2017年03月23日

えっ、中に入れるの!?気になる「皇居」見学へ出かけよう

えっ、中に入れるの!?気になる「皇居」見学へ出かけよう

神聖なイメージの皇居。どんな場所か気になるけれど、一般の人が気軽には入っていけない・・・という印象ですよね。しかし、きちんとした手続きをすれば、皇居見学ができちゃうんです。外国人観光客にも人気で、観光スポットの一つになっていますよ。中に入ると、皇居限定のレアグッズもあるんです!ではどうしたら見学ができるのか、どんな見学ができるのかを紹介していきます。

1103741

出典:

皇居の敷地面積は約115万平方メートルで、東京ドーム約25個分の大きさ!皇居のエリアは「吹上御苑~西の丸」、「皇居東御苑」、「皇居外苑」から成り立っています。江戸時代には江戸城があり、建物の多くは消失してしまいました。しかし、現在も石垣などは綺麗に残っています。特別な場所である皇居ですが、敷地の一部は一般解放しているので誰でも入る事が出来ますよ。

皇居へ一般参加してみよう!

不思議な魅力があふれる皇居。実はガイドさんの説明を受けながら見学できる、ツアーがあるんです。どうやって参加できるのか、説明していきますね。

一般参加の申し込みについて

一般参加の申し込みについて1105535

出典:しょうがさんの投稿

一般参観にはネットや郵便、電話による事前申し込みが必要になります。先着順になりますが、当日受付もありますよ。参観できるのは、18歳以上の方となります。18歳以下の方は、引率者が必要になりますよ。

1日に2回開催

1日に2回開催1105540

出典:ぴよすけさんの投稿

参観時間は午前と午後に分かれています。10:00からと13:30から。所要時間は約1時間15分ほど!

身分証明書を持っていこう

身分証明書を持っていこう1103553

出典:空色しずくさんの投稿

桔梗門(ききょうもん)から入場し「入園票」を渡されます。退出の際返さなくてはならないので、無くさないようにしましょう。桔梗門へのアクセスは、地下鉄千代田線二重橋前駅6番出口から徒歩10分。参観当日は運転免許証などの身分証明書が必要になるので、忘れないようにしましょうね!

注意点など

注意点など1103601

出典:bluegeenさんの投稿

一般参観にはガイドさんがついており、説明を聞きながら大勢で回ることになります。単独での行動や急に立ち止まって他の人の迷惑になるような行為は禁止!写真を撮る場合は、十分注意をして下さい。

注意点など1103604

出典:アッシュ_パピヨンさんの投稿

盲導犬以外のペットの入場も禁止です!他にも入場時にカバンの中身のチェックやボディチェック、飲み物を持ち込む場合はその中身も確かめられます。それだけ神聖な場所なのです!!

一般参観限定の見学ルート!

一般参観限定の見学ルート!1103733

出典:

出発は桔梗門から!この桔梗門入り口前で、1人1人厳重にチェックされます。この桔梗門をくぐり、普段入る事の出来ない「吹上御苑」と「西の丸」エリアを見て回ります。

窓明館

最初は「窓明館(そうめいかん)」という場所で、参観コースの説明や注意事項などのお話を聞きます。実はこの「窓明館」の中には、売店が入っているんです!夏場は飲み物が必要になるので、ここで買っておきましょう。ここでの滞在時間は約30分程です。トイレを済ませたりして参観への準備を整えましょう!

窓明館1105551

出典:rillenさんの投稿

「窓明館(そうめいかん)」には、コインロッカーがあります。見学の邪魔になりそうな荷物は、ロッカーにしまっておきましょう。なるべく軽装で行くのが好ましいですよ。

富士見櫓

富士見櫓1103528

出典:

「窓明館」を出て左側に上がっていくと見えてくるのが、「富士見櫓(ふじみやぐら)」です。「富士見櫓」は1657年の大火で焼失した2年後に再建されたもので、江戸城本丸の建物の中で現存する貴重な遺構とされています。

宮内庁

宮内庁1103568

出典:

こちらの立派な建物は「宮内庁庁舎」。1935年に建築された建物です。宮殿落成までの間、仮宮殿としても使われていたそうです。

宮殿東庭

宮殿東庭1103556

出典:

この場所知っている!という方も多いのでは!?ここは「宮殿東庭」と言って、新年や天皇誕生日になると天皇皇后両陛下と皇族方がお出ましになり、ご挨拶する場所です。ニュースで見た場所にも、一般参観に申し込めば間近で見る事が出来るんです。見てみると意外と近くて驚きますよ。

正門鉄橋

正門鉄橋1103550

出典:りんさんの投稿

参観も後半に差し掛かって来ました。「正門鉄橋」別名「二重橋」の奥には、先ほど通って来た「富士見櫓」を遠くに見る事が出来ます。この橋は当時木製で二重に橋桁を組んでいましたが、今は強度のある鉄の橋に架け替えられています。この「正門鉄橋」が、参観の折り返し地点となります。

山下通り

山下通り1103737

出典:りうですさんの投稿

「山下通り」という皇居の中で特に静かで緑が多い通りを通って、出発地点だった桔梗門へと戻ります。ここを通ると本当に東京にいる事を忘れてしまいます。季節の草花が溢れており、改めて日本の良さを感じられます。

一般参観でしか買えないお土産!

参観開始前に最初に入った「窓明館」には、宮内庁が運営する生協があります。ここでしか買えないものが多いので、お土産にもぴったり!参観が終わった後は買えないので、逃さないで下さいね。人気は天皇家の象徴でもある菊花紋章の焼印が入ったカステラです。

こちらも菊花紋章がデザインされたチョコレートです。ゴージャスですよね♪他にもハンカチやお財布、ボールペンや箸など種類豊富!!あれもこれも買ってしまいそうです。

皇居 一般参観の詳細情報

皇居 一般参観

住所
東京都千代田区千代田1-1
アクセス
地下鉄二重橋前駅から徒歩5分

データ提供

一般参観以外でも楽しめる

一般参観以外でも楽しめる1105572

出典:ことだまさんの投稿

皇居の他のエリアには、日本武道館などが入っている「北の丸公園」や飲食店も多く点在する「皇居外苑」があり、誰でも自由に入れます。

東御苑

「東御苑」だけは、時間や開放日が決められています。入り口は大手門・平川門・北桔橋門の3箇所。ここでも入園票を渡されます。

東御苑1103660

出典:空色しずくさんの投稿

東御苑は、昔まさに江戸城が建っていた場所です!今では美しい庭園が広がっています。東御苑は月曜日と金曜日、そしてその他特別な日を除く日に入園可能となっています。

東御苑1103702

出典:

大きな池には美しい自然が映り込みます。ここではカメラ片手に自由に散策出来るので、歴史を感じつつ素敵な1枚を撮れそうです♪

魅力がいっぱいの観光スポット!

魅力がいっぱいの観光スポット!1105576

出典:horizonさんの投稿

「皇居」と聞くだけで敷居が高く近寄りがたい雰囲気。しかし、意外と気軽に見学できるんです。見学料無料で、ガイドさん付きのツアーは、とっても楽しめます。皇居オリジナルグッズがあるというのも、なんだか親近感が湧いて来ますよね♪気になる方はぜひ訪れてみて下さい!

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ