2021年11月28日

【三重】駅近くだから安心!四日市にある女子旅におすすめホテル7選

【三重】駅近くだから安心!四日市にある女子旅におすすめホテル7選

ストレスがマックスになったら、友達と気分転換の旅へ。女子旅に出かけるなら、三重県・四日市はいかがでしょう。工業都市である四日市では、キラキラした夜景が楽しめますよ。また、海や山もあるので、自然もたっぷり満喫できます。今回は女子旅におすすめの四日市のホテルをご紹介!四日市駅周辺なので、安心してステイを楽しめるはず♪

たまには女同士で時間を忘れ大はしゃぎ♡

毎日がんばってる女子は、お疲れ気味になることも多いはず。ストレスが溜まってくると、大好きな女友達に連絡したくなりますよね。一緒にディナーやランチを楽しむのもいいけど、たまには時間を気にせずおしゃべりできたら最高!ストレスがマックスになったら、思い切って友達と一緒に女子旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

夜景が人気の四日市で女子旅を満喫しよう!

三重県の北部に位置する四日市市は、商工業都市として発展した街。工場夜景の美しさはマニアだけではなく、カップルや女子たちにも大人気で、夜景クルーズも楽しめますよ。海や山に囲まれているからレジャーやグルメも満喫。今回は旅の拠点におすすめの四日市周辺のホテルを厳選してご紹介します。全て駅近で好立地なので、迷う心配もありませんよ♪

1.都ホテル 四日市

アクセスもサービスも抜群で快適ステイ♪

アクセスもサービスも抜群で快適ステイ♪2354547

出典:

近鉄名古屋線四日市駅から徒歩約3分の「都ホテル 四日市」は、四日市を代表するランドマークホテルです。駅からのアクセスも便利な立地ですし、サービス面でも設備の面でも大満足できますよ。

アクセスもサービスも抜群で快適ステイ♪2354550

出典:

客室はセミダブルのお部屋から高層階のスイートルームまで揃っています。どのお部屋も落ち着いた色使いの内装で高級感がありますよ。高層階なら夜景も美しいので、伊勢湾などを眺めながらガールズトークを楽しみましょう♪

アクセスもサービスも抜群で快適ステイ♪2354554

出典:

ホテル内には「中国料理 四川」や「日本料理 都」など、いくつかのレストランやバーが揃っています。朝食会場は1Fの「レストラン パークサイドカフェ」。吹き抜けで開放感のある店内で、公園を眺めながら優雅に朝食をいただきます。

アクセスもサービスも抜群で快適ステイ♪2354563

出典:

なにか特別な思い出作りをしたいなら、「リンパエステAGREE(アグリ)」でマッサージ体験をしてみるのもいいですよ。ホテルのエステサロンを利用するのは女同士だからこその楽しみ方。リンパマッサージで体をほぐせば、さらにリラックスできますよ。

公式詳細情報

都ホテル 四日市

四日市 / 高級ホテル

住所
三重県四日市市安島1-3-38
地図を見る
アクセス
近鉄四日市駅の北出口を出て左へ徒歩3分。
宿泊料金
6,400円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 12:00(OUT)など

6,400円〜 / 人

もっと見る

データ提供

2.四日市シティホテル

日替わり朝食に身も心も癒される

日替わり朝食に身も心も癒される2528950

出典:

四日市駅から徒歩約1分のところにある「四日市シティホテル」。フロントは24時間対応なので、女性でも安心!毎日15時から24時、7時から10時はウェルカムコーヒーのサービスも。

日替わり朝食に身も心も癒される2528951

出典:

客室は「シングルスタンダード」や「ツインハイクラス」などがあります。モダンなデザインのお部屋に乙女心もくすぐられるはず。ビデオオンデマンドもあるので、好きな時間に映画をたっぷり堪能できますよ。ベッドが3台用意されている客室もあるので、グループ旅にも最適◎

日替わり朝食に身も心も癒される2528953

出典:

朝食は2階にある日本料理「みやび」にていただきます。朝食付きプランを選べば、おかずが日替わりで用意されている和朝食をいただけますよ。100円追加すれば、「鯛茶漬け」「牛しぐれ茶漬け」などアップグレードメニューを楽しむことも。

公式詳細情報

四日市シティホテル

四日市 / スタンダードホテル

住所
三重県四日市市諏訪栄町7-28
地図を見る
アクセス
近鉄「四日市駅」北改札口より徒歩1分。四日市I.Cより車で約...
宿泊料金
2,800円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

2,800円〜 / 人

もっと見る

データ提供

3.三交イン四日市駅前

まくらBARやアメニティBARが嬉しい!

まくらBARやアメニティBARが嬉しい!2353926

出典:

「三交イン四日市駅前」は、近鉄四日市駅北口からは徒歩約1分と好立地のホテルです。初めての四日市でも迷わずホテルまで到着できるのは、荷物の多い女子旅にはうれしいですよね。周辺にはコンビニや飲食店も揃っているので、不便に感じることはないはず!

まくらBARやアメニティBARが嬉しい!2528932

出典:

すっきりと落ち着いた雰囲気のお部屋は、シングル〜ツインが揃っています。ツインならゆったりと過ごせますし、デラックスシングルルームのお部屋はベッドがダブルになっていて、2人でも宿泊可能です。

まくらBARやアメニティBARが嬉しい!2353929

出典:

こちらのホテルでは、朝食が無料でついてきます。内容は4種類のパンやサラダ、日替わりのウィンナーやベーコンなど無料とは思えない充実の内容。ジュースやコーヒーなどのドリンク類も用意されています。

まくらBARやアメニティBARが嬉しい!2353934

出典:

さまざまな種類の枕から好みのものを選べる「まくらBAR(バー)」や「アメニティBAR」など、ホテルがより快適になるサービスも充実しています。ウェルカムドリンクもいただけて大満足。気持ちの良い滞在で、女子旅が盛り上がりそうです。

公式詳細情報

三交イン四日市駅前

四日市 / スタンダードホテル

住所
三重県四日市市安島1-1-20
地図を見る
アクセス
近鉄四日市駅北口徒歩1分。
宿泊料金
3,500円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

3,500円〜 / 人

もっと見る

データ提供

4.プラトンホテル四日市

三重県ならではのこだわりの朝ごはんと絶景を堪能

三重県ならではのこだわりの朝ごはんと絶景を堪能2528933

出典:

「プラトンホテル四日市」は近鉄四日市駅から徒歩3分ほどのホテルです。周辺が繁華街なので、ショッピングや食事に困ることはありませんよ。女性だけでも駅から安全に移動できるのもうれしいポイントですね。

三重県ならではのこだわりの朝ごはんと絶景を堪能2528934

出典:

客室はシングル、ダブル、ツインの他、トリプルや和室など種類豊富に用意されています。トリプルのお部屋は最大6名まで宿泊可能なので、人数が多い女子旅にぴったり。ほどよい広さですから、圧迫感もなく快適に滞在できますよ。

三重県ならではのこだわりの朝ごはんと絶景を堪能2528935

出典:

ホテルでは10Fの「スカイバンケット」でいただく朝食に力を入れています。ホテル周辺の建物はもちろん、伊勢湾まで見渡せる場所でいただく朝食は最高です。「みえの朝ごはん」として、四日市まぜめんや松阪牛牛すじカレーといった地元ならではの食材を使った朝食が並びます。和食だけではなく、桑名もち小麦パンケーキなど洋食メニューも人気。あれもこれも食べたくなってしまうので、朝からお腹いっぱいになれそうです。

公式詳細情報

プラトンホテル四日市

四日市 / スタンダードホテル

住所
三重県四日市市西新地7-3
地図を見る
アクセス
近鉄四日市駅より徒歩3分。東名阪四日市ICよりお車で20分。
宿泊料金
4,000円〜 / 人
宿泊時間
14:00(IN)〜 11:00(OUT)など

4,000円〜 / 人

もっと見る

データ提供

5.東横イン近鉄四日市駅北口

宿泊費用を抑えたい女子にぴったり

宿泊費用を抑えたい女子にぴったり2528936

出典:

近鉄四日市駅から徒歩約2分の「東横イン近鉄四日市駅北口」。全国展開しているホテルチェーンという点でも安心感のあるホテルです。宿泊費は比較的お安めなので、ホテルにはお金をかけたくない節約派にはぴったりですよ。

宿泊費用を抑えたい女子にぴったり2528937

出典:

客室はシングルからツインまで揃っています。Wi-Fi完備で快適なお部屋なのも嬉しい!

宿泊費用を抑えたい女子にぴったり2528939

出典:

おいしい朝食も無料でいただけます。健康を意識したメニューを日替わりで提供していますよ。

公式詳細情報

東横イン近鉄四日市駅北口

四日市 / スタンダードホテル

住所
三重県四日市市諏訪栄町8-4
地図を見る
アクセス
近畿日本鉄道 名古屋線「近鉄四日市」駅北口より徒歩2分
宿泊料金
4,400円〜 / 人

4,400円〜 / 人

もっと見る

データ提供

四日市で最高の女子旅を♪

旅行の宿泊先に着いた女性たち(ベッド)
大好きな女友達と一緒ならどこで過ごしても楽しいですが、素敵なホテルを選べばさらに楽しみが倍増しますよね。駅近くなら女だけの旅でも安心ですし、迷う心配もありません◎四日市の素敵なホテルで女同士の時間を思い切り楽しんできてくださいね。

紹介ホテルを比べてみる

三重県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

伊勢を旅する編集部おすすめ