ライトアップが綺麗♪奥多摩の「日原鍾乳洞」は夏におすすめ!

ライトアップが綺麗♪奥多摩の「日原鍾乳洞」は夏におすすめ!

東京の一番奥、奥多摩にある「日原鍾乳洞」をご存知ですか?関東では最大規模の鍾乳洞で、知る人ぞ知る名所なんです。ちょっとアクセスが大変ですが、年間を通して中の気温は11度なので、暑い夏には最適のお出かけスポットですよ♪しかも洞窟の中はライトアップもされている所もあるんです!今回はそんな日原鍾乳洞の魅力をご紹介してみたいと思います。

2016年07月13日

関東最大級の鍾乳洞は、東京にあった!

関東最大級の鍾乳洞は、東京にあった!669024

出典:104643さんの投稿

日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)は奥多摩町にあります。東京都の天然記念物に指定されていて、その規模は関東最大。洞内には鍾乳石や石筍が林立していて見ごたえのある景観。また年間を通じて中の気温は11度なので、これからの猛暑のシーズンにはもってこいのお出かけスポットではないでしょうか。
関東最大級の鍾乳洞は、東京にあった!667633

出典:ぽよすけ☆さんの投稿

日原鍾乳洞へのアクセス

日原鍾乳洞へのアクセス667644

出典:そらモンさんの投稿

この鍾乳洞の先には、もう道がない。本当に東京の一番奥、という感じです。

日原鍾乳洞へのアクセスはちょっと大変です。まずはJR青梅線で奥多摩駅まで行き、そこから路線バスでさらに30分ほど行くと「日原鍾乳洞」というバス停があります。そこから徒歩で5分ほど。ただし、休日の場合は手前の「東日原」止まりになるため、バス停からの徒歩時間は20分ほどかかってしまいます。
日原鍾乳洞へのアクセス667648

出典:かずひろ501さんの投稿

バスの本数も少ないので注意!

さらに、バスの本数は1日5往復程度なので、出かけるときはあらかじめバスの時間もちゃんと調べておかないと大変です。自家用車で行くこともできますが、道が狭く山道なので、運転に自信がない人は避けたほうがいいでしょう。また駐車場もあまり台数が止められないため、なるべくならバスで向かうのが賢明です。
日原鍾乳洞へのアクセス667657

出典:BINGO!さんの投稿

奥多摩駅の駅舎も趣があって素敵です。

ちなみに奥多摩駅の駅前の交差点のところにある「奥多摩ビジターセンター」でお願いするとバスの時刻表や鍾乳洞のパンフレットがもらえます。運が良ければ入洞の割引券がもらえることもあるそうですよ。ぜひチェックしてみてください。

日原鍾乳洞の詳細情報

日原鍾乳洞

住所
東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
アクセス
奥多摩駅からバスで40分
料金
小学生 400円 中学生 500円 大人 700円

データ提供

日原鍾乳洞の魅力に迫る!巨大地下宮殿に潜入!

日原鍾乳洞の魅力に迫る!巨大地下宮殿に潜入!667666

出典:カニサガさんの投稿

駐車場には湧水もあります。

それでは日原鍾乳洞の中に入ってみましょう。水の滴りが多い洞窟なので、滑りにくい靴は必須です。また、雨上がりなどに訪れると水滴の量が増えたりすることもあるので場合によってはレインコートがあるといいようです。
日原鍾乳洞は、もともと山岳信仰の聖地とされていたところなので、洞内の鍾乳石や石筍につけられた名前は宗教的なものがほとんどですが、今ではその造形美を楽しむ人たちの心を癒してくれているのかもしれません。

水琴窟

水琴窟667686

出典:たあぼさんの投稿

水滴たちが忙しく音を奏でています。

順路に従い進んでいくと、左右や天井に色々に名前をつけられた鍾乳石などを見ながら進むことになります。しばらく行くと水琴窟が置かれたコーナーが現れ、甲高い済んだ音で歓迎してくれます。

地獄谷

地獄谷667695

出典:

足元にどこまでも深く続く「地獄谷」

水琴窟からさらに進むと、順路から下を覗き込む形で「地獄谷」が現れます。パックリと割れた谷は覗いていると吸い込まれそうな気分になりますね。

三途の川

三途の川667690

出典:たあぼさんの投稿

生きながらにして三途の川を目の当たりに。

そこからすぐのところに流れている川はその名も「三途の川」。生きてる間に渡ることになるとは。流れている水はとても澄んでいて綺麗です。

死出の山・縁結び観音

死出の山・縁結び観音667684

出典:たあぼさんの投稿

死出の山。奥には賽の河原が広がります。登るのが大変そうです。

「三途の川」を超えると「死出の山」と呼ばれる登坂(階段)が現れます。ここはライトアップもされていて虹色に光っていることも多い場所。撮影ポイントとしても人気があるのでカメラを構えている人も多く見られます。頑張って登ると奥に賽の河原と呼ばれる広間が広がっていて、その奥に縁結び観音がいます。
死出の山・縁結び観音667699

出典:たあぼさんの投稿

賽の河原の奥には縁結び観音が。

新洞・竜王の間

新洞・竜王の間667683

出典:タマネギさんの投稿

無数の鍾乳石が伸びてきています

順路をさらに進んでいくと、新洞入り口という看板があり、再び長い上り階段。ここから先は昭和に入ってから探検隊に発見された部分だそうです。ここから先のエリアの鍾乳石はさらなる見ごたえを与えてくれるものばかりです。上からは無数の鍾乳石が伸び、下からはやはりおびただしい数の石筍が伸びてきているエリアに「竜王の間」と呼ばれる細長いエリアがあり、じっくりとその景観を楽しむことができます。

新洞・金剛杖

竜王の間にある無数の石筍の中でまとまって伸びている部分があり、「金剛杖」と名付けられています。確かに先端の不思議な形などは金剛杖を思わせるところがありますね。さらに数々の石柱などを楽しみながら階段を上り下りして出口に向かいましょう。

日原鍾乳洞に行った後は、奥多摩おすすめグルメを食べよう!

日原鍾乳洞を楽しんだ後は、せっかくのお出かけなので美味しいものも一緒に楽しみたいですね。ここからは最寄駅である奥多摩駅周辺のおすすめグルメをご紹介します!

農家 ヘムロック

「農家 ヘムロック」料理 667720

出典:美味B級さんの投稿

オムライスはフワトロかぶせタイプです。

奥多摩駅からほど近い、カレーとオムライスのお店です。メニューは基本的にオムライスか、スパイシーなカレーか、日替わり定食の3種類。その他にお酒と簡単な一品料理が楽しめます。
「農家 ヘムロック」外観 667723 和洋折衷の外観

出典:めたるごっどさんの投稿

外観はちょっとカントリーな農家風

農家 ヘムロックの詳細情報

農家 ヘムロック

奥多摩 / オムライス、カレーライス、居酒屋

住所
東京都西多摩郡奥多摩町氷川1389
営業時間
11:30~14:00(ランチ) 17:00~23:00(居酒屋) ご飯が無くなるとランチ終了です。 4人以上のグループで来店の時は、事前に電話で問い合わせた方が良いと思います。
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

アースガーデン

「アースガーデン」料理 667727 米糠入り黒豚メンチカツごはんセット

出典:遊歩人さんの投稿

ランチで楽しめる黒豚のメンチカツ!

こちらは奥多摩駅の隣の駅「白丸」駅から歩いてすぐのところにあるオーガニック食材と黒豚のお店。しっかりした味わいなのに体にやさしい食材ばかりの嬉しいお店です。黒豚も厳選したオーガニックの豚で、甘みがあるお肉が食欲をそそりますよ。人気店ですが個人での予約はできないそうなので待つ覚悟で行ってみてください。
「アースガーデン」料理 667728 奥多摩野菜の焼チーズカレー1,100円

出典:axis greenさんの投稿

地元の野菜を使った焼きチーズカレー。中は玄米です。

森の中のお肉レストラン アースガーデンの詳細情報

森の中のお肉レストラン アースガーデン

白丸、奥多摩 / ダイニングバー、ハンバーグ、ステーキ

住所
東京都西多摩郡奥多摩町白丸361-1
営業時間
11:00~16:00(ランチ) ディナー 17:00~(要予約) 年中無休(不定休)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥6,000~¥7,999

データ提供

蕎麦太郎カフェ

「蕎麦太郎カフェ」料理 667732 麦切り

出典:けそけそけそさんの投稿

さっぱりと美味しい麦切りはいかがですか。

マス釣り場の上にあるお店。下の釣り場で釣った魚を塩焼きにしてもらえます。水のいいところは蕎麦も美味しいのが定番ですが、ここでももちろん美味しい手打ち蕎麦が味わえます。そして、郷土食とも言える「麦切り」もいただけるのでぜひ食べてみてください。麦切りはうどんのように小麦粉を打つのですが、材料節約のために大豆を混ぜて水増しして作る麺で、もっちりしているのにスッキリと食べられますよ。
「蕎麦太郎カフェ」料理 667733 ます塩焼き

出典:けそけそけそさんの投稿

お蕎麦だけではなく、カフェっぽいメニューやマスの塩焼きも楽しめます。

蕎麦太郎CAFEの詳細情報

蕎麦太郎CAFE

奥多摩 / そば、インドカレー、カフェ

住所
東京都西多摩郡奥多摩町氷川397-1 氷川国際ます釣場 2F
営業時間
11:00~18:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

蕎麦太郎カフェ669020

出典:Seseliさんの投稿

ライトアップはLEDなんだそうです。幻想的ですね。

いかがでしたか?冒険気分が味わえてその上涼しい鍾乳洞!大自然も一緒に満喫できるおすすめスポットです。ぜひ訪ねてみてくださいね。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード