2017年12月18日

四日市に来たらぜひ食べて!ボリューム満点「とんてき」のおすすめ店5選

四日市に来たらぜひ食べて!ボリューム満点「とんてき」のおすすめ店5選

中京地区の代表的な工業地帯「四日市」。名古屋や岐阜にもほど近い四日市には美味しいものがたくさんあります。中でも代表的な四日市グルメが「とんてき」。ボリューム満点で濃厚なソースが印象的なその味は、県外からも食べに訪れる人が急増しています。四日市に行くならぜひ食べてほしい「とんてき」のお店を5軒選んでみました。

ガッツリご当地メニュー「とんてき」ってどんな食べ物?

「まつもとの来来憲」料理 579330

出典:ちゃごさんの投稿

三重県北部に位置する四日市。最近では沿岸のコンビナートの夜景が人気の四日市で、古くから愛されてきたご当地グルメが「とんてき」。分厚い豚肉をニンニクと一緒にソテーし、濃い目のソースで味付けをした何ともご飯に合うメニューです。横にキャベツの千切りをたっぷり添えて、食べた人は誰もが満腹になる人気のガッツリ系グルメです♪

さっそく「とんてき」が食べられるお店をご紹介!

まつもとの来来憲

「まつもとの来来憲」外観 579327

出典:eat and runさんの投稿

四日市で「とんてき」と言えば、まず初めに名前が挙がるほど有名なのが「まつもとの来来憲」。お店の看板にも「大とんてきの店」とあるように、ボリューム満点の「大とんてき」が人気のメニューです。とても分厚いのに柔らかく、簡単にかみ切れる豚肩ロースはニンニクの効いたソースとの相性ピッタリ。ご飯がどんどん進む、やみつきになる一品です。地元の常連客はもちろん、県外など遠方からもたくさんのお客さんが詰めかける人気店なので、ランチタイムや週末は行列ができることも珍しくありません。

「まつもとの来来憲」料理 579319

出典:rakuenquestさんの投稿

一番人気の「大とんてき」。見るからにボリューム満点のとんてきは、250gと食べごたえも抜群。別名「グローブ」とも言われるように、大人の手よりも大きなお肉です。とても柔らかいので十分に噛み切れますが、オーダー時に頼むと食べやすくカットしてくれます。また、ソースのニンニクが気になる人のためにニンニク抜きのオーダーも可。

「まつもとの来来憲」料理 579329 (2013/12月)「みそとんてき」

出典:natchan72さんの投稿

コッテリした味噌味がご飯にもビールにも合うと人気の「みそとんてき」。こちらもボリューム満点。

まつもとの来来憲の詳細情報

まつもとの来来憲

伊勢松本、中川原 / 中華料理、豚料理

住所
三重県四日市市松本2-7-24
営業時間
[水~金] 11:00~14:00 17:00~19:00 [土・日・祝] 11:00~13:00 17:00~19:00
定休日
月曜・火曜(祝日でも休み)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

来来憲 本店

「来来憲 本店」外観 581764 本店

出典:kappa18さんの投稿

「来来憲 本店」は"四日市とんてき"発祥のお店。こちらは一時お店を休業していましたが、近年の復活により人気が再燃。「来来憲 本店」が提供するとんてきは、元祖のお店らしくニンニクをたっぷり効かせ、甘味と酸味のバランスが良いソースが特徴。通常の「とんてき」で200g、「大とんてき」で250gとボリューム満点ですが、肉増量のオーダーも可能です。「大とんてき」で肉の増量をすると375gもの迫力に。ご飯も大・中・小と選ぶことができて、どれを頼んでも値段は同じ。ガッツリ派に嬉しいお店です。

「来来憲 本店」料理 581792 特上トンテキ(大)250g

出典:kappa18さんの投稿

「特上大とんてき定食」。甘味と酸味の効いたソースにニンニクのピリッとした味が加わって、ご飯が止まらない美味しさです!

「来来憲 本店」料理 581793 2014年4月 さくら角切りとんてき定食(ごはん中)【1600円】

出典:ザ・ワカヤマンさんの投稿

お肉がサイコロ状にカットされた「角切とんてき定食」。一口サイズで食べやすいと女性に人気のメニューです。

来来憲 本店

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

隆座(たかくら)

「隆座」外観 579339

出典:タイガース・ウッズさんの投稿

とにかくボリュームがあることでも知られる「四日市とんてき」。どのお店もボリューム満点のとんてきを提供する中で、特に量が多いことで人気のお店が「隆座(たかくら)」です。その圧倒的なボリュームが話題となり、今では「四日市とんてき」を代表するお店の一つとして有名に。メディアにも多く取り上げられたことで、こちらも行列ができる人気店となっています。

「隆座」料理 579345 とんてきシングル

出典:HADさんの投稿

「とんてきシングル」。シングルでこのボリューム!意外にアッサリした味付けなので、食べやすいんです。とにかくキャベツがたっぷりなので、食べ切れない方は「キャベツ少な目」のオーダーもできますよ。

「隆座」料理 579348 とんてき(ダブル)

出典:しのきちさんの投稿

シングルがあれば、当然ダブルもあります。食べきれるかな?

隆座の詳細情報

隆座

赤堀、日永、中川原 / 定食・食堂、とんかつ、コロッケ・フライ

住所
三重県四日市市赤堀2-6-8
営業時間
[月・火・金] 11:00~13:30  17:30~20:00 [土・日・祝] 11:00~13:00  17:30~20:00
定休日
水曜・木曜
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

一楽

「一楽」外観 581803 外観

出典:鉄道王さんの投稿

四日市駅前のアーケード街にある中華料理店「一楽」。「四日市とんてき」は中華料理店が発祥のメニューということで、こちらのお店でもとんてきは人気のレギュラーメニューです。「一楽」が提供するとんてきの特徴は、照り焼き風の甘味の効いたソース。見た目からしてもかなりコッテリした味付けかと思いきや、赤身中心の豚肉を使用しているので食べやすい味に仕上げられています。ソースがしっかり絡んでいるのに、カリッとした肉の食感も特徴的。中華料理店なので、ラーメンや餃子などメニューの豊富さも嬉しい、地元の人に愛されるお店です。

「一楽」料理 581806 とんてき定食(ランチタイムは1,200円)

出典:なおかりさんの投稿

人気の「とんてき定食」。ソースが濃厚そうですが、肉の味がしっかり味わえる絶妙な味付けです。

「一楽」料理 581813 カレー天津飯大盛り(680円)

出典:さとち.comさんの投稿

中華料理店なのでメニューも豊富。こちらは人気の「カレー天津飯」。

一楽の詳細情報

一楽

近鉄四日市、あすなろう四日市、四日市 / 中華料理、豚料理、定食・食堂

住所
三重県四日市市諏訪栄町10-2
営業時間
11:00~14:30 16:30~20:50
定休日
木曜日(臨時休業あり)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

トンテキ屋 ちゃん 四日市店

「ちゃん 四日市店」外観 581821 お店の外観

出典:tomoseipapaさんの投稿

「トンテキ屋 ちゃん 四日市店」は、三重県内で人気のラーメン店「ラーメン ちゃん」の姉妹店。ラーメン店ですが、全店で提供する「トンテキ」が大人気。ウスターソースをベースに、カットされたニンニクの香りと辛味が強めに効いた味は、ご飯にもビールにもピッタリ。「トンテキシングル」は200gですが、ダブルで400g、トリプルで600gとガッツリ派でも充分満足できるラインナップ。ニンニクが苦手な人はニンニク抜きも可。逆にニンニクがもっと欲しい人は増量もできるのでお好みでどうぞ。

「ちゃん 四日市店」料理 581822 トンテキシングル(200g)1270円

出典:と@さんの投稿

「トンテキシングル」は肉量200gですが、もっと多そうに見えますね。ランチタイムはご飯・味噌汁のお替りが自由なのも嬉しいサービス。

「ちゃん 四日市店」料理 581823 駅前セット

出典:atakeさんの投稿

大人気の「駅前セット」。トンテキにラーメンとライスがセットになって、抜群のボリュームです。

ちゃん 四日市店の詳細情報

ちゃん 四日市店

近鉄四日市、あすなろう四日市 / ラーメン、豚料理、中華料理

住所
三重県四日市市安島1-2-20
営業時間
[ランチタイム] 11:30~15:00 (OS.14:30) [ディナータイム] 平日 18:00~24:30(OS.24:00) 土日祝 17:00~24:30(OS.24:00)
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

いかがでしたか?

「まつもとの来来憲」料理 581867

出典:ハイパー殿さんの投稿

四日市市を代表するグルメ「四日市とんてき」のお店を5軒厳選して紹介しました。一見、男性向けのガッツリメニューのようにも見えますが、意外にさっぱりして食べやすい味は女性ファンも多く、どのお店も老若男女問わず、連日とんてきファンで一杯です。県内はもちろん、徐々に全国に広がり始めている「四日市とんてき」。三重に来ることがあれば、ぜひ人気のお店で食べてみてください!

三重県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

伊勢を旅する編集部おすすめ