福井のテッパンのお土産はこれ♪地元でも人気のおすすめ8選

福井のテッパンのお土産はこれ♪地元でも人気のおすすめ8選

自然の恩恵をたっぷり受けた福井県には、美味しいものがたくさんあります。福井旅行に行けばお土産選びに迷ってしまうほど。名産品の多い福井県ですが、実は福井のお土産のテッパンは「スイーツ」。そこで、手頃なお値段で喜んでいただける、福井ならではのお土産をご紹介します。

2016年09月01日

1. 西洋菓子倶楽部「バウムッシュ」

福井市(最寄り駅:福井駅)

「西洋菓子倶楽部 プリズム福井 水仙花」料理 717525 バウムッシュ

出典:GHMKさんの投稿

福井県産米の、米粉で作ったバウムクーヘン。

「西洋菓子倶楽部」は福井の人気の洋菓子店です。こちらで買える、洋菓子好きの方に喜ばれるテッパンのお土産が「バウムッシュ」。「バターチャーン」という古くからヨーロッパに伝わる道具を使い、福井県産コシヒカリの米粉と、北海道産の発酵バターを素材とした本格バウムクーヘンなのです。
「西洋菓子倶楽部 プリズム福井 水仙花」料理 717529 バウムッシュ

出典:GHMKさんの投稿

バターが実に芳醇な味を作り出していて、本場ドイツの上質なバウムクーヘンの味わいそのものと、高く評価されています。

福井市(最寄り駅:福井駅)717549

出典:

お店は、JR福井駅のショッピングセンター「プリズム福井」の1Fにあります。

西洋菓子倶楽部 プリズム福井 水仙花の詳細情報

西洋菓子倶楽部 プリズム福井 水仙花

福井、福井、市役所前 / 洋菓子(その他)

住所
福井県福井市中央1-1-25 プリズム福井 1F
営業時間
8:30~19:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

2. えがわ「水羊かん」

福井市(最寄り駅:福大前西福井駅)

「えがわ」料理 717609 そーっと

出典:小雪*さんの投稿


福井県で最もメジャーな水羊かん。しかも福井では冬に食べるのです。

創業76年の「えがわ」の水羊かんは、福井の冬の風物詩です。「水羊かん」というと夏の水菓子というイメージですが、福井では冬にこたつに入って食べる庶民の味なのです。暖房のきいた暖かい部屋で食べる、冷やした「水羊かん」は絶品。冬の福井旅行のお土産におすすめです。
「えがわ」料理 717611 紙箱のふたを開けると

出典:小雪*さんの投稿

パッケージからも、「水羊かん」が福井では冬の食べ物だということがわかりますね。

「えがわ」外観 717612

出典:LEさんの投稿

お店の入口には、大きな「水羊かん」ののぼりが飾られています。

えがわの詳細情報

えがわ

福大前西福井、仁愛女子高校、市役所前 / 和菓子

住所
福井県福井市照手3-6-14
営業時間
8:00~19:00
定休日
木曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

3. 羽二重餅の古里「羽二重餅」

永平寺町

「マエダセイカ 羽二重餅の古里」料理 717536 綺麗に並んでいます。

出典:いぷさむ5692さんの投稿

まるで福井の伝統織物「羽二重織」の柔らかな布のようだということから、羽二重餅と命名されました。

永平寺町にある「羽二重餅の古里」は、「羽二重餅」の製造直売所です。「羽二重餅」は、福井のお土産のテッパン中のテッパン。福井市内でも購入できますが、福井の名刹「永平寺」への観光の予定があるのでしたら、こちらでの購入をおすすめします。なにしろ「羽二重餅」の種類がすごいのです。プレーン・チョコ・柚子・よもぎ、など様々な種類があり、しかもすべての味が試食できます。

「マエダセイカ 羽二重餅の古里」料理 717539 アップにしました!

出典:いぷさむ5692さんの投稿

つまようじを使っていただきます。口に入れると、とろけるような柔らかさです。

「マエダセイカ 羽二重餅の古里」内観 717545 店内

出典:なおかりさんの投稿

広い売り場では、全種類の「羽二重餅」に試食が用意されています。お茶もありますし、店内で座って休める場所もありますから、ゆったりとお土産選びができます。

「マエダセイカ 羽二重餅の古里」外観 717546

出典:摩天楼は永遠に~さんの投稿

永平寺観光の帰りに立ち寄る方が多いので、駐車場も充実しています。

マエダセイカ 羽二重餅の古里の詳細情報

マエダセイカ 羽二重餅の古里

観音町、松岡、越前島橋 / 和菓子、洋菓子(その他)

住所
福井県吉田郡永平寺町松岡吉野35-31-1
営業時間
8:00~17:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

4. 四季の餅 あめこ「あべ川餅」

越前市(最寄り駅:武生駅)

「四季の餅 あめこ」料理 717578 あべ川餅(540円)

出典:imosaさんの投稿

砂糖ではなく黒糖を使った、珍しいあべかわ餅です。

「四季の餅 あめこ」は、天明2年(1782年)創業の老舗の名店です。そして、このお店で絶大なる人気を誇る商品が「あべ川餅」。砂糖ではなく黒糖を使い、きな粉とミックスさせているのがおいしさの秘訣です。きな粉の香ばしさと黒糖のコクが独特の味を出し、お餅は毎日つきたてで柔らかくコシがあります。お土産としておいしく食べてもらうためには、購入後にパッケージごとラップに包んでしまうことをおすすめします。密閉することでお餅が固くなるのを防いで、風味を損なわずに食べることができます。

「四季の餅 あめこ」料理 717587 一枚一枚ご主人の手書きです。

出典:yamagobouさんの投稿

竹の皮と紙のパッケージで包んでいます。8個入りです。

「四季の餅 あめこ」外観 717595 こんなお餅やさん、好きですね〜(^o^)  二つ杵は家紋でしょうか(^^)

出典:FROG☆MENさんの投稿

昔ながらのお店で、地元でも人気の老舗店。午後にはほとんどが売り切れてしまいますのでお気をつけください。

四季の餅 あめこの詳細情報

四季の餅 あめこ

越前武生、武生、北府 / 和菓子

住所
福井県越前市国府1-6-5
営業時間
8:00~19:00
定休日
火曜日(予約があれば営業)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

5. 亀寿堂「けんけら」

大野市(最寄り駅:越前大野駅)

「亀寿堂」料理 717640

出典:おたふくみかんさんの投稿

「けんけら」は、400年の歴史がある福井県の銘菓です。

亀寿堂の「けんけら」は、福井では400年以上前から食べられてきた大豆のお菓子です。「けんけら」という名前は、当時この地を治めていた大野藩の殿様から賜りました。地元に根差した由緒あるお菓子で、大豆・砂糖・水飴・白ゴマから作られています。シンプルな素材と製法ですが、パリパリとした歯ざわりで何ともいえない風味が口の中を漂います。ほのかな甘さが後をひいてクセになります。
「亀寿堂」その他 717646

出典:おたふくみかんさんの投稿

パッケージのイラストは、「けんけら」と命名した大野藩の殿様の大名行列です。

「亀寿堂」内観 717648 店内

出典:旅浪漫さんの投稿

店内には、「けんけら」が受賞したさまざまな賞状が飾られています。

「亀寿堂」外観 717650 越前大野城観光のついでにどうぞ~♪

出典:旅浪漫さんの投稿

老舗の名店ではありますが、庶民的で入りやすい店構えなのが嬉しいですね。

亀寿堂の詳細情報

亀寿堂

越前大野 / 和菓子、ケーキ

住所
福井県大野市元町2-1
営業時間
8:30~20:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

6. 五月ヶ瀬 舟寄庵「五月ヶ瀬煎餅」

坂井市(最寄り駅:丸岡駅)

「五月ヶ瀬 舟寄庵」料理 717657 石窯煎餅の文字が浮き彫りになっています

出典:ずっちゃんさんの投稿

ただピーナッツが入っただけのせんべいではありません。

「五月ヶ瀨 舟寄庵(さつきがせ ふなよせあん)」は、工場直営のお店です。こちらで製造している「五月ヶ瀨煎餅」は、福井県では知らない人はいないというほどの有名なお菓子です。実はただの煎餅ではないのです。ピーナッツ・小麦粉・砂糖・マーガリンを使って、石窯で1枚ずつ焼いています。口にすると、まろやかな風味とピーナッツの香ばしさが広がってきて、煎餅よりもクッキーやサブレに近いかもしれません。
「五月ヶ瀬 舟寄庵」料理 717662 五月ヶ瀨煎餅

出典:eb2002621さんの投稿

1枚ずつ、家紋入りの袋に入っています。

「五月ヶ瀬 舟寄庵」内観 717665

出典:ずっちゃんさんの投稿

店内では試食ができますよ。

「五月ヶ瀬 舟寄庵」外観 717667

出典:ずっちゃんさんの投稿

入口にある紫色の大きなのれん、そこに見える家紋がお店の目印です。

五月ヶ瀬 舟寄庵の詳細情報

五月ヶ瀬 舟寄庵

丸岡 / 和菓子

住所
福井県坂井市丸岡町舟寄9-1
営業時間
10:00~18:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

7. ヨーロッパン キムラヤ「軍隊堅麺麭」

鯖江市(最寄り駅:鯖江駅)

「ヨーロッパン キムラヤ」料理 717711

出典:こばちゃんさんさんの投稿

昔の軍隊が携帯食として食べていた乾パンです。

地元で人気のパン屋さん「ヨーロッパン キムラヤ」は、ユニークでおいしいオリジナルパンで知られています。その中でお土産におすすめなのが「軍隊堅麺麭(ぐんたいかたパン)」です。かつて鯖江にあった陸軍第36連隊がこちらのお店で行軍食用に開発したパンを、当時のレシピで再現したものです。ほぼ半年は食べられるという日持ちの長さと、レトロなパッケージ、手軽なお値段が、お土産におすすめなポイント。お味は黒ゴマ風味のクッキーといったかんじで、とってもおいしいんですよ。
「ヨーロッパン キムラヤ」内観 717716 綺麗な店内です

出典:旅浪漫さんの投稿

ショーケースには、さまざまなオリジナルのパンが並んでいます。

「ヨーロッパン キムラヤ」外観 717741 地元の人気のパン屋さん

出典:旅浪漫さんの投稿

ヨーロッパのパン屋さんを思わせる外観です。地元では人気のパン屋さんです。

ヨーロッパン キムラヤの詳細情報

ヨーロッパン キムラヤ

鯖江、西鯖江、西山公園 / パン

住所
福井県鯖江市旭町2-3-20
営業時間
9:00~18:30
定休日
日曜、祝日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

8. 丸海 小浜本店「小鯛のささ漬け」

小浜市(最寄り駅:小浜駅)

「若狭小浜 丸海 小浜本店」料理 717685 締った身が美味しいよ♪

出典:3時のパパさんの投稿

赤穂の天然塩と300年の伝統ある米酢が、レンコダイの旨味を引き出していて絶品です。

「丸海 小浜本店」は、海産物加工品の製造販売では福井県を代表するお店の1つです。こちらの「小鯛のささ漬」は、昔からご贈答品として人気のお品。赤穂の天然塩と300年の伝統ある米酢を使って、鮮度抜群のレンコダイを手造りで漬けるという、昔ながらの製法の「小鯛のささ漬」は旨味が凝縮された逸品です。
「若狭小浜 丸海 小浜本店」料理 717680 中にはたくさんのささ漬けが♪

出典:3時のパパさんの投稿

昔ながらのスタンダードな樽入りの「小鯛ささ漬」。

「若狭小浜 丸海 小浜本店」料理 727324 小鯛ささ漬617円/平成27年7月

出典:モーパパさんの投稿

真空パックの「小鯛ささ漬」は日持ちのするタイプ。コンパクトなので持ち運びも楽です。

「若狭小浜 丸海 小浜本店」外観 717690 外観

出典:3時のパパさんの投稿

福井県でも有名な海産加工品のお店です。

若狭小浜 丸海 小浜本店の詳細情報

若狭小浜 丸海 小浜本店

小浜 / 魚介料理・海鮮料理、弁当

住所
福井県小浜市大手町9-21
営業時間
8:00~18:00
定休日
無休(12/31・1/1 は休み)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

【番外編】銀座の「食の国 福井館」で福井体験

「食の國 福井館」外観 717761

出典:くにちゃん?さんの投稿

「小鯛のささ漬」や「焼き鯖」の他、人気の福井スイーツがそろっています。

福井のおいしい物を食べに行きたいと思っていても、なかなか行く機会がない方には、銀座一丁目にある福井のアンテナショップ「食の國 福井館」をおすすめします。福井で人気の地元グルメはこちらでも買えるんですよ。イートインコーナーもあるので、福井の料理を手軽に味わえるのも嬉しいです。
「食の國 福井館」その他 717772 陳列ケース

出典:ゆっきょしさんの投稿

「小鯛ささ漬」など、日本海で獲れた福井ならではのさまざまな海産物加工品が並んでいます。旅行中は日持ちを気にしてのお土産選びとなりますが、こちらではすぐ自宅に持ち帰れますので気軽に選ぶことができます。

「食の國 福井館」内観 717777 店内

出典:ゆっきょしさんの投稿

店内には福井の銘菓・銘酒もずらっと並んでいます。

食の國 福井館の詳細情報

食の國 福井館

銀座一丁目、有楽町、京橋 / その他、郷土料理(その他)、スイーツ(その他)

住所
東京都中央区銀座1-3-3 銀座西ビル 1F
営業時間
(月〜土)10:30~20:00 (日・祝) 10:30~19:00
定休日
年中無休(年末年始を除く)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?福井旅行のお土産におすすめの商品をご紹介いたしました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

福井県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード