2016年12月08日

フランス人シェフが作る!東京で本格ガレットが食べられる4店

フランス人シェフが作る!東京で本格ガレットが食べられる4店

フランスの北西部、ブルターニュ地方発祥のそば粉で作るクレープ・ガレット。生ハムなどの肉類、魚介類、ゴーダなどのチーズ、鶏卵、サラダなどで飾るのが主流です。最近日本でもガレットが食べられる店が増えていますよね。現地のシェフが作る、本格的なガレットを一度でいいから食べてみたいと思いませんか?今回は東京でその願いが叶う店を紹介します。ちょっと変わったガレットにも出会えますよ♪

ガレットとはどんな料理?

ガレットとは、フランス語で「薄くて丸いもの」という意味。それを聴けば、クレープ(フランス語で「絹のような」という意味)を想像する人も多いかと思いますが、実はクレープは、このガレットを基にして誕生したものとされています。

ガレットとクレープの違いは、生地に使う材料と食べ方にあります。クレープは小麦粉を使用し、牛乳やバター、鶏卵、砂糖などを混ぜますが、ガレットはそば粉と水、塩などを混ぜたものです。最近ではアレンジしたものが増えており、そば粉ではなくにんじんやじゃがいも、ほうれん草といった穀物や野菜を使って生地にしているものもあります。

また、ガレットは片面しか焼きません。それによって、食材とうまく絡めて食べることができます。さらに、薄くして円く描きながら焼き、食材を乗せた後は、正方形に折りたたんで食べます。乗せたものを包むようにするのが特徴です。

ガレットの歴史

「ティ・ロランド」料理 2735

出典:激写さんさんの投稿

ガレットが有名になったのは、ルイ13世がフランス国王だった1600年代。妻のアンヌ王妃がブルターニュ地方を訪れた際にガレットを食べて気に入り、それを持ち帰って宮廷料理に加えたことがきっかけとされています。

その後、そば粉から小麦粉に変更して味の質が向上したり、貿易や流通が盛んになり様々な食材が容易に手に入るようになったことから、ガレットの食べ方が多様になりました。

ガレットは、紀元前7000年前ほど前に、フランス北西部のブルターニュ地方で誕生したといわれています。この地域は、ビスケー湾という海に面していることから漁業が盛んで、特にシーフード料理が有名です。

しかし一方で、雨が他の地域と比べて多く、湿気も高いことから、小麦といった穀類の栽培には向いていませんでした。そこで、その地域に住む貧しい農民や労働者は、その気候に強いそばを栽培してガレットを食べていたとされています。

フランス人シェフが提供するおすすめクレープリー

さて、歴史も長く多くの人に愛されているフランス郷土料理のガレットが、都内で美味しく食べられるお店があります。最近では、ガレットと”シードル(りんご酒の一種)”がメインメニューのカフェ”クレープリー”が増えていますが、特におすすめのお店を4店舗に厳選してご紹介します。

神泉「ガレットリア」

ノスタルジックな雰囲気を感じられる外観と、フランスを代表するインテリアブランド「コントワール・ド・ファミーユ」で統一した家具が特徴のガレット専門店。南フランスのメゾン・ドット(一軒家の一室を借りたフランス式の民宿)をコンセプトとしており、肩肘張らずに入れます。
「ガレットリア」料理 2747 4種のきのこと生ハムのガレット

出典:AI94さんの投稿

おすすめの料理は、日替わりのガレット。季節によってトッピングが異なり、旬な野菜や豆類を堪能できます。通年で食べられるものはコンプレットは、パリッとした質感と香ばしい香りのバレットに、ハム、チーズ、たまごをトッピングしたもの。加えて、デザートクレープとドリンクのセットで食べれば満足できるブランチをとることができます。

使っている野菜は無農薬・自然栽培のオーガニックもので、たまごも肉も新鮮なものを使用。調味料は、料理と相性の良いものをシェフ自らが厳選して使っています。また環境への配慮もおこなっており、紙ナフキンは非木材紙”バガス(さとうきびの搾りカスを再利用した紙)”を使っています。
「ガレットリア」外観 2749 外観の風景です

出典:コネリーさんの投稿

アイビーが建物のほぼ全体を覆う風格のある外観が特徴です。

ガレットリアの詳細情報

5000ガレットリア

神泉、渋谷、駒場東大前 / クレープ、カフェ、フレンチ

住所
東京都渋谷区松涛1-26-1
営業時間
11:30~21:00(L.O20:00)
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

笹塚「メゾンブルトンヌ ガレット屋」

最大席数20席の小さなガレット専門店。仕事帰りのビジネスマンや近くに住む家族ですぐに店内はいっぱいになり、入れないこともしばしばあるとのこと。そんな地元に愛されるメゾンブルトンヌ ガレット屋は、フランス人のシェフが丹精込めて提供する本格ブルターニュ料理が自慢です。
「メゾンブルトンヌ ガレット屋」料理 2754

出典:

おすすめのガレットはコンプレット。たまご、グリエールチーズ、グリーンサラダのトッピングは他のお店でも同じですが、それに自家製の生ハムを入れており、ちょうど良い塩加減とつるっととろけるやわらかさに定評があります。

「メゾンブルトンヌ ガレット屋」内観 2755 笹塚駅より徒歩5分。笹塚十号坂商店街を降りていくと左手あります。夜はライトアップされたテラス席が人気です。

出典:

外にはカップル向けのテラス席が用意してあり、暖かい気候の際はその空気を吸いながら新鮮なガレットを堪能することができます。また、店内奥にはオープンキッチンが見渡せるカウンターが設けられおり、シェフを直に話して楽しく食べることも可能です。

メゾンブルトンヌ ガレット屋の詳細情報

メゾンブルトンヌ ガレット屋

笹塚、幡ケ谷、代田橋 / フレンチ、カフェ、バル・バール

住所
東京都渋谷区笹塚3-19-6
営業時間
[メゾンブルトンヌ・ガレット屋] モーニング 10:00~11:00 ランチ 11:00〜15:00(L.O.15:00) [ビストロデコ] ビストロ 18:00〜26:00(LO.25:00) ※18:00~「Bistro DECO (ビストロデコ)」 ビストロデコでは『そば粉のガレット』の提供はありません。
定休日
■メゾンブルトンヌ休業日■水曜定休 不定休あり ■ビストロデコ休業日■日曜定休 不定休あり
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

青山「BLUE BRICK LOUNGE(ブルー・ブリック・ラウンジ)」

筒状のクッキー「シガール」で世界中で愛されるクッキーメーカー「ヨックモック」。その青山本店の敷地内にあるカフェがこの「ブルー・ブリック・ラウンジ」です。美術品を随所に配置した上品な店内は、まさに非日常的な空間が設けられています。また、ウッドデッキのオープンテラスを用意してあり、晴れの日のランチは女性客で賑わっています。
「ブルー・ブリック・ラウンジ」料理 2760

出典:あやかわれいれいさんの投稿

ディナータイムは、シーフードを中心とした地中海料理を食べることができますが、ガレットを食べるのであればランチタイムがおすすめです。その中でも人気のガレットは「サーモンとクリームチーズ バジル風味」。薄くスライスした新鮮なサーモンと、自家製のバジルクリームチーズをトッピングしたガレットは、甘く、すっきりとした後味が特徴です。

「ブルー・ブリック・ラウンジ」外観 2761

出典:あやかわれいれいさんの投稿

青山にあるクッキーメーカー「ヨックモック」の直営店内にあります。

ブルー・ブリック・ラウンジの詳細情報

5000ブルー・ブリック・ラウンジ

表参道、外苑前 / カフェ、フレンチ、ケーキ

住所
東京都港区南青山5-3-3 ヨックモック青山本店
営業時間
【月~日・祝日】10:00~19:00(L.O.18:30) ※当面の間
定休日
2021年12月31日(金)~2022年1月3日(月)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

飯田橋「フレンチカフェレストラン 神楽坂 ル・コキアージュ」

神楽坂の路地裏にあるカジュアル・フレンチレストラン。グリーンの外観とオープンテラスが目印で、休日はカップルや家族連れで満席になることが、しばしばある人気店です。
「フレンチカフェレストラン 神楽坂 ル コキヤージュ」料理 2766 ガレットフォレスティエール

出典:

ガレットは、コンプレットに絞って提供しています。たまごとチーズは他と同じですが、特徴はトマト、ほうれん草、きのこ、オリーブ、サーモン、ハム、ベーコン、生ハム、ブルーチーズ、くるみの10種類から2種類をセレクトしてトッピングすることができます。野菜のみを入れても良し、栄養バランスを考えて選ぶも良し、好みの食材だけを入れるも良し、幅広いバリエーションで楽しめます。

「フレンチカフェレストラン 神楽坂 ル コキヤージュ」外観 2767

出典:CHIZUさんの投稿

植物を壁にし、その奥にはオープンテラスが用意されています。

「フレンチカフェレストラン 神楽坂 ル コキヤージュ」料理 2768 世界最高峰のヴァローナ社のチョコレートテリーヌ

出典:まこぷんさんの投稿

同店の人気商品は「テリーヌ・ドゥ・ショコラ」。世界中のパティシエが使用することで有名なフランスのチョコレートメーカー「ヴァローナ社」の3種のチョコレートを組み合わ、雑味のないまろやかな風味を実現。加えて、電気式のスチームオーブンを使用することで、最適な焼き具合に仕上げたガトーショコラです。濃厚なチョコレートの味と、絶妙な口どけが、食後のデザートだけでなくテイクアウトで購入する人も多いようです。

フレンチカフェレストラン 神楽坂 ル コキヤージュの詳細情報

フレンチカフェレストラン 神楽坂 ル コキヤージュ

飯田橋、牛込神楽坂、神楽坂 / ビストロ、バル・バール、ワインバー

住所
東京都新宿区神楽坂2-12-10 ヒルズ神楽坂 1F
営業時間
ランチ 月〜金 11:30~14:00L.O. ランチ 土、日、祝日 11:30〜14:30L.O. ディナー 18:00~20:30L.O.
定休日
なし ※時期により休業の可能性あり
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

現在のガレットは、昔のような質素な郷土料理ではなく、幅広いトッピングとこだわりのある材料を使用した立派なデイリーフードに昇華しました。軽食として、またたくさんトッピングした食事として、ぜひ食べにいってみてください。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ