2016年08月03日

味が想像できない!試される大地・北海道の試してみたい珍土産13選

味が想像できない!試される大地・北海道の試してみたい珍土産13選

北海道のお土産といえば白い恋人やロイズ、ルタオのスイーツなどが定番ですよね。でも、定番土産だけでなく、おもしろ土産を選んでみてはどうでしょう?ネーミングの面白いものから、名物を強引にスイーツ化したものまで、インパクト大の想像を超えた北海道土産の数々をご紹介しましょう。

インパクトが大きい北海道ならではの珍土産をお土産にいかが?

インパクトが大きい北海道ならではの珍土産をお土産にいかが?680167

出典:

旅行や出張の北海道土産。定番の商品もいいけれど、もっとインパクトが大きい、ウケを狙ったお土産を探しているなら、シャレの効いたお菓子が狙い目です。「なぜその組み合わせ?」と首をかしげるものや、「一体どんな味なの?」と興味をひきそうなものまで、北海道の珍土産をみていきましょう。

ジンギスカンキャラメル

「大倉山クリスタルハウス 売店」その他 681629 みんなが嫌がる話題のお土産(笑)

出典:HEART19さんの投稿

衝撃のジンギスカン味のキャラメル!お土産店では、夕張メロンキャラメルなんかと並んでいますが、怖いもの見たさの心理で売れ続けています。ニンニク&玉ねぎの香りがジンギスカンを思わせる問題作。

味噌ラーメンキャラメル・塩ラーメンキャラメル

味噌ラーメンは名店『ひぐまの」お墨付き、塩ラーメンは『函館名物塩ラーメン』のイメージです。ジンギスカンキャラメルとは、ニンニク風味がするところが共通項。

青い池キャラメル

「定山渓物産館 中央店」料理 681635 青い池キャラメル サイダー風味:120円

出典:★カプチーノさんの投稿

美瑛の『白金・青い池』は、神秘的な色合いがステキで有名ですね。そんな青い池をイメージしたキャラメルは、ほんのりサイダー風味のさわやかテイストです。

ポテトキャラメル

北海道といえばじゃがいもだべさ~♪ということでじゃがいもの風味や舌触りが微妙に再現されているキャラメルです。

豚丼クッキー

A photo posted by @lizuanny__m on

ほんのり炭火焼き風味で、豚丼独特の甘辛いたれをイメージしたクッキーです。パッケージのおいしそうな豚丼の画像からどんなクッキーか妄想が膨らみます。

豚丼チョコ

やっぱり十勝は豚丼オシ!クッキーだけでなくチョコもあります。ビジュアルは普通の板チョコですが、食べてみたら豚丼の味がするみたいです。
「旭岳ロープウェイ 山麓駅売店」その他 681639 こんなのあるんですねw 豚丼チョコレートってどんな味?

出典:★スマイル★さんの投稿

味噌ラーメンチョコやスープカレーチョコもあります。

海鮮丼風ドロップス

北海道といえば新鮮な海の幸!おいしい海鮮丼の思い出をドロップスに込めてみました。お刺身風味のドロップスはいかがなものでしょうか…?

味噌ラーメン風ドロップス

「道の駅 望羊中山」その他 681619

出典:HEART19さんの投稿

こちらは味噌ラーメン風ドロップス。ラーメンをドロップにしたら一体どんな味になるんでしょうか…

小樽えびしおラムネ

北海道ラムネシリーズもお土産としておすすめ。エビ魚醤入り『小樽エビしおラムネ』だなんて、かなり攻めていますね。パッケージもかわいらしいです。

熊ガラナ

「定山渓温泉 鹿の湯 売店」料理 681641 熊ガラナ 350ml缶 120円 【 2013年8月 】

出典:食べ過ぎ太り過ぎさんの投稿

熊ガラナはコーラに似た味わいですが、風味が独特です。野性味あふれる北海道のイメージにぴったりのパッケージですね!

うしのう○こ

目を疑ってしまう商品ですが、ご安心を。チョコレート餅なので、味はちっとも”う○こ”ではありません。ただ、見た目はそんな感じです。

ヒグマのはなくそ

A photo posted by shinchan (@sinsin1896) on

ヒグマのはなくそだなんてネーミングがヤバイですが、ピーナツをココアで包んだ豆菓子で、サクサクとした歯触りです。

やきそば弁当風ソーセージ

A photo posted by シーマン (@seeeaman) on

北海道のご当地カップ麵として知られる『焼きそば弁当』の魚肉ソーセージ。袋をあけたとたん、やきそば弁当の匂いが香ります。おつまみにいかがですか?

珍土産にチャレンジしてみよう!

北海道ならではの珍土産を紹介してきました!味の想像がつかない商品ばかりですが、罰ゲームとしても利用できそうですね。いつもと一味違った北海道土産はいかがでしょうか?

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

札幌×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ