリップリの食感がたまらない「甘エビ丼」

北のにしん屋さん/羽幌町

「北のにしん屋さん」 料理 92159965

出典:スズキ ゴンさんの投稿

北海道の北側、日本海に面する羽幌(はぼろ)町は、甘エビの水揚げ量日本一。例年6月下旬には、甘エビを使った創作料理などを楽しめる「はぼろ甘エビまつり」が開催されています。

「北のにしん屋さん」は、コスパが高いと地元でも評判の定食屋。中でも人気のメニューは、名物・甘エビがたっぷり盛られた「甘エビ丼」です。新鮮な甘エビはプリップリで絶品! ほどよい甘さがたまらず、いくらでも食べられちゃいそうです。花が咲いたような、キレイな盛り付けも素敵ですね♪

北のにしん屋さんの詳細情報

北のにしん屋さん

羽幌町その他 / 魚介料理・海鮮料理、定食・食堂、海鮮丼

住所
北海道苫前郡羽幌町栄町89
営業時間
11:00〜15:00(LO14:30)
定休日
[火曜日]
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

4. 脂のってます!根室のサンマはお刺身がおいしい◎「さんま丼」

鈴木食堂 /根室市

「鈴木食堂」 料理 59013883 生さんま丼

出典:トムさんの投稿

根室(ねむろ)はサンマの水揚げ量日本一。例年8月下旬頃に味わえるものは「とろさんま」といわれていて、マグロのトロに負けないくらい脂がのっています。一度食べれば、サンマのイメージが変わりますよ!

日本最東端の地・納沙布(のさっぷ)岬にある「鈴木食堂」の名物は「さんま丼」。焼き魚で食べることが多いサンマですが、こちらでいただけるのは生です。生姜と醤油が効いていて、ごはんがすすみますよ! 同じく根室名物「花咲ガニ」の鉄砲汁と一緒にどうぞ♪

鈴木食堂の詳細情報

鈴木食堂

根室市その他 / 定食・食堂、魚介料理・海鮮料理、海鮮丼

住所
北海道根室市納沙布岬36-10
営業時間
8:00~18:00(早仕舞いあり) 最近は8時オープンのようです。
定休日
冬季休業
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

5. 大粒のホタテがごろごろ♡生の甘みを堪能できる「生ホタテ丼」

レストハウスところ/常呂町

「レストハウスところ」 料理 58430452 生ホタテ丼 ¥1,000

出典:★スマイル★さんの投稿

オホーツク海とサロマ湖に面する北見市の常呂(ところ)町は、日本有数のホタテの産地。4月~12月にかけて水揚げされますが、夏頃が一番おいしいといわれています。ホタテは加工食品がたくさんありますが、産地でいただくならやっぱり生!

ドライブ途中の休憩にぴったりの「レストハウスところ」では、「生ホタテ丼」をいただけます。ふっくらとした肉厚ホタテたっぷりで、これで1000円はかなりお値打ち! オホーツクの地で食べた甘い生ホタテは、思い出の味になるでしょう。

レストハウスところの詳細情報

レストハウスところ

北見市その他 / 魚介料理・海鮮料理、寿司

住所
北海道北見市常呂町字常呂西町16-20
営業時間
11:00~20:30
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

6. コリコリ噛むほどうま味が広がる!漁獲量日本一の町で味わう「元祖 生ホッキ丼」

マルトマ食堂/苫小牧市

「マルトマ食堂」 料理 61939250

出典:sapporonさんの投稿

札幌の南、道南太平洋に面する苫小牧(とまこまい)市は、ホッキ貝の水揚げ量日本一。9cm以上の、大粒で良質のものだけが漁獲されています。

苫小牧港の市場の中にある「マルトマ食堂」は、朝5時からお客さんが訪れることもあるという人気店。こちらの丼ぶりは、コリコリとした食感を楽しめる「元祖 生ホッキ丼」です。肉厚の生ホッキ貝は柔らかくジューシー。噛むほどにうま味と甘みが口の中に広がります。苫小牧の家庭料理「ホッキカレー」も名物!

マルトマ食堂の詳細情報

マルトマ食堂

苫小牧 / 定食・食堂、魚介料理・海鮮料理、カレーライス

住所
北海道苫小牧市汐見町1-1-13 苫小牧公設地方卸売市場 1F
営業時間
5:00~14:00
定休日
日曜日・祝日(8/11~18はお盆休み)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

7. 鮮度バツグンのイカは函館ならでは♪「活いか踊り丼」

一花亭たびじ/函館市

「一花亭たびじ」 料理 94036382 活いか踊り丼(\1,890)

出典:マルひさんの投稿

街歩きが楽しい人気観光地・函館(はこだて)は、”イカの街”ともいわれています。例年6月にイカ漁が解禁されると、漁火をともした漁船が夜の海を照らします。その様子はとても幻想的ですよ。

函館市内には新鮮なイカを味わえる飲食店が多数。中でも注目されているのが、どんぶり横丁内にある「一花亭たびじ」です。観光客のお目当ては「活いか踊り丼」。生け簀から出したイカを丸ごと使った丼ぶりです。新鮮なイカの刺身は透き通っていて、コリコリとした歯ごたえが美味! ワタは癖がなく、生でもおいしいと評判です。

一花亭たびじの詳細情報

一花亭たびじ

函館駅前、函館、市役所前(函館) / 魚介料理・海鮮料理、海鮮丼

住所
北海道函館市若松町8-20 どんぶり横丁内
営業時間
6:00~14:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

8. 鮭・イクラ・鮭節の三重奏♪「しべつ鮭三代漬け丼」

郷土料理 武田/標津町

「郷土料理 武田」 料理 63689771 【しべつ鮭三代漬け丼】鮭・ほたての漬け、イクラ、鮭ぶしと標津の名産がてんこ盛り。 

出典:

道東の標津(しべつ)町はサケ漁がさかん。「サケにこだわるまちづくり」に取り組んでいて、「標津サーモン科学館」ではサケの生態や食文化を知ることができます。

「郷土料理 武田」でいただける「しべつ鮭三代漬け丼」には、オレンジ色が鮮やかなサケの刺身、プチプチ濃厚なイクラ、そしてカツオ節ならぬサケ節がのせられています。まさに”鮭三代”。「全国ご当地どんぶり選手権」で人気を博した、お店自慢のご当地丼です。異なる味のハーモニーを楽しめますよ♪

郷土料理 武田の詳細情報

郷土料理 武田

標津町その他 / 郷土料理(その他)、魚介料理・海鮮料理、海鮮丼

住所
北海道標津郡標津町南一条西1-1-5
営業時間
【月~土】 11:00~14:00(L.O) 17:00~22:00 (L.O)
定休日
日曜日/6~7月は木曜日/8月基本無休ですが20日以降不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥6,000~¥7,999

データ提供

9. サクッと揚げた”海のルビー”!ミソまで絶品です◎「しまえび天丼」

食事処 白帆/別海町

「食事処 白帆」 料理 42896485 北海シマエビ 天丼  ¥1,300

出典:おのの のじさんの投稿

この世の果てのような景色が広がる絶景スポット「トドワラ」で有名な野付(のつけ)エリア。野付湾で獲れる「北海シマエビ」は希少な高級品で、海のルビーと呼ばれています。

北海シマエビは塩ゆでが一般的ですが、港町の「食事処 白帆」ではサクッとした天ぷらを楽しめます。名物「しまえび天丼」は、6月中旬~10月末頃までの期間限定メニュー。どんぶりの上に堂々と立つエビを頭からかぶりつくと、エビ味噌が出てきて濃厚な旨味が口の中に広がります。身は引き締まっていて濃厚!

食事処 白帆の詳細情報

食事処 白帆

別海町その他 / 定食・食堂、魚介料理・海鮮料理、ラーメン

住所
北海道野付郡別海町尾岱沼港町170
営業時間
11:00~15:00 17:00~20:00(ラストオーダー19:30)
定休日
毎月曜日(7月8月不定休)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

10. 北端の島で味わう、ほくほくの肉厚ホッケ♡「礼文島ほっけ蒲焼丼」

武ちゃん寿司/礼文町

「武ちゃん寿し」 料理 13355185 ほっけの蒲焼き丼

出典:夏ミカンさんの投稿

北方最果ての島、花の浮島などと呼ばれる礼文(れいぶん)島。美しく豊かな海で獲れる魚介類は、全国的に高評価を得ています。北海道ではポピュラーな魚・ホッケも、礼文島産のものはひと味違うおいしさです。

香深フェリーターミナルにある「武ちゃん寿司」では、冷凍や干物ではなく、生のホッケを使った「元祖ほっけ蒲焼丼」を味わえます。肉厚ホッケはホクホクのおいしさ! 体も温まります。ホッケの下に敷いてあるのは、高級料亭御用達の利尻昆布。昆布にもタレが染み込んで、一緒に食べるとまた違った味わいを楽しめますよ。

武ちゃん寿しの詳細情報

武ちゃん寿し

礼文町その他 / 寿司、魚介料理・海鮮料理、丼もの(その他)

住所
北海道礼文郡礼文町大字香深村字シャクニン 香深港フェリーターミナル内
営業時間
[4月~9月] 10:30~20:00 [10月~3月] 15:00~23:00
定休日
無休(冬期は不定休)
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

11. ウニと利尻昆布のハーモニー♪幻の炊き込みご飯「うにめし丼」

食堂 丸善 /利尻富士町

「食堂 丸善」 料理 82228201 「うにめし丼」

出典:ABO-chanさんの投稿

礼文島のお隣に浮かぶ利尻(りしり)島。北海道の定番土産「白い恋人」のパッケージに描かれている、美しい島です。近海で獲れるエゾバフンウニや、上質なダシがとれる利尻昆布が有名です。

鴛泊フェリーターミナルの中にある「食堂 丸善」は、海を見ながら食事を楽しめるお店。こちらで圧倒的な人気を誇るのが「うにめし丼」です。利尻昆布のダシとウニの煮汁で炊いたご飯に、生ウニとイクラを乗せた贅沢な一杯。利尻の食材を心ゆくまで堪能できる逸品です。

食堂 丸善の詳細情報

食堂 丸善

利尻富士町その他 / 定食・食堂、海鮮丼

住所
北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字港町 鴛泊港フェリーターミナル 2F
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

12. ご飯がすすむジューシーお肉♡ガツンとくる元祖「豚丼」

ぱんちょう/帯広市

「ぱんちょう」 料理 88841313 豚丼(梅)

出典:辣油は飲み物さんの投稿

北海道を代表する肉系グルメのひとつ、豚丼! 十勝・帯広で養豚が盛んなのは、”十勝開拓の父”とよばれる依田勉三が入植した際、豚4頭を連れていたからなのだそうです。甘辛いタレに漬けた「豚丼」が登場したのは昭和8年。「ぱんちょう」というお店が、庶民にも食べやすい豚肉料理として考案しました。

「ぱんちょう」は今も帯広市内にあり、行列ができる人気店として親しまれています。丼ぶりからはみ出た肉厚の豚肉は、炭火焼の香ばしさと秘伝のタレのコクがたまりません♪ ご飯がどんどん進み、パワーがみなぎる味です。北海道開墾の歴史とともに味わいたいですね。

ぱんちょうの詳細情報

5000ぱんちょう

帯広 / 豚丼、郷土料理(その他)

住所
北海道帯広市西一条南11-19
営業時間
11:00~19:00
定休日
月曜・第1、第3火曜(祝日の場合営業、翌日休、連休)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

13. 新・ご当地グルメグランプリ北海道で殿堂入り!「十勝清水牛玉ステーキ丼」

とかち亭/清水町

「とかち亭」 料理 36893791

出典:

十勝地方は、国内有数の酪農王国。中でも清水町は生乳出荷量日本一で、ブランド牛肉「十勝若牛」も生産されています。「十勝若牛」はきめ細やかな赤身肉が特徴で、ヘルシーながらもジューシーと評判です。

「十勝若牛」と地元産の鶏卵を使った「十勝清水牛玉ステーキ丼」は、清水町が地域活性化を目指してプロデュースした渾身の一杯。コクのある味噌味のステーキとふわふわ卵のバランスが絶妙で、「新・ご当地グルメグランプリ北海道」で殿堂入りとなりました。ドライブの休憩ポイント「とかち亭」では、十勝平野を見渡しながら気持ちよく丼ぶりを味わえますよ。

とかち亭の詳細情報

とかち亭

清水町その他 / 定食・食堂、アイスクリーム、そば

住所
北海道上川郡清水町字清水437-5
営業時間
【5月~9月23日】8:00~18:00(L.O 17:30) 【9月24日~4月】8:00~17:00(L.O 17:00) ※9月24日より冬期時間営業となります。
定休日
12月31日、1月1日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

14. これはハマる♡ご飯の上で”牛トロフレーク”がとろける「牛とろ丼 」

とかち亭/清水町

「とかち亭」 料理 109666695

出典:好きな食べ物はうどん!さんの投稿

「とかち亭」には、「十勝清水牛玉ステーキ丼」と人気を分けるもうひとつの名物メニューがあります。それがこちらの「牛トロ丼」。アツアツのご飯の上に冷凍の牛フレークを乗せた、一風変わった丼ぶりです。

ご飯の熱で牛フレークがほどよく溶け、トロける味わいに♡ 上質な肉で臭みがなく、肉と脂のうま味をダイレクトに楽しめます。醤油ダレと山わさびとの相性も抜群でクセになりますよ♪ 「第1回全国丼グランプリ 牛丼部門」では金賞を受賞しました。併設されているお土産店で、牛フレークを買っていく人が多いのも納得です!

とかち亭の詳細情報

とかち亭

清水町その他 / 定食・食堂、アイスクリーム、そば

住所
北海道上川郡清水町字清水437-5
営業時間
【5月~9月23日】8:00~18:00(L.O 17:30) 【9月24日~4月】8:00~17:00(L.O 17:00) ※9月24日より冬期時間営業となります。
定休日
12月31日、1月1日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

15. エゾシカのお味とは?甘めのタレが食欲をそそる「鹿丼」

両国総本店/阿寒町

「両国総本店」 料理 14208706 鹿丼

出典:taniyさんの投稿

北海道をドライブしていると、幾度となく目にする”シカ飛び出し注意”の看板。北海道には野生のエゾシカが多数生息していて、古くから鹿肉を食べる習慣がありました。アイヌ文化を体験できる人気観光地・阿寒湖には、観光客が気軽に鹿料理を楽しめるお店「両国総本店」があります。

名物「鹿丼」のお肉は甘めのタレで焼かれていて、ごはんが進む味わい。鹿肉と聞くと臭みが気になる方も多いと思いますが、「両国総本店」の鹿肉は”思ったより臭みがなくておいしい”との声も。北海道ならではのエゾシカの味、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

両国総本店の詳細情報

両国総本店

釧路市その他 / 郷土料理(その他)

住所
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉2-1-3
営業時間
11:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

産地で味わう、まんぷく幸せの旅♡

女子旅 ランチ

北海道には、”〇〇の漁獲・生産量日本一”の町がたくさんあることに驚かされます。正に、日本を代表する食材の宝庫ですね。その土地のものをその土地で食べれば、旅の情緒もあいまってよりおいしく感じられることでしょう。舌とお腹とココロを満たす、グルメな旅を楽しんでみてくださいね。

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

札幌×ホテル・宿特集

関連キーワード