【東京・千代田区】自転車でパワースポット巡り♪運気アップを祈願できる神社6選

【東京・千代田区】自転車でパワースポット巡り♪運気アップを祈願できる神社6選

東京・千代田区はパワ-スポットの宝庫。縁結びで有名な「東京大神宮」、江戸の総鎮守「神田神社(神田明神)」、勝運アップのご利益が伝わる「日枝(ひえ)神社」などの名社から、穴場スポットまで勢ぞろいしています。そんな千代田区が誇るパワースポットを自転車で巡ってみませんか?体を動かしてリフレッシュできるのはもちろん、公共交通機関で巡るのとは違った発見があるかもしれませんよ。運気アップを祈願する自転車旅にいざ出発♪

2021年01月08日

東京・千代田区は、政府機関や企業の本社などが集中するエリア。オフィス街のイメージが強いかもしれませんが、実は都内有数のパワースポットの宝庫でもあるんですよ。

日本らしさを伝えられる一枚です。

縁結びで有名な「東京大神宮」、商売繁盛のご利益が伝わる「神田神社(神田明神)」、歴史ある「日枝(ひえ)神社」など名社が勢ぞろい。運輸運送業者の信仰を集める神社や、おたぬき様を祀る神社など、穴場スポットも見逃せません。

あえて自転車で巡ってみませんか?

そんな千代田区が誇るパワースポットを巡る旅はいかがでしょう?公共交通機関で旅するのも一つの手ですが、あえて“自転車”で巡れば運動もできて一石二鳥。途中の寄り道も楽しいですよ♪サイクリングが気になるけど自転車を持っていないし…という方は「ドコモ・バイクシェア」の自転車シェアリングサービスを利用してみて。都内各地にポートがあり、どのポートに返却してもOK。気軽に利用できますよ。

1. 東京大神宮

縁結びのご利益が伝えられる“東京のお伊勢さま”

東京のお伊勢さん:縁結びの神「東京大神宮」

飯田橋にほど近い富士見エリアにある「東京大神宮」は、縁結びのご利益が伝えられるパワースポット。東京から伊勢神宮を拝むための神社(遥拝殿)として、明治13(1880)年に創建されました。一般の方々に向けた「神前結婚式」を創始し、普及し続けてきた神社としても知られています。“東京のお伊勢さま”と呼ばれて親しまれる名社で心静かに参拝しましょう。

こちらでは、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、豊受大神(あまてらすすめおおかみ)、倭比賣命(やまとひめのみこと)に加え、結びの働きを司る“造化の三神”も祀られています。良縁祈願した後は、お守りを授かりませんか?純白のスズランをかたどった「縁結び鈴蘭守」や、好きな人の“心の扉”を開くことを願う「恋愛成就 幸せ鍵守」など、素敵なお守りがそろっていますよ。

猪目 装飾 東京大神宮

建物の装飾部分をよく見ると、ハートのようなスポットがたくさん♡これは日本の伝統的な「猪目(いのめ)」と呼ばれるイノシシの目をかたどった透かし文様で、魔除けの意味があるそう。扉だけでなく、お賽銭箱や階段などあらゆる場所に施されているので、探してみてくださいね。

東京大神宮の詳細情報

東京大神宮

住所
東京都千代田区富士見2-4-1
アクセス
JR総武線飯田橋駅から徒歩5分

データ提供

2. 神田神社(神田明神)

巨大なだいこく様も!古くから信仰を集める江戸総鎮守

神田明神

“明神さま”と呼ばれて親しまれている「神田神社(神田明神)」は、歴史ある江戸の総鎮守。古くから多くの人々に信仰されてきました。例年5月中頃に行われる「神田祭」は特に有名。縁結びの“だいこく様”に加え、商売繁昌の“えびす様”、さらに除災厄除の“平将門命(たいらのまさかどのみこと)”も祀っているため、さまざまなご利益を授かることができるかも。

東京 神田明神 おみくじ結び

縁結びについては、男女の仲だけでなく、周りの人も幸せにできるような“縁”を結んでくれると伝えられています。おみくじを結ぶ場所はハート型♡ついつい写真を撮りたくなりますね。

大黒様の像(神田神社/東京都千代田区外神田)

境内にはだいこく様の石像が!想像以上に大きくて驚きますよ。

巨大なだいこく様も!古くから信仰を集める江戸総鎮守2216942

出典:

社務所には、ありがたい守りがたくさん。パソコンの情報を守っていただくことを祈願する「IT情報安全守護」や、お仕事運アップを願う「しごとのおまもり」、縁結びを願う「縁結び御守」など種類豊富にそろいます。

神田神社(神田明神)の詳細情報

神田神社(神田明神)

住所
東京都千代田区外神田
アクセス
御茶ノ水駅から徒歩で8分

データ提供

3. 日枝神社

朱色の鳥居にグッとくる。山の神様を祀る美しきパワスポ

東京都 千代田区永田町 山王日枝神社 本殿

「日枝(ひえ)神社」は、江戸三大祭の一つ「山王祭」が行われる神社として知られています。江戸時代には幕府を守護してくれる神社として、将軍家がしばしば祈祷に訪れたとか。御祭神である大山咋神(おおやまくいのかみ)は、山の神様。厄除け、縁結び、商売繁盛などさまざまなご利益が伝えられています。美しい社殿や、拝殿の天井絵にも注目です。(※天井絵は写真禁止です。ご注意ください)

近年は厄除け、安産、縁結び、商売繁盛、社運隆昌の神として崇敬されています。

出典:日枝神社について | ご祈願・お参りは東京・赤坂にある日枝神社

朱色の鳥居にグッとくる。山の神様を祀る美しきパワスポ2216980

出典:

「日枝神社」のお使いは猿なので、境内にはたくさんのお猿さんの像がありますよ。中には、こんなふうに赤ちゃんを抱っこしている像も。猿は「勝る(まさる)」「魔が去る(さる)」につながることから、勝負ごとや魔除けなどにご利益があるとされます。また猿は音読みだと「エン」となるので、「縁(えん)」を運んできてくれるとも。

参拝後は、お猿のお守り「まさる守」を授かりませんか?大小2サイズあるので、好きな方を選んでくださいね。この他にも、「ビジネス守」や「開運招福守」など気になるお守りがたくさん。

境内には、朱色の鳥居が立ち並ぶ「稲荷参道」も。ノスタルジックな1枚を撮れるとあって、写真好きの人気を集めています。ただし、ここは多くの人が訪れる神聖な場所。通行の妨げにならないように注意しつつ、サクッと撮影を済ませてくださいね。

日枝神社の詳細情報

日枝神社

住所
東京都千代田区永田町
アクセス
1) 赤坂駅から徒歩で3分 2) 溜池山王駅から徒歩で3分 3) 国会議事堂前駅から徒歩で5分 4) 赤坂見附駅から徒歩で8分

データ提供

4. 太田姫稲荷神社

伝説が残る穴場的なパワースポット

伝説が残る穴場的なパワースポット2217029

出典:

一口稲荷神社(いもあらいいなり)とも呼ばれる「太田姫(おおたひめ)稲荷神社」は、病気平癒や満願成就などのご利益が伝わるパワースポット。この神社には伝説が残っています。その内容とは、中世の武将・太田道灌(おおたどうかん)の娘が病を患った際、京都の一口稲荷神社に回復祈願したところ治癒したという言い伝え。道灌は感謝の気持ちから、一口稲荷神社を勧請(かんじょう:分霊を迎えて新たな社殿にまつること)して、江戸に創建したと伝えられています。

太田姫稲荷神社(東京都千代田区)

お茶の水の“明大通り”を少し入った場所にたたずむ、ホッと一息つきたくなるようなスポットです。お姫様の病気を治したという伝説の神様なら、女子のお願いを聞いてくれるかも。しっかりお参りしておきましょう。

伝説が残る穴場的なパワースポット2342106

出典:

これまでに何度か遷座(神体を他の場所にうつすこと)を繰り返している「太田姫稲荷神社」。以前は、現在の社殿から自転車で2分ほどの「御茶ノ水駅」の近くにありました。跡地にはご神木が残されているので、ついでに訪れてみては?

太田姫稲荷神社の詳細情報

太田姫稲荷神社

住所
東京都千代田区神田駿河台1-2-3

データ提供

5. 正一位金網稲荷神社

運輸運送業の方々の信仰を集めるお稲荷様

運輸運送業の方々の信仰を集めるお稲荷様2217080

出典:

「正一位金網(しょういちいかなあみ)稲荷神社」は、秋葉原駅にほど近い「和泉公園」の隣に鎮座する小さなお社。運輸運送業に携わる方々の信仰を集めるユニークなお稲荷様なんですよ。伝えられるご利益は、商売繁盛、交通安全など。

運輸運送業の方々の信仰を集めるお稲荷様2216918

出典:

江戸時代、運送業を営んでいた京屋弥兵衛という人物が、道中の安全と商売繁盛を願ってここにお稲荷様を祀ったのが始まりと言われています。弥兵衛が自身の夢の中で、お稲荷様から黄金色の網を授かったので、名前を「金網稲荷」としたのだそうです。

運輸運送業の方々の信仰を集めるお稲荷様2217078

出典:

狛犬のように向かい合って並ぶお稲荷様は、眼光鋭く、威厳に満ちています。道中の悪いものを追い払えるよう祈願したいですね。運送業に関わっていなくても、旅行や出張の前に、旅の安全をお祈りに行ってみては?

正一位金綱稲荷神社の詳細情報

正一位金綱稲荷神社

住所
千代田区神田和泉町2-3

データ提供

6. 柳森神社

“おたぬき様”がたくさん♪女性にうれしいご利益スポット

柳森神社

秋葉原駅にほど近い神田川沿いにたたずむ「柳森(やなぎもり)神社」は、歴史あるパワースポット。15世紀の中頃、武将の太田道灌(おおたどうかん)が江戸城の鬼門除けとして、京都の伏見稲荷を勧請したことが始まりだと言われています。春から夏にかけては、風に揺れる美しい柳の枝も楽しめますよ。

柳森神社-4

出典:

境内では様々な神様が祀られています。写真の「福寿神」は、出世、勝負運向上、金運アップ、安産などのご利益が伝わるスポット。江戸幕府の五代将軍・徳川綱吉の生母、桂昌院(けいしょういん)が“福寿いなり”として祀ったのが始まりだとか。彼女が、八百屋の娘から将軍の生母へと大出世したことから、「他を抜く=たぬき」として狸が祀られていると言われています。江戸時代には、彼女にあやかろうと多くの女中たちがお参りしたのだそう。

神田 柳森神社 おたぬきさま

“おたぬき様”の像にほっこり心が和みますね。境内にはこちらの他にも、「幸神社」、「秋葉大神」、「水神厳島大明神・江島大明神」などありがたいスポットがありますよ。

柳森神社

境内には、江戸時代の人たちが、力比べをするために使った大きな石も!江戸の庶民文化を今に伝える場所です。

柳森神社の詳細情報

柳森神社

住所
東京都千代田区神田須田町2-25
アクセス
岩本町駅A2出口より徒歩3分

データ提供

自転車に乗って、運気アップ祈願の旅はいかが?

暑い夏

東京の千代田区には、わざわざ訪れたいパワースポットがたくさん♪縁結び、開運、金運アップなど伝えられるご利益は場所によってさまざまなので、訪れてみたい場所がきっと見つかるはず。電車やバスで行くのもいいけれど、自転車で巡れば体を動かしてリフレッシュできますよ。のんびり休憩をはさみつつ、あなたのペースでご利益スポットを巡りませんか?

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード